ここに来て抱きしめて-あらすじ-5話-6話-感想付きネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-ここに来て抱きしめて-あらすじ-5話-6話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ここに来て抱きしめて


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ナムは記者に対して顔を出し、
殺してほしいと訴えた。

ナグォンがヒジェに襲われそうになった時、
ナムが警察に通報し、ナグォンを助けていた。

ヒョンムが入っている刑務所をムウォンが
来て刑務所内を見て回った。
ヒョンムもまたムウォンが来ていたことを知る。

【ここに来て抱きしめて】(ネタバレあり)

5話

ヒジェは逃げていた。トラックで何とか逃げていたが、すでに警察が追っていた。
逃げ切ろうとしたが、タイヤをパンクさせられ、ヒジェは逮捕された。
ヒジェは逮捕された時、
「逮捕?お前らごときが笑わせるな。俺を捕まえたのはな、俺の子だ。裏切りによって息子に捕まったんだよ。」と笑いながら言った。
そして、ヒジェが乗っていたトラックは爆発した。
ナムがしたことが自分と似ていると本当に思っているのでしょうか

ヒジェの裁判の時、ナムは証言に立った。ただ、未成年だったため映像での証言になった。
ナムは
「あの日の事をすべて証言します。」と言った。
この裁判の時に、パク記者も傍聴していた。

ヒジェはパク記者と面会をしていた。
そして、パク記者はナムの顔を出す。と言っていた。

ドジンはヒジェの獄中記を持って出版社に行った。
本の内容について嘘ばかり書いていて怒ったのだ。

ジェイの前にもパク記者が来ていた。
ヒジェの伝言があると。パク記者は、ムウォンにも連絡していた。

ドジンはインタビューを受けた。モザイクをかけずに素顔を出して。
そして、ヒジェの本は嘘だと言い切った。
その日にジェイもまたインタビューを受けていた。
ジェイは、パク記者の名前を出し、自分で女優として売れる。と言い切った。
ジェイはパク記者の名前を出してしまいましたね。だけど、これで正々堂々とかもしれませんね

ジェイは家に戻った。
そこで、両親の事を思い出していた。

ドジンがインタビューを受けたのは、本の販売禁止と遺族に集まっている不快で不当な視線を自分と父親に向かせたいからだった。
ただそれだけだった。

刑務所ではヒョンムとヒジェが話していた。
ヒョンムはナムのしたことに対して怒っていたが、ヒジェはナムを知らなさすぎる。と言い首を絞めた。
ヒジェは戻り、ヒョンムは弱い受刑者を腹いせに殴った。

オクヒとソジンは町の人たちから嫌がらせを受けていた。
ソジンはジョンベおじさんを頼って夜に出ようと言った。

ジェイのところにヒジェから手紙が届いた。

ドジンは警察大学を卒業することになった。
首席合格で大統領賞をもらった。しかし、途中で被害者の家族たちが来て生卵をぶつけたりしてきた。
被害者の家族たちは警察たちに外に出されそうになったが、ドジンがとめ、
被害者の家族たちの言葉を聞き、ドジンは謝った。
被害者の家族の1人がドジンを殴ろうとしていたが、躊躇していた。

その様子をジェイも見ていた。

オクヒとソジンがドジンの卒業式に来ていた。
そして、被害者の家族たちの間にたち、
オクヒが
「私の夫は何度だって殺されるべきです。でも、息子は違います。ホンの販売を止めたくてテレビにも出ました。
 父親とは違う人生を送ろうとしてます。」と泣いて言った。
被害者の家族の1人が座り込み、殺害された子供に対して謝っていた。
オクヒとソジンだけがドジンを守っているます

ドジンは被害者の家族に一礼をしてその場を去った。

ドジンはお腹を押さえていた。そこにジェイが来てナムと呼んだ。
ドジンはジェイを見ながら
“父親がすべてを奪ってしまった相手の子だ。犯していない罪で俺が生涯にわたり、罪を償いながら逃げなければならない俺にとって唯一の楽園”と思った。
ジェイは
「辛いなら言わなくちゃ。我慢しないで。答えて。ナム。答えてよ。」と言った。
その様子をパク記者が来て写真を撮った。
パク記者は2人に近づこうとした時に、ムウォンが来て、中身を抜き取った。そして、カメラを壊した。

ムウォンはドジンを殴り、二度と現れるな。と警告した。
ジェイはムウォンと帰って行った。

ドジンは刑事となっていた。
犯人に刺されていたが、何とか逮捕までできた。
ジェイは女優として成功していた。

6話

ドジンはジェイの映画を見ていた。

ジェイはインタビューも受けていた。
その時、タイプの人は?と聞かれると、ジェイは
「会ったら涙が出そうな人」と答えた。

ドジンはソウル江南警察署で働いていた。
メンバーにはカン・ナムギルと同期では警察大学で一緒だったキム・ジョンヒョンと、後輩のイ・ヨンジが一緒のチームにいた。
チームは連続の殺人未遂事件を追っていた。
知ってるメンツでドジンもやりやすいのではないでしょうか

オクヒはまた店をしていた。
そこに返送された郵便がきた。相手はヒョンムだった。ヒョンムは先月末に仮釈放されていたのだ。
ヒョンムはオクヒの店の近くまで来ていたが、オクヒには声をかけずにどこかに行ってしまった。

ドジンとナムギルは事件を追っていた。
ドジンは別の男性を追いかけたが違う人だった。
その間に一緒にいたナムギルが刺されてしまう。
もう一度、ナムギルを刺そうとしていたが、そこにドジンが来てナムギルを助けた。

ジェイは新人賞を受賞した。

ドジンはナムギルが運ばれた病院へ行った。
自分もまたケガをしていた。
目を覚ますとベットの上にいた。
起き上がろうとした時によろけて隣のカーテンを開けてしまった。
目の前にはジェイが寝ていた。
ジェイは会場で意識を失って、同じ病院に運ばれていたのだ。
何があったのか?

ジェイは意識を戻し、ムウォンとマネージャーと一緒に帰って行った。
ドジンもまた退院した。
ドジンはチーム長に対して、捕まえた犯人は真犯人ではない。と言った。

ドジンは家に戻った。

ジェイが倒れたのは、会場の控室にプレゼントが置いてあった。
箱を開けると、血の付いたハンマーが置いてあった。
ジェイはベランダに出た。その様子をヒョンムが見ていた。
ジェイの住んでる所まで調べてるんですね

ヒョンムはジェイの事を憎んでいた。

ジェイはハンマーの事を警察署に届けた。
その事件を担当するのがドジンだった。
ドジンも箱の中身を確認し閉じた。

5話~6話の感想

本の販売中止はした方が思う。殺人の助長にはならないのでしょうか?
この本のせいで、ドジンがまた苦しんでいる。

ドジンがせっかく成績優秀で首席卒業で、大統領賞までもらったのに
被害者の家族たちがドジンに生卵を投げるなんて…
ドジンが悪いわけではないのに…
被害者の家族たちも分かっていそうなんですけど、
そんなすぐには分かってもらえないかもしれませんね…。

ジェイの所にはハンマーを送り付けたんだろうか。