これが人生!ケ・セラ・セラ-あらすじ-25話-26話-27話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-これが人生!ケ・セラ・セラ-あらすじ-25話-26話-27話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

これが人生!ケ・セラ・セラ

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
カン室長のミンホへの気持ちを知ったギョンホはジソンに相談しました。ジソンもカン室長の気持ちには気づいていました。ギョンホはカン室長を応援することにしたようです。
ミョンナンと喧嘩をしたヘギョン。妻の味方についたギョンホとジェホまでももめてしまいました。
それを知ったジョンチョルは家族を集めました。

【これが人生!ケ・セラ・セラ】ネタバレあり

25話

スクジャは泣いている。
絶交するなり、掴み合いでもなんでもしたらいいと言うスクジャ。
親として学もないし、誇れるところがないかた子供に大事にしてもらう資格がないと言う。

ヘギョンは私が悪かったと言う。
スクジャはヘギョンにことの始まりはお前だと言う。
しかしミョンナンも悪いと言うスクジャ。
亭主の性格を知っているのに告げ口をするからだと言う。
ミョンナンも謝る。

ギョンホはジェホにお前のせいだと言う。
兄貴に逆らうからだと言う。
スクジャはまだ喧嘩を続けるのかと怒鳴る。

ミンホはジェホ夫婦とギョンホ夫婦を集めた。
ジェホはギョンホに俺が悪かったと謝る。
ギョンホはさっさと謝ればよかったのに逆らうからだと言う。

ヘギョンは私が悪かったと言う。
ミョンナンは私の方が目上なのに恥ずかしいマネをしたと言う。
一番大人気ないのはギョンホでしょう

セジュンはナヨンと酒を飲む。
旅行の話で盛り上がる2人。
セジョンが帰ろうとするとナヨンは酔っ払ったと手を繋いできた。

家に帰ったセジュンは巻き込まれるなと自分に言い聞かせる。

朝早くカン室長がミンホの家にやってきた。
ミンホは朝からどうしたのかと聞く。
カン室長は毎週日曜日に家事をすることになったのを聞いていないかと言う。
ミンホはジソンはジョギングに行っていると言う。

ミンホはジソンに電話をして早く帰ってこいと言う。

ミンホの家にギョンホがやってきた。
ギョンホはカン室長がいるのを知っていたが、知らなかったように驚いたふりをする。
コーヒーを飲む3人。

ギョンホはカン室長に毎週来るのは疲れないかと聞く。
カン室長はそんなことはないと言う。
ギョンホはカン室長に家事も完璧だし、見合い話があれば早く結婚した方がいいと言う。
息子は母親の再婚には反対かと聞く。

カン室長は、息子が大学生になったころからいい人がいたら再婚しろと言い始めたと言う。
ギョンホはそれはよかったと言う。

カン室長が料理をするのを手伝うミンホ。
いい雰囲気ではないですか!

セヒが泣きながらヘギョンに電話をかけてきた。
こんな生活は耐えられないと泣き続けるセヒ。
ヒョヌの前では平気な顔をしているけれど辛いと言うセヒ。
ヘギョンはそんなに辛いならあんな男捨ててやれと言う。
ヘギョンも泣き出す。

カン室長と食事をするミンホ。
ミンホはカン室長の作った料理を褒める。
カン室長は調理師免許も持っていて店を持つのが夢だったが10年前に騙されてしまったと言う。
ミンホは事前に調べなければダメだと言う。
カン室長はほぼ全財産を失ったと言う。

勤めている方が楽だと言うカン室長。
店を持つと家事も心配だし、冷蔵庫のドアは閉めたかとか不安で眠れなくなると言う。

カン室長はミンホに喋りすぎかと聞く。
ミンホは笑いながらそんなことはないと言う。
お似合いですよ

セジュンはナヨンとデートする。
2人乗り自転車に乗り大喜びするナヨン。

これから飲みに行こうと言うナヨン。
飲みながらクイズを出し罰ゲームをする2人。
負けたセジュンに旅行に行こうと言うナヨン。

ユリはセヒョンが昔友人に彼女を奪われたことを知った。
彼女がいたのを聞き大泣きをするユリ。

26話

ユリはセヒョンを叩く。
ヘギョンは部屋に行って2人で解決をしろと怒鳴る。
泣きながら部屋に駆け上がるユリ。

ジェホはセヒョンにヨンジュの話をしていないのかと聞く。
セヒョンは言う必要はないと言う。
ギョンホはスッキョンの仕業だと言う。
スッキョンは知っていると思ったと言う。

ユリはセヒョンに交際経験はないと言ったではないかと言う。
なぜ嘘をついたのかと聞くユリ。
セヒョンは結婚していたわけではないから話す必要はないと思ったと言う。

ユリはどれくらい交際していたのかと聞く。
セヒョンは大学2年のときから5年だと言う。
それは長い!

ユリは私より長いと言う。
彼女とは寝たのかと聞くユリ。
黙っているセヒョンにそうなのかと言うユリ。

ユリは私は誰ともまともに付き合ったことがないのにあなたには5年も彼女がいたと言う。
私はその女のお古と結婚したのだと言う。
ユリはその女があなたの友人と浮気をしたのかと聞く。
その女がが許せないと言う。

ヘギョンはユリを呼ぶ。
ヘギョンはユリに結婚前の交際歴で大騒ぎをするのかと言う。
ユリは嘘をついていたからだと言う。
スクジャは昔付き合っていた子がセヒョンにひどいことをしたのだと言う。
セヒョンにとっては辛くて嫌な思い出なのだと言う。
だから自分から話すのが嫌だったのだろうと言う。

スクジャはお前に会う前のことだからいいだろうと言う。
ヘギョンはユリにお前は何度も見合いをしただろうと言う。
スクジャはそのことに触れても得することはないと言う。

ユリは彼女はこの家に来たことがあるのかと聞く。
スクジャは来ていないと言うがヘギョンは来たと答えてしまった。
(笑)

セジュンはナヨンにもうやめようと言う。
何をやめるのかと聞くナヨン。
セジュンは独り言だと言う。

テヒがセジュンとナヨンを見つけた。
ナヨンは漫画喫茶のことで相談に乗ってもらっていたと言う。
テヒはセジュンに漫画喫茶には反対だから関わりにならないでくれと言う。
親戚で色恋沙汰にならないように気をつけろと言う。
セジュンはわかりましたと言う。

ナヨンはテヒを連れて行く。
ナヨンはテヒに私が誘っているのだと言う。
テヒはあなたとセジュンではレベルが違うと言う。
ふさわしい人と付き合えと言う。

ナヨンはママと私は違うと言う。
一緒にするなと言うナヨン。

ナヨンはセジュンに電話をして謝る。
セジュンは気にしなくていいと言う。
ナヨンは私たち付き合わないかと聞く。
セジュンは電話を切る。
本当にしつこい!

ユリはセヒョンにどんな女だったかと聞く。
セヒョンは知的でいい女だったと言う。
ピアノが上手で本も読むし、礼儀正しくて完璧な女性だったと言う。

ユリはそれでも浮気心があったのかと言う。
今はどこにいるのかと聞く。
セヒョンはドイツで医師をやっていると言う。

ユリは他の女と寝た男とは暮らせないと言う。
今でもいい女だという男とはやっていけないと言う。
ユリは荷物をまとめ始めた。

昔のことは忘れた、今は君だけを愛していると言われても許せないのに完璧な女だなんてひどいと言う。
これはセヒョンが悪いです

セヒョンは約束通りこの家を出た瞬間終わりだと言う。
ユリは謝らないのかと聞く。
セヒョンは悪くないと言う。
君の相手は疲れたから出るなら早く行けと言う。

ジェホが仲裁に入り2人の喧嘩を収まった。

ヘギョンの友人が亡くなった。
通夜にはジェホと一緒に行き、その夜1人で泣くヘギョン。

ユリは夜中に台所で酒を飲み酔っぱらってしまった。
1人で愚痴をこぼすユリ。

セヒョンは隣にいるはずのユリがいないので慌てて起きる。
下からユリの声が聞こえるので急いで降りて行くセヒョン。
セヒョンはユリを2階に連れて行こうとするがユリは抵抗して大騒ぎをする。

その騒ぎを聞きつけてみんなが起きて来た。
スクジャはユリを自分の部屋に連れて行く。
ユリがジョンチョルを起こそうとするのでユリを叩くスクジャ。

ユリはスクジャに今私を叩いたかと聞く。
スクジャはセヒョンたちにこんなに酔っ払うまでほっとくなんて何をしていたのかと怒る。
ジェホたちは謝る。

ユリはスクジャたちの部屋で寝てしまった。
酒癖は本当に良くないですね

翌朝目覚めたユリは寝ていた部屋に気づき焦る。
ユリはヘギョンに謝るが何も答えないヘギョン。

スクジャはユリとセヒョンに説教をする。
子供が悪いことをしたら親が責任をもたなければならないから今頃ジェホたちは肩身の狭い思いをしていると言う。
ジョンチョルはユリに酒は飲んでも飲まれてはダメだと言う。

ギョンホはジェホにカン室長のことを話す。
ジェホはあり得ないと言う。
ギョンホはカン室長が兄さんを好きなら問題ないだろうと言う。
ジェホはそれならいいと言う。
しかし兄さんが早死にしたらどうするのかと聞く。
ギョンホは若い女性と結婚したらむしろ若返るかもしれないと言う。
ジェホは兄さんを一度入院させて健康診断を受けさせると言う。

セジュンのバイトが終わるのを待っていたナヨン。
2人は車で春川に向かう。

27話

春川に着いたセジュンとナヨン。
セジュンはナヨンに今後は着いてこないでくれと言う。
ナヨンは春川に行くと聞いて突然行きたくなったのだと言う。

ジソンはカン室長にお義父さんと3人で一緒に映画に行こうと言う。
カン室長は私に気を使わなくてもいいと言う。
ジソンは来てくれた方が嬉しいと言う。

お義父さんとは仲良くなったかと聞く。
カン室長は少しだけだと言う。

セヒが実家に帰って来た。
ヘギョンはヒョヌを許すなら寝室も一緒にしろと言う。
実家にも連れて来ていいと言うヘギョン。

セヒはユリはどうかと聞く。
ヘギョンは裏表のないところはいいと言う。
素直なふりをする嫁とは暮らせないと言う。
酒癖が悪く祖父母に絡んだと笑うヘギョン。

ユリの母親が帰国した。
しかし家に来いと言われたのはユリだけだった。
実家の前でユリはセヒョンに一緒に入ろうと言うが、セヒョンは入らないと言う。
お義母さんが折れるまでは取り入ることもしないと言うセヒョン。

セヒョンは1人で帰って行く。

泣きながら家に入って来たユリを見て母はあの家の生活がつらいのだろうと聞く。
ユリはセヒョンを呼ばないなんてひどいと言う。
母親はあなただけ呼んだから怒ったのかと聞く。
彼の前では本当の話が聞けないだろうと言う母親。

母親はどんな生活か正直に話せと言う。
ユリはとても幸せだと言う。
みんなに可愛がってもらっていると言うユリ。

挨拶や家事もきちんとやっていると言うユリ。
母親はできるはずがないと言う。
ユリは何も知らないと将来家政婦を雇った時に見下されると言う。

ユリは母にカードを使わせてくれとねだる。
無駄使いしたら怒られますよ

セジュンはナヨンに好きだと言う。
こんな気持ちなら付き合おうと言うものかもしれないと言う。
ナヨンは私から言っただろうと言う。

ナヨンは親戚でもいいから付き合おうと言う。
セジョンはそれは無責任だと言う。

ナヨンは私は悪い女だと言う。
セジョンは明日のことを考えないわけにはいかないと言う。
ナヨンは明日のことは明日考えればいいと言う。
セジュンはそれは軽率な過ちにつながると言う。
ナヨンはくそまじめ男だと言う。

セジュンは僕が2人でどこかに逃げようと言ったらどうするかと聞く。
黙っているナヨンに君も明日のことを考えているからだと言う。
ナヨンは逃げようと言う。
セジュンは頼むから僕をふり回さないでくれと言う。
女で身を滅ぼすというのは本当だとつぶやくセジュン。
この女は魔性です

もう電話もかけず会うのもやめようと言う。
今日で終わりにしようと言うセジュン。
セジュンはナヨンを抱きしめる。

ナヨンは本当にもう会えないのかと聞く。
セジュンは決別しようと言う。
ナヨンは会えば触れたいし、抱きしめたいと言う。
セジュンはだからダメだと言う。
セジュンは明日から会わない、メールも無視するし、バイト先に来ても追い返すと言う。

ユリの母が明日ユリたちの部屋を見るために家に来ることになった。

ジソンはカン室長を誘ってミンホと3人で映画を見に行く。
ミンホの助手席にカン室長を座らせるジソン。

映画の前に食事に行くがジソンは急ぎの仕事で帰らなければならなくなったと言う。
ミンホは早く仕事を終わらせて映画館に来いと言う。
ジソンはそうはいかないと言う。
気の利かせ方がうまい

店を出て行くジソン。

カン室長はミンホに食事だけして帰ろうかと聞く。
ミンホはこのまま帰るとジソンに怒られると言う。
カン室長は私が疲れたからと言えばいいと言う。
ジソンがいないと気詰まりだろうと聞くカン室長。
ミンホはそんなことは気にしないでいいいと言う。

食事の後にコーヒーを飲みに行く2人。
カン室長はミンホに再婚すべきだと言う。
亡くなった奥様も独りでいるのを望んでいないだろうと言う。

ミンホは天国で会ったら叱られそうだと言う。
幸せにできずに悪かったと思っているのに他の人と一緒に暮らしたら妻に顔向けができないと言う。
カン室長はずっとこのま生きて行くつもりかと聞く。
ミンホは妻に義理をかくようなことはしたくないと言う。
カン室長は失恋ですか?

映画を見ながら寝てしまったミンホ。
カン室長はミンホを起こし、退屈なら出ようと言う。
2人は映画館を出て行く。

カン室長はミンホにいつまでジソンと一緒に暮らすのかと聞く。
ミンホはジソンは再婚させなくてはならないと言う。

ナヨンはセジュンに別れると言われ落ち込む。
そんなナヨンにセジュンは逃げようと言う。
そして車をスタートさせる。

その時反対から車が来てぶつかってしまった。
相手の車はナヨンの母テヒだった。

25~27話感想

ナヨンは魔性の女です! セジュンは別れなければいけないと言っているのにつきまとっているようにしか見えません。以前は髪型も大人っぽかったのに年下のセジュンに合わせて幼い髪型や服装にしているようです。
女性に嫌われるタイプですね。反対に裏表のないユリには好感が持てます。
カン室長はミンホをこのまま諦めるのでしょうか。鈍感すぎるミンホにイライラです。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください