甘い敵-あらすじ-76話-77話-78話-感想付きネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-甘い敵-あらすじ-76話-77話-78話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

甘い敵





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
イランはダルニムが自分の娘だと知りました。今まで散々ダルニムをいじめてきたことを後悔しますがすでに遅いです。ダルニムに罪を着せたセナを許せないイランは、今度はセナの犯罪を暴くために動き出します。まずはダルニムの母親スニを見つけること。
イランに全てばれてしまったセナとユギョンはこの先どうなるのでしょう。

【甘い敵】(ネタバレあり)

76話

ダルニムに会いに来たイラン。
ダルニムはまた母に会うのを邪魔しに来たのかと言う。
ダルニムは、指輪はシェフに返したと言う。
あなたと家族になりたくないからだと言う。
子供を失った悲しみはわかるからあなたを理解しようとしたけれど、あなたは子供を失った私に当然の報いだと言ったと言う。
あなたに死ぬことすら贅沢だと言われたから生きて来たのだと言う。
これからもあなたがいくら妨害しようとしても先に母を探すと言い、去って行くダルニム。

イランはその場に泣き崩れる。
ジェウクはイランに大丈夫かと声をかける。
イランはすぐに駆け寄って顔に触れ、抱きしめたいけれどダルニムの名前さえ呼ぶことができないと言う。
ジェウクはダルニムに話そうと言うが、イランは私から話すと言う。
イランはその前にやることがあると言う。

ユギョンたちに警察からの出頭要請の通知が届いた。
セナはユギョンにユン代表にひたすら謝ろうと言う。
そこにやって来たイラン。
ユギョンは具合の悪いふりをして心から謝るから許してほしいと訴える。
イランは私が許したら反対に何をしてくれるかと聞く。
ユギョンは望むことならすべてやると言う。
死ねと言うなら死ぬと言うユギョン。
イランはそれなら死ねと言う。
驚くユギョンに自分がそう言ったのだろうと言う。
できもしないことを言うのではありません!

イランはあなたたちには死は贅沢だと言う。
あなたたちのしたことは人間ではないと言う。
ユギョンは隠していることはもうないと言う。
イランはダルニムが私の娘だと知っていたのだろうと言う。
セナは、それは本当かと聞く。
ユギョンは初めて聞く話だと言う。
わざとらしい

イランはあなたたちが提出したサンプルはダルニムの髪の毛だったと言う。
イランは偽物を仕立てあげ、セガンとの関係を隠していたのはダルニムに罪を着せたからだろうと言う。
イランはセナたちにあなたたちを粉々に踏み潰してやると言う。
あなたたちがジェヒに何をしたのか、どうやってダルニムに罪を着せたのか全て明らかにして一生刑務所暮らしをさせてやると言う。

家に帰ったイランはジェウクに今は母親だと名乗れないと言う。
イランは少しずつ証拠を集めてダルニムの無実を証明できるように手伝うからあなたが橋渡しをしてくれと言う。
イランはあなたがダルニムをかばうたびにひどいことを言ってしまったと謝る。

イランにダルニムのことがばれたと聞いて駆けつけたセガン。
セガンは2人に時効が切れるまで外国に行けと言う。
セナは死んでもここにいると言う。
まだソノと結婚しようと思っているのではないでしょうね

セガンはそれなら刑務所に行くのかと言う。
ユン代表を敵に回したら無事でいられるはずがないと言う。
ユギョンはセナに外国に行こうと説得するが、絶対に行かないと言うセナ。

イランは今までダルニムにしてきたひどい仕打ちを思い出して泣く。

ウンジョンはユギョンにソノとセナの結婚は破棄をしてくれと頼む。
ユギョンは、セナはソノに尽くしてきたのにあんまりだと言う。
ウンジョンは申し訳ないと謝る。

セナは破談のことを聞いてソノに破談になったようだが諦めないと言う。
ソノはいい加減にしろと言う。
セナはあなたが心変わりをしたせいだと言う。
このままでは終わらせないと言うセナ。
こんなストーカーのような女は誰も結婚しません

ビョンスはスニと隠れて暮らしているモーテル暮らしに飽き飽きしていた。
グンスクにこっそりと会いに来たビョンス。
グンスクは心配で搜索願を出そうかと思ったと言う。
ビョンスは、それはまずいと言う。
ある人を監視しているからばれるとまずいことになると言うビョンス。
グンスクは誰を監視しているのかと聞く。
それは言えないと言うビョンス。
グンスクはどこにいるのかだけでも教えてくれと言う。
心配で眠れないと言うグンスク。
グンスクはお弁当を作るから毎日この場所で待っていると言う。
自分のことを心配してくれるのはお前だけだと言いグンスクを抱きしめるビョンス。

グンスクはダルニムにビョンスが監視しているのはお母さんではないかと言う。

ソノはジェウクにセナとの結婚は破談になったと言う。
せめて刑事処分だけは免れるように祖母が頼んだがダメだったと言う。
ジェウクは母さんの意思は固いと言う。

ジェウクはソノに母がダルニムのことを信じ始めたと言う。
今回の件でセナへの信用が崩れたと言うジェウク。
母さんはジェヒの事件を本格的に調べ始めるようだと言う。
ソノはいつかわかることだからよかったと言う。

ジェウクはダルニムから指輪を返されたと言う。
ユン代表のせいかと聞くソノ。

セナはジェウクに会いに来た。
セナはダルニムが妹だと公表するのはつらかっただろうと言う。
ダルニムが家族なら一緒にはなれないと言うセナ。
ジェウクはソノとの結婚も破談になって刑事処分になるのかもしれないのだから自分の心配をしろと言う。

セナはなぜダルニムに話さないのかと聞く。
感動の再会をするべきだろうと言うセナ。
ジェウクは今すぐに話さなくても親子の関係は変わらないし、母が君たちの処分を先に考えているようだと言う。
人のことを気にしている場合?

イランは食堂にやってきた。
厨房に一人でいるダルニムを見て、これからは私が守ってあげると心の中で思うイラン。
ダルニムはイランに気づいた。
イランはダルニムに話をしようと言う。
イランはセナとユギョンを刑事処分にすると言う。
ジェヒの事件についても調べ直すから私が協力すると言う。

ダルニムは助けはいらない、自分で調べると言う。
イランは今まであなたを傷つけてしまってごめんなさいと言う。
謝っても傷は消えないだろうと言う。

ダルニムはユン代表を向かい合っている今も母の顔が浮かんでくると言う。
つらくて耐えられないと言う。
ダルニムは話が終わったのなら用事があると言い出て行く。

ダルニムはユギョンの後をつける。
グンスクはユギョンに電話をし、わざとダルニムがつけているようだと教える。

セガンはセナに飛行機のチケットを渡す。
出国禁止になるまえに行けと言うセガン。
セナはわかったと言う。
やっと諦めましたか

会社を出ようとするセナ。
その時ソノが入って来た。
あわてて飛行機のチケットを落とすセナ。
ソノはセナに話をしようと言うが、セナは今から会議だと言い出て行く。

ソノはジェウクに電話をしてセナが航空券を持って会社を出たと教える。
ダルニムもそれを聞いた。

ユギョンは銀行でお金をおろして来た。
ユギョンとセナが先に外国に行き、セガンがあとからビョンスとスニを行かせると言う計画だった。
家を出ようとするセナたち。
そこにダルニムとジェウクがきた。
ダルニムはここから一歩も出さないと言う。
セナはダルニムを突き飛ばしどけと言う。

そこにイランも入って来た。
イランはどこに逃げるつもりかと聞く。
イランは刑事を同行していた。
刑事はセナとユギョンに手錠をかける。

77話

刑事はセナとユギョンに手錠をかける。
警察に連行される2人。

ソノは留置所にいるセナに会いにきた。
ソノはセナに一生逃走するつもりだったのかと聞く。
もう真実を話して一から出直せと言うソノ。
セナはそんな話なら帰れと言う。

イランはソネを呼んだ。
イランはこの前うちに来て話したことは本当のことかと聞く。
ソネは本当だと言う。
当時のジェヒの気苦労は相当だったはずだと言う。
ジェヒはソノとの仲を邪魔されたのでセナを海外研修に行かせようとまでしたのだと言う。
仕事の研修にすれば周囲にも気付かれずに解決できると思ったのだと言う。
ジェヒは海外に行くセナの代わりにチェゴ食品で働くつもりだったと言う。

イランはソネにこれからも教えてくれと言う。

ソネと入れ違いにヒョン理事が入って来た。
セナを警察に突き出すなんて何かあったのかと聞くヒョン理事。
今まで娘のように可愛がってきたではないかと言う。
イランはセナの話はやめてくれと言う。

ヒョン理事は私に仕事を紹介してくれたのはセナだと言う。
イランはセナを信じるなと言う。
私を騙してチェゴ食品の株を奪おうとしたのだと言う。
イランはこれから警察に行くから話は終わりだと言う。

セナは面会に来たセガンにダルニムの母を使ってイランを脅迫しろと指示をする。

セガンはビョンスに電話をしてスニを外に連れ出し写真を撮らせる。

イランはセナの面会に来た。
イランはセナにあなたがジェヒにしてきたことを聞いたと言う。
そのうえジェヒを殺してダルニムに罪を着せるなんて人間ではないと言う。
セナはあなたにそんなことを言う資格があるのかと言う。
子供を捨てた罪が今になって帰って来ただろうと言うセナ。

イランはその罪は今からでも償うと言う。
ダルニムのことは私が守る、勝負はこれからだと言うイラン。
あなたが服役している間に事件の真相を明らかにして外に出られないようにしてやると言う。

セナはあなたには無理だと言う。
ダルニムの母は私たちの手の中にあると言う。
デタラメを言うなと言うイラン。
そのときイランの携帯にスニの写真が送られて来た。

セナはダルニムの母はあなたが捨てたダルニムを育ててくれた人だと言う。
その母があなたのせいで消えたらダルニムはどうなるだろうと言う。
今でもあなたのせいで逃したと思っているのに命を落としたらどうなるかと言う。

イランは、望みは何かと聞く。
セナは告訴を取り下げて刑事処分を免除しろと言う。
そして母を社長に復帰させろと言う。
これ大事?

セナは警察に通報しても無駄だと言う。
私たちは監禁しているのではなく本人の意思で一緒にいるのだと言う。
セナはイランに明日の朝までに返事をしろと言う。

イランはダルニムの母の行方を必死に探すがどこにいるかわからない。

ジェウクはイランにダルニムの母の安全が第一だからいったんセナの要求をきいた方がいいと言う。
イランは告訴を取り下げ、ユギョンを社長に復帰させた。

翌朝出勤したダルニムたちはユギョンが店にいるので驚く。

会社に出勤したセナにソノは、ユン代表とどんな取引をしたのかと聞く。
セナは想像に任せると言う。
それより大切なのは釈放されたことだと言う。
セナは戻ったのだから改めて結婚の準備をしようと言う。
開いた口がふさがりません!

ソノはその話は終わっていると言う。
セナはあなたのためにここまで来たのだと言う。
あなたがいなければ意味がないと言うセナ。

イランはボクナムに会いに来た。
ボクナムはイランにいい決心をしたと言う。
イランは今まで家族のように接していたから留置場にいる姿を見るのがつらかったと言う。
ボクナムはセナも反省しているはずだと言う。
いいえ!全然!

イランはボクナムに、セナはセガンの妹だけれどあまり近くに置かない方がいいと言う。
セナとソノの結婚も阻止するべきだと言う。
ボクナムは肝に命じておくと言う。

イランが食堂にきた。
ダルニムはイランにセナは手強いだろうと言う。
セナたちが一晩で留置場からでてきたことで、ダルニムは今まで一緒に悪事を働いてきたから弱みを握られたのだろうと言う。
利害関係に縛られていたらセナは潰せないと言うダルニム。
イランは今は言えない事情があるのだと言う。
ダルニムは怪我をする覚悟で飛びかからなければならないから協力はしなくていいと言ったのだと言う。

セナはイランに告訴を取り下げてもらったお礼と言う。
イランは白々しいと言う。
今回は釈放したけれどやられたままではいないと言う。
ダルニムに指一本触れたら許さないと言うイラン。
セナはそんな大切な娘なのになぜ自分の娘だと言わないのかと聞く。
ダルニムは私たちが母親をかくまっていることも知らないだろうと言う。
知っていたら大騒ぎをするはずだと言う。
イランはあなたには関係ないと言う。

セナはユギョンにイランがダルニムの母だと名乗らないと言う。
ユギョンは今まで散々ダルニムにひどいことをしたし、流産だってユン代表のせいでしたようなものだと言う。
セナはダルニムを利用すれば必要なものが手に入るかもしれないと言う。
本当に貪欲な悪魔!

セナはビョンスとスニを外国に送るしかないと言う。

セナはヒョン理事を味方につけた。
イランの弱みを握っていると言うセナ。
望みのフード&トップをあげるかわりにボクナムとの間にある秘密を教えてくれと言うセナ。

セナはイランに会いにきた。
セナはチェゴ食品の株をくれと言う。
本気かと言うイラン。
セナはダルニムの母親が私の手中にあるのを忘れたのかと聞く。
ダルニムに実の母親だと開かせないなら私が手伝うと言う。
イランはダルニムに手を出すなと言う。

セナはユン代表がためらっているから手伝おうと思っただけだと言う。
私がダルニムを呼んだからもうすぐ来るはずだと言う。
ダルニムが入って来た。
話は何かと聞くダルニム。

セナはダルニムにあなたが知るべき事実があると言う。
あなたの母のことだと言うセナ。

78話

セナはダルニムの母親の話だと言う。
イランはやめろと言う。
イランは私が邪魔をしなければ母親に会えたと言うことだと言う。
セナは会えなくて残念だと言う、
セナはユン代表にダルニムに謝るべきではないかと言う。
イランはあなたこそ4年も母親を隠してきただろうと言う。
ダルニムは口だけの謝罪はいらないし、謝られても許す気はないと言い帰って行く。

イランはセナに望みはチェゴ食品の株かと聞く。
セナは私にとっては必要なものだと言う。
イランはすぐにダルニムの母親を連れてこいと言う。
セナは今日中に譲渡してくれと言う。
時間を稼いでその間にダルニムの母親をさがすつもりだろうと言う。
譲渡してくれたら母親を連れて来ると言うセナ。
セナは長くは待てないと言い帰って行く。

ユギョンはスニの薬とお金をビョンスにどうやって渡すか悩んでいる。
セナはグンスクに頼もうと言う。
ユギョンはグンスクに公園のベンチに紙袋を置いて来るように指示をする。
チャンス到来!

グンスクはダルニムにそのことを告げる。
ダルニムは紙袋の中身を見て、これはユギョンの家に置いてあった薬だと言う。

イランはジェウクにセナからチェゴ食品の株を要求されたと言う。
ダルニムに母親だと名乗れないのを知って脅して来たのだと言う。
ジェウクはダルニムに話そうと言う。
イランはダルニムの母親の安全が保障できないと言う。
株を渡してダルニムの母を取り戻すしかないと言う。

イランは母親を取り戻せるなら全財産を出しても構わないと言う。
ジェウクはセナが株を得たらソノが追い込まれると言う。
イランは、それはあとから対処すればいいと言う。

セナたちはダルニムの母とビョンスを海外に行かせる準備をする。
スニに捜索願が出ているから飛行機には乗れないので船で密航させようとする。
今夜出航する予定だ。

セナはイランから株をもらってダルニムの母親を返す約束をしたが、母親の記憶が戻ったら終わりだと言う。
ビョンスが一人でスニを連れて逃げたことにすればいいと言うセナ。

グンスクはユギョンの指示通りに公園のベンチに紙袋を置く、
こっそり見ているダルニムとソノ。
ビョンスがやってきてグンスクに声をかける。
グンスクは毎日お弁当を持って待っていたと言う。
今どこにいるのかと聞くグンスク。
ビョンスはモーテルにいると言う。

グンスクは一緒に行くと言うが、ビョンスは君を巻き込みたくないと言う。
紙袋を取り上げ走って行くビョンス。

ダルニムとソノが出て来た。
2人はビョンスの後をつけて行く。
尾行が下手すぎ!

尾行に気付いたビョンスは2人をまきモーテルに戻った。
ビョンスはユギョンに尾行されたと電話をする。
ユギョンは、ここは危険だからスニと一緒にフィリピンに行けと言う。
今夜出発できるように準備をしたと言う。

電話を切ったビョンスはまた韓国に戻れるかと心配する。
最後にグンスクに会いに行くビョンス。
仕事に戻ったグンスクの前にビョンスが現れた。

ビョンスはグンスクに最後の挨拶に来たと言う。
グンスクは最後ってどういうことかと聞く。
ビョンスは息子のいるフィリピンに行くと言う。
グンスクは行かないでとう。

グンスクは私のことは遊びだったのかと聞く。
ビョンスは俺のことを心配してくれたのは君だけだと言う。
今はこうするしかないけれど落ち着いたら連絡をすると言う。
待っていてくれとは言えないが君のことを好きなのは本当だと言うビョンス。
ビョンスはグンスクを抱きしめる。
そしてビョンスは帰って行く。

イランはセナに譲渡の書類を渡す。
書類にサインをするセナ。
セナはユン代表もサインをしろと言うが、イランは裏切るかもしれないから母親を連れて来てからだと言う。
セナはダルニムの母親を連れて来たら力づくで株を奪い返す可能性もあると言う。

イランはサインをして裏切ったら許さないと言う。
イランはセナに株を手に入れ、この世の中の全てを手に入れたような気持ちだろうが簡単に手に入ったものは簡単に失うのだと言う。
セナは簡単に手に入れたと言われたくないと言う。

簡単に手にいれたのはユン代表の方だろうと言う。
ジェウクの母親を追い出し妻の座を手に入れたではないかと言う。
イランはそうやってジェヒを侮辱していたのかと言う。

セナは、ジェヒは欲張りだったと言う。
何もかも手にしているのにソノまで奪おうとしたと言う。
奪うと言いますがセナのものに一度もなっていませんから!

セナは私の望みはソノだけだったのにそれまで奪うなんて不公平だと言う。
イランはだからせジェヒを殺したのかと聞く。
セナは違うと言う。
決別したからといって罪を着せようとするなと言うセナ。

イランはダルニムの母親を連れてこいと言う。
セナはユギョンに電話をする。
電話の向こうでユギョンはダルニムの母親を外国に行かせると話している。

グンスクはジェウクにビョンスがダルニムの母を連れて外国に行くようだと言う。
ジェウクはイランにそれを連絡する。
イランはセナに騙したのかと言う。
セナは母が連れて来るはずだと言う。
そこにユギョンからの電話がかかってきた。
セナはイランに付添人のビョンスがダルニムの母を連れて逃げたようだと言う。
イランはそんな芝居は通用しないと言う。
イランは母親がいた場所に案内しろと言う。

ビョンスはモーテルに戻りスニを連れて部屋を出る。
ユギョンはビョンスに密航する手はずを教える。

スニをさがしているダルニム。

セナはイランをモーテルに連れて来た。
ここに隠していたがいなくなったと言うセナ。

スニを連れて逃げるビョンス。
スニは母の名前を呼ぶダルニムの声を聞いた。
そしてイランを見つけたスニ。
あの人は怖い人だと逃げ出す。

ダルニムはスニの後ろ姿を見つけた。
お母さん、行かないでと大声で叫ぶダルニム。
スニはダルニムのことを思い出した。
スニは振り返りダルニムの名前を呼ぶ。
駆け寄る2人は抱きしめ合い泣く。

76~78話感想

やっと会えましたね~。もう離れ離れにならないように祈ります。
それにしてもセナの性格は恐ろしいです。反省という言葉を知らないようです。留置場から出たとたんにまた脅迫。そしてまだソノと結婚できると思っている神経。頭がいいのか悪いのかわかりません。人間ではなく本能のままに生きる悪魔のようです。
スニが見つかったことで弱みのなくなったダルニム。いよいよこれから本格的な反撃にでるのでしょうか。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。