おかえり-ただいまのキスは屋根の上で!?あらすじ-最終回(24話)-結末は!?

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

ホンジョとの時間が残りわずかになるなか、医者の診察によりホンジョの体が良くない状態だということも明らかになった前回。
そして今回の最終話、ついにホンジョが完全に猫の姿に戻ってしまうという別れの時が訪れ…。

スポンサーリンク

【おかえり-ただいまのキスは屋根の上で!?】(ネタバレあり)

最終回(24話)

漫画家として取材を受けるソラ。
ホンジョはそれに同行するも、途中で買い物に出掛ける。
向かったのはアクセサリーショップで、ホンジョはそこでソラへのプレゼントとしてネックレスを購入するのだった。
一方、取材会場からホンジョが出掛けたことを知ったソラはホンジョのことが心配になり、取材を中断し彼を探しに行く。

ホンジョが近くにいないと気持ちが落ち着かないようです

そしてホンジョを見つけたソラ。
するとホンジョはさっき買ったネックレスをソラに手渡した。
その夜、帰宅したソラとホンジョ。
ホンジョと過ごせる時間が残りわずかだと悟るソラが複雑な表情を浮かべるなか、ホンジョは優しい言葉をかける。
その言葉にソラは笑顔になるのだった。
翌日、ソラの家にドゥシク・ジウン・ジェソンが訪ねて来て、一緒にコーヒーを飲んだりお菓子を食べたりする4人。
するとそこでソラは連載中の猫とのストーリーの漫画の結末がまとまっていないことを3人に相談。
するとジェソンは「最初に戻ってみて、猫との出会いがどんな意味だったのか考えてみればいいんじゃないか?」とアドバイスするのだった。
その後、3人は帰宅し、ソラは1人で漫画の結末について考えていた。
すると人間姿に変身したホンジョが現れ、彼の提案で少し2人で出掛けることに。
そして川辺のベンチに座った2人。
ホンジョはそこで「人間になれるのは今回が最後の気がする…」と話す。
それを聞いたソラは「こんなに近くにいるのに…」と悲しさを感じ涙を流す。
「僕を人間にしてくれてありがとう…人間じゃなでもずっとそばにいる…」
ホンジョは笑顔でそう伝え、2人はキスをするのだった。

スポンサーリンク

何とも切ない別れですね…

そして2年の月日が経過。
ソラは猫のホンジョと一緒に暮らしていた。
この日、ソラが描いた漫画の単行本が発売されるということで本屋でサイン会を行うソラ。
ソラのファンが集いサインを行うなか、そこにジェソンやかつての同僚たちがやって来てソラを祝福。
ソラは嬉しい気持ちになるのだった。
その後、帰宅したソラは猫のホンジョと戯れたり、一緒に屋根の上に登り夕陽を眺めたりホンジョとの時間を過ごすのだった。

声を掛けるも猫のため応答がないのが少し寂しいですね…

それから数日後、外出し帰宅したソラがいつものように部屋にいると、そこに人間姿のホンジョが現れる。
「おかえり」
ソラはそう笑顔でホンジョに言うのだった。

スポンサーリンク

感想

人間の姿に変身できなくなってしまうことを予期したホンジョが、ソラに別れを告げるという切なく感動的な最終話でした。
ソラが悲しむ一方、笑顔で別れを告げるホンジョの姿がとても印象的でそれがより一層切なさを倍増させているように感じました。
終盤には2年後の様子も描かれ、ソラが漫画家として成功していることに喜ぶ一方、人間姿のホンジョが恋しく寂しさを感じている気持ちがとても伝わって来ました。
そしてラストにはホンジョが再び人間姿に!
ソラが久しぶりに人間姿のホンジョと再会しハッピーエンドといった結末でした。
しかしよくよく考えてみると、久しぶりに人間姿になったホンジョが老けていないことなどから、もしかしたらこのホンジョはソラの願望が生み出した幻の可能性もあるのでは?と色々な想像ができるラストでした。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください