1%の奇跡2016-あらすじ-7話-8話-9話-感想付きで詳しく!

韓国ドラマ-1%の奇跡2016-あらすじ-7話-8話-9話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ダヒョンとジェイン、うわべは契約交際ですが、結構本気モードに突入です(^▽^)/
今日も可愛いダヒョンに会いに行きましょう(*´∀`*)

【1%の奇跡2016】ネタバレあり

第7話「プレゼントの意味」

プラモデルの次はスケートで楽しむダヒョンとジェイン二人のデート。
ダヒョンは母からの電話でジェインを紹介しろと言われたようだった。
それを聞いたジェインは「挨拶に行こうか?」と切り出すが「わたしたちは絶対に結婚できない」というダヒョン。

6カ月の交際契約書で見たジェインの誕生日。
ダヒョンはヒョンジンの店を貸し切りにして、誕生日を祝う。
23年ぶりにローソクを吹き消したと言うジェイン。
今日は兄の命日だと言う。
ジェインはいとこの戸籍に養子に入ったと言う。

ネクタイピンをプレゼントするダヒョン、本当はネクタイも渡したかったと言う。
ジェインはプレゼントの催促をする。
それはダヒョンからのキスのプレゼント、熱いキスを交わす二人だった。
契約交際にはとても見えない二人ですね(^▽^)/いつしか本当の愛が生まれたようです

ジェインは会議の後ダヒョンからのメールにイライラする。
「今日は会えなくなった」というメールに電話にも出ないダヒョン。
部屋を出ていくジェインはエレベーターでジュヒに会う。
相変わらず勝手なジュヒは「本気でやり直したい」と言うが本気で断るジェインだった。

ジェインはダヒョンに電話をかける。
今日の埋め合わせを約束するダヒョン。
ダヒョンの母は、お金がありすぎる財閥との付き合いを反対しています(≧∇≦)

ジェインは結婚もまんざらではなく・・・むしろ本気で考えている様子。
一方ダヒョンは絶対にない事だと頭から言い切る。

今日もダヒョンは研究授業の準備で忙しい。
ジェインとデートの約束を守れないダヒョンは、「また来週にしましょうと」言う。

第8話「あなたが好きみたい」

研究授業で忙しいダヒョンは、ジェインとの約束をキャンセルする。
そこでジェインはダヒョンの学校へ。

「授業参観の許可を得た」と教室でダヒョンの授業を受けるジェイン。
放課後校庭のジャングルジムで追いかけっこをする二人。
ジェインはダヒョンを捕まえ「逃げるなよ」とキスをする。
ダヒョンを愛しそうに見つめるジェインが素敵ですね(^▽^)/

帰宅したダヒョンの家は、鍵が開いたままで部屋が荒らされていた。
ジェインは自分の家にダヒョンを連れて帰る。
物が盗られた様子が無いので怪しいと、ジェインは詳細を調べるよう依頼する。

ダヒョンを寝室に案内したジェイン。
いい雰囲気になる二人だが、ダヒョンは「明日どちらかが後悔することになるから駄目だ」とジェインを拒む。

・・・とは言ったもののなかなか眠れないダヒョン、ジェインも仕事がはかどらない様子。
ダヒョンは冷蔵庫からお酒を持って来てたくさん飲んだ。
酒の勢いもあり、「私、あなたが好きみたい」とジェインに告白するダヒョン。
ところが酔っぱらって眠ってしまう・・・ベッドに寝かされるダヒョン。
ジェインが「明日の朝後悔しそうだ」と床の上で寝ている姿がなんだかとっても愛おしい

朝起きてダヒョンは思い出す!
昨日ジェイに告白したことを(≧∇≦)

ベランダの縁を犬が歩いているのを見たダヒョン、危ないと犬を助けたはいいがダヒョンが落下する。
一部始終を見ていたジェインが下で受け止めたが、肩を負傷した様子。

ジェインがネクタイを結ぶことが出来ずダヒョンが結んであげることに。
距離が近くてお互いの胸の高鳴りがこちらまで聞こえてきそうないい雰囲気です(^▽^)/

第9話「初めての感情」

ジェインは冷蔵庫の酒を捨てると言う。
「告白は酔ってないときに聞きたい」と言うジェイン。
ステキですね、ジェインの一言(^▽^)/

ジェインと一緒にホテルの朝食をとるダヒョン。
「噂になったら困る」と言うダヒョンに「かまわない」と言葉を返すジェイン。
ジェインのダヒョンを見つめる視線にはラブ光線がいっぱいです(^▽^)/

ダヒョンは一人自分の家へ。
ジェインは強盗の入った家に一人帰ったダヒョンが心配で、すぐに駆け付けてくる。

ところが会社のエレベーターの前でジェインはジュヒに後ろから抱きつかれる。
ジェインはつれない素振り。急いでダヒョンの元へとやって来た。

鋭いダヒョンは香水のにおいと背中についた化粧に気付く。
ダヒョンはしつこくジェインを疑う。
可愛いダヒョンです(*´∀`*)

ジェインとの契約終了日が近づくにつれ、複雑な心境のダヒョン。
「好きになってはいけない」と自分に言い聞かせているダヒョンです

テハの父ヒョクジュが、ダヒョンの家から遺言状を盗み出したようだった。
テハにダヒョンを誘惑しろと言う。

ヒョンジュンとダヒョンとジェインはBarで飲む。
そこにジュヒがやって来る。
ジェインの隣に座るダヒョンを「誰なの?」とヒョンジュンに聞くジュヒ。
「ジェインの恋人だ」と答えるヒョンジュン。
ジュヒにやきもちをやくダヒョン、酔っぱらうと本音が出るようですね

家に帰ってからもお互い嫉妬。
ジェインはダヒョンに「お見合いもするな他の男と関わるな!」と強く言う。
ダヒョンもジェインがジュヒと関わることに嫉妬する。
二人はとっても熱いキスを交わし、ジェインは仕事へと戻って行った。

壊された鍵も無事直り、防犯システムも完備された家に戻って来るダヒョン。
どうも落ち着かない様子。
一方ジェインもまた一人になった・・・。

二人ともなかなか寝付けない夜だった・・・。

第7話から第9話の感想

熱い想いのジェインと、好きになってはいけないと葛藤するダヒョンの恋愛模様がとっても新鮮でしたね(^▽^)/
お金持ちでイケメンのジェイン、女性にも手馴れているように一見思われがちですがちょっと不器用なところもあり、とっても可愛い男性です(^▽^)/
ダヒョンも清純で、ホントに守ってあげたくなるような可憐な女性ですね。
お似合いの二人ですが、契約期間終了日が迫っている中、どんどん仲良く情も移ってきているようです。そして二人の想いも募っているようですが・・・そこに登場するはジュヒ。
彼女に加え、これからはテハも参上しそうですね(≧∇≦)
二人の仲を引き裂こうとするジュヒとテハを、ダヒョンとジェインはうまく交わすことが出来るのでしょうか。
もどかしい~二人の恋愛模様も毎度楽しみですね!!








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。