ああ私の幽霊さま-あらすじ-7話-8話-感想ありで詳しく紹介!

韓国ドラマ-ああ私の幽霊さま-あらすじ-7話-8話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回、スネ(ボンソン)は店で寝泊りが許され夢を見た。溺れる夢。

ソヌは夏風邪を引いてしまい寝込んでいた。お粥を作って持っていくスネ(ボンソン)。
しかし、ソヒョンと間違ってキスをしてしまった。

スネ(ボンソン)はソヌが陽の気を持つ男と分かり追いかけまわす。
しかし、スネ(ボンソン)も風邪を引きボンソンの体から抜けてしまったスネ。
ボンソンとスネ。どういう展開になっていくか…

【ああ私の幽霊さま】(ネタバレあり)

7話

病院に運ばれたボンソン。目が覚めると目の前に幽霊がいた。驚いて違う方を見るとシェフがいた。
ボンソンは何か分からず、日にちを見ると17日だった。憑依された日からの記憶がない。ソヌは入院手続きに行った。ボンソンは点滴と抜いて病院を出て行った。
そして、自分の来ている服や部屋がなくなっていた事を確認した。祖母に電話し、2週間の記憶がない事などを伝えると、
予感は当たっていた。幽霊に憑依されたんだと祖母は言った。
スネは他の誰かに入ろうとする。ヒョンスにしようと頑張ってみるが入れなかった。
2週間も記憶がなかったら戸惑いしかないですね。スネもボンソンの体が合ったのかほかの人には憑依が出来ないなんて…

ボンソンはチェ警長に店まで送ってもらった。ボンソンは“すいません”と言い着替えに行った。他のメンバーもスキンシップを取るが急によそよそしくなったと言った。
この日は大事な客が来る日だった。カナダ大使夫妻が来る日だ。ボンソンは“気弱なボンソン”に戻ってしまった。
テーブルクロスを取りに行き、そこにスネが現れた。ボンソンはスネを無視した。そして、走って逃げた。
カナダ大使夫妻が来た。料理をしている時にトーチとガスがなくなりソヌはボンソンに取りに行くように指示をだした。
その時、スネが一緒に来てボンソンは祖母に言われた事を思い出した。諦めない場合は目を見開いて強気に出ろと。
ボンソンは火を点けスネに向けていたが別の所に火がついてしまった。

火事はボヤでだけで済んだが倉庫はめちゃくちゃになった。
ミンスはボンソンを責めた。ソヌは理由を説明しろと言ったが、ボンソンはすいませんとだけ言い階段の上を睨んだ。その事に気づいたソヌも階段の上を見た。
ボンソンはロッカーに行き涙を流していた。そこにスネが来て癸亥を加えてもいないのに火を振り回すなんてと言った。
ボンソンは
「だから、私の前に現れないで。あなたが怖いの。取りつかれるのも別人みたいに思われるのも怖い。嫌なの。だから私の前から消えて。頼むから私をほっといて」と答えた。
ボンソンからしたら、どんな理由であろうと怖いものは怖いですよね。消えてほしいという気持ちがすごい。

ソヌはボンソンを精神科へ連れて行った。そこで双極性障害が疑われると言われたソヌ。いわゆるそううつ病だ。
そう状態とうつ状態が一定周期で繰り返される。そう状態は自信満々だったり急に口数が増えたり、あとは性的衝動があったり、うつ状態は落ち込みが激しい、
あとは幻聴や幻覚などもあると。精神科医は最近、誰かに強いストレスを受けてないか?と言われた。
家に帰ったソヌは自分の言った事を思い出していた。

ソヌはボンソンを屋上の倉庫で寝泊りするようにと言った。

8話

スネはお父さんの所にいた。花札の事を話していたがお父さんはスネの友達のミヨンからの結婚式の招待状を見て親不孝な娘だと言っていた。
お父さんはお酒を飲んでしまう。よろけるお父さんを支えようとしたがすり抜けてしまう。お父さんはスネの部屋で写真を抱いて寝てしまう。

ソヌはボンソンの為にボンソンのブログにあったキャベツ粥を作った。
ボンソンはブログへの書き込みを見て返信をしていた。ソヌはちゃんと食べてるか気になり覗き込んでいた。
ソヌの部屋の方から音楽が聞こえボンソンは耳を澄ましていた。
ソヌとボンソンは収録に行ったがボンソンは出来ないと言った。しかし、ソヌは俺だけを信じろと。

ソビンゴがウニの部屋に行きお祓いをしていた。そして夫ソンジェの写真を見た時、おかしいと言った。
ソンジェはギョンミ食堂に行き、スネのお父さんが倒れているのを発見する。だが、助けなかった。
ソンジェは何を考えているのかさっぱりですね。。。警察官なのになぜ助けないのか??

ソヌ達の収録が始まった。今回は、2人でタッグを組んで一定時間を過ぎたら交代し完成させるというもので課題は受験生の為の栄養満点の夜食だ。
しかし、ボンソンと交代になった後、ボンソンは動揺してしまい、スネも来てその場を離れてしまう。スネは必死にボンソンに訴えかける。ボンソンが後ろを向いた時に憑依した。
スネ(ボンソン)は救急車を呼んだ。そして、収録のスタッフに見つかり戻されてしまう。そして、何とか収録を切り抜け、スネ(ボンソン)は病院へ走って行った。
お父さんは無事だった。
ソヌは道具を片付けていた。そこにソヒョンがくる。上から助手を交代させるように言われたと言った。
だが、一度のミスで切るのか。切るなら俺も切れとソヌは言った。ソヒョンは深刻に考えすぎと言ったが、
ソヌは
「お前たちが鈍感なんだよ。俺は使えない奴でも半年は見守る。それでもダメなら次の職場を紹介する。それが人に対する礼儀だ」と言って出て行った。
信念ですよね。きつくてもちゃんと考えて、その人にとってうまく行くようにしていますね

ソヌはスネ(ボンソン)に夢は何かと聞いた。スネ(ボンソン)はシェフだと答えた。ソヌは特訓を受けるか。出演も続くし事故がおきたらまずいと言った。
そして、特訓が始まった。

7-8話感想

病院で目を覚ましたボンソン。なにがなんだかわからない状態ですよね。
目を開けたらいきなり霊がいて、違う方向を向いたらシェフがいる。驚きの連続!!!
でも、スネが自分に憑依をしていて、なんとか追い返そうとして火事になってしまう。
ボンソンからしたら、迷惑でしかない幽霊。。。

ソヌは一人のスタッフがダメでも一度で切るのではなくて半年は見守る。そして次の職場も見つけてあげる。
オーナーとして立派ですよね。ちゃんと、後輩を守って教えてあげて、、、
ボンソンはソヌにとってどんな人になりつつあるんでしょうか。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください