輝けきらびやかなボクヒの人生-あらすじ-31話-32話-33話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

サンアの悪だくみがはじまりましたね。
チュンとウニムの実の娘であるボクヒをこのまま家に置いておくことはできないから。
指輪を盗んだという罪をかぶせ、ボクヒを追い出そうとします。

家から追い出されたボクヒですが、盗んだのは自分ではないことだけは証明したいと、シギョンと一緒にがんばります。
そして、見事、証明に成功。

でも、今度は、チャバンとの関係をサンアに暴露され、結局、家を出ることに。
スクの家で世話になることになりました。

ボクヒのことが心配なシギョン。
ちょうど自分が本部長をしているチームで、人手不足のためにスタッフを募集したいと思っていたところ。
ボクヒはどうかと考えます。

ボクヒはシンサングループで働くことになるのでしょうか?
そうなったら、サンアはますます悪だくみをするんだろうな…。
ボクヒとの親子関係をチュンが知ったかも気になります。

さっそく、第31話から紹介していきますね〜♪

スポンサーリンク

【輝けきらびやかなボクヒの人生】ネタバレあり

スポンサーリンク

31話

ウニムの家から追い出されて、継母のスクのところに行ったボクヒ。
ボクヒのことを心配したシギョンは、スクの食堂まで来て、様子をうかがいます。
シギョンが店の前にいると、チャバンとジエに偶然出会います。

チャバンがジエと腕を組んでいるのを見たシギョンは、チャバンに問いただします。
恋人がいるなら、どうしてボクヒと離婚しないのかと。
関係ないだろうと突っぱねるチャバン。
チャバンはひどすぎる! 早くボクヒと別れてあげればいいのに!
それに、住む場所を失った子どもたちのことが心配じゃないのかしら。

腰痛を患ったスクの代わりに食堂を切り盛りするボクヒ。
子どもたちが食堂の片隅で勉強をしていると、スクが邪魔だと追い出そうとします。
子どもたちはしかたなく、近くの図書館に行くことに。
血がつながっていないとはいえ、自分の孫なのに、かわいくないのかしら?
スクもひどすぎるわね!

遅くまで食堂で働くボクヒ。
図書館の閉館時間になって、子どもたちの居場所がなくなります。
チャバンに連絡して、家で預かってほしいとボクヒは頼みます。

チャバンは子どもたちのことを了解し、さっそくジエに連絡。
しかし、ジエは連絡に気づかないふりをして、子どもたちを追い返してしまいます。
行くあてもなく、公園で時間を過ごすウンスとウンハ。
ジエも相当な悪女ね!

おなかがすいた子どもたちはウニムの屋敷まで行きます。
ちょうどそのとき、シギョンが玄関にいて、子どもたちに気づきます。
子どもたちをコンビニに連れていくシギョン。
3人でカップラーメンを楽しそうに食べるのです。
忙しいとはいえ、ボクヒもひどすぎる! 
遅い時間まで子どもたちをほったらかしにするなんて。

場面変わって、サンアの家で。
帰ってきたシギョンにセラが声をかけ、数学を教えてほしいと頼みます。
2人で机に向い、セラに数学を教えるシギョン。
そんな2人を見て、ほほえましく思うサンア。

シギョンがセラの部屋から出たあと、サンアはシギョンと話します。
自分とつき合う気はないか、結婚する気はないかとアプローチするサンア。
シギョンはそんな気はまったくないと断ります。
サンアは自分が後継者になるため、シギョンをなんとかして味方につけなければと考え…。
シギョンにはっきり断られて、サンアは平気なのかしら? プライド高そうなのに。

スポンサーリンク

32話

ボクヒのことが気になるシギョン。
再びスクの食堂を訪れ、ボクヒの状況を探ります。
そんなシギョンを見かけて、おもしろくないと思っているのがチャバン。
チャバンもスクの食堂に行き、ライバル心を燃やします。
あれ? チャバンはジエとよりを戻したのに、まだボクヒに気があるのかしら?

チャバンとシギョンが食堂に来て騒ぐのを面倒に感じるボクヒ。
早く食べて帰ってと、2人を追い払います。
ボクヒはシギョンに対してまったく恋心がないのかしら?

場面変わって、ボクヒがいた地下室に行くウニム。
ボクヒと過ごしたのは短い間でしたが、ボクヒがいなくなり、寂しい気持ちでいっぱい。
ボクヒに会いたいと思い、スクの食堂を訪れます。

ウニムが来てくれて喜ぶボクヒ。
チャバンのことは本当に申し訳なかったとウニムに謝ります。
やっぱり、血のつながりで惹かれ合うのね!

そんな中、チュンが病院に連絡をし、ボクヒと自分のDNA鑑定を依頼します。
依頼された医師から連絡を受けるサンア。
サンアと医師は裏でつながっていたのです。

DNA鑑定の結果をチュンに知らせまいと焦るサンア。
鑑定結果をこっそり差し替えます。
自分とボクヒに親子関係がないという書類を受けとったチュン。
サンアは親子の間を引き裂くなんて、ひどいわね!
悪女ぶりが燃え上がりそうね!

スポンサーリンク

33話

ボクヒのもとに、サラ金から借金とり立ての電話がかかってきます。
なんとかしなければと焦るボクヒ。
返済するどころか、そのままでは利子が増える一方です。
そういえば、あの借金はどうなったかしら?と思ってたけど、やっぱり催促が来たのね。

借金はシギョンがチャバンを殴り、留置所に入れられていたときのもの。
シギョンに示談金を払ってシギョンを留置所から解放するために、サラ金から借りたのでした。
そのことを偶然知ったシギョン。
チャバンに怒りを感じ、ボクヒには申し訳なく思います。

夜中にキムチを漬けるアルバイトに行き、なんとか借金返済の足しにしようとがんばるボクヒ。
子どもたちは相変わらず店に布団を敷いて寝る日々。
結局、シギョンはサラ金に行き、ボクヒの代わりに借金を返済しました。
利子がふくらんでなかったかしら? 最初からシギョンに頼ればよかったのに。

ボクヒは子どもたちのためにも住む場所を探しますが、なかなか条件に合ったところが見つかりません。
スクの食堂で寝泊まりしているものの、バイト代をもらうでもないボクヒ。
ただ働きです。しかも、スクの娘のヒョニがボクヒにつらあたります。
自分がスクの娘だから食堂の主で、あんたは使用人だと言い……。
ヒョニも性格が本当悪いわね!

場面変わって、シンサングループ。
シギョンが本部長をしている新規事業で、営業担当者を雇おうという話になっています。
臨機応変に対応できて、根性のあるボクヒが適任だと考えるシギョン。
さっそく、チュンに相談に行きます。

チュンはシギョンの意見に賛成し、ボクヒを特別採用で雇うことに。
知らせを聞いたボクヒは喜びます。
子どもたちのためにもお金を稼がなくてはならないと真剣に考えていたところだったから。

新入社員を待ちわびるチームの人たち。
そこにやって来たのはボクヒでした。
サンアはボクヒを見てあきれ顔。さっそく、チュンに抗議に行きます。
サンアとボクヒのバトルがまたはじまりそうね!

チュンに説得されるサンア。
それならボクヒの担当は自分にさせてほしいと言います。
自分が指導係をするからと。
ボクヒはサンアにいじめられるのね、きっと。シンサングループじゃないほうが、ボクヒにとっていいのに…

ボクヒを見下しているサンア。
なんとしてもボクヒを追い出そうと考え…。

スポンサーリンク

31〜33話の感想

少しずつドラマが動きはじめましたね。
自分がチュンとウニムの実の娘でないと知ったサンアは、なんとか会社を自分のものにしようと必死です。
そのためにはまず、シギョンを味方につけようとします。

シギョンにつき合わないかと提案してみたものの、あっさり断られてしまいます。
それもそのはず、シギョンはボクヒのことが気になってしかたない様子ですしね。

でも、断られたサンアもそれほど悲しんでないみたい。
プライドが傷つけられて、大騒ぎしそうですが、シギョンのことはなんとかなると思っているのでしょう。

しかし、許せないのがチャバン。
ボクヒと離婚しないようにとサンアに命じられて、結局、そのままに。
なぜボクヒも離婚をもっと迫らないのかしら?
チャバンの気持ちとか性格とかがイマイチ、よく理解できませんね。

一方、実の娘を探すチュン。
もしかしたらボクヒではないかと親子鑑定を依頼しますが、サンアが邪魔をします。
書類を替えて、親子関係はないと、チュンに思わせるのです。

健康状態が思わしくないチュン。
遺言状を変更し、自分の実の娘に遺産を遺すようにします。
遺言状をこっそり見るサンア。
自分が娘として長年暮らしてきたのにと、チュンに対して怒りの気持ちでいっぱいになるのです。

さて、シギョンの推薦があって、ボクヒがシンサングループで働きはじめました。
ボクヒのことが大嫌いなサンア。
どんな手を使ってボクヒを追い出そうとするんでしょうか?

次回が楽しみです〜♪

スポンサーリンク


クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください