私の男の秘密-あらすじ-40話-41話-42話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-私の男の秘密-あらすじ-40話-41話-42話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

私の男の秘密

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
韓国ドラマで、本当によくある同じ顔の人物が出てくるお話。
懐かしいところでは「冬のソナタ」。
思い浮かぶところでは「復活」「妻の誘惑」など。
明らかに無理な設定なのですが、名作が多いです。
そして、このドラマも「入れ替わりモノ」の傑作として記憶され、何度も放送されるに違いありません。

【私の男の秘密】ネタバレあり

第40話

フランチャイズ候補店試食会の席で、ついに再会するソラとジェウク(ジソプ)。
泣きながらジェウクにすがりつくソラを冷たく突き放すジェウク。
ソラ役のカン・セジョンは本当に泣くのがうまい!もらい泣き必至のシーン
ジェウクは辛い~へリムをごまかせるかな?

一方、ジェウクに対し家族を人質に散々脅しをかけ、JK社の契約をとりつけたソネはご機嫌。
グクヒョンからも感謝されていた。
こちらは、ますます美しくなるソネ役のイ・フィヒャン

洗面所で対決するソラとヘリム。
この二人がジェウクをめぐって対決することになろうとは…

「私の男」に手を出すなというヘリムに、ソラは「この謎」を必ず解いてみせると答えるのだった。
さあ、この二人の対決が見ものです(*^_^*)

チン家。夕食に招かれたジェウク。
インタビューが評判でご機嫌のグクヒョンにジェウクもそつなく相槌を打つ。
愛想を振るうのはお得意のジェウク

ジスクはジェウクに、ミリョンのことで煩わせたことを詫びる。
この時、ジェウクはヨリムの写真に見覚えを感じるのだった。

自宅に戻ったものの、じっとしていられないソラはカンイングループ本社の前で長時間座りこむが最後には追い出される。

その足でソラが向かったのは…

イヌクを訪ねたソラは、試食会での出来事を必死に訴える。
そんなソラに、イヌクは力になることを約束するのだった。

ソネとジェウク。
ジソプとジェウクがそっくりだと皆が知ることを恐れるソネ。
もうヘリムは知っていると答えるジェウク。
疑いの視線をはね返せるのか?勝負どころのジェウクは自信をのぞかせる。
うまくいくのかな?ソラは絶対に諦めないとおもうけど(^_^;)

翌日。
カンイングループ会長室で顔を合わせるジュンチェ、イヌク、ジェウク、ヘリム。
今日からイヌクは経営企画チームの室長として復帰するのだ。
ジュンチェはイヌクを買っていますねー(*^_^*)

イヌク室長の初仕事は、試食会の結果を見ることだった。
その結果は…

ヘリムを呼び出したイヌクはジェウクへの疑いを口にする。
やはりイヌクは、ジェウクの背中の痕が消えていたことが気になっていたのだ。
ヘリムは除去施術を受けたのだと返すが…

その日、ヘリムの元にソネとジェウクのDNA鑑定結果が届く。
しかし、珍しくヘリムは結果を知るのをためらい書類はしまいこまれることになった。
ヘリムがためらうなんて珍しいー(*^_^*)

翌日。
イヌクの招待と言ってカンイングループ内に入り込んだソラは、その手で直接、本部長室のドアを開ける。
突然現れたソラに、さすがのジェウクも驚く。
必死のソラがいじらしく、一方のジェウクにはハラハラしてしまいます(*^_^*)

ソラは、頼みのカフスボタンも効果なく、別人と主張するジェウクの前から引き下がるしかなかった。

自宅に帰り、家族写真を見つめるソラ。
ソラはふと、忘れていた「ミリョンのメモ」を手に取る。
まあ、出来ることはしたのよね。ヘリムが握り潰しただけ(^_^;)

ソラは、鬼気迫るミリョンの様子を思い出していた。
また、彼女がジェウクの知り合いなら、答えが見つかるかもしれないと考えた。

早速、メモの住所を訪ねたソラ。
彼女は、看護士の隙をみて中に入ることに成功する。
この前はヘリムも忍び込んだけど、セキュリティー甘すぎない?

そして、ソラは地下室でミリョンを見つける。
ミリョンにジソプの写真を見せると、そっくりだと驚く。
えーと、こんなことしている場合??(^_^;)

ソネの恐ろしさを知っているミリョンは、すぐにその可能性に気付く。
そこで、ミリョンの代わりにソラが地下室に残り…
―続く―

第41話

ジェウクの執務室に現れたミリョン。
ミリョンはすぐにジェウクの正体を見破るが、もちろんジェウクも記憶にないと応じる。
暴れ始めたミリョンの前にヘリムが現れ、ミリョンは怒りのあまり、ますます暴走し…
ミリョンさん、せっかくの機会を(^_^;) ミリョン役のペ・ジョンファ熱演

ミリョンが会社で騒ぎを起こしたと知ったソネも激怒し、すぐに地下室を調べるように命令する。
地下室にいるソラはどうなってしまうのか。

その頃、ソラに電話が通じず異変を察したイヌクも動き出していた。

ソネも別荘に到着し、ソラを発見。
ソネはミリョンを取り逃がしたため、急ぎジェウク(意識不明)を隠す必要があった。
この行動力はヘリムといい勝負(*^_^*)

ミリョンの通報で、あの別荘に警察がやってくる。
何食わぬ顔で警察を迎えたソネは、うまく調査をやりすごす。

デラとヘリム。
デラは行方不明のソラの心配どころか迷惑な顔をしている。
ヘリムが姉妹の仲が悪い理由を聞くと、簡単にソラの秘密をばらしてしまうデラ。
本当に困ったデラ!ヘリムは勘が良いから「ソラの真実」にも気づいてしまうよ(^_^;)

キ家で皆がソラの心配をしているところに、みすぼらしい姿になったミホンが帰ってくる。
ジェウクの思いも届かず、キ家とミホンの悪縁が切れることはないようだ。
ミホンさんたら(^_^;) こういうダメな人も韓ドラあるあるですね
プジャガケセヨ!(お金持ちになってくださいね)という挨拶があるくらいお金に執着するお国柄

一方、イヌクはジェウクの部屋に来ていた。
会社で起こったミリョンの事件のことをジェウクに問い、さらにソラの話題に。
ソラがジソプのために作ったビラをみたジェウク。
ジェウクは必死に「ジェウク」を演じ続ける…

そして、ジェウクとイヌクの闘いも終わることがないのだった。
ジェウクを疑いの目でみているのは、ソラ、イヌク、ヘリム…まずいですね(^_^;)

イヌクまで疑いを持ってしまった…
ソネとジェウクは、この厳しい状況に打開策を考える他なかった。

―別荘―
ソラが目覚めると、そこは地下室ではなく客間のソファーの上だった。
ソラは看護士にミリョンのことを聞く。
しかし、ミリョンは手の付けられない重症の精神病患者に仕立て上げられていた。

解放され無事に事務所に着いたソラ。
ソラは待っていたイヌクに怒鳴られてしまうのだった。
イヌクはソラが好き?

イヌクの協力を得、ソラはヘソルを連れてカンイングループへ。
ロビーにいたジェウクに気付いたヘソルは「パパ」といって駆け寄る…

一方、ヘリムは別荘に行き…
―続く―

第42話

ヘリムは眠っているジェウク(本物)を見つける。
急ぎ自宅に戻り、DNA検査の結果を確認すると、ソネとジェウクに親子関係はなかった。

ヘリムは別荘にいるのが本物のジェウクであり、今ジェウクとして動いているのが「ジェウクと瓜二つのジソプ」であることを即座に理解するのだった。
ついにわかってしまいました(^_^;)

一方、ジェウク(ジソプ)は会社のロビーでヘソルに抱きつかれていた。
最愛の娘をふりほどけるのか?
今日のジェウクのスーツはすごく凝った仕立てで素敵(*^_^*)

ジェウクは見事に「ジェウク」を演じ切り、ソラとヘリムを退けるのだった。

この様子をみていたイヌクはソラが可哀想なあまり、ジェウクを責めてしまう。

同じころ、本物のジェウクが目覚める可能性が出てきた…

事務所に帰ったソラは、ジェウクに投げつけられたひどい言葉を思い出していた。
可哀想なソラ。ソラは全然悪くないのに

そこへイヌクが現れ成果を聞くと、「別人だった」ときっぱり答えるソラ。
哀しみでいっぱいのソラを前に、イヌクはもう好意を隠そうとはしなかった。
意外と鈍感なソラには通じていませんが(^_^;)

高級店で仲良くワインを酌み交わすカップル。
それはジェウクとヘリム…見かけとはうらはらに心中は全く折り合わない二人だった。
心の声が怖すぎる(^_^;)

イヌクとソラ。
こちらは屋台で焼酎を飲んでいる。
ソラとジェウク(ジソプ)そろってヤケ酒とはさすが夫婦(*^_^*)
酔っぱらっても可愛いソラ

その夜、ヘリムとジェウクはベッドを共にする。
寝ているジェウクの背中に傷痕のないことを確認するヘリム。
ヘリムが色っぽいです。完璧に美しいパク・ジョンア(*^_^*)

翌日、ヨリムを捜し続けているジスクは有力な情報を得るが、一人では出かけられず、
思いついて便利屋のソラに連絡する。
この二人がからむシーンはいつもドキドキ!

チン家を訪れたソラ。
ジスクが出かけるのを知ったヘリムも現れ、またしても不穏な気配の中…
―続く―

第40話~第42話 感想

今回はかなりの進展でした。
ジェウクの正体がヘリムにばれ、ミリョンは行方不明。
そしてソラの真実も明かされるのかと、もうドキドキです。
不自然な出会いも多いけど、だんだん違和感がなくなってきました。
もう、運命には勝てないのだと思っています。

また、名脇役のミホンとデラの存在感が増してきました。
よくもまあ、次々といじわるなことしますよね。
このいじわるで救いようのない性格が妙にリアルなのは演技力と、やはり脚本の力だと思います。

このドラマの脚本はキム・ヨンシン/ホ・インムの名コンビ。
この二人の手がけた「凍える華」も入れ替わりモノの傑作でした。

今後の展開が楽しみなのですが、さっぱり予想ができません。
本物のジェウクが目覚めたらどうなるのでしょう??