あなたが眠っている間に-あらすじ-3話-4話-感想付きで詳しく紹介!

韓国ドラマ-あなたが眠っている間に-あらすじ-3話-4話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

あなたが眠っている間に

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
必ず現実となってしまう予知夢をみるホンジュ(スジ)とジェチャン(イ・ジョンソク)。2人の予知夢を通してジェチャンがホンジュを救ったり、2人の悲しい過去が同じ事故と関係していたり!どうして予知夢を見るようになってしまったのかは謎のままですが…少しずつ関連性が見えて来ました。主人公達の息の合った演技に笑いあり涙あり、あっという間の2話でしたね!さて前話では新たな事件が勃発しました。なんとその事件を通してジェチャンの弟スンウォンが殺人者になってしまうかもしれないという悪夢…!ホンジュとジェチャンはまたも未来を変える事が出来るのでしょうか?!さっそく一緒に見ていきましょう〜^__^

【あなたが眠っている間に】ネタバレあり

3話

「生涯目の当たりにしたくない恐ろしい瞬間がある。そしてその恐ろしい瞬間が迫り来る前、その瞬間を作るいくつかの些細な選択がある。
そしてその些細な選択は後に“後悔”という二文字で私たちに訪れる。
もしその些細な選択を変えられるなら、恐ろしい瞬間を止められるかもしれない」_______

ドラックストアで父を殺人する為の薬剤を手に取ろうとするソヨンの手を止めるスンウォン。家まで送るから一緒に帰ろうというスンウォンの手を振りほどくソヨンの目は光を失っている。
スンウォンは「一緒に方法を模索しよう」と提案するが「そんな方法なんかないと」と目に涙を溜めて睨みつけるソヨン。
そしてスンウォンは兄のジェチャンが不起訴処分になってしまったパク・ジュンモ(ソヨンの父)事件の担当検察官と知る。

緊迫した状況が迫る。
既にソヨンと一緒にいるスンウォンと電話が繋がらない。
同じ時刻、ソヨンの母はまたも父から暴力を振るわれ危ない状況。
悪夢が現実になるまで時間がないと察知したジェチャンとホンジュはお互いの夢を照らし合わせる。

どうやら母が心配で家に向かうソヨンを追いかけて来たスンウォン。そこで興奮状態の父とスンウォンが掴み合いになり誤まってソヨンの父を窓の外に墜落させてしまうようだ。そしてスンウォンは兄がパク・ジュンモ事件を不起訴処分にするのを手助けしたと誤解し、こんな事になってしまったのは兄さんのせいだとジェチャン恨む。

一方、今回の事件についての夢をみたもう一人。
ジェチャンが変えた未来のお陰で命拾いをしたあの警察官、ウタク(ジョン・ヘイン)だ。
ウタクは先輩警察官との見回り中にうたた寝…眠りから覚めたウタクはたった夢で見た男、ジェチャンを見かける。
夢の内容がどうもひっかかるウタクは後を追う。

一刻を争う同じ時刻、急いでソヨン家に向かったジェチャンとホンジュは無事に悪夢の様な事態を防ぐ事が出来た。
なんとか最悪の事態から弟のスンウォンを救い出せて安堵…。しかしそんな悪夢のような未来が待ち受けていた事など知るはずもないスンウォン、真っ当な検察官だと思っていた兄への落胆と怒りを隠しきれず問い正します。スンウォンに教えてあげたい…(涙)

ひとまずホンジュはソヨンとソヨンの母を匿おうとホンジュの家に2人を連れて行く事に。道中警察官のウタクに遭遇。事故があった夜命拾いしたウタクはホンジュの顔を覚えていた。
ウタクも予知夢を見るもう一人のキーパソンとして登場!あの事故が関連しているのでしょうか…。それともたまたま??

_______家に帰りベットに横たわるジェチャン。家族写真を眺めていると13年前の父との思い出が蘇る。
厳しいように見えた警察官のお父さんですがジェチャンへの愛情が溢れる本当に素敵なお父さんだったんですね。屋上に追いやられたお父さんとジェチャン。寝ているジェチャンに語りかける不器用な父の愛情表現に涙腺が…。

同じ夜、ホンジュの夢。
ジェチャンとホンジュ、キスまで秒読み?!
現実に起こるのが楽しみです(笑)

翌朝、朝食の支度中のホンジュ家はいつもより賑やか。
ジェチャン家では兄弟の冷戦状態が続く。

ホンジュとジェチャンの距離が少しずつ近く。

_______雨が降るとある日、
コンビニの前で雨宿りをしているのは少年ジェチャンと父。
なにか嫌な予感がするのは私だけですか…。

再び出勤前のジェチャンとホンジュ。
ホンジュからこのままでは不起訴処分となってしまうパク・ジュンモ事件をもう一度掘り下げて欲しいとお願いされ、ツンケンした態度のジェチャンだが…。
この後、出勤中のユボムに偶然出会うジェチャンは事件をもう一度徹底的に洗い直す考えだと宣戦布告。怒りがこみ上げるユボム。2人の間に火花が散る。
かっこよく決めたジェチャンですがユボムと別れた後1人で後悔(笑)それにしてもツンデレジェチャンに胸キュンですね^^部長にも宣言した事ですし、頑張って事件をしっかり解決してほしい…!!

_______もう一度先ほどのジェチャンの過去に巻き戻される。
コンビニに入った親子。しかしどうやら怪しい軍人を見かけた父は嫌な予感がし、息子のジェチャンに家に忘れ物を取りに行って来て欲しいと理由をつけてジェチャンを外へ誘導。
あぁ..私も予感がします。長年警察官のお父さんの直感、当たらないで〜!!

父の感は的中。結局脱走兵の銃に撃たれ命を失う。目の前で父を失ってしまったジェチャン。
ホンジュとジェチャンの幼い頃のパズルがだんだん合わさって来ました!同じ脱走兵によって死を迎えた2人の父親。だから前話、葬儀場で2人が居合わせていたんですね。それにしても悲しすぎて眉間にシワを寄せて見てしまいます(泣)そしてジェチャンが検察官になった理由、お父さんとの最期の会話にあったのですね…。

_______検察庁から出てくるジェチャンに1人の男が話しかける。
あの警察官、ウタクだ。事故で命を救ってくれたお礼をしたいと食事に誘うウタク。2人はホンジュの母が営む食堂で食事をする事に。
しかし上の空のウタク…何かを確かめている様子。
どうやら新たな予知夢を見たようだ。

しかしウタクは既に未来を変えていた。
彼の夢の中ではジェチャンではなく同じ署の先輩と。
半信半疑のウタクだったが夢とまったく同じタイミングで食堂に入ってきたユボム。この夢は偶然ではなく必然だと確信する。

そしてウタクは考えた。
「知りたい。僕が変えたとても些細な1つ。その1つでこの後起こる恐ろしい出来事を変えられるのか。」_______
私も知りたい!(笑)もう待てません。早々に次話にいきましょう!!

4話

ユボムの登場に興奮したソヨン。その瞬間ソヨンは自ら自分を傷つけようとする。しかし止めに掛かろうとしたホンジュが代わりに大怪我を負ってしまう_______
という内容の予知夢をみたウタク。
それでウタクは先輩の代わりにジェチャンを現場へ連れて来たのですね!

ジェチャンに宣戦布告されたユボムはいてもたってもいられず、ソヨンとソヨンの母の居場所を突き止め2人の前に現れた。
そしてソヨンの母にこのままだと一銭も貰えず、ピアニストとして将来有望な娘の教育に支障が出ると脅しをかける。
ユボムの言葉に気持ちが揺らぐ母を前に堪忍袋の緒が切れたソヨンは自分の手を…!
ウタクの夢のが現実になろうとしたその瞬間、ジェチャンが立ち上がり話に介入。ユボムに真っ向勝負を申し立てる。この光景を目撃したウタクもまた、自身の予知夢の能力を完全に信じる事になる。
よ、良かった!ナイスウタク。ウタクが変えた些細な1つが大きな事故を防ぐ事が出来ましたね!!この一件を通してその場に居合わせていたスンウォンは兄ジェチャンへの信頼を取り戻したようで良かったです。こうして本格的に4話の展開が始まります〜

ひと段落したジェチャン、ウタク、ホンジュは場所を移しコンビニの軽食スペースで二次会。ここで3人とも予知夢を見る事を認知し合う。
しかしどうしてこんな夢を見る様になったのか、3人の共通点は見つからないまま…。

ホンジュとジェチャンはもう一歩距離を縮めていく。
一方、同じ予知夢をみる3人の共通点を探すウタク、同時にホンジュへの好奇心も募らせて行く。
夢でジェチャンがバスを寝過ごし大事な会議に大遅刻してしまう事を知ったホンジュの胸キュン行動に注目☆

そして決戦の日がやってくる。
パク・ジュンモ事件を洗い出す為、日々調査と準備を進めていたジェチャン。
いよいよジェチャンはパク・ジュンモとの対面調査の日を迎える。
どうやらウタクとホンジュは調査の結果をそれぞれ夢でみた模様。
ホンジュの夢によるとジェチャンは調査に失敗してしまうが、ウタクの夢では調査で決定的な証拠を掴んみ、パク・ジュンモの起訴に成功する。
夢を照らし合わせたホンジュとウタクはこの両極の結果への別れ道を発見する。
ジェチャンの代わりチェ係長が調査進めればウタクの夢の通り、起訴へのきっかけが掴めるというもの。

調査に取り掛かる直前、ウタクからの電話でこの話を聞いたジェチャンは迷ったあげくチェ係長に調査を引き渡す事に。
いつもどこか抜けているチェ係長…。本当に大丈夫なのでしょうか><?

チェ係長が調査を進めるとウタクの夢の通りパク・ジュンモが犯行に及んだ決定的な証拠を掴む事に成功!これがきっかけとなりパク・ジュンモは全ての罪を認め逮捕となる。
チェ係長が違って見えた瞬間です。だてに係長じゃなかったんですね!
事件がひと段落して本当に良かったです。ソヨンにも笑顔が戻りました。

そしてその夜、前話でホンジュがみたあの夢が現実に。
ホンジュの夢の通り2人はキス…あれ…
キスを促すようにつま先を上げるホンジュ、と同じようにつま先を上げるジェチャン…。
キスシーンはお預けの様です(笑)残念!(笑)ここのシーン、とっても綺麗な画で見とれてしまいます♡

翌朝、ジェチャンは父の納骨堂へ。
そして心の中で父にこう語りかける。
「お父さんのように僕を応援してくれる人が現れた。たとえ失敗しても大丈夫と言ってくれる人。だけど、失敗したくないって思うんだ。」
そう言って携帯を取り出しホンジュの連絡先を登録する。
検察官として初めて一仕事を成し遂げたお父さんに報告しにきたんですね。切ないけど、きっとお父さん喜んでいるはずです。そして、ジェチャンにとってホンジュがどんどん大切な人になっていくんですね〜心境の変化♡

実はジェチャンもホンジュが見た、あの夜の夢を見ていたのだ。
ジェチャンの夢の中では…?!
ここは是非本編で^__^ホンジュへの気持ちは芽生え始めたジェチャンですが、一方でその気持ちが怖くもあるようです。

「僕の気持ちのせいで辛くなる前に、僕の気持ちが大きくなってしまう前に…逃げたい」_______

3話-4話感想

新たなキーパーソン、警察官のウタク。そしてホンジュに続き、ジェチャンの少年時代の辛い記憶。ウタクが浮上したという事はなんとなく、三角関係に発展しそうな予感ですね〜そして新米検察官ジェチャンが一仕事やり遂げました☆☆
2話から展開されたパク・ジュンモ事件が完結。という事は…
次話から新たなストーリー展開が始まる予感!!次はどんな未来に遭遇してくのか、楽しみです(^_^)v次回もお楽しみに〜!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください