いとしのクムサウォル-あらすじ-16話-17話-18話【ネタバレ注意!】

韓国ドラマ-いとしのクムサウォル-あらすじ-16話-17話-18話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ドゥゲは美術商になり、マヌへの復讐を着実に進めています。母親だと名乗れないけれどサウォルを近くに置くことができてうれしいでしょうね。
ホンドがオウォルとわかり焦るヘサンです。自分はヘサンではないと、一度はどうにかごまかしたものの、それが嘘と知ったホンドはミノの家にやってきました。

【いとしのクムサウォル】ネタバレあり

【16話】

あなたはヘサンでしょうと聞くホンド。
ミノたちにもヘサンは養女でしょうと聞く。

ヘサンはホンドを連れて行く。

ヘサンは、自分は施設にいたヘサンだと認めた。
そしてホンドにお金が必要なのかと聞く。

事故の時に園長を閉じ込め、ヘサンの名前を語っていることを知っていると言うホンド。
本当のヘサンの産着も持っていると言う。

自分の養父はサウォルの父親ではないと言うヘサン。

あなたの言葉は信じられないと言うホンド。

ヘサンはホンドに土下座をして謝る。
謝っても罪は消えないと言うホンド。

ヘサンはホンドにと再会できて嬉しい、サウォルの分まで仲良く生きようと言う。
サウォルの葬式も出て、今まで苦しかったと言うヘサン。
すぐにばれる嘘をつく

自分が結婚して家を出るまでこのことは黙っていてほしいと頼むヘサン。

ヘサンはサウォルにチャンビンと付き合い始めたと言う。
屋根から落ちたときにチャンビンを呼ぶなんて、人の彼氏の気を引くようなことはするなと言うヘサン。

チャンビンの手を握れなくて下に落ちたのだと言うサウォル。
オウォルの手を離してしまって以来、誰の手も握れないと言うサウォル。
サウォルの秘密を知って喜ぶヘサン。

ソクチャがキムチづくりの時に暴れた写真が新聞に載った。
ソクチャを怒鳴るマヌ。
ドゥゲが映して新聞社に渡したのだった。

ヘサンはミノにサウォが手を握れないことを教えた。
ミノはサウォルに手を握れないのは建築現場では致命的だから、
現場に行くのは止めて、建築の勉強をしろと言う。
裏目に出た~

チャンビンからデートに誘われるヘサン。
チャンビンの姉たちがいたずらに送ったものだった。

ソクチャはDNA鑑定の結果を取りに来た。
ドゥゲの娘だと言う結果に泣きわめくソクチャ。
ドゥゲを追い出したかったのではないの?

ソクチャにはホンドを娘だと思わせておいて、サウォルを守ろうとしているドゥゲ。

サウォルはプレゼンに向かう途中、ホンドの子どもたちが困っているのを助けた。
そのせいでプレゼンに遅れてしまったサウォル。
遅刻したら参加する資格はないというヘサンだが、チャンビンが発表の機会を作ってくれた。

サウォルの発表が始まったが、持ってきたUSBの中は空だった。

さすがのチャンビンも怒り出し、サウォルをプロジェクトから外した。

サウォルはヘザー・シンにプロジェクトから外されたと落ち込んで話すサウォル。
愛を持っているサウォルには家を建てる資格があると励ますヘザー・シン。

ミノの事務所に契約を解約してほしいというおじいさんがやってきた。
ミノが5時間かけても解約してくれと意見をかえない様子だった。

そこにジヘがやってきて、サウォルのUSBを見せる。
サウォルも入ってきた。
自分の考えた移動図書館の設計図を見ているミノたちに驚くサウォル。

ジヘはUSBはゴミ箱に落ちていたと言う。

サウォルは、USBは1つだけしかないはずだと持っていたUSBを見せる。

ミノは帰ってきたヘサンに本当のことを聞こうとしたが、それを止めるジヘ。
ミノの様子がおかしいので、あわてて捨てたUSBを捜すヘサン。
USBはゴミ箱に入っていた。
また入れたの?

ミノの事務所の契約書をマヌが盗んだと噂が流れだした。

ミノの事務所に図書館の建築を依頼した会社があった。
その会社は絵画に力をいれているミョンシングループだった。

ミョンシングループの創業者がサウォルの設計が気に入ったようだ。

ミノはヘサンにサウォルがプロジェクトから外れていなければサウォルの設計はマヌに取られていた、これがサウォルのデビューになると伝えた。
また、裏目にでましたね

ヘサンはチャンビンに、サウォルが恩のあるポグムからミョンシンに乗り換えたと流せば、マスコミから非難されるはずだと言う。

ホンドは旦那の借金のためにヘサンにお金を貸してくれと頼む。

ドゥゲはセフンを使って、マヌがミノの事務所の契約書を盗んだと言う証拠を探し出した。
金庫を開けたのはドゥゲではないかと疑うマヌ。

ドゥゲはサウォルとジヘを食事に誘った。

そこにやってきたマヌ。

なぜお前がミノの事務所の社員と一緒にいるのかと問い詰めるマヌ。

そのとき衝立が取られた。
そこはジヘとドゥゲの小学校の同窓会の会場だった。

【17話】

マヌは誤解があったとドゥゲに謝る。

料理を運ぶ手伝いをするマヌ。

ジヘはドゥゲに夫に尾行されているのかと聞く。

サウォルを買い物に誘うドゥゲ。
ドゥゲはサウォルにリップグロスをプレゼントする。
サウォルも反対にクリームを送る。
クリームの方がかなり高い

シロが持ち出した家具はギファンのところで見つかった。
ギファンに炊飯器とお茶碗だけでも返して欲しいと頼むホンド。
ギファンは渡してあげた。

ソクチャと揉めるドゥゲ。

母親をかばおうとするマヌにドゥゲは言い返す。
今まで何度も疑われてきて屈辱的だ、今日から寝室を別にすると言いきった。

ヘサンはサウォルにプロジェクトに失敗したら建築家の道を諦めるはずではないかと聞く。

反対にサウォルはUSBをすり替えたのはあなただと言う。
ミノたちに知られるまでに謝れと言うサウォル。

ヘサンはUSBを外のごみ袋に捨てた。
それを見つけたジヘはヘサンにUSBをすり替えて捨てただろうと言う。
最初から知っていて自分を罠にかけたのかと聞くヘサン。

ヘサンはママがサウォルばかりかわいがるから、サウォルが憎かったと言う。

そこに入ってきたミノ。

ヘサンにそんな根性の曲がった子どもで恥ずかしいと言う。
そんな邪悪な心では建築などできない、止めてしまえというミノ。
やめてしまえ~

ヘサンはサウォルに謝った。
ミノはプロジェクトのみんなの前でもう一度謝れと言う。
それでは自分の立場がなくなると言うヘサン。

チャンビンはヘサンに、サウォルにやられたままで気が済まないと言う。
ヘサンはチャンビンに、サウォルは友達だから自分に免じて許してあげてほしいと言う。

酔ってチャンビンに送ってもらうヘサン。
サウォルはそれを見ていて本当に付き合っているのだと思う。

マヌはチャンビンに偉い人が楊平に別荘を建てるから会社のロビーにある絵画をプレゼントしようと話す。

それを聞いたドゥゲはあの絵は父が大切にしていたものだから駄目だと言う。
しかし、マヌは会社に損はないと言う。

ヘザー・シンはサウォルに韓国の建物の中に飾られてある絵画の中から特に優れた2作品を選んで来いと言う。
その絵を買い付けると言うヘザー・シン。

セフンをつけるマヌ。
ドゥゲとセフンが話をしているところにマヌが入ってきた。

2人の関係がばれる前にセフンの機転でその場は助かった。

自分をつけたりしたことで、怒ったドゥゲはマヌに離婚しようと言う。
すべて終わりにしたいと言う。

会社に来たサウォルにスタッフでない人は出ていてくれと言うチャンビン。

ヘサンから話があると言うサウォル。

ヘサンはみんなの前で、サウォルはこの会社とミョンシンを二股にかけていたのではないと話し出す。
そして私がサウォルの…と言い、倒れてしまった。
演技だ~

チャンビンがヘサンに優しくしているのを見ているサウォル。

週末にチャンビンの家に行くというヘサン。
自分の家族を見ても自信が変わらないなら付き合ってもいいと言うチャンビン。

サウォルはたくさんの絵を見て、探している。

契約書のことをばらしたのがヘサンの仕業だと思い、ヘサンを脅すマヌ。
ヘサンは17年前の事故の原因がマヌだと知っていると逆に脅す。
チャンビンの父親と敵になるつもりはないから、自分に疑いをもたないで欲しいと言う。

マヌはドゥゲの機嫌をとろうと、たくさんのプレゼントを用意したが、ドゥゲは許さない。

サウォルは絵を選んできた。

ポグムグループのロビーと会議室にある絵の2つだと言う。
その絵を買うと言うヘザー・シン。

高額でロビーの絵を借りたいと言う人間がいると聞いたマヌ。

ホンドはグビになった。
ヘサンがクビにしたのだった。

ロビーの絵を見ているヘザー・シンに近づいてきたマヌ。

工事現場でオウォルが負った折鶴を見つけたサウォルとヘサン。

そのときホンドがやってきてヘサンを殴った。

【18話】

ホンドはヘサンを殴った。
自分が近くにいたら秘密がばれるからクビにしたのかと聞くホンド。

ホンドが本当の名前を言おうとしたのでヘサンはホンドを突き飛ばした。
怒ったホンドはヘサンとサウォルに掴みかかる。
部下たちがホンドを連れて行く。

ヘザー・シンに話しかけるマヌ、
声が聞いたことがあると言うマヌ。
毎日聞いているでしょう

ドゥゲと気付かずに行ってしまったマヌ。

ヘサンはホンドにお金を渡し、これで地方に行って美容室でも開けと言う。
あなたにお金を借りることは絶対にしないというホンド。

折鶴を負ったオウォルを捜しているサウォル。
食堂のおばさんはサウォルにこれは自分と孫が折ったものだと言う。
ヘサンに頼まれて嘘をついたおばさん。

ギファンはシン社長に恩があると、ずっとポグムグループを支援していた。
しかし、自分は表面には出ず、他の人を代表にしていた。

ヘサンは自分もミョンシンのビルを手伝いたいと言う。
サウォルは現場の経験しかないから助かると言う。
また何かするから駄目だって

ホンドがドゥゲの子どもだと勘違いしているソクチャはホンドにお金を渡し地方に引っ越せと言う。
お金を受け取る代わりに遠くに行くと覚書をかかせるソクチャ。

契約書は大学側が漏らしたものだと聞いたミノ。
ヘサンはマヌに頼んで嘘をついてもらったのだ。

サウォルはホンドの子どもたちに頼まれてヒヨコを預かった。

サウォルが心配で尋ねてきたチャンビン。
チャンビンはヒヨコの泣き声を聞いて驚くチャンビン。

サウォルはチャンビンに、17年前の崩壊事故のとき、倒れてきた建物の中でもうだめだと思ったときに間の前にヒヨコが現れたと話す。

それを聞いたチャンビンはサウォルのことを思い出した。
サウォルに生きていたのかと聞く。
サウォルを見つめるチャンビン。

ヘザー・シンを待たせていると急ぐマヌ。
ドゥゲはマヌに電話をして今すぐ来てほしいと言う。
ドゥゲを優先させるマヌ。

ドゥゲはマヌが会社にいない間にロビーの絵を運ばせた。

ソクチャからもらったお金まで盗んでいったシロ。
借金まみれに買ったと泣くホンド。

ドゥゲはロビーの絵の偽物を書かせた。

サウォルに美術館を回って本物と偽物を見分ける目を養って来いと言う。

勝手に絵を運んだと怒るマヌ。
偽物とすり替えられたら困ると直接ヘザー・シンのギャラリーに向かったマヌ。

マヌが来たと焦るドゥゲ。

マヌは絵を持って帰ると言い、部下に運ばせた。
隣に置いてあった絵にかかっていた布を外すマヌ。
絵は裏返しになっていて、ばれずにすんだ。

美術館を見て回るサウォルについていくチャンビン。

本物と偽物の区別がつかないと言うサウォル。
チャンビンの言葉にヒントが見つかりわかったと走り出すサウォル。

サウォルに本物らしく見えるほうが偽物で、本物は本物だとうったえなくても本物だと教えるヘザー・シン。

ヘザー・シンの家においてある絵は本物だった。
マヌは偽物を持っていったのですね

ヘサンはチャンビンの家に行くのを楽しみにしている。
チャンビンはヘサンにサウォルのことを隠していたのはなぜかと尋ねる。
施設出身だと言うことを隠したいと思ったから黙っていたというヘサン。

チャンビンはロビーの絵がおかしいと気付いた。マヌにそれを伝える。
絵を見わける力あるんだ

ホンドの子どもたちはサウォルにヒヨコを預ける。
ヒヨコにオウォルと名付けるサウォル。

サウォルはホンドの子どもたちが折鶴に目を書くのを見て、もしかしたらホンドがオウォルでないかと疑うが、ホンドの履歴書を見て違ったと思った。

絵がすり替えられたと怒り出すマヌはヘザー・シンの家に向かう。

セフンは偽物を運んでいるトラックを妨害して時間を稼ぐ。

ホンドはサウォルを探し当てた。
サウォルの家に電話をするとジヘが出た。
サウォルに慰霊碑の公園で伝えてくれと言うホンド。

途中子どもたちに会い、サウォルの話を聞いた。
ホンドはサウォルが誰かわかった。

ジへはサウォルに電話をしてオウォルが待っていると伝える。
公園に走るオウォル。
サウォルもタクシーで向かう。

16~18話感想

いよいよサウォルとオウォルの対面です。しかし今回もヘサンが邪魔をしそうです。ヘサンはなぜバレるような嘘をつくのか…。あまり頭がよくないのかもしれませんね。
ドゥゲに何度も騙されるマヌもマヌケですね。しかし、ドゥゲを愛している事はわかります。だったら優しくしなさいと言いたいです。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。