ああ私の幽霊さま-あらすじ-23話-感想ありで詳しく紹介!

韓国ドラマ-ああ私の幽霊さま-あらすじ-23話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。






ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回、ウニのひき逃げ事件の犯人はソンジェだと分かり、悪霊にも憑りつかれてる。
そして、その目撃者がスネだった。スネは目撃したことによって殺されてしまっていた。

ボンソンが連れ去られた場所がわかった。ソンジェが育った養護施設だった。

【ああ私の幽霊さま】(ネタバレあり)

23話

ハヌル養護施設に警察が来た。その時、ちょうどソンジェが来てボンソンを連れて車で走り去った。
それを見たソヌは追いかけ、ソビンゴ達も追いかけた。ボンソンは自分で足の紐をほどき、ソンジェを刺した。
ソンジェの車は止まり、ボンソンは逃げた。ソヌはボンソンを助けソビンゴはソヌの車を借りてソンジェを追いかけた。
途中でソンジェの車を見つけた。ソンジェは血を流しながら逃げていた。ソビンゴはその血を辿って行った。

ボンソンとソヌはサンに帰ってきた。ソヌは寝ているボンソンを見て無事に戻ってきてくれてありがとうと言った。

ソビンゴたちは廃墟にたどり着いた。強い陰の気を感じる。あと血生臭いとソビンゴは言った。
屋上に上がってきた2人。ソンジェは襲ってきた。
ソンジェはここまで追ってくるとはと言い、スネは悪心さえ起こさなければ私は死なずに済んだ。と言った。
そして、ソンジェが怒鳴った時にソビンゴがアミダブルと言い投げた。ソンジェは苦しんだ時に悪霊が出てきた。
ソビンゴに襲い掛かってくる悪霊。ソンジェはウニの事、スネの事を思い出していた。
そして、悪霊がソンジェにまた憑依しようと入ったが、ソンジェは苦しんでいた。ソンジェは立ち上がり、ソビンゴ達の方を見て
そのまま屋上から飛び降りた。
ソンジェは飛び降りる前、憑依されたけど、自分の意思で飛び降りたんでしょうか…

次の日、スネの3年目の日が来た。スネは恨みははらした。未練は残るけどと言った。ソビンゴも未練のない幽霊はいない。昇天するんだよと答えた。
キョンギ食堂ではお供えの準備をしていた。そこに警察署から電話があった。
お父さんは警察署に行き、スネはひき逃げ事件の目撃をして、ひき逃げ犯のチェ・ソンジェに殺害されたと聞いた。
スネの携帯はお父さんの手元に返ってきた。お父さんは殺した奴に温かいご飯をと言ってそのまま胸を押さえて倒れてしまった。
病院にはギョンモがいた。ソヌとボンソンも病院に着いた。医師に話を聞くと、肝硬変にはショックが一番毒で、脳出血まで起きていて心の準備をされたほうがと言われた。
スネも病院に着いた。そして、お父さんの所へ行った。スネは親不孝と言い謝っていた。しかし、心停止する。
病院を歩くお父さんを見つけた。スネが
「今日はダメ。行っちゃダメ。今行ったらギョンモが1人になってしまう。もう少し後からきて。ギョンモを結婚させて孫を抱いてから、そのあと私と会うの。
 今度、会ったら永遠に幸せに暮らそう。また父さんの娘になる。」と言った。
そして、お父さんを来た道へ戻し、目を覚ました。

病院の椅子の所でボンソンとスネが話していた。スネが命日なの。死んで3年目の日。行かなきゃ。ありがとう。それからごめんねと言った。
ボンソンはスネが来たのは運命だと思う。スネは死の謎が解けた。私はシェフに近づけた。シェフはつらいけど、ウニさんの事故の真相を知る事ができたと答えた。
ボンソンは体を貸すのは最後。シェフに挨拶をと言ったが、スネは断った。しかし、ボンソンが自ら体に憑依させた。
店に帰ってきたスネ(ボンソン)。ソヌがスネ(ボンソン)の手を握った。その手が冷たかったのでソヌが気づいた。
ソヌは戸惑っていた。スネ(ボンソン)は
「ありがとう。シェフからプレゼントをいっぱいもらいました。生きてる時にできなかったたくさんのこと。あのトキメキ。それから、サンにいて幸せでした。
 悔いはありません。」と言った。
ソヌは
「おれもありがとう。妹の事故の真相を教えてくれて…ごめん。そのせいで死なせて」と答えた。
スネ(ボンソン)は
「全部私の運命ですから。幸せに。シェフ。」と言った。
スネ(ボンソン)は涙を流しながら笑った。そして、2人は握手をした。
ソヌはスネの名前を呼び抱きしめた。その時、スネがボンソンの体から出た。
そして、スネは光の方に向かっていった。
スネは昇天しましたね。これで、天国に行けましたね。

ソビンゴもスネが昇天したことが分かった。そして、首に着けた鈴が帰ってきた。
ソビンゴは
「人は死期を知り別れに備えることはできない。それが人生ってもんだ。毎日を大切にして生きないとね。スネは一生懸命生きた。私が証人だ。さよなら、シン・スネ。
 天寿を全うしたよ。スネ。」と言った。

ボンソンはサンに戻った。1週間店を閉めてたせいで埃だらけだった。
そして、ボンソンがナスのパスタを作り、おいしいと褒められ、ソヌ達からも褒められた。
ソヌの所に事務長から電話がかかってきた。大会の審査員をという話だった。だが、ソヌはたまには謙虚じゃないと言って断った。
ソヌは大会の参加の締め切りを聞いた。

23話感想

ソンジェが飛び降りた…自分の意思で飛び降りたのかもしれませんね。
悪霊が自分から離れてウニやスネの事を思い出して…
悲しいですね。。
スネのお父さんも警察から実はスネが殺されていた事を聞いてショックを受けて倒れて…
心停止したお父さんを戻しにいくスネの姿にはグッときました。もう少し後で…という所は何とも言えない感情になりました。

そのスネも、恨みを晴らして、シェフやボンソンと別れを告げて光の方へ行きましたね。
ちゃんと天国へ行けてたらいいですね。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。