ごはんに願いを-64話-65話-66話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

結局、ダジョンはうわさを立ててしまいましたね。
ヨンシンとギョンスが男女の仲だといううわさ。

うわさを流すようスクジョンに命令されたものの、ダジョンはあまりのひどさに一旦は断ったのに。
魔物化しちゃってますね、ダジョン。

それにしても、うわさを立てたところでヨンシンが宮殿に戻ってくるはずないし、スクジョンの狙いはどこにあるのでしょう?
捨てた息子に財産を継がせたいと考えているようですが、ギョンスが従うはずないのに。

それに、ジョンフンも嫌な感じですね。
なかなか振り向いてくれないヨンシンとギョンスの仲がいいので、嫉妬しているのでしょう。
うわさの件で、ギョンスを責め立てます。

温かいギョンスはジョンフンに謝り、ヨンシンをすぐにでも独立させると言いますが…。
このまま、ヨンシンとギョンスは夫婦になればいいのに…。

では、第64話から紹介していきますね〜♪

【ごはんに願いを】(ネタバレあり)

64話

ヨンシンとギョンスの悪いうわさが街中に広がってしまいました。
うわさを流しているのは、ダジョン。
メールや電話で片っ端から連絡し、2人が男女の仲だと知らせているのです。

セジンは慌てて帰宅し、ダジョンを叱ります。
2人を陥れるなんて、なんて罰当たりなことをするのかと。

ダジョンは言います。
ヨンシンのことが大嫌い。
ヨンシンのせいで自分は惨めな状況になっている。
だから、ヨンシンを懲らしめたいと。
ダジョンはどうしてこうも変わり果てちゃったのかしら?
たしかにヨンシンのほうが美人で、料理の才能もあるから嫉妬するのもわかるけど。
だからと言って陥れるなんて。結局は、自分がつらくなるだけなのに!

暴走するダジョンを止められないセジン。
ダジョンのほおを叩きますが、セジンは子どもに手をあげる自分を情けなく思います。
自己嫌悪に陥ってしまうのです。

ヨンシンに災難が降りかかっていることを知ったジョングォン。
何とかしてあげたいとギョンスに会いに行き、詳しい事情を聞きます。

うわさを流したのは、自分の実の母親だと話すギョンス。
だから、自分はこの状況に甘んじるしかないのだと。
しかし、ヨンシンは別で、こんな状況から救ってあげたいと話します。
もうギョンスはスクジョンのことを言っちゃえばいいのに。
だって、ジョングォンもスクジョンにだまされているわけだし。
放っておけば、スクジョンはどんどん悪さをするはず!

釣りをしながら話をするジョングォンとヨンシン。
ジョングォンはヨンシンに、うわさのことで苦しんでいないかと心配して尋ねます。
自分は平気だと話すヨンシン。

ヨンシンは言います。
何よりギョンスは自分にとってすべてだ。
ギョンスがいないと自分は存在価値がない。
うわさのことでギョンスが苦しむなら、愛さなければいいだけだと。
やっぱり、ギョンスへの愛情に気づいたのね。

ジョングォンはヨンシンを救おうと、自分の家に来て世話をしてくれないかと相談します。体調がすぐれなくて、食事の面倒もあわせてみてくれる人が必要だ。
助けてくれないかと。

ヨンシンは結局、ジョングォンの世話係になる決心をします。
そしてある日、ジョングォンがヨンシンを迎えに来ます。
ヨンシンが街を離れてしまうのです。

離れていてもおたがいのことを思い合おうと話す、ヨンシンとギョンス。
離れ離れは寂しいけれど、これしか選択がありませんでした。
ヨンシンがいなくなり、寂しくなった家を見渡すギョンス。
自分の部屋に、ヨンシンの写真を飾るのです。
結局、離れちゃうのね…。

さて、ジョングォンの家で。
新しい世話係がやって来るということで、みんなでジョングォンの帰りを待っていました。
そこに現れたのが…。

65話

ジョングォンに連れられて家にやって来たのはヨンシンでした。
しばらく住み込みで、私の世話をしてくれることになったと、ジョングォンは話します。

ミンギョンやジョンウは驚いたものの、ヨンシンを歓迎します。
ヨンシンがスクジョンを追い詰める武器になるかもしれないと、ミンギョンは思ったのです。
もちろん、ジュニョンもヨンシンに優しく接します。

一方、ヨンシンと一緒に暮らすことを気に入らないのがスクジョン。
どうして事前に相談してくれなかったのかと、ジョングォンを責めます。
ヨンシンはスクジョンの秘密を知ってるから、スクジョンは気が気じゃないわね…。

翌朝、みんなのために朝食を用意するヨンシン。
ジョングォンはヨンシンが作ったスープを飲んで、感動。
とてもおいしそうに食べるのです。
うれしそうなヨンシン。
ヨンシンとジョングォンは仲よしね。
スクジョンにいじめられないかと心配だったけど、ミンギョンは優しいし、ジュニョンが助けてくれるだろうし、ひと安心ね。

しばらく経ち、ジョングォンの計らいで、1日だけ家に帰れることになったヨンシン。
ごはん屋に入っていくと、ギョンスが料理の下ごしらえをしていました。
突然、現れたヨンシンに驚くギョンス。

2人は再会し、とてもうれしそう。
毎朝、起きると、どうしておじさんがいないのか、おじさんに会いたいと思っていたと話すヨンシン。会いたくてたまらなかったと。
ギョンスも、ずっとヨンシンのことを考えていたと話します。
なんだか、すっかり離れて暮らす恋人同士って感じよね。
ヨンシンの心の中に、もうジョンフンはすっかりいなくなっちゃったのね。

ジョングォンの家に戻ったヨンシン。
部屋にいると、スクジョンが入ってきます。
いつまでこの家にいるつもりなのかと尋ねるスクジョン。

会長に言われるまではいるつもりだと、ヨンシンは話します。
そんなことを言っていないで、できるだけ早く出ていってほしいと詰め寄るスクジョン。
スクジョンは自分のことしか考えていないのね。

スクジョンはヨンシンの部屋で、額に入った写真を見つけました。
ヨンシンにだれなのかと尋ねます。
母親だと答えるヨンシン。
スクジョンは驚いた表情をし…。
なるほど、スクジョンがまっ先に気づくのね。ヨンシンがジョングォンの娘だと。
とすると、ジョングォンの財産はヨンシンのものになっちゃうのかと心配するはずね。

66話

ヨンシンの母親の写真を見て驚くスクジョン。
写真を片づけるよう、ヨンシンに言います。
故人の写真を飾っておくのは嫌だからと。
苦しい言い訳ね。ジョングォンが写真を見て、気づいてはまずいと思ったのね。

社長が私の部屋に入ってこなければいいと言い返すヨンシン。
しかし、スクジョンは自分の言うことを聞くように言います。
とにかく、写真を片づけなさい。

たまには素直に私の言うことを聞きなさい。
スクジョンはそう、威圧的に言うのです。
そして、早く部屋を見つけて、家を出るようにと再び言います。

翌日、宮殿の社長室で話をするスクジョンとソンチャン。
スクジョンは困った顔をして、ソンチャンに言います。
ヨンシンはジョングォンの実の娘だったと。

なぜ、そのことがわかったのかと尋ねるソンチャン。
しかし、スクジョンは理由を言いません。
そう言えば、スクジョンがヨンシンの母親の顔をなぜ知っているのも不思議ね。
昔、2人の間に何かあったのかしら?

場面変わって、釣りをするジョングォンとジョンウ、ギョンチョル。
ジョンウのギャンブル好きを直そうと、ジョングォンがジョンウを釣りに誘ったのでした。
退屈そうにするジョンウ。

一方、ジョングォンと一緒に街に来たヨンシンは、ギョンスのところに。
楽しそうに2人で料理をします。
これからは夜の11時になったら、おたがいのことを思うことにしようと提案するヨンシン。ギョンスは了承します。
すっかり恋人同士って感じよね!

その夜、ジョングォンやジョンウは、ごはん屋でみんなと一緒に食事をすることになりました。
楽天的で人あたりのいいジョンウは、みんなに好かれます。
楽しそうにみんなと話をするジョンウ。
そして、好物の納豆汁を食べて、あまりのおいしさに感動するのです。
ジョンウはすごくいい人だったのね。
ミンギョンと違って欲張りでもないし、無邪気な感じね。

そんな中、ダジョンはスクジョンに見放され、放心状態。
部屋にこもりっきりです。
そんなダジョンを心配するワンスやセジン。
暴走していたダジョンだけど、スクジョンにだまされていたことを知って、何もする気にならなくなっちゃったのね。

場面変わって、ジョングォンの家で。
本を読みながら、うれしそうにするジョングォン。
スクジョンはそんなジョングォンを見て、なぜ笑っているのか尋ねます。

ヨンシンのためにいろいろしてあげたいと思うとうれしくなると話すジョングォン。
娘がいるってこういうことだったのかと、ずっと笑顔です。
そんなジョングォンを見て、心配になるスクジョン。
スクジョンは、もしジョングォンが実の娘がヨンシンだとわかったらたいへんだと考えているのね。

夜、自分の部屋に戻ったヨンシン。
大事にしていた母親の写真がなくなっていたのです。

ヨンシンは慌ててリビングに行き、写真がないことをみんなの前で話します。
そして、スクジョンに聞きます。
母の写真をどこにやったのか?
昨日、写真を片づけるようにと何度も言っていたから、スクジョンが写真を知っているのではと話すのです。
スクジョンはきっとシラを切るわね。
写真のことが知られて、ジョングォンに怒られるのかしら?

64〜66話の感想

ダジョンが流したうわさのせいで、ヨンシンとギョンスが離れ離れになってしまいましたね。
ヨンシンはジョングォンのところで、住み込みで働くことになりました。

スクジョンやミンギョンがいて、ヨンシンは大丈夫かしら?と思っていましたが、ミンギョンが優しいのが意外でしたね。
何かとヨンシンを気遣ってくれます。

ジョンウも娘ができたみたいで、うれしそうです。
若い娘がいるだけで家中が明るくなったと無邪意に話します。

気に入らないのはスクジョンですね。
ヨンシンは自分の秘密を知っているから。

でも、ヨンシンはスクジョンに対して、悪い感情はまったくないみたいです。
大好きなギョンスを産んでくれた人だから。
ああ、でも、そんな優しいヨンシンをスクジョンがまた利用しないかと心配です。

そして、やっぱり、ヨンシンはジョングォンの娘でしたね。
それをスクジョンが知ってしまいました。

どうしてジョングォンの元恋人の顔をスクジョンが知っているのかが謎です。
もしかして、ヨンシンの母親、つまり、ジョングォンの元恋人の死にスクジョンが関わっているとか?
スクジョンは欲望のためなら、どんな悪事でもしそうだから、気になります。

さて、一緒に住めなくなったヨンシンとギョンス。
毎日、11時におたがいのことを思おうと、約束します。

スマホの時刻を見ながら、ヨンシンのことを思うギョンス。
そして、同じようにスマホの時刻を見ながら、ギョンスのことを思うヨンシン…。
切ない…!

次回が待ちきれません〜♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください