ああ私の幽霊さま-あらすじ-13話-14話-感想ありで詳しく紹介!

韓国ドラマ-ああ私の幽霊さま-あらすじ-13話-14話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回、サンのメンバーで研修旅行へ行った。そこにソヒョンが来る。
そして、ペンション夫婦の娘がまさかの見える人だった為に閉じ込められてしまう。

ソビンゴは初めてソンジェと会った。しかし、ソビンゴは目を合わせられなかった。
ソンジェの同僚のハン警長が襲われてしまう。

【ああ私の幽霊さま】(ネタバレあり)

13話

ボンソンはキスをしていると気付き逃げ出してしまった。
ソヌは追いかけてきて
「アクシデントじゃない。自分もこんな自分に戸惑っているけど本気なんだ。分からないのか。天下のカン・ソヌがお前を好きだと言ってる。」と言った。
ボンソンは驚いてしゃっくりをしてしまう。ソヌはボンソンを抱き寄せ
「最初から惹かれたのか迫られて好きになったのか。1つだけ確かだ。お前に会いたいしそばにいないと不安だ。身内なのに…この際付き合ってみよう。俺の好きにする」と。
ボンソンは戸惑いながらありがとうございます。そう言いたいんじゃなくて…と言い、ソヌはお前も俺が好きだろと言うとボンソンを抱き寄せた。
その様子を見ていたスネ。公園で私は幽霊でナ・ボンソンじゃないと呟いていた。
やっとソヌはボンソンに告白しましたね。ボンソンも受け入れ晴れて恋人同士になりましたね~

ウニの家ではソンジェの所にヤン巡査長から電話があった。ハン警長が事故に遭ったと。
ソンジェはすぐに病院に行った。そこにはヤン巡査長が居て、ハン警長は?とソンジェが聞くと、手術後、ICUに入って意識不明ですとヤン巡査長が言った。

ソヌとボンソンは壁づたいで話していた。お互いにおやすみと言いソヌは笑いながら眠った。
ボンソンはまだ、壁に耳をつけていた。そこにスネが来た。
スネは気分は?と聞くとボンソンは夢みたいと答えた。

次の日、スネ(ボンソン)はソヌを追いかけまわしていた。ソヌはバレバレだと言った。しかし、スネ(ボンソン)はLINEをたくさん送ったりした。
スネ(ボンソン)はソヌに屋上に呼ばれた。困らせて楽しんでいるだろとソヌは言った。記念すべき日だから心に残るデートがしたいとスネ(ボンソン)は言った。
ソヌは俺は男女関係において慎重で知性的だと言った。

ソンジェはハン警長の病室にいた。その時、ハン警長が声を出し、ハン警長の姉が医師を呼びに行った。
ソンジェは襲われた時の事を覚えているか?と聞くと、ハン警長はいや…建物を出た所までは覚えているが、そのあとは思い出せないと答えた。
ハン警長はソンジェが付けている時計を見た。それは殴られた時に見えた時計と同じだった。
ハン警長は気づいたんでしょうか。でも、まだ分からないですね。

ソヌはスネ(ボンソン)にLINEで支度して20分後にと送った。スネ(ボンソン)はまた後でとハート付きで返信。
そのハートを見てソヌは幼稚なボンと言って笑っていた。
食事をした後、スネ(ボンソン)はかき氷を食べに行こうと言ってソヌを案内するがモーテルへ来た。
ソヌは違う場所へスネ(ボンソン)を連れて行き、どこが好きかと聞いた。スネ(ボンソン)はシェフも好き。シェフの体も好きと答えた。
ソヌとスネ(ボンソン)は喧嘩になった。

ソンジェとウニは夜の散歩をしていた。ウニは大学時代が懐かしい。あなたは自分の話をしない。大学時代や子供の頃を。施設の生活は?養子になる場合もあるとかと聞いた。
ソンジェは僕は一度もなかった。と答えた。
ソンジェは昔の事を思い出していた。学生の頃に両親に子供が生まれ、赤ちゃんに人形を渡そうとした時、父親が入ってきて、悪魔のような奴めと言って殴られた。
ハヌル養護施設では周りにいた同じ子供に殴られた。そして、黒い影がソンジェを覗く。
ウニは事故のあと死のうと思っていた。そこをソンジェが助けた。

ソヌとスネ(ボンソン)はサンに帰ってきた。ソヌは耐えてみせると呟いていた。

14話

ドンチョルたちはミンスの誕生日だという事を当日に知った。そして、シカトを決め込もうと決めた。
そして、ロッカーで急に電気が消えた。ミンスはサプライズかと思ったら停電だった。
ミンスはドンチョル達を外に出し悪態をついた。
ジュンがジーンズを買った粗品でベルトがもらったからそれをあげる?と言った。そして、お祝いをしてベルトをあげた。
ソヌは自分のカードを渡して会食をと。

スネのお父さんは橋の上にリンゴを置いた。そして親不孝者目と呟いた。そこにソンジェがやってきて、送りますと言った。
ソンジェはお父さんの靴ひもの結び方を見て、スネが結んでいたことを思い出した。
お父さんに独特な結び方ですねと聞くとボンソンが結んだと答えた。

チキンを食べに行ったミンス達。酔ってボンソンはヘルメットを着けてバイクに話しかけていた。そこにジュンが来る。スネ(ボンソン)はジュンに酔いながら相談をした。
友達には彼氏がいるの。その子は開放的なタイプで彼氏を押し倒そうとした。すると彼氏は嫌がってやってくれないの。一般的に女の方から迫られたら引くの?と。
ジュンは2つに1つ。不細工でいやかあるいは信頼関係を築くまで大切にしたいほど好きか。前者なら平凡な男だけど後者ならすごくいい男だと言った。
ソヌは後者ですね。ボンソンが大事で仕方ない

ソヌはスネ(ボンソン)の帰りを待っていた。そして、カードの明細が携帯電話に送られてきた。
それがモーテルだった。急いで、モーテルへ行きスネ(ボンソン)を連れ帰った。
ソヌとスネ(ボンソン)はサンに着いた。そして、母親がソヌの好きなクリームパンを届けに来た。
ソヌはなんとか隠そうとしたが、母親にはバレていて避妊はちゃんとしろと言った。
ボンソンがネタ寝た後、スネが抜け出し、ソヌの所に行った。本気で好きになってどうするんだと呟いていた。
そして、外に出るとスネがいた。話しているとソヌが来た。ソヌは暑いのかといい扇風機を組み立ててくれた。
すごいタイミングで母親登場。親としては心配でしょうけど、ほっといてくれるのでしょうか

次の日、すごく暑い日だった。
ソヌはスネ(ボンソン)を呼び出して、生の高麗人参をスネ(ボンソン)に食べさせた。その時、スネ(ボンソン)に電話がかかってくる。
スネ(ボンソン)が電話を出ると、チョ・ヘヨンと名乗り生年月日時はと聞かれ、1984年4月14日午前2時と答え、電話が切れた。でも、この生年月日時はスネのだった。
電話の相手は母親だった。母親はソビンゴと一緒だった。ソビンゴは生年月日時を聞いてもう死んでると答えた。
母親はもう1人の生年月日時を出した。それはソヒョンだった。そして、母親はソヒョンに会いに行った。

ウニとソンジェが来た。ソンジェはソヌに挨拶をしてから行くと言ってソヌを探していた。
その時、スネ(ボンソン)が歌を歌っていた。その歌はスネが歌っていた歌だった。
ソンジェは派出所に戻り、ボンソンの履歴を見ていた。

13-14話感想

とうとう恋人同士になりましたね!!幸せになってほしいですね!!!
でも、スネの気持ちが複雑です。。ソヌはボンソン自体が好き。でもスネが憑依して関係に進展があるから
スネがどうやっても報われない気がします。

ソンジェの行動も不可解ですね。
やっと、ウニのひき逃げ事件について進展があるのにテープは壊れているし、取りに行ったハン警長も襲われてしまった。
どっちかと言うと破滅を望んでいる気がする。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください