甘い敵-あらすじ-103話-104話-105話-感想付きネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-甘い敵-あらすじ-103話-104話-105話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

甘い敵





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
セナはダルニムとソノを罠にはめて会社から追い出そうとしましたが、反対に自分が罠にはまり会社を解雇されました。
セナのあとチーム長になったダルニム。しかしこのまま引き下がるセナではありません。     
ルビの協力でメモリーカードはダルニムたちの手に渡りました。しかしそれを知らないセナは安心しています。

【甘い敵】(ネタバレあり)

103話

メモリーカードには別荘から走り出て来るセナの姿が映っていた。
ダルニムはもう逃げられないと言う。
ジェウクはブレスレットの件もあるから再捜査もできるだろうと言う。

ソノも映像を確認した。
ソノは再捜査が始まればさらに新たは証拠が出て来るかもしれないと言う。

夜眠れないダルニムは1階におりて来た。
イランはダルニムに再捜査のことなら心配しなくてもいいと言う。
ダルニムはジェヒのことを考えてしまうと言う。
一人でどれだけ怖かっただろうと言うダルニム。
私がもう少し早く別荘に到着していればあんな目にあわずに済んだと言う。
イランはダルニムの手を握る。

ルビの店で働くことになったムンジュ。
ルビはムンジュにおやつを食べようと言う。
いくら食べてもお腹が空くというルビ。

ダルニムが店に入って来た。
ダルニムはルビにドライブレコーダーのお礼を言う。
ルビはあなたのためでなくお腹の子供に恥ずかしい姿を見せたくなかったのだと言う。
ルビはダルニムに私の選択がむだにならないように真実を明らかにしてくれと言う。

ルビはダルニムに私を傷つけまいとセガンとの関係を黙っていてくれたのにひどいことを言ってしまって申し訳ないと言う。
ダルニムはセガンがあなたを好きになった理由がわかると言う。
あなたに似た優しくてかわいい子供が生まれて来るはずだと言う。
セガンに似たら…かわいそうです(笑)

ダルニムたちはセナにジェヒの事件の再捜査が始まったと言う。
セナは証拠もないのに再捜査をするのかと言う。
ダルニムはルビが持っていたメモリーカードを見せる。
あなたが事件の日に別荘に行ったのが映っていると言う。

セナはねつ造したのだろうと言う。
イランは、ねつ造はあなたの特技だと言う。
ダルニムは映像を流す。
イランはこのまま警察に行って自白をしたらどうかと言う。
セナは潔白なのに自白はしないと言う。
警察に行って調査を受ければいいのだろうと言うセナ。

セナとセガンは警察に行く。
刑事はセナに別荘に行っただろうと言う。
セナは行ったが会社から呼び出しが来てジェヒに会わずに帰ったと言う。
刑事はわざわざ遠くまで行ったのに会わずに戻るなんて納得できないと言う。
セナは重要なことだったと言う。
どんなことか聞く刑事に4年前のことだから覚えていないと言うセナ。

刑事は映像を見せ、あわてて出て行くがなぜ慌てているのかと聞く。
セナは会社から呼ばれたからだと言う。
刑事はテラスの下に倒れているジェヒを見たかと聞く。
セナは見ていないと言う。

刑事は別荘に行ったのになぜ会社で残業していたと嘘をついたのかと聞く。
セナは誤解されると思ったからだと言う。
刑事はジェヒと不仲だったからかと聞く。
セナはジェヒとは親友だったと言う。
しかし不仲だと誤解されてしかたなく嘘をついたと言う。
刑事は2人の仲を周囲が疑い始めたのは最近だろうと聞く。
セナは同級生には疑われていたと言う。
苦しい言い訳ですね~

刑事はブレスレットを取り出した。
これはあなたのものかと聞く刑事。
セガンはこのブレスレットは10万個以上売れたものだと言う。
刑事は映像もあるし、疑わしい点があるから遠くには行かないようにと言い2人を帰した。

家に帰ったセナとセガン。
セガンは状況証拠だけでは罪を立証できないと言う。
それに4年も前のことだから新しい証拠も出てこないだろうと言う。
セナは私が否定し続ければいいと言う。

セガンはルビに会いにいった。
ルビは離婚届を持って来たなら置いて出て行けと言う。
セガンはセナは警察の調査を受けたが何も変わらなかったと言う。
犯人はダルニムだと言うセガン。

そこに入って来たセナ。
ルビはセナに何をしに来たのかと聞く。
セナは来ては悪いのかと言う。
殺人者がそばに来るのは体調によくありません

セナはルビにあなたのおかげで警察に行ったが何も変わらないと言う。
あんな映像は証拠にはならないと言うセナ。
ルビは帰れと言う。
ムンジュは、私はテコンドーの有段者だと言い蹴りを見せる。
ムンジュはセガンとセナを追い出した。

ジェヒが亡くなった病院で働いている看護師が見つかった。
ジェウクは看護師に4年前のことだが覚えているかと聞く。
看護師はあの病室は私の担当だったから覚えていると言う。
あの日ジェヒが発作を起こす前にユギョンがお弁当を持って病室に入って行くのを見たと言う。
イランは、セナはいなかったかと聞く。
看護師はユギョン一人だったと言い帰って行く。

イランはあの日は確かにセナはいたと言う。
ジェウクは、ユギョンは先に一人で入って、一度病室を出て再びセナとはじめて来たような振りをして一緒に入ったのだと言う。

グンスクはビョンスにセナが警察で取り調べを受けたと教える。
それを聞いたビョンスはユギョンの家に向かう。

ビョンスはユギョンに警察に行ったのかと聞く。
ユギョンは直接的証拠がないから心配するなと言う。
ユギョンはスニの様子はどうかと聞く。
ビョンスは携帯のことや4年前に俺を見たことを思い出しそうだと言う。
ビョンスは早くお金をくれと言う。
グンスクと遠くに行くと言うビョンス。
グンスクが行くと言うでしょうか

ユギョンは配当金が入るまで待てと言う。
トイレに行き席をはずすビョンス。
セナはスニを精神病院に入れるしかないと言う。
セガンは拉致するのかと聞く。
ユギョンは記憶が戻るのを阻止するためだと言う。

セナは、スニはイランの家にいるから接近しづらいと言う。
ビョンスに協力させようと言うセナ。
ユギョンは、ビョンスはダルニムの母に情が移っているから協力しないかもしれないと言う。

セナは協力するようにすればいいと言い、置いてあるビョンスの携帯電話を手に取る。
ビョンスの携帯からスニを呼び出すメールを送るセナ。
セナは精神病院に電話をして1時間後に予約をすればいいと言う。
セガンはやりすぎだと言うが、セナは兄さんは抜けてもいいと言う。

スニはビョンスからのメールを見て外に出て行く。
しかしビョンスの姿がないのでビョンスの名を呼ぶスニ。

ダルニムはスニの姿が見えないので家中を探す。
スニの携帯電話にビョンスからのメールが来ていることに気づき、スニを捜しに外に出るダルニムとジェウク。

スニはビョンスを探していた。
すると車から降りて来た白衣姿の男たちがスニを捕まえようとする。
車に乗せようとする男たちに抵抗するスニ。
スニは男たちの腕に噛み付く。
男はスニを振り払いスニは壁にぶつかってしまった。
その瞬間に4年前のことをすべて思い出したスニ。

家から出て来たダルニムとジェウクはスニを探す。
男たちに囲まれているスニを見つけたダルニム。
男たちは急いで車に乗り込み逃げて行った。

ダルニムはスニに駆け寄り大丈夫かと聞く。
スニは4年前のことをすべて思い出したと言う。

104話

スニはダルニムに4年前のことをすべて思い出したと言う。
ダルニムとジェウクはスニを家に連れて行く。
ジェウクはイランにスニが拉致されるところだったと言う。
ビョンスに呼び出されて出て行ったらビョンスの姿はなく変な男たちに車に乗せられそうになったと言う。

スニは全部思い出したと言う。
あの日セガンに会いに行く途中でユギョンとセナの会話を聞いたのだと言う。
2人はジェヒをテラスから突き落とし、病室ではジェヒを放置したと言っていたと言うスニ。
イランは別荘と病室と二度もジェヒを殺したのかと泣き出す。

スニは2人の会話を携帯電話で録画したと言う。
しかし2人に見つかって携帯電話をめぐってもみ合いになったのだと言う。
その時に頭をぶつけてしまい目が覚めたら病院だったと言う。

ジェウクは、携帯電話はどうしたか覚えていないかと聞く。
スニは病院で手術を受けている時に奪われてしまったようだと言う。
ダルニムは、セナが処分したのだろうと言う。

イランはダルニムの母さんを呼び出したのもビョンスではなくセナだろうと言う。
ジェウクは記憶が戻ると困るから拉致しようとしたのだろうと言う。
イランはジェヒを殺したうえにダルニムの母まで事故にあわせるなんて許せないと言う。
スニは今から行こうと言う。

ユギョンの家にやってきた4人。
イランはセナに掴みかかり首を絞める。
ジェヒが最後に味わった同じ苦しみを味わえと言うイラン。
イランはセナに死ねと言う。
ユギョンはセナには何の罪もないのに何をすると言う。
何の罪もないなんてよく言えますね〜

セガンは、これは明らかに犯罪だと言う。
イランはこの女はジェヒを二度も殺したのだと言う。
セナはなんのことかわからないと言う。
ジェウクはダルニムの母にすべて聞いたと言う。

ダルニムは動画を撮った携帯電話を奪っただろうと言う。
スニはあの日の2人の会話を思い出したと言う。
ユギョンは正気でない人の言葉を信じて犯人扱いするのかと言う。

ダルニムは理由があるから母を連れて行ったのだろうと言う。
母の記憶が戻るのを恐れて拉致しようとしただろうと言う。
セナは私たちが拉致しようとした証拠はあるのかと言う。
スニは私が証拠だと言いセナの髪の毛を掴む。
全部撮った携帯電話を返せと言うスニ。
イランはジェヒを二度殺した罪は何倍にもして返してやると言い家を出て行く。

セガンはセナに本当にジェヒを放置したのかと聞く。
セナは違うと言う。
セナはダルニムの母の携帯電話はないから大丈夫だと言う。
本当にないのでしょうか

スニはダルニムにイランのことが心配だと言う。
翌朝ダルニムはイランを起こしに行った。
しかしなかなか目覚めないイランを心配するダルニム。
やっと目覚めたイランは安定剤を飲んで寝たと言う。
イランはダルニムに私が命を絶ったと思ったのかと聞く。
イランはあなたを置いていけないと言う。
ダルニムはイランの常用している安定剤を取り上げ飲むときは私に言ってくれと言う。

ドンジェはグンスクにダルニムと刑務所で一緒だったのか聞く。
グンスクは前科があろうとあなたには関係ないと言う。
グンスクはビョンスには言うなと言う。
ドンジェはあの男に秘密にする理由は何かと聞く。
グンスクは、ビョンスはダルニムが4年前に捕まった事件の目撃者だと言う。
偽証したからダルニムの指示で探っているのだと言う。
ダルニムのぬれ衣を晴らすためにはビョンスの自白が必要だと言うグンスク。
ドンジェはあの男のことが好きでないならそれでいいと言う。
前科があってもかまわない、過去より未来が大切だと言うドンジェ。
グンスクは私の過去を知ったら驚くと言う。
どんな過去があるのか聞いてみたいです

ビョンスはダルニムたちに呼ばれる。
ダルニムはスニに送られて来たメールを見せ、あなたが送ったのかと聞く。
ビョンスは送っていないと言う。
ジェウクはこのメールのせいでダルニムの母は拉致されそうになったと言う。
ビョンスはスニに大丈夫かと聞き、良くしてくれた人に害を与えることなんてしないと言う。

そこにユギョンもやってきた。
ダルニムはユギョンにメールを見せ、これは誰が送ったものか確認するために来てもらったと言う。
イランはあなたの仕業だろうと言う。
ユギョンは私が送ったと言う証拠もないだろうと言う。

イランはビョンスによく考えろと言う。
ダルニムの母と密航しようとしたときユギョンたちはあなたがお金のために母を連れて逃げたと言っていたと言う。
ユギョンはそんなことは言っていないと言う。
イランは偽証したことを自白したら善処するし生活も補償すると言う。

店に戻ったユギョンとビョンス。
ビョンスは俺がトイレに行っている間にメールを送ったのだろうと言う。
ユギョンはどうしようもなかったと言う。
ダルニムの母の記憶が戻ったらあなたもここまでだと言う。
ビョンスは拉致してどうするつもりだったのかと聞く。
ユギョンは記憶が戻ったのだからもう意味はないと言う。
ビョンスは今度裏切ったらすべてぶちまけてやると言う。

ジョンフンがルビの店にやってきた。
ジョンフンはセガンと連絡が取れないと言う。
ルビは離婚届に判を押してくれるのを待っていると言う。
ルビはジェヒの事件は再捜査が始まったと言う。
私がドライブレコーダーの映像を見つけてダルニムに渡したのだと言う。
ルビは冤罪がわかったら事実を明かすべきなのに、あなたはセガンを脅迫するなんてセガンより悪いと言う。
あっちこっち態度を変えてばかりで弁護士として最低な男です

セナは理事会の帰りにソノに会いに来た。
ソノはセナにダルニムの母親を拉致しようとしたのかと聞く。
セナは正気でない人の言葉を信じるのかと言う。
ソノは嘘を隠すために嘘を重ね、自分が嘘をついていることもわからなくなっているようだと言う。
その通りです

セナはいくらあなたでもそんなことを言うなんて許さないと言う。
ソノはたとえ他の人が許しても俺は絶対にお前を許さないと言う。

ジョンフンはセガンに会いに来た。
面白い情報を教えると言うジョンフン。
ユン代表が自首したのはオールパワーテックの件だろうと言う。
その影響で倒産したのがビョンスの会社だと言う。
ビョンスは会社がうまくいかなくなり廃人のような生活をしていたようだと言う。
そこに事件が起こり目撃者となって金ずるにしたのだと言う。
セガンはユン会長がビョンスの人生を狂わせたのかと言う。

イランはジェヒの産着を見ている。
そこに帰って来たダルニム。
イランはジェヒが犠牲になったのは私が犯した過ちのせいだと言う。
ジェヒが死んであなたが罪を着せられたと言う。
私があなたを捨てなければこんな形で再会することはなかったと言う。
ダルニムは全てを明らかにすればジェヒも安心して眠れるだろうと言う。

イランはビョンスを呼んだ。
私の提案を考えたかと聞くイラン。
ユギョンのいいなりになるより正直に話したら後の生活を補償すると言う。
ビョンスは後ろめたいことがあれば話していると言う。

スニはビョンスに私の携帯電話を見たことがないかと聞く。
ビョンスは最初から持っていなかったと言う。

ビョンスはユギョンに会いに行く。
金はいつくれるのかと聞くビョンス。
ユギョンは、今はないから待ってくれと言う。
ビョンスはユン会長に会って来たと言う。
ユギョンは好きにすればいいと言う。
ビョンスは俺ができないと思っているのかと言う。
ユギョンは、あなたは絶対に無理だと言う。

ユン代表のせいで会社が潰れたのだろうと聞くユギョン。
そのせいで自殺未遂までしたのだろうと言う。
あなたの人生を台無しにしたユン代表のいいなりになればいいと言うユギョン。

ビョンスは俺に金をくれるつもりはないのかと聞く。
ユギョンは、お金はあげないと言う。
ビョンスはやるときはやると言い怒って出て行く。

ビョンスはグンスクを呼び出す。
ビョンスは俺と一緒に遠くに行こうと言う。
グンスクは親もいないし止める人もいないから一緒に行くと言う。
本気ですか?

ビョンスはそれなら店を辞めろと言う。
グンスクは事情を話してくれと言う。
ビョンスはタイミングが来たからだと言う。

ダルニムの部屋にいるセナ。
ダルニムとソノが戻って来た。
ソノは筆頭株主だからといって勝手に入るなと言う。
ダルニムは捕まる前に思う存分歩き回ればいいと言う。

4年前ジェヒの病院にいた看護師が供述したと言うダルニム。
ジェヒの病室で起きたことを調べているから待っていろと言う。
セナは証拠はないだろうと言う。
ダルニムは母の携帯電話も見つかるかもしれないと言う。
セナは存在しないものをどうやって見つけるのかと聞く。

そのときセナの携帯電話に動画が送られて来た。
それは4年前、セナとユギョンの会話を録画したスニの映像だった。

105話

セナの携帯に動画が送られて来た。
ユギョンと話をしているのを撮ったスニの動画だった。
驚いて携帯を落とすセナ。
ソノが拾おうとするとセナは触るなと怒鳴る。
ソノは何を驚いているのかと聞く。
セナはそれには答えずに出て行く。

家に帰ったセナはユギョンとセガンに動画を見せる。
セガンは母さんが携帯を捨てたのではないのかと聞く。
ユギョンは川に捨てたと言う。
母さんが捨てたのかと聞くセガンにユギョンは捨てたのはビョンスだと言う。
ビョンスが川に投げ捨てるのを見ていたと言うユギョン。

セナは携帯を捨てる振りをしたのだろうと言う。
ビョンスが持っていると言うセナ。
ユギョンはビョンスに電話をするが出ない。

セナはグンスクが知っているかもしれないとグンスクに会いに行く。
グンスクは自分もビョンスはどこにいるかわからないと言う。
そこにビョンスがやって来た。
グンスクはビョンスにユン代表に捕まったのかと思い心配したと言う。

セナはビョンスを連れて行く。
ビョンスに動画を見せ、これはあなたが送ったのかと聞くセナ。
ビョンスはスニおばさんの撮ったものかと聞く。
川に捨てたはずなのにどうしてこれがあるのかと驚くビョンス。
ユギョンはあなたの仕業だろうと言う。
携帯をすりかえることができるのはあなただけだと言うユギョン。
投げ捨てる一瞬の間に交換したのでしょうか

ビョンスは誰かが拾ったのかもしれないと言う。
川にあるのをどうやって拾うのかと言うユギョン。
ビョンスは釣り人が釣り上げてデータを復元させたのかもしれないと言う。
ユギョンはあなたではないのかと聞く。
ビョンスは俺が持っていたら脅迫するかユン代表に渡してお金をもらうと言う。
ビョンスはダルニムの手に渡るとまずいから早く回収してくれと言う。

セナはユギョンに業務代行業者に連絡をして発信先を調べさせろと言う。
相手はダルニムではなく私に送ったと言うことは取引をしたいからだと言う。
きっとまた連絡が来るはずだと言うセナ。

イランは4年前の病院の監視カメラが残っていたと聞いた。
秘書は破損しているから現在復元中だと言う。

ソノとジェウクはダルニムとの関係はこのままの状態が続けばいいと思っていた。
2人ともダルニムに受け入れてもらえなくてもそばにいるだけでいいと思っていた。
仲のいいソノとジェウクの様子を見たダルニムは私も仲間に入れてくれと言う。
ジェウクは親友が2人もいれば人生はバラ色だと言う。
本当に最終回までこのままなのでしょうか

ルビはソノにダルニムのことが好きなのだろうと聞く。
私のためなら諦めなくてもいいと言うルビ。
ソノはルビたちが離婚してもダルニムの父親のことがあるから無理だと言う。
しかし一番の理由はダルニムの心の中に僕がいないことだと言うソノ。
ルビはソノにダルニムが振り向いてくれなくても大丈夫かと聞く。
ソノは片思いでも愛には違いがないと言う。
無理やり自分のものにしようとするのは愛ではないと言う。
ジェウクとダルニムと3人でお互い思いやりながら生きていけたらそれでいいと言うソノ。

病院の監視カメラのデータが復元できた。
映像を確認するダルニムたち。

ジェヒの部屋からあわてて出てきて隠れるセナとユギョンの姿が映っていた。
ダルニムはあわてているのはジェヒに何かをしたからだろうと言う。
そしてはじめて病室に来たように芝居をしたのだと言う。
イランは私が病室を離れた時にジェヒの意識が戻ったのだと言う。
ソノは、セナは医師を呼ばずにジェヒを放置したのだろうと言う。
ソノはこの映像があればセナを逮捕できるかもしれないと言う。
これでは無理そうな気がしますが

ダルニムとイランはユギョンの家に来た。
ダルニムは携帯を出し、この中に何が入っていると思うかと言う。
セナたちはスニの動画だと思い焦る。
ダルニムは病院の監視カメラの映像を見せる。
セナはそれが何の証拠になると言う。
セナは病室の中の映像ではないからジェヒを放置したと言う証拠にはならないと言う。

そこに刑事が入って来た。
刑事はセナとユギョンに調査することがあるから警察に同行してくれと言う。

警察で調査を受けるセナとユギョン。
隣にセガンも座る。

刑事はセナになぜ病室から出て来たのかと聞く。
セナは私とジェヒが不仲だと誤解させていたから疑われると思ったと言う。
刑事は人が死にかかっているのに自分の心配をするのかと笑う。
そんな奴なんですよ

セナはユン代表が戻って来たから大丈夫だと思ったと言う。
刑事は、看護師はジェヒが発作を起こす前にユギョンが一人で病室に入るのをみたと言っていたと言う。
ユギョンはセナと一緒だったと言う。
刑事は一度部屋に入ったのに荷物を持って出たのは、二度目に入る時にはじめて来たように見せかけるためだったのかと聞く。
ユギョンはジェヒが倒れていたから動揺したのだと言う。

刑事は机を叩き、嘘をつくなと言う。
ユギョンが病室に入ったときはセナがいて発作を起こしたジェヒを見ていたのだろうと言う。
セナは売店に行っていたと言う。
病室に戻ろうとした時に母と会って一緒に入ったのだと言う。

セナは看護師の話は嘘だと言う。
セナはユン代表が私たちを陥れようと看護師に指示をしたのだと言う。
刑事はユン代表がなぜそんなことをするのかと聞く。

ユギョンは、ダルニムはユン代表の娘だからだと言う。
捨てた娘がもう一人の娘を殺したと信じたくないから私の娘を犯人に仕立てあげようとしているのだと言う。

刑事はスニの話も嘘だと言うのかと聞く。
セナは、スニはダルニムの育ての親だと言う。
生みの親と育ての親がグルになっているのだと言う。

刑事はスニが頭に怪我をしたときに遠くまで連れて行ってユギョンの名前で手術をしたのはなぜかと聞く。
ユギョンは、スニはダルニムが有罪になるとわかって夜逃げをしたのだと言う。
それを私たちが捜しに行って遠くにいたスニを見つけたのだと言う。
頭に怪我をしていたけれど住民番号もわからないから私の名前で手術をさせたのだと言う。
刑事はあらかじめ答えを用意していたようだと言う。
セナは事実を言っているだけだと言う。
どうして3人一緒に話を聞くのでしょうか。別々にしたら話の合わないことがたくさん出て来るはずなのに

家に帰された3人。
セガンは、今は状況証拠だけだから拘束されることはないだろうと言う。

ソネは4年前のジェヒとのメールのやりとりを警察に提出した。
刑事はそれを確認し、セナに犯行動機はあったわけだと言う。
ジェヒがいなくなればソノを奪えると思っていたのかと聞く。
ソネはその通りだと言う。

警察はセナの逮捕状を申請した。
それを聞いたユギョンはセナが刑務所に入ることを心配する。
セナはまだ決まったわけではないと言う。

その結果、逮捕状の申請は棄却された。

セガンとセナが会社に現れた。
ダルニムはなぜここにいるのかと聞く。
セガンは嫌疑不十分で申請は棄却されたと言う。
セナは私に罪を着せようとしても無駄だと言う。
逮捕状が棄却されたということはあなたが犯人だと言うセナ。

ダルニムはドライブレコーダー、ブレスレットなどあなたが犯人だという証拠は揃っていると言う。
セナは携帯電話があるならともかく、どれも状況証拠ばかりだと言う。
ダルニムは、携帯は知らないと言ったのに今の言葉は自分が犯人だと認めたことになると言う。
次は逃げられないと言うダルニム。

103~105話感想

本当に状況証拠ばかりですね~。警察の取り調べは一人ずつにすればいいのにと思います。刑事が少し強く脅せばそのうちセガンが自白すると思うのですが、簡単に自白させないのがドラマですね。
スニの携帯電話を持っているのは誰なのでしょう。やはりビョンスしかいませんか!
最後の証拠は携帯電話とビョンスの証言になるのかもしれません。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.