神との約束-あらすじ-27話-28話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-神との約束-あらすじ-27話-28話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

神との約束

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ヒョヌの移植手術を巡って、とんでもないことが起こってしまいました。
ここ数話、子役も含め俳優さんたちの演技も真に迫るものがあって、画面から目が離せないほどです。
それでは、27話のあらすじからどうぞご覧ください。

スポンサーリンク

    【神との約束】(ネタバレあり)

    スポンサーリンク

    27話

    ようやく意識を取り戻したヒョヌ。ジヨンやミノだけでなく、キム家の面々も皆喜びます。
    けれど、移植コーディネーターの一言で事態は一変。
    完全一致していたドナーが移植を断ったのは、患者の家族から電話があったせいだというのです。
    当然、ジヨンやジェウクがそんなことをするわけがありません。
    思い当たる人物に会うため、ジェウクは自宅に戻ります。
    ジェウクが気づいた時の気持ちを思うと……何度裏切られたらいいのか

    完全一致のドナーを、ナギョンが断ってしまったことに気づいたジェウク。
    今回ばかりはナギョンの行為を許せるはずがありません。
    激高し、すぐにでも追い出そうとしますが、ナギョンはジュンソを連れ部屋に閉じこもってしまいます。
    完全にナギョンを見限ってしまったジェウクは、全てを奪うと誓います。
    ここのジェウクの怒りの演技、迫力ありました。

    ナギョンの様子がおかしいことに気づいたジェヒ。
    事情を尋ねられたジェウクは、ナギョンの行いの全てをジェヒに話してしまいます。
    そして、ジェヒはその話をジヨンに伝えてしまうのです。
    あまりに酷い真実に言葉を失うジヨン。
    ナギョンの元を訪れ、欲のために子供の命を危険に晒す人間に母親の資格はないと責めます。
    そして、ジュンソを取り返すための訴訟を起こすと宣言するのでした。
    ジヨンの怒りはもっともです。もっと怒ってもいいくらい。

    スポンサーリンク

    28話

    ナギョンの元に、ジヨンからの告訴状が届きます。
    なんとかジヨンの気持ちを変えようとしますが、もはや手遅れ。
    告訴を取り下げる説得をするようジェウクに頼むナギョンですが、それも聞き入れてもらえるはずがありません。
    当たり前ですよね、もう自業自得としかいいようがないです。

    ジヨンとナギョンが出演している番組の生放送が行われることになります。題材は、ドナーと出産に関するもの。
    ナギョンが裁判に向けて世論を味方にするつもりで提案したのです。
    議論はヒートアップし、視聴者からも出演者からも様々な意見が飛び交います。
    そして、白血病の子供を助けるためとはいえ前夫との間に子供を産む行為が倫理的に許されるかどうか。そこに焦点が当たってしまいます。
    ナギョンの思惑通り世論が流れ、ジヨンの立場は悪くなってしまうのです。
    本当に、事情を知らない外野は好きなことを言うものです……。

    生放送がきっかけで、世論は完全にナギョン側の味方になってしまいました。
    ジヨンを担当する弁護士も弱気になってしまいます。
    しかも、以前から事情に勘付いていた記者たちが、ここぞとばかりに報道を始めてしまうのです。
    裁判が始まり、お互い一歩も引かない二人。
    自分が有利だと思い込んでいるナギョンですが、裏でジェウクがジヨンのために動き始めていたのでした。
    ナギョンの頭の良さが全て裏目に出ている感じがします。

    退院したヒョヌに、ジヨンはジュンソを取り戻す裁判のことを打ち明けます。
    ジュンソの気持ちを考え、困惑するヒョヌ。
    裁判で皆が傷つくことになると心配しているのです。
    子供の立場からしたら、ヒョヌの言い分はもっともです。

    ジヨンの突然の訴訟に、サンチョンやピルナムは驚きます。事情があるはずだと疑いますが、ナギョンはあくまでジヨンの心変わりだと主張。
    当然、サンチョンは裁判を止めさせようとしますが、ジェウクがそれを拒否。これ以上ジュンソをナギョンの側に置いておくわけにはいかないと、裁判を利用してジヨンの元に返すつもりでいるのです。
    それでも、ジュンソはナギョンを母親として慕っているわけで……悩ましいです。

    スポンサーリンク

    27-28話感想

    もつれてしまった糸を、色んな方向から引っ張って元に戻そうとするから余計に絡まってしまった……そんな気がします。
    ジヨンの気持ちもわかりますが、ナギョンがジュンソの母親に相応しいかどうかは、他の誰でも無いジュンソが決めることのはず。
    たとえどんなに卑怯で欲を捨てられなくても、そして血が繋がっていなくても、ジュンソにとってお母さんはナギョンだけなのですから。
    愛情を持ってジュンソを育てて来たはずのナギョンが、こんな風に道を踏み外してしまうのを見るのは辛いものがあります。
    ナギョン自身が愛情に飢えているからこそ、あんな風に立場に固執してしまうのだとしたら。
    残りあと二話、どうにか良い結末を迎えてくれることを願うばかりです。

    スポンサーリンク


クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください