いとしのクムサウォル-あらすじ-43話-44話-45話【ネタバレ注意!】

韓国ドラマ-いとしのクムサウォル-あらすじ-37話-38話-39話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





オウォルが生きていてよかったですね。
ついにドゥゲはサウォルに自分が母親だと明かしました。しかし、結婚式で明かさなくても良かったですよね。幸せな結婚式が台無しにされて、サウォルがかわいそうです。
チャンビンとサウォルはこのまま結婚できるのでしょうか。

【いとしのクムサウォル】ネタバレあり

【43話】

ドゥゲはサウォルに自分があなたの母親だと言う。

ドゥゲはチャンビンが生まれた日にサウォルを産んだと話す。
25年間、マヌとその家族に復讐するために耐えてきた、マヌたちのせいで、死んだ父親や母親への恨みを叫びながら話すドゥゲ。

チャンビンやダルレたちの前で、今までマヌのしてきたことを暴くドゥゲ。
すごい、迫力のドゥゲ

ドゥゲはチャンビンにあなたを憎めなかったのを悔やんでいると言う。
チャンビンへの気持ちは本物だったと言う。

ドゥゲはこの日を待っていたのだった。
ボグムグループを盗んだ泥棒を追い出す時が来たとため息をつく。

マヌに今日からが本番だと言うドゥゲ。
あなたの大切なものを1つ1つ取り上げてやると言う。

サウォルのせいだと掴みかかるソクチャ。
サウォルに手を出すなと言うドゥゲ。

いやがるサウォルを連れて、ドゥゲとギファンは一緒に会場から出ていく。

会場についたミノにソクチャが掴みかかり、サウォルがミノの子どもだと教える。
サウォルが本当の娘だと知ったミノはショックを受ける。

ドゥゲはサウォルを連れて行く。
チャンビンは追いかけるが行ってしまったサウォル。

サウォルは車から降りた。
そのまま車を出すドゥゲ。
置いて行っちゃうの?

ヘザー・シンが偽物だと知ったマヌ。
借金を返さないと倒産してしまうので金策に走る。
マヌはギファンに助けを求めるが、反対にギファンに殴られてしまう。

お前が転落させた女が自分の娘だと言うギファン。
お前を引きずりおろすためなら何でもやってやると言うギファン。

マヌの家は差し押さえられた。
チャンビンはサウォルとの写真を叩きつける。
サウォルは悪くないのに…

さらに株式総会で会長を解任されたマヌ。

家族全員のカードも使用停止になった。

ジヘはサウォルを産んだのはドゥゲでも育てたのは私だと言う。
サウォルは渡さないと言うジヘ。

ドゥゲを捜しにサウォルの家にやってきたソクチャとマリ。
サウォルの家で暴れる。

そこにやってきたミノ。
ミノはサウォルに今まで娘だと気付かず悪かったと言って謝る。
ミノはヘサンより賢いサウォルに冷たく扱ったことを謝る。
愚かな父親を許すなというミノ。
後悔すると思いましたよ

ジヘが待っているから帰ろうと言うミノに、ジヘを傷つけてしまうと言うサウォル。

サウォルは自分のせいでみんなが傷ついていると言い、飛び出していく。

そのとき、サウォルの前にトラックが走ってきた。

ミランとウランを連れて食事に行くギファン。
セフンとヘサンも一緒に来た。
なんで来る?

マヌがオウォルを転落させたと話すギファン。
事故のことはサウォルが知っているはずだと言うセフン。
動揺したヘサンに、サウォルの話が出ると様子がおかしくなると指摘するセフン。
黄金園でのことは記憶を消したいのだと言うヘサン。

オウォルからシロがマヌの裏帳簿を持っていると聞いたドゥゲ。

サウォルは病院にいた。

ミノが目を離した隙に屋上に登っていくサウォル。

ドゥゲはサウォルを捜す。

屋上にいるサウォルを見つけたドゥゲ。

サウォルはドゥゲに、自分が消えたら、ドゥゲの復讐の道具もなくなるのかと聞く。
母親だと名乗ったら、自分がすべて許すと思ったのかと言うサウォル。
自分の母親はジヘだけだと言う。

ドゥゲはこの日が来ることもわかっていたと言う。
自分のことは好きなだけ恨めばいいと言うドゥゲ。
ただ、あなたはボクムグループの後継者だと言う。
マヌの悪行をサウォルも知らなければならないと言うドゥゲ。

産んでほしいと頼んではいない、自分を復讐の道具も利用しているだけだと言うサウォル。
復讐するなら1人でやってくれという。
どんなに叫んでもあなたは私の娘だと言うドゥゲ。

サウォルは泣き崩れる。
頑張れ~

ジヘに土下座をするドゥゲ。
こうするしかなかった自分を許してくれと言うドゥゲ。

ジヘはドゥゲに、本当の母親は自分の身を引きちぎられても子供を傷つけたりしないと言う。
私の子どものサウォルを傷つけたら許さないと言うジヘ。

オウォルが転落した工事現場にやってきたマヌ。
ドゥゲが現れた。
マヌはドゥゲの前で土下座をして許してくれと頼む。
これからが本番だと言うドゥゲ。
ドゥゲはマヌの胸倉を掴み、ここで死ねと脅す。

オウォルはシロが隠していたマヌの裏帳簿などを取りに家に帰る。

【44話】

マヌはオウォルが落ちたのはヘサンの仕業だと話す。
ヘサンが設計を変更したから事故が起きたのだと言うマヌ。
事故の原因をサウォルのせいに偽造したのもヘサンだと言うマヌ。

それを聞いていたギファン。

マヌは、ヘサンは財産目当てでセフンと結婚したのだと言う。

ドゥゲはギファンに、ヘサンはサウォルがミノの子どもだと知り、サウォルに入れ替わって養女になった恐ろしい女だと言う。

チャンビンはマヌを捜しにきた。
縛られているマヌを助けるチャンビン。
マヌはチャンビンに反撃の準備をすると言う。

ジヘはサウォルに家に帰ろうと言う。
結局優しいジヘに戻りましたね

オウォルの事故の日に、ヘサンも病院で手当てを受けていたことを調べたセフン。

株主総会でドゥゲが会長に就任するための意気込みを語る。
マヌが入ってきて反対を訴える。
ドゥゲのことを、他の女に成りすました詐欺師だと言うマヌ。
美術商になりすましてボグムグループのお金を横領したのだと言う。
証明できるならやってみろと言うドゥゲ。

ミノの家に帰ってきたサウォル。
ヘサンはこの家に戻って、ジヘに悪いと思わないのかと怒鳴る。
サウォルをかばうミノに本物が見つかったから偽物はいらないのかと言うヘサン。

セフンと家を出ると言うヘサン。
セフンは悪くないと言うサウォル。
自分の夫をかばうなと言うヘサン。

ジヘはヘサンに、許せない気持ちよりサウォルが好きだと言う。
やはりサウォルをひいきしているのだと言うヘサン。
嫌なら出て行けと言うジヘ。
ひいきされない原因はヘサンにあるでしょう

自分がプレゼントしたピンクのバッグはどうしたのかと聞くジヘ。
ギファンの家にあると言うヘサンに、そのバッグを見せるジヘ。
そのバッグをまた捨てに行くヘサン。

ヘサンが捨てたバッグを拾うものがいた。

会長室の椅子に座るドゥゲ。
マヌが入ってきた。
秘書にドゥゲを追い出せと言う。
ドゥゲはマヌの秘書に自分が会長になったら、自分の秘書にならないかと提案する。
喜んでいる秘書(笑)

ミノはオウォルの転落の原因H、ヘサンが設計を変更したせいだと知った。

ギファンはセフンに、ヘサンは恐ろしい女だと言う。
そんなヘサンと結婚したことを謝るセフン。
そこにやってきたヘサン。

ヘサンに聞こえるように、セフンはギファンに、オウォルの車に乗っていた同乗者も怪我をしているはずだから、その人を探すと話す。

あわてて車で出かけるヘサン。

病院についたヘサンは事故の日に、自分が病院に行った証拠を破棄してほしいと頼んだ。
防犯カメラも見たいと言うヘサン。

それを見ているセフンはヘサンがオウォルの事件に関係しているなら許せないと思う。
大いに関係しているのですよ

オウォルはドゥゲにマヌの不正資料を渡した。
この家に越して来いと言うドゥゲに、オウォルはヘサンとシロに復讐するまで姿を現さないと言う。
ドゥゲはオウォルに協力すると言う。

そのときドゥゲの家にサウォルがやってきた。
オウォルはサウォルに会うのはもう少し我慢をすると言う。

サウォルはドゥゲに娘にはなるつもりはないと言いに来た。
ドゥゲは明日ボグムの会長に就任するからサウォルにも出席してほしいと言う。
いかないと答えるサウォル。

チャンビンの名前を使ってサウォルを車に乗せたマヌ。

ヘサンが家に戻ると家の前にピンクのバックが置いてあった。
誰の仕業かと叫ぶヘサン。
その時1台の車が通っていた。
おびえるヘサン。
もっと、もっとおびえなさい

ドゥゲはボグムグループの会長に就任した。
会長の就任式に出席しようとするドゥゲ。

マヌからサウォルを預かったとメールがきた。
ドゥゲに、サウォルが屋上に置き去りにされている姿を写真に撮って送るマヌ。

屋上から出ようとしたサウォルは倒れてきた段ボール箱の下敷きになってしまった。

サウォルを助けに行って、就任式に出席しないドゥゲに変わって挨拶をするマヌ。
資料を見てほしいと理事たちに配る。
それはマヌの不正資料だった。

ギファンがすり替えていたのだった。

箱の下から抜け出したサウォルは、屋上から非難階段に移ろうとして足を踏み外してしまった。

階段の手すりにしがみつくサウォル。

手の力がなくなってきたとき、オウォルがサウォルに手を差し伸べた。
サウォルはオウォルが生きていると知った。
オウォルに助けられるサウォル。

ボグムでは新会長としてドゥゲが挨拶を始めた。
サウォルを助けるより会社を選んだの?

そこにやってきたサウォル。

【45話】

サウォルのことを千秘宮の後継者だと紹介するドゥゲ。
サウォルは自分はボグムの事業には関係ないと言う。

就任式は終わった。

サウォルはドゥゲにここまで非情な人だとは思わなかったと言う。
祖父の写真を見せるドゥゲ。

ボグムの創始者で素晴らしい建築家だったが、マヌに25年間も監禁され、治療も受けられず亡くなったのだと言う。

何の罪もないチャンビンがかわいそうだと言うサウォル。
サウォルは施設にしたときの方が幸せだったと言う

自分の母親だというなら、自分のことは放って欲しいと言うサウォル。

オウォルはギファンを見ている。
サウォルはオウォルにギファンに会いに行こうと言うが、ヘサンに復讐するまで会わないと言うオウォル。
早く会ったほうがいいと思うけど

ミノはヘサンに、オウォルが転落した建築現場の設計を見せてほしいと言う。
マヌが、ヘサンが変更したせいでオウォルが転落したのだと言っていると言うミノ。

マヌはギファンに許してくれと土下座をする。
オウォルの事故はヘサンの責任だと言うマヌ。

ギファンがシロの銀行口座を調べるとヘサンからの振込の記録がたくさん残されていた。

ギファンはヘサンにオウォルの転落事故のことを教えてほしいと聞く。
オウォルが落ちたのはサウォルの持ち場の3階からだったと言うヘサン。
嘘だったらお前を許さないと言うギファン。
許さなくていいです

セフンから食事に誘われたヘサン。

その場所に行くと、ヘサンがアリバイ作りに名前を使ったゴルフ選手がセフンと一緒に座っていた。
彼女の結婚式に出たのだろうと言うセフンに、私がいつ結婚したのだと言う友達のゴルフ選手。
ゴルフ選手はヘサンに相変わらず嘘つきだと言う。
怒って出ていくヘサン。

セフンに彼女と少し前に喧嘩をしたから、自分にいじわるをするために嘘をついているのだと言う。
いつまで嘘をつくのだと怒るセフン。

あの日、テハン広場にいただろうと言うセフン。
ヘサンが公園にいる写真を見せる。
ヘサンはテハン広場に行ったあとに結婚式に出たのだと言う。

つじつまが合わないと言うセフンは、自分達の結婚も嘘なのかと聞く。
お金持ちのセフンを愛しているのは事実かも

マヌは横領の罪で検察に連行された。
連行される時にチャンビンに千秘宮を利用して取締役会を開けと指示をした。

サウォルはヘサンに車の運転には気をつけろと言う。
特に窓もあかない、ブレーキも効かない車に気をつけろと言う。
そしてピンクのバッグも大切にしろと言う。
言われて、驚くヘサン。

サウォルはセフンに、黄金園が崩壊したとき、ヘサンが園長を閉じ込めてサウォルに成りすましたことを話した。

オウォルは、ドゥゲにヘサンは3回私を殺した。
ヘサンを絶対に法廷の席に立たせてやると言うオウォル。

緊急招集会が開かれた。
チャンビンが開いたのだった。

チャンビンは千秘宮のためにマヌは松の樹を用意していたが、ドゥゲは千秘宮のために何かやっているのかと尋ねる。

マヌが千秘宮の後継者と認められたら会長の座を返すべきではないかと言うチャンビン。

マヌが認められたらそうしようと言うドゥゲ。
選ばれるはずがないですからね

ジヘはミノに千秘宮の再建させてほしいと隠しておいた資料を渡した。

ヘサン宛てに郵便物が届いた。
中に入っていたCDを再生させるヘサン。
黄金園にいたとき園長たちを閉じ込めたときの動画だった。
CDを割るヘサン。

捨てたはずのピンクのバッグがまた玄関に置いてあった。

ヘサンのパソコンを調べるミノ。
転落事故の設計図を提出しないから、こちらで調べると言うミノ。

サウォルに食事誘われたと喜んででかけるドゥゲだが、ジヘが仕組んだものだった。サウォルと仲の良い姿を見せつけるジヘ。
ジヘも怖いね~

シロに呼び出されるヘサン。
ヘサンはマヌがオウォルを突き落としたのだと言う。
シロに早く逃げないとギファンにすべてばらすと言うヘサン。
それを聞いていたギファンはあんなのが婿と嫁だと思い、情けなくなる。

千秘宮のフォーラムが開かれる前に松の樹を見に行くマヌとチャンビン。
それを見ているミノは26年前にやられたことをやり返してやると言う。

ヘサンはセフンに死んだ妹に執着しすぎだと言う。
セフンは崩壊事故のときにヘサンが園長とオウォルを閉じこめている動画を見たと話す。
園長がヘサンの父親だろう、その動画は衝撃的だったと言うセフン。

千秘宮のフォーラムにやってきたドゥゲ。

トラックに乗り、松の樹を運ぶチャンビン。
チャンビンにわざとぶつかってコーヒーをこぼす女性。

服を拭きにいった隙にトラックの荷台を交換するミノ。

フォーラムが始まった。
マヌは千秘宮を再建できるのは自分だと言う。
良質な松を育てていたと言うマヌは、松を見せると千秘宮の委員たちを連れて行く。

松の樹を積んだトラックから降りるチャンビン。
チャンビンはこれが千秘宮を再建できる松の樹だと言いドアを開ける。

中は空っぽだった。
大成功!

ドゥゲはマヌに自分がやったことを思い出したかと聞く。
覚えていないなら思い出させてやると言う。

セフンがやってきた。
セフンは26年前にマヌが松の樹を盗むのを見ていたと証言した。

ミノはマヌに松の樹を売り、自分に罪をなすりつけただろうと言う。

サウォルの元に向かうヘサンは途中でオウォルを見つける。
オウォルを追いかけるヘサン。

慰霊碑公園でオウォルを捕まえたが、それはサウォルだった。

そのとき本物のオウォルが来た。

43〜45話感想

いよいよマヌもヘサンも追いつめられてきましたね。考えてみるとマヌよりヘサンのほうが悪人ですね。マヌは抜けているところがありますし、土下座もできますが、ヘサンはプライドが高いのでできないでしょうね。
刑務所に入るくらいなら死んだ方がましだと思いそうです。しっかり、刑務所に入ってほしいです。
チャンビンも父親の味方とはいえ、父親の悪事を見抜けない男なんてなさけないですね。サウォルがもったいないと思うのは私だけでしょうか。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。