いとしのクムサウォル-あらすじ-34話-35話-36話【ネタバレ注意!】

韓国ドラマ-いとしのクムサウォル-あらすじ-34話-35話-36話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


サウォルは、自分は園長の子どもでなく、園長の子どもはヘサンだったと知りました。自分の父親を閉じ込めて殺したヘサンはなんて恐ろしい女でしょう。
チャンビンには可能性がなくなり、セフンが検事で金持ちの息子だと知ったとたんにセフンを誘惑するヘサン。そんなヘサンに騙され、喜んでいるセフン。
情けない男ですね~。

【いとしのクムサウォル】ネタバレあり

【34話】

エレベーターの中にいるシン社長を見たマヌ。
父が生きていると言うドゥゲにシン社長は死んだはずだと言うマヌ。

ミノは、シン社長は生きていて、この設計図はシン社長から受け取ったと言う。
反対にマヌは、シン社長は崖から落ちて死んだのだと言う。
突き落としたのはミノだと言うマヌ。

ミノはこの設計図が本物だと証明するからマヌの持っている設計図と照らし合わせようと言うミノ。
マヌは自分の持っている設計図は見せられないと言う。
ただし、シン社長がここに来られるなら自分の設計図を見せると言う。

ソクチャはシン社長が生きていることを知った。
マヌにドゥゲとシン社長が一緒にいたと話すソクチャ。
マヌは最近死んだはずだと言う。

ヘサンがセフンと付き合っていると聞いたサウォル。

ヘサンはギファンの仕事の手伝いをする。
オウォルが過ごしやすいようにと環境も良くするヘサン。
ギファンはヘサンを気に入り名前を聞く。

セフンがやってきた。
ギファンにヘサンを自分の好きな人だと紹介する。
ヘサンの父だとは知らなかったと言うヘサン。
よく言うよね~

ヘサンはギファンを誘い食事に行く。

セフンはヘサンを施設で育ったのだと話す。
セフンも妹がいなくなって寂しい気持ちがわかると言うヘサン。
セフンは、結婚したらたくさん子どもを産んで大家族で暮らすのが夢だと言う。

マヌは美術館の防犯カメラの映像を送らせた。

ドゥゲが美術館にシン社長と一緒にいるはずだと言うソクチャだが、映像に写っているのはドゥゲだけだった。

チャンビンに靴を買ってあげるサウォル。
この靴を履いていい人を捜せと言うサウォルに、チャンビンはサウォルから離れないと言う。

オウォルと一緒にいるギファン。
そこにやってきたヘサン。
ヘサンを見たオウォルは怖がりヘサンに本を投げつける。

ギファンがいなくなった途端にオウォルを脅すヘサン。
記憶が戻ったらただじゃおかないと言うヘサン。

ヘザー・シンに頼まれシン社長の世話をするサウォル。
サウォルは、自分は施設で育って、両親を知らないと言う。
いつか会えるはずだと言うシン社長。

オウォルはシロを見つけて連れて行こうとする。
お前とは終わっているとオウォルを殴ろうとするシロ。
この男は最低

車で逃げようとするシロを追いかけるコウォル。
シロが急に車のドアを開けたので、ぶつかり倒れてしまったオウォル。

チャンビンはソクチャにつかまった。
マヌにはアメリカにいることにしてくれと言うチャンビン。
マリのところに泊まれと言うソクチャ。

ギファンに会うために出かけるドゥゲ。
ドゥゲをつけていくマヌ。
マヌにつけられている事に気づいたギファンはドゥゲに電話をする。

ドゥゲはマヌが見ているのを知って、川に入り自殺をしようと見せかけた。
ドゥゲを助けに行くマヌ。

セフンはヘサンにプロポーズした。
やめなさい!!!

こんな幸せでいいのかと泣くヘサン。

オウォルが何か話をしたら困ると思い、病院にやってきたヘサン。

オウォルは目を覚ました。
すべて思い出したオウォルはヘサンを捜す。

ミノはシン社長からもらったという千秘宮の設計図に自分のアイディアを取り入れた設計を発表した。
マヌには千秘宮を建てるのは無理だと言うミノ。

マヌは、シン社長は25年前に亡くなっていると言い、証人の漁師を連れてきた。

ドゥゲは父を乗せて会場に向かう。
しかし、その途中で父は亡くなってしまった。

オウォルはヘサンにミノがサウォルの父親だろうと詰め寄る。
ヘサンが横取りしたのだろうと言うオウォル。

マヌの罪を暴露してやると泣き叫ぶドゥゲ。
亡くなった父を乗せて車を走らせるドゥゲ。

【35話】

オウォルはサウォルのことがわかった。
オウォルはヘサンに邪魔される前に話すことがあると言う。
オウォルはミノの本当の娘はサウォルだと言うオウォル。
ミノの養子になるのはサウォルのはずだったのに、ヘサンがそれを奪ったのだと言う。

嘘だと言うヘサンに証拠があると言うオウォル。

証拠よりもミノに聞けばわかると言うオウォルは、サウォルを連れて行こうとする。
それを止めるヘサン。
やましいことがないなら止める必要はないだろうと言うサウォル。

ヘサンはサウォルがミノの娘だと白状した。

しかし、自分はいつも両親の顔色を気にしながら過ごしていた、サウォルは可愛がられていたのだから文句はないだろうと言うヘサン。
それは違うでしょう

サウォルはヘサンに人でなしだと言い頬を叩く。
オウォルはヘサンにミノにすべて話して、サウォルにすべて返せと言う。

シン社長は25年前に海で亡くなったと証言する漁師。
ミノは漁師に嘘の証言をするなと言う。
見つかったときは生きていたはずだと言うミノ。

ミノは、シン社長は生きていてこの会場に向かっていると言う。

亡くなった父を乗せて会場に向かうドゥゲを止めるギファン。
シン社長から預かったと言う手紙を渡す。
ミノはシン社長が今亡くなったと連絡を受けた。

サウォルがミノに話す前にセフンと結婚しなくてはと考えるヘサン。
本当にしたたかすぎる

ドゥゲは父親が残したUSBを持っている。

ヘサンはセフンにオウォルの家を出た方がいいと言う。
自分の家に引っ越してきたらいいと言うヘサン。

ドゥゲはマヌを叩き、父が生きているだから捜せと言う。
父を見つけてくれたら今までのことは水に流すと言うドゥゲ。
何をするつもり?

サウォルはヘサンにセフンへの気持ちは本当かと聞く。
自分にも頼れる人が欲しいから邪魔をするなと言うヘサン。
セフンもヘサンの本性を知ったら離れるはずだと言う。
離れるといいけど

シロはオウォルに離婚届けを渡した。
オウォルは子どもがいるから離婚はできないと抵抗するが、無理矢理、離婚届に拇印を押されてしまった。

ヘサンを連れて帰ってきたギファン。
オウォルはヘサンに近所をうろつくなと言う。
ギファンは、ヘサンはうちの嫁になる人だから謝れと言う。
ギファンに人を見る目がないと言うオウォル。
ギファンはオウォルに出て行けと言う。
後悔しますよ~

ヘサンに指輪を送るセフン。
ギファンもヘサンに贈り物をしたいと言う。
感激して涙を流すヘサン。

セフンが仕事に戻り、ヘサンを食事に連れて行くギファン。
そこにマヌが入ってきた。
ヘサンをうちの嫁になる人だと紹介するギファン。

オウォルは父親が自分を捜していると知り、喜ぶ。
ギファンとセフンもオウォルが見つかりそうだと喜ぶ。

シロはオウォルがギファンの娘だとしり、見つけた懸賞金5000万ウォンの振込先に自分の口座番号を教えた。

わざとソクチャに盗ませた携帯にシン社長の動画を入れておいたドゥゲ。
シン社長の動画を見るマヌ。

シン社長はマヌの持っている設計図が偽物で、ミノが持っている設計図には透かしが入っていると言っている。

マヌは、シン社長は生きていると思い、動画の内容を信じた。

ダルレにあなたが付き合っているセフンは、本当はシロだと教えるヘサン。
その証拠を見せるとダルレを連れて行く。

マヌはシン社長が生きているなら防犯カメラに写っているはずだと確認しにきた。
防犯カメラに写っているシン社長を見て驚くマヌ。

オウォルは父親に会うため約束の場所に向かう。
約束の場所でオウォルの写真を持っているギファン。
ギファンが自分の父親だと知り泣くオウォル。

【35話】

ギファンに近づくオウォルにここから離れろと言うシロ。
オウォルとシロがもめているところにやってきたダルレ。
シロをたぶらかしたとダルレに掴みかかるオウォル。
倒れたダルレは鼻血を出した。
シロはオウォルを叩き、車に閉じ込める。
そしてダルレをタクシーに乗せて連れて行く。
最低な男だわ! こんな男はやめたほうがいい

オウォルはヘサンに、セフンとギファンにすべて話をして結婚を阻止すると言う。
ヘサンは今日でけりをつけようとオウォルを乗せて車を走らせる。

ヘザー・シンの娘には足の裏にあざがあり、黄金園にいたとわかったマヌ。

シロはダルレにオウォルとは離婚が決まっていると言い、2人で結婚を誓った。

ヘサンはオウォルに一緒に死のうと車のスピードをあげる。
オウォルを脅すつもりだったが本当にブレーキが効かなくなり車は崖から転落してしまった。
まさか、またオウォルに何か…

転落した車から出てきたヘサン。
オウォルは車の下敷きになっていた。
引っ張り出してと言うオウォル。
オウォルの手を掴み、助けてあげたら私とサウォルの話はしないでというヘサン。
罪は償わなくてはと言うオウォル。

それならここで死ねと言うヘサン。
ヘサンはオウォルと置いて行ってしまった。
車は爆発した。
まさか…オウォル

ヘサンは病院に着いて倒れてしまった。

セフンからの電話で、明日両家の顔合わせをしようと言われたヘサン。
ヘサンは承諾した。

チャンビンがいなくなったと聞いたサウォル。
慰霊碑公園でチャンビンを見つけた。
慰霊碑の前に置かれた沢山の花束はチャンビンが置いたものだった。

サウォルを諦めきれないから1週間だけでも一緒にいようと言うチャンビン。
明日高速ターミナルの駅で待つと言いチャンビンは去った。

マヌはドゥゲに、シン社長を療養所から連れ出しただろうと問い詰める。
ミノから設計図を奪って来いと言うマヌ。

ダルレがシロと籍を入れると聞いて喜ぶマヌ。

チャンビンは駅でサウォルを待っている。
サウォルもスーツケースを持って約束の場所に向かう。

ヘサンとセフンの両家の顔合わせが始まった。
サウォルはヘサンと一緒に暮らしていたと言うミノ。
ギファンはヘサンがいなければサウォルを嫁にしたいくらいだとサウォルを褒める。
ヘサンはセフンとできるだけ早く結婚したいと言う。

新居が決まるまで自分の部屋に住めばいいと提案するヘサン。
焦っていますね~

そこにギファンにオウォルが死んだと知らせが入った。

葬儀が行われ、子どもたちは泣いている。
嘘でしょう…

ギファン、セフン、ヘサンが駆けつけた。
オウォルが事故にあったと説明するサウォル。
遺体は見つかっていないが、焼けてしまったようだと言うオウォルの義母。

運転もできないオウォルが地方まで行くのはおかしいと言うサウォル。
ギファンは絶対に犯人を捕まえてやると言う。

サウォルはヘサンにオウォルに会っていないかと聞く。
ヘサンの顔のあざに気付くサウォル。
接触事故にあったのだと言うヘサン。

オウォルは会いたくないはずだから、ここには来るなと言うサウォル。
そうだ! そうだ

サウォルが来ないのでサウォルのことは諦めようとしているチャンビン。
マリが迎えに来て、サウォルを連れて行く。

ドゥゲはマヌにミノとマヌの持っている設計図をすり替えると言う。
その代わりに父に会わせてくれと頼む。

家に帰ってきたチャンビンはマヌにサウォルへの想いは断ち切ったと言う。
千秘宮の後継者になれるように努力をすると言うチャンビン。

千秘宮のフォーラムが開催された。
ドゥゲが設計図をすり替えたと思っているマヌ。

マヌはヘザー・シンの娘がサウォルだとわかった。
マヌはもう一度チャンビンとサウォルと交際させようと考えた。

フォーラムの最中、シン社長からメッセージが入ったと言う司会者。
シン社長の映像が流れた。
本物の設計図には自分の名前の透かしが入っていないと言うシン社長。
マヌは設計図を持って逃げ出そうとした。
ミノに止められる。
マヌはドゥゲにすべて知っていたなと叫ぶ。

34~36話感想

本当にオウォルは死んだのでしょうか。絶対に生きていますよね。
ギファンと親子の対面をできずに死ぬわけはありません。
早く結婚しようと焦っているヘサン。とうとう人殺しまでやってしまいましたね。これで刑務所に入るのは決定しました。セフンに早くヘサンの本性をしってほしいです。