眩しくて-あらすじ-7話-8話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-眩しくて-あらすじ-7話-8話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

眩しくて

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ヘジャが部屋に引きこもっていた間、ジュナに何があったのかおおよその理解ができた前話。ジュナが詐欺師まがいのことを、やっていたのには驚きましたがジュナが自ら進んで詐欺まがいのことをやり始めたとは、個人的には思えませんでした。ジュナをどうにかしたいと思うヘジャは、神様に必死でお願いをしましたよね。一度だけでいいので、時間を巻き戻してくれと。
ヘジャの願いは叶い25歳のヘジャに戻ったようですが、ドラマの感じだとやはりまた70歳の老婆に戻ることになるのかなと思います。今回は時間を巻き戻した25歳のヘジャが奮闘するのでしょうか??それとも70歳のヘジャが・・・??

【眩しくて】ネタバレあり

7話

神様に必死で祈ったおかげで、ヘジャは25歳のヘジャに。
そして急いでジュナの自宅へと走ったヘジャは、自宅にいるおばあさんに会います。

その後、ジュナを見つけるとジュナを追うヘジャ。

ジュナの姿を完全に視界に捉えると、ジュナが事件の嘘を作ったあの瞬間に出会うことに。

ジュナをなんとか必死で止めることができた、ヘジャはそのことに安堵します。
翌日、ジュナとデートを楽しんでいるヘジャに異変が起きます。
目が回り出したのかな?めまい?

急に視界がぐるぐると回りだすと、元に戻ってしまうと予感したヘジャは、ジュナに自分のことを忘れないで欲しいとお願いをします。

目を覚ましたヘジャは自分が70過ぎに戻っていると気がつきます。

そして街中で自分が捨てたはずの、腕時計をする老人を見かけたヘジャ。
深夜になり時計を力一杯、投げ捨てた場所へ行くとそこには・・・ジュナ。

酒を飲み酔ったジュナ。

ジュナに話しかけたものの、あんたの姪っ子とは赤の他人で関係ないと・・・。
あれ?以前にもこんな場面が・・・・??やっぱりヘジャが25歳の戻ったのは、あれは夢だったのですね

腕時計についてきになるヘジャは、時計を持っているおじいさんと親しくなりたいと考えます。

おじいさんに話しかけてみるものの、無視されるヘジャ・・・・。
そしておじいさんは倒れて病院へ運ばれることに。
何がどうなっているんでしょう??

何がどうなっているか理解できないヘジャ。
その後ヘジャは、おじいさんがはめていた時計を若い男の人がはめているのを見つけ、時計を探し出すことができれば自分は元に戻れるのでは?と考えます。
何がどうなっているのか、こんがらがりそうです( ;´Д`)

ようやく時計をはめたおじいさんを見つけたヘジャは、おじいさんに時計を返してもらおうとしますが、おじいさんはそれを拒否します。

おじいさんに対して、「おじいさんは若さと引き換えに何を得ることができたのですか?」と問いますが・・・・。

8話

ヘジャにヘジャは必ず戻ってくると言われたジュナ。
ヘジャに「いつ?何時?」と尋ねるものの、ヘジャは帰らずジュナは途方にくれます。
それでもどこかで期待しているし、帰ってくると信じたいよね

ジュナにヘジャは絶対に帰ってくるといったものの、その言葉を守ることができないと感じたヘジャは、ジュナにヘジャは帰ってこないと話します。
簡単に口約束してはダメだと痛感

その言葉を聞いたジュナは、家を引っ越すことを決めます。

その夜、ヘジャの母親の美容院にやってくる、ディケアセンターのおばあさんたち。その中にはシャネルおばあさんの姿も。

シャネルおばあさんがどうしてそこまでして、綺麗でありたいとい続けるのかわからないヘジャはおばあさんに尋ねます。

するとおばあさんは、アメリカにいる息子に会うためなのと答えます。
それを知ったヘジャは、ジュナのことが気がかりでディケアセンターへと向かうことに。
おばあさんは、息子がアメリカにいると信じているのですね

センターに着いたヘジャを待っていたのは、おばあさんに本当のことを話していました。
ショックを受けるシャネルおばあさん。

ショックを受けたシャネルおばあさんは、行方が分からなくなってしまうことに。
どこへ行ってしまったのでしょうか??( ;´Д`)

感想

めまぐるしく物語が展開していきます。途中から話がこんがらがり始めてしまいました。25歳に戻りたいと神様に祈り、25歳に戻ることができたヘジャ。戻ったヘジャはヘジャなりに奮闘したのですが、どうやらそれは夢だったようで??ヘジャが夢を見ていたということになるようなのですが、この辺りからこんがらがり始めてしまい・・・。ん?ん?といった感じ。
そして行方をくらました、シャネルおばあさんが現れたのはジュナの家の前だったような気がしますが、これは何を意味するのでしょうか??なんだか悪い方へ、悪い方へと転がっていくような気がしてハラハラします。