甘い敵-あらすじ-82話-83話-84話-感想付きネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-甘い敵-あらすじ-82話-83話-84話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

甘い敵


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ダルニムはスニと一緒にイランの家に越してきました。母とは名乗れないが、ダルニムと暮らせるので喜ぶイラン。
ジェウクはダルニムのことは諦め家族の関係でいることを選びました。
セナはソノにボクナム会長の過去をばらすと脅し、結婚を迫ります。ソノは絶対にセナと結婚しないと言っていますがどうなるでしょう。

【甘い敵】(ネタバレあり)

82話

セナはソノと結婚したいと言う。
ソノは真実がどうであろうと絶対に君とは結婚しないと言う。
セナは、あなたは会社を守る義務があると言う。
正しい判断をしろと言うセナ。

スニは薬のせいで記憶があいまいになって来た。
夫が生きていると勘違いをするスニ。
ダルニムはスニに父さんは亡くなり、今はここに住んでいるのだと言う。
スニは夫に会いたいと泣く。

ユギョンはイランの家の家政婦からスニの状態が悪化していると連絡を受けた。
このまま薬を飲み続けさせろと指示をするユギョン。
これは犯罪でしょう

ソノはセナが言っていた会社が危機だったころのことをボゴンに確認する。
ボゴンは倒産しそうだった会社にヒョン理事が熟成技術の契約書を持ってきたのだと言う。
オ・サンボムと譲渡契約に合意していると言うヒョン理事の言葉を信じたのだった。
ヒョン理事に頭があがらないのはそのせいだと言うボゴン。

ボゴンはセナがこれを公表する前に会長に話すべきだと言う。
ソノは祖母にはまだ言わないでくれと言う。
ボゴンはセナと結婚するつもりかと聞く。
ソノはこれが公表されたら会社も危なくなると言う。
ボゴンは絶対にセナを嫁にするわけにはいかないと言う。
ソノは今セナを刺激したら事が大きくなるから僕に任せてほしいと言う。

ダルニムは家政婦が薬を持っているのを見つけた。
中身を確認してもいいかと聞くダルニム。
家政婦は膝が痛いので関節炎の薬だと言う。
そこにイランがやってきた。
おばさんはずっと関節炎の薬を飲んでいると言うイラン。
ダルニムは以前ユギョンに変な薬を飲まされたから気になったのだと言う。
ダルニムは家政婦に謝る。
謝る必要はありません

イランはダルニムにジェウクに指輪を返したのは私のせいかと聞く。
ダルニムはシェフと私は今でもお互いを思いやっていると言う。
母が結ばれるべき人なら時間がかかっても何があってもいつか結ばれると言っていたと言う。
その言葉を信じていると言うダルニム。

セナはソノに考えは決まったかと聞く。
ソノは時間が欲しいと言う。
セナはチェゴ食品の過去を暴くという記事を見せる。
これを記者たちに配ると言うセナ。
それが困るなら記者たちの前で結婚すると公表しろと言う。
黙っているソノ。

表彰を受けるボクナム会長の元に記者たちが集まってきた。
セナやダルニムから花束を受け取るボクナム。

セナはこの場で発表したいことがあると前に出た。
この封筒にチェゴ食品の未来を決める重要な案件が入っていると言うセナ。
封筒を開けようとしたときソノが走ってきた。

ソノは自分達の結婚が破談になったと言われているが、それは事実無根でセナとの結婚を正式に発表すると言う。
嘘でも言いたくないでしょう

セナは封筒から結婚式の招待状を取りだした。
これからソノと協力して新しいチェゴ食品を作っていくと言うセナ。

ソノはボゴンに時間を稼ぐためには結婚の発表をするしかなかったと言う。
ソノは会長が自ら過ちを公にするしかないと言う。
時期を見て会長に話すと言うソノ。

ダルニムとジェウクはソノがセナと結婚するなんておかしいと言う。
そこにソノがやってきた。
ソノはジェウクに話があると言う。

ジェウクはソノにダルニムへの気持ちは嘘だったのかと聞く。
ダルニムへの気持ちは本当だと言うソノ。
ソノは会長の過去でセナと取引をしたのだと言う。

ソノは会長にすべてを話して過去を公にする機会を作るつもりだと言う。
その前にセナが犯した罪の証拠を手に入れたいと言う。
ジェウクは母さんに相談してみると言う。

ユギョンはセナに結婚の準備を進めてもいいのかと聞く。
セナは大丈夫だと言う。
ただソノが証拠を探して形勢逆転を狙っているはずだから結婚式場に入るまで気は抜けないと言う。
結婚相手と戦っているなんて笑えます

イランはソノがセナに脅され結婚すると聞いた。
ボクナム会長に会ってくると言うイラン。

チェゴ食品に行くイラン。
会社の前にいたセナはイランに筆頭株主でもないのに何をしに来たのかと言う。
イランはソノの妻の座が欲しくて会長の弱みを掴んで脅したのかと言う。
ジェヒの命だけでなくソノまで奪うつもりかと言うイラン。
あなたの思い通りにはさせないと言うイラン。

セナはこのまま行ったら後悔すると言う。
先に私と話をしようと言うセナ。
セナは熟成技術を譲渡したのはダルニムの父親だと言う。
このことをダルニム親子が知ったらどうなるだろうと言う。
ダルニムとボクナム会長は敵対関係になると言う。
それでも会長に会いに行くのかと聞くセナ。

イランはボクナムに会うのを止めて家に帰ってきた。
イランはスニにヒョン理事を知っているかと聞く。
スニは覚えていると言う。
父さんと一緒に事業をしていたがある日、突然手を引いてしまったのだと言う。
手伝っていてくれたら死なずに済んだかもしれないと言うスニ。

スニはイランに、父親が他界したせいでダルニムは大学にも行けず、借金返済のために苦労したのだと言う。
若いのに食肉解体の仕事をして傷だらけだったと言うスニ。
親として申し訳ないと言うスニ。
イランは涙をこらえる。

スニはヒョン理事がチェゴ食品で働いていて、今はイランの会社にいると聞いた。
何かおかしいと感じるスニ。

イランはジェウクに熟成技術を開発したのはダルニムの父親だと言う。
イランはダルニムの母親はヒョン理事を恨んでいると言う。
そして黒幕がボクナム会長だと知ったらダルニムと会長は修復不可能な関係になると言う。
ジェウクはダルニムの父親の事業が失敗したのは技術を盗まれたからだと言う。
父親はボクナム会長の家に行った帰りに事故にあったようだと言う。

そこにスニが入って来た。
スニは夫の死にボクナム会長が関係しているのかと聞く。
ダルニムもやってきて興奮している母にどうしたのかと聞く。

スニはダルニムに父さんの死はボクナム会長のせいだと言う。
ユン代表が話していたと言うスニ。
ダルニムはイランに本当かと聞く。

83話

ダルニムはイランに母の言っていることは本当かと聞く。
イランはボクナム会長とヒョン理事の話をしていたのを誤解したようだと言う。
スニは間違いではないと言うが頭が痛くなってしまう。

イランはソノに会いに来た。
熟成技術を譲渡した相手はダルニムの父親だと言うイラン。
ソノは驚く。
ダルニムの父はヒョン理事に熟成技術を盗まれて、ボクナム会長に会いに行った帰りに事故にあったのだと言う。

イランは、セナは今結婚するつもりでいるから黙っているけれど破談にしたら暴露するかもしれないと言う。
ソノはセナが暴露する前に会長が過ちを認めて公にするべきだと言う。
しかしダルニムと祖母の関係が心配だと言うソノ。
イランは、関係はこじれてしまうだろうと言う。

ソノはイランにセナを追い詰める切り札が必要だと言う。
レシピ流出の件か、ジェヒの事件の証拠が必要だと言う。
イランはセナを逮捕できるなら協力すると言う。
ソノはレシピが流出した過程を知っているかと聞く。
イランは流出後に知ったのだと言う。
セナはヒョン理事に協力してもらったようだと言う。

イランは私も罰を受けるからセナを刑務所に入れようと言う。
ソノは秋夕が終わったら機会を見て会長に話すと言う。

セナはソノの家に秋夕の準備を手伝いに来た。

イランは家にジョンフンを呼んだ。
ジョンフンはイランの家にダルニムの母がいるので驚く。
スニはジョンフンを見て、ダルニムの弁護士だった人だろうと聞く。
イランはジョンフンに、今はここにダルニムと一緒に住んでいると言う。
ジョンフンはダルニムがお母さんと会うことができて良かったと言う。

イランはジョンフンにダルニムの無実を証明するのに協力してほしいと言う。
ジョンフンは被害者の家族が加害者に協力するとは驚いたと言う。
イランはダルニムが無実だと信じたのだと言う。
ジェヒの事件もお母さんが失踪したのもセナの家族が関係していると言う。
スニはセガンたちが私を施設に入れて私をダルニムに会えないようにしたのだと言う。
ジョンフンは何かあるとは思っていたがそこまでするとは思わなかったと言う。

ジョンフンはイランに何をすればいいのかと聞く。
イランはセガンに利用されたことを公の場で話してほしいと言う。
ジョンフンは新しい証拠がないかぎり僕が話しても再捜査には至らないと言う。
イランは難しいとわかっているが世論をあおり、セナを追い詰めたいと言う。

ジョンフンは僕が話すと弁護士を続けることはできなくなると言う。
イランはヒョンソンの法務チームにあなたの席を用意すると言う。
ジョンフンはそれなら考えてみるが、1つ条件があると言う。
1つでも明確な証拠をつかんでくれと言う。
それを僕が見つけたことにして再調査をする形にしたいと言う。
そうすれば面目が立つと言うジョンフン。
こいつはしたたかな奴だ

秋夕の料理を作るウンジョンの手伝いをするセナ。
ウンジョンはダルニムがソノを誘惑するかと不安だったと言う。
阻止してくれて助かったと言う。
セナがソノは困っている人をほっとけない人だと言う。
ダルニムに泣きつかれて助けてあげたのだと言う。
ウンジョンはセナにソノの心を捕まえてダルニムが入る隙を作るなと言う。

厨房で働くドンジェはグンスクに秋夕に家に遊びに来てくれと言う。
その気はないと断るグンスクだが、ドンジェがお金持ちの息子だと知り、急に態度を変える。
秋夕の休みに映画に行こうと誘うグンスク。
ドンジェは大喜びする。

家に帰ってきたソノはセナがいるので驚く。
セナは結婚を発表したではないかと言う。

ソノはセナにダルニムの父親がオ・サンボムだということをなぜ言わなかったかと聞く。
セナはわかったならいいだろうと言う。
セナはダルニムの家と、この家は敵同士だからダルニムとは一緒になれないと言う。
昔の話をしてもみんなが傷つくだけだと言う。
セナはあなたとチェゴ食品を守りたいのだと言う。
だからダルニムのことは諦めて会長のことも秘密にしようと言う。

ダルニムとスニは父親の墓参りに行った。
父親の前で絶対に無実を証明してみせると誓うダルニム。

家に帰る途中、ダルニムはイランのために体に良いサプリメントを買った。
イランはダルニムからもらったプレゼントに感動する。
娘からの初めての贈り物ですものね

ボクナムはイランたちを家に招待する。

ルビはユギョンに夕飯はうちで食べようと誘う。
ユギョンは結婚の話もしたいから行くことにした。

イランはボクナムの家にダルニム親子も連れてきた。
ボクナムはスニに挨拶をする。

ソノはイランにレシピ流出の件は証拠がないから代表が証言しても法的効力はないと言う。
イランは会長にはいつ話すのかと聞く。
ソノは夕食の時に話すと言う。

ボクナムはスニにダルニムと初めてであった時の話をする。
ダルニムを見て両親が立派な人だと思ったが、お母さんに会って納得したと言う。
スニは娘をよく思ってくれて感謝すると言う。

そこにルビがセナたちを連れて帰ってきた。
ユギョンはダルニムとスニが座っているのを見て驚く。
帰ろうとするユギョン。
ボクナムは知らない仲でもないのだから一緒に食事をしようと言う。
恐ろしい食事会になりそうです

スニとダルニムはボクナムの部屋に行き話をする。
スニは聞きたいことがあると言う。
ヒョン・ジョンスという人が会社で働いていたかと聞くスニ。
いつからチェゴ食品で働いていたか教えてほしいと言うスニ。
ゴボンはヒョン理事のことを知っているのかと聞く。
ダルニムは、ヒョン理事は父親と一緒に事業をしていたのだと言う。
スニは一緒に事業をしていたがヒョンが手を引いたため事業に失敗したのだと言う。
そのせいで父親は他界してしまったのだと言う。

スニはヒョン理事に会ったらなぜ裏切ったのか聞きたいと言う。
彼が裏切らなかったら死なずにすんだはずだと言うスニ。

ウンジョンが、食事ができたと呼びに来た。

イランたちを呼びに行くダルニム。
セナはダルニムにソノの家にも出入りをするのかと言う。
ダルニムは招待を断る理由はないと言う。

ダルニムはセナに嫁の様に振る舞うあなたの姿を見ていたら結婚を阻止したくなったと言う。
セナはあなたには絶対に阻止できないと言う。
ダルニムはあなたの仮面を剥してやると言う。

そこにやってきたウンジョンとルビは、ダルニムの前でわざとセナを嫁扱いする。
何も知らないこの2人は後で後悔することに…

セガンはダルニムを連れて行く。
母親までこの家に連れてきて何をするつもりかと言うセガン。
俺が怖気づくと思っているのかと言う。
ダルニムはあなたこそ、この家にいるべきではないと言う。
セガンは俺を追い出してソノと上手くやるつもりだろうと言う。
俺とルビが離婚したらお前とソノが結婚できると思っているのかと言う。

ダルニムは何の話をしているのかと言う。
セガンは絶対にルビと離婚をするつもりはないし、セナの結婚を邪魔したらただではおかないと言う。
その話を聞いていたスニは部屋に飛び込んできた。

スニはセガンを叩き、ひどい男だと言う。
妊娠したダルニムを捨てて他の女と浮気をしたお前にダルニムを怒る資格はないと言う。
ダルニムがどれだけあなたに尽くしたと思っているのかと言うスニ。

セガンは家族に聞こえるから黙ってくれと言う。
スニは財閥の娘に欲を出し、ダルニムを捨てるなんてひどいと騒ぐ。
そこにボクナムが入って来た。
浮気して捨てたとは何の話かと言うボクナム。

84話

スニの叫びを聞いていたボクナム。
ボクナムはセガンに浮気して捨てたとはどういうことかと聞く。
セガンはボクナムにこの人は正気ではないと言う。
スニは、私は正気だと言う。
セガンは財閥の婿になりたくて会長の娘さんと結婚したのだと言う。
ダルニムのお腹に子供がいるのに捨てたのだと言う。

ボクナムは本当かと聞く。
イランは本当だと言う。
セナの家族が騙していたのだと言うイラン。
ダルニムは会長やルビたちが傷つくと思って言えなかったのだと言う。

セガンはボクナムの前で土下座をして謝る。

そこにセナがやってきた。
土下座をして謝っているセガンを見て驚くセナ。

セガンはルビを愛して、ダルニムとは別れるつもりだったと言う。
ボクナムは私たちを騙してただで済まさせると思っているのかと言う。
ボクナムは倒れそうになり、ソノとジェウクがボクナムを支える。

セナはユギョンにダルニムとセガンの関係がばれたと言う。
セガンが会長に謝っていたと言う。

ソノはボクナムを部屋に連れて行く。

ユギョンはスニが会長にばらしたのだろうと言う。
もう我慢できないとスニは土下座をしているセガンの様子を見に言った。

ユギョンは土下座しているセガンにすぐに立てと言う。
セガンはダルニムにできる限りのことをしたと言う。
ダルニムが刑務所に行かなければ捨てることもなかったと言う。

イランは謝るどころか息子をかばうなんて“この親にしてこの子あり”だと言う。
セナはイランに自分の娘を殺した女の肩を持つ方がひどい母親だと言う。
ユギョンはダルニムが流産していなければセガンは責任と取っていたと言う。
流産したのはユン代表のせいだと言う。

ユギョンはダルニムにいくらユン代表が助けてくれるからとすべて水に流せるのかと聞く。
代表の過ちまで許せるのかと聞くユギョン。

ダルニムはイランにこの人たちは相手にする価値もないから行こうと言う。
その通り! 時間の無駄です

イランは会長の体調も良くないから食事は次の機会にしようと言い帰る。

ボクナムはソノにセガンを追い出せと怒っている。
婚約者がいるのにルビと浮気をするなんて許せないと言うボクナム。
ソノたちに知っていたのになぜ言わなかったのかと怒る。
ソノはダルニムのためだと言う。
ボゴンはダルニムがセナの家族に陥れられてもうちの家族のために黙っていたのだと言う。
産地偽装も麻酔クリームも全て過去がバレないようにセナがやったのだと言う。
ボクナムはダルニムのためにもやり過ごすことができないと言う。

ソノは話があると言う。
ボクナムはまだ自分の知らないことがあるのかと聞く。

ソノは16年前にヒョン理事が持ちこんで来た熟成技術が盗まれたものだと知っていただろうと聞く。
ボクナムはヒョン理事から聞いたのかと言う。
ボゴンはセナがその件でソノを脅迫したのだと言う。
結婚の破談を撤回しなければ記者たちに暴露すると言ったのだと言うゴボン。
ソノは暴露されるのを防ぐために結婚発表をしたのだと言う。

ボクナムは私をかばう必要はないと言う。
これは私が背負うべき問題だと言う。
今からでも罪を公にして法的かつ道徳的に責任を負うと言うボクナム。
さすが会長! 立派です

ソノはボクナムに熟成技術の開発者はダルニムの父親だと言う。
ダルニムたちはまだ知らないと言うソノ。
これを知ったらショックを受けるだろうと言う。

ユギョンはセガンのことを心配する。
セナは追い出されることはないだろうと言う。
会長は自分の過去が世間に知られたら困るはずだと言うセナ。
ユギョンは賞までもらったのにそんな過去があるとなれば社会的制裁も加わるだろうと言う。
あなたたちのようなせこい人間ではありません

スニはダルニムにヒョン理事に会いたいと言う。
ダルニムから呼ばれ、食堂にやってきたヒョン理事。
スニに話は何かというヒョン理事。

スニはヒョンに16年前に事業から手を引いたのはなぜかと聞く。
ヒョンは投資してもらうはずだったのが駄目になったからだと言う。
スニは当時ダルニムの父親が熟成技術を開発していたのを知っているだろうと聞く。
ヒョンは、あれは失敗だったと言う。
スニは失敗したとは聞いていないと言う。
あれが成功していたら事業が失敗する事もなかったと言う。

ヒョンが帰ったあとスニはダルニムに何かおかしいと言う。
きっとヒョンが父さんの開発した技術をチェゴ食品の会長に渡したのだと言う。
ダルニムは、開発は失敗したと言っていたではないかと言う。
父親のノートを見せ、開発途中で終わっていると言うダルニム。

スニは失敗したとは言っていなかったからボクナム会長に会って話を聞きたいと言う。
ダルニムは、会長は知っていて隠すような人ではないと言う。
スニは会長から直接聞けば疑念が晴れると言う。
ダルニムは連絡してみると言う。

グンスクはビョンスに会いたくて夜も眠れず薬を飲んでいるとメールを送った。
ダルニムに今にも死にそうな内容でなければ戻ってこないかもしれないと言うグンスク。

ダルニムはスニを連れてボクナムに会いに来た。
スニはボクナムにオ・サンボムを知っているかと聞く。
スニはダルニムの父親だと言う。

ヒョン理事と一緒に熟成技術の研究をしていたが、ヒョンが技術を盗んだかもしれないと言うスニ。
ボクナムは何の話をしているのかわからないと言う。
罪を償うはずではないの?

スニはもう一度夫のことは知らないのかと聞く。
ボクナムは知らないと言う。
スニはその言葉を信じてもいいのかと聞く。
ダルニムはスニに会長は嘘をつくような人ではないと言う。
父親を尊敬していたが、会長に会うと父を思い出すと言うダルニム。

イランはソノがダルニムのことを好きなことを知った。

ソノとイランはセナを呼んだ。
ソノはセナに、ユン会長にレシピ流出の話をしたのかと聞く。
セナは何の話かと聞く。
イランはあなたと追及しても無駄なことはわかっていたと言う。
ヒョン理事が関わっていたことだけ証言してくれれば、あなたのことは見逃すと言う。

ソノはヘリとヒョン理事が共犯だったということにしてこの問題を片付けたいと言う。
適当なところで妥協をしようと言うソノ。
セナは、私は関係ないのになぜ妥協をしなければいけないのかと言う。
イランはあなたが私にヒョン理事と込んでやったと言っただろうと言う。
セナは、私はそんなことを言ったことはないと言う。

ソノは協力してくれれば君の罪は問わないと言う。
セナは、私は関係ないと言っているだろうと言う。
ソノは真実を明らかににしたいだけだと言う。
セナはダルニムのためかと聞く。
あなたはダルニムしか見えていないと言うセナ。

セナはやっていない罪を認めることは絶対にないと言う。
やった罪も絶対に認めないのですから当然でしょう

イランはソノにダルニムのことを好きなのかと聞く。
ソノは自分の片思いだと言う。
ジェヒの死後、誰かを好きになるなんて考えられなかったと言う。
ダルニムが代表の娘だという事も知っていると言うソノ。

ソノは、ダルニムは僕の気持ちには気付いていないと言う。
セナと結婚できないのはダルニムへの気持ちがあるからだと言う。
他の人を思いながら他の人と結婚することはできないと言う。
イランは父親の件もあるから簡単ではないだろうと言う。
ソノはわかっていると言う。
それでも進んでいくつもりだと言うソノ。

その会話を聞いていたセナ。
ダルニムのことを許せないと言うセナ。
まさか殺すつもりではないでしょう

家に帰ったソノとボゴン。
ダルニム親子が来て帰ったあとボクナムの様子がおかしいと聞いた。
部屋に行く2人。
ゴボンは何の話をしたのかと聞く。

ボクナムは自分で解決するから心配しなくていいと言う。
明日記者会見をすると言うボクナム。
自ら真実を話し、罪を告白すると言う。
ゴボンは良く決心したと言う。

ボクナムはダルニム親子が来たときに正直に認められなかったのが恥ずかしいと言う。
オ・サンボムのことを知らないと言ってしまったと言う。
しかしダルニムがこれから私のすべきことを教えてくれたと言う。

ボクナムは記者会見が終わったらソノはセナとの結婚を破談にし、セガンを家から追い出すと言う。
ボゴンはルビも知るべきだと言う。

セガンはその話を聞いていた。
セナに電話をする。

ユギョンは記者会見を開いて告白したらセナは破談でセガンは追い出されると言う。
セナはどうせ破滅するならみんなを巻き込んでやると言う。

セナはダルニムに会いに行く。
セナはダルニムにボクナム会長はあなたの父親を知っていると言う。
熟成技術を譲渡したのはあなたの父親だと言うセナ。
契約書を見せるセナ。
ボクナム会長が父親の技術を盗んだ証拠だと言う。
会長に会いに行った帰りに事故にあったのだと言う。

ダルニムは、会長はそんな人ではないと言う。
またねつ造したのだろうと言うダルニム。
ねつ造したのはヒョン理事だと言う。
生死の境をさまよっているあなたの父親の指を使って勝手に拇印を押したのだと言う。

ダルニムは走りだす。
セナはダルニムを見て絶対にソノとあなたは結ばれないと言う。

ダルニムはボクナムに会いに来た。
譲渡契約書を見せるダルニム。
さっきはオ・サンボムを知らないと言ったがこれは何かと聞くダルニム。
ソノは僕が説明すると言う。
ダルニムは会長が答えてくれと言う。
本当にオ・サンボムを知らないのかと聞くダルニム。

黙っているボクナムにダルニムは本当に会長が父の技術を盗んだのかと聞く。
会長が父を死に追いやったのかと叫ぶダルニム。

82~84話感想

きっと誰もが思っているとは思いますが、セナは全く愛情がなく反対に疑われているソノとなぜ結婚したいのでしょう。脅迫までしても結婚したい意味が解りません。
正直セナには女性としての華がありません。目つきも悪いし、しゃべり方もきついし、可愛さがまったくありません。その上殺人者ですからね。
ダルニムは殺されないように気をつけなくてはいけません。


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください