ありがとうございます-あらすじ-13話~15話-DVDも人気で子役情報もあり!

韓国ドラマ-ありがとうございます-あらすじ-13話~15話の感想や子役情報もお届け!
最高視聴率20.5%-キャスト-相関図など、最終回まで全話配信します。

ありがとうございます.jpg
最高視聴率20.5%を突破した「韓国ドラマ-ありがとうございます」がBS日テレに登場!!
視聴率調査では話題にも上らなかった作品が、下馬評を覆して堂々の視聴率1位に。
心を閉ざした外科医とHIVに感染した8歳の少女、そして、その母。
3人はひょんなことから一緒に暮らすようになり…。

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ヨンシンたちを追いだそうと大騒ぎの住民たち。
一体いつになったら病気を理解してもらえるのか?
これ以上、ボムの小さな心が傷つかないよう
祈るばかりですね…。
では、さっそく続きを見てみましょう!
【ありがとうございます】(ネタバレあり)
13話
HIV感染を恐れるテチャンから石を投げつけられるボム。
とっさにボムを庇ったグクチャは頭部を負傷する。
診療所でギソの手当てを受けていたグクチャは
かけつけてきたヨンシンに心無い言葉を浴びせる。
「ボムがHIVに感染したのはヨンシンのせい」と言われても
何も言い返さないヨンシンに、ギソは腹立たしさを感じるのだった。
一方、ボランと一緒に子猫の様子を見に行くボム。
しかし、台風の影響で土砂が崩れ、2人は防空壕の中に…。
2人を助けたものの、胸を強打し、内出血を起こしたヨンシン。
すぐに輸血をしなければ、命が危険な状況に。
ギソとオ医師は住民の助けを仰ぐが、誰も献血に協力しようとしない。
HIVに感染するのを恐れている住民たち。
しかし、ソクヒョンを含めた数名の住民の協力のおかげで
なんとか一命をとりとめたヨンシンだった。
14話
本土の病院に搬送され、無事手術を受けるヨンシン。
彼女が留守の間、ボムたちの世話をグクチャに託すソクヒョン。
しかし、2人の世話を嫌がって文句をいうグクチャに
ボムが自分の娘であることを告げる。
最初は嫌々、世話をしていたグクチャだったが
感染しないよう自分を気遣うボムの優しさに触れ、
頑なだった心が溶かされていくグクチャ。
必ず病気を治してあげるとボムに約束するのだった。
一方、手術室の前で待つギソとソクヒョン。
ソクヒョンはヨンシンとやり直したいとギソに話す。
ギソもまた、ヨンシンへの思いをソクヒョンに宣言。
HIVの子供と認知症の祖父を抱えて生活する厳しさを
ギソに忠告するソクヒョンだが…。
そんな中、無事に退院することができたヨンシン。
ギソはヨンシンに家族になりたいと打ち明けるのだった。
15話
ヨンシンを抱きしめ、過去のことを謝罪するソクヒョン。
そんな彼に対し、「ボムはあなたの子ではない」とヨンシン。
もう自分と関わらないようソクヒョンに警告する。
相変わらずヨンシンに厳しくあたるグクチャ。
そんなグクチャを見て、何かを感じるソクヒョン。
自分たちを捨てた父親のことを許そうとグクチャを説得する。
ソクヒョンのことをパパと呼ぶボム。
一方、浜辺を散歩するヨンシンとギソ。
ギソはボムがHIVに感染したのは、死んだ恋人が原因だと打ち明ける。
あまりの衝撃に動揺を隠せないヨンシン…。
そんな中、投身自殺を図るグクチャの姿。
グクチャを止めようとビョングクは海で溺れてしまう。
外傷もなく診療所へ運ばれたビョングクだったが、
翌日、帰らぬ人となってしまい…。
13話~15話までの感想
グクチャが自殺未遂…。
それを助けようとしたビョングクが死んでしまうとは。
ソクヒョンの立場はどうなってしまうのでしょうか?
もう次回が最終回なんですね!
あっという間だった気がします。
最後はハッピーエンドを期待します。
<<10話~12話  |  最終回(16話)>>
ありがとうございます-各話あらすじ」はこちらから
韓国ドラマ-ありがとうございます-あらすじ-全話
ありがとうございます-キャスト情報」はこちらから
韓国ドラマ-ありがとうございます-キャスト情報
ありがとうございます-相関図」はこちらから
韓国ドラマ-ありがとうございます-相関図
ありがとうございます-評価」はこちらから
韓国ドラマ-ありがとうございます-評価

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください