イサン-あらすじ-31話-32話-33話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-イサン-あらすじ-31話-32話-33話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

イサン

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ついに敵の黒幕が中殿だとサン達は知りました!
サンは中殿が黒幕だったことにも、王が中殿を庇ったことにもかなりのショックを受けていますね…(>_<) いつも優しくしてくれる国母が父を殺し、自分を殺そうとあの手この手で敵を動かしていたなんて信じたくないでしょうね(/_;) サンは行方不明になってしまいましたが、大丈夫なのでしょうか…(>_<)

【イサン】ネタバレあり

31話

東宮殿ではサンが行方不明になったことで大騒ぎです。
皆心配そうです(>_<)

王はソンヨンが描いた梅花図を見てソンヨンの腕前を褒めます。
茶母が画員になる前例がないことからソンヨンに話を聞く王。
ソンヨンはサンのお陰で自分が画員になるチャンスを得たことを王に話します。
王はサンに対してしてしまったことをただただ悔やみます。
苦しい立場です…

サンは馬を走らせていました。
東宮殿では馬を借りた知らせがあったことからサンは一人で気晴らしに出かけたことがわかりました。
護衛官達はサンを必死に探します!
老人の家にもサンがきていないか訪ねますが、いませんでした。
テスは心配そうです。

サンは父の残した言葉を思い出していました。
でもサンは怒りと苦しみでどうにかなってしましそうでした。
見ていられないですね…

帰ってきたサンは周りに自分を放っておいてほしいと頼みます。
テスはサンが帰ってきたことを知って、心配をさせたことに怒ります。
友達だもんね!

図画署ではソンヨンを大殿の使いが訪ねてきていました。
ソンヨンが側室になるのではないかと図画署では大騒ぎです。
昨夜の梅花図を王はとても気に入ったようで、その褒美として清の皇室で使われる端渓硯がソンヨンに与えられました。
なんだか貴重そう!

ファワンは中殿が中宮殿からで一生出ることができないことをフギョムに教えます。
中殿はもう終わりだと言い、フギョムにサンの代わりに王になることを進めます。
やっぱりね~!!!

老論派の会合が開かれました。
暗~い(>_<)
中殿不在かと思いきや、中殿が訪ねてきました。
でも中に入るのをファワンは拒否し、中殿は怒ります。
バチバチ~!!!
帰りに中殿はサンに会いましたが、二人は言葉を交わしませんでした。

サンは王に今後の会議を取り仕切るように言われました。
グギョンは敵を根絶するように言われます。
王様~!
でもサンは敵と戦う気がなくなってしまっていました。

グギョンは早速テス達三人を妓楼に呼び、仕事を任せます。
老論派の実体を暴き出すことにしました。
大変そう~…

サンは老論派の一掃と同時に差別をなくし、公平な人材登用の実現をしようと動き出すことにします。
また難しそうな((+_+))
そして十一月に清に派遣する冬至使を特別使節団にすることにして清との貿易の正常化を目指します。

キム尚官はソンヨンとサンのことを大げさに捉え、嬪宮に報告します。
調べるならちゃんと調べなよ…
そしてキム尚官は恵嬪にサンとソンヨンの仲を報告しに行きました。

サンはソクチュを呼び、爆発事件の関係者をグギョンが王命により調べていることを言います。
ソクチュの顏(笑)
フギョムにもこのことを報告し、フギョムは清の使節団に志願することにします。

32話

ソンヨンと嬪宮が恵嬪に呼ばれ、ソンヨンがサンとのことを聞かれます。
聞き方に悪意しかない”(-“”-)”
恵嬪はソンヨンに今後一切サンに近づかないように言います。
ソンヨン可哀想!
ソンヨンは図画署に戻り、涙を堪えます。

ソクチュはサンに機会を与えられていました。
老論派の解体です。
まあ~!大きく出たね!(笑)
ソクチュは悩みます。

サンはテスがサンの愚痴を言うのを盗み聞きしていました。
そして手合わせをします。
楽しそう!

冬至使に入る為にタロとイ・チョンは必死です。
グギョンを訪ね、冬至使に二人を快く入れてくれることになりました。
やっさし~い!

図画署でも冬至使に入れる画員と茶母を決めていました。
タク司勇とイ・チョン、チョビ、ソンヨンが清へ行くことになりました。
おなじみの顏♪

ソンヨンは恵嬪にまた呼ばれます。
使節団に加わり、清で画員を目指して修行をするように言われるソンヨン。
もう、メチャクチャです(*_*;
五~十年は清に身を置くことになります。
溜息しか出ない…
嬪宮はこの話を聞き、恵嬪に話をしに行こうとしますがソンヨンとサンが手を取り合っている所を見てしまいました。
タイミング悪い~!

ソンヨンはテスと叔父さんに清に修行に行くことを話します。
反対するテスにソンヨンは応援してほしいと言います。
本当は行きたくないのにね(/_;)
テスは怒ってヤケ酒をしに行きます。

サンはソンヨンのことが心配でしょうがありません。
嬪宮はサンを訪ねます。
でもなにも話せなかったようです。
苦しいよね…

ソンヨンは誰もいない図画署に行きます。
そこにサンが来て昼間の涙の理由を聞きます。
理由なんて言えないじゃんよー(>_<)
荷物を見てサンは何の荷物か聞きますが、清に行くことは言いませんでした。
そしてソンヨンとサンは街へ出かけます。
デートだ(^^)
サンはソンヨンにここでは名前で呼ぶように言います。
二人はこの時間を楽しみます。
途中でソンヨンとサンははぐれてしまいます。
その時にめのうの風簪をサンに買いますが店にいる時にひったくりにあい、ソンヨンは足をくじいてしまいました。
そして果たすことのできない約束をします。
切ない…

いよいよ清へ出発する日になり、テスは清まで会いに行くと言いました。
ソンヨンのことをすごく心配しています。

サンは王を訪ね、ソンヨンの描いた梅花図を見せられます。
そこでソンヨンが清へ向かったことを知ります。
サンは驚いていますね(>_<)
そしてテスを呼びます。
テスはサンにソンヨンが画員の修行をすることになり、十年は清から帰ってこられないことを言い、ソンヨンからの手紙を渡します。
サンは政務に身が入りません…
サンはソンヨンを追って馬で出かけ…

33話

サンはソンヨンを馬で追いかけますが、すでに船は出た後でした。
切ないですね…

サンは図画署でパク別提にソンヨンの話を聞き、ソンヨンを推薦したのはサンの祖父だと知ります。
サンは恵嬪に話を聞きに行こうとすると、恵嬪の方からサンに話をしに来ました。
恵嬪は嬪宮を一緒に温陽へ温泉療養に連れていくことを提案します。
ソンヨンの話じゃない~…
サンはソンヨンのことを聞き、恵嬪は自分が推薦したことを話します。
あくまでもソンヨンの為に推薦したように話す恵嬪。
嘘もいいとこ!
ソンヨンが清に喜んで行ったと聞いてもサンは納得がいかない様子です。

使節団は船を降りた後、寒空の下歩いて移動をしました。
ソンヨンは皆が眠る中、寝ることができずにサンのことを思い出していました。
心細いでしょうね…

グギョンは調べによって朝鮮の中枢にいる者の多くが老論派の一味だったことを知りました。
温陽への行啓へ行くことによってサンが宮殿をあけることに不安を感じるチェ・ジェゴンとナム尚洗。
グギョンはサンの存在の大きさを知らすためのいい機会だと言います。
六曹、承政院の一部主要部署の重臣を随行させれば権威を示せると言います。
なるほど!

ソンヨンがフギョムに呼び出されます。
フギョムも清に留学したことがある為、困ったことがあれば自分を訪ねるように言います。
怪しいなあ”(-“”-)”

王は温陽への行啓でサンにひと月でも二月でも休むように言います。
サンに王座を譲る前に朝廷を完全に掌握してサンを助けると約束しました。
そして厄介な重臣達を手なずける答えを行啓の間に見つけるように言われます。
サンは王に頼んで六曹の判書達を随行させることにします。
重臣達は不安そうです( ^)o(^ )

ソンヨンは通訳の者に絵を学ぶ為案内されますが、手違いがあり宿に返されます。
女が画員の教育を受けることがめったになく入学を拒まれたのでした。
えーーーー((+_+))

王はうたた寝をしていましたが、寝起きの気分が悪そうです。
王は中殿が持ってきたお茶が飲みたいと言いますが、内官はどのお茶のことなのかわかりません。
この時から王の様子がおかしくなっていきます(>_<)

王が中殿を訪ねます。
微笑んでる~!
中殿は戸惑っています。
王は中殿と話をしにきたようです。
王はキム・ギジュを最近見ないことから旅に出たのかと問います。
流刑にしたのアナタですよ!( ゚Д゚)

行啓先で政務報告が始まります。
そこで地方官のわいろに関して報告がありました。
地方官が民を搾取して得た金を、重臣にわいろとして渡していたことがわかりました。
このことに重臣達に意見を求めるサン。
(笑)
答えられない重臣達にサンは攻めの姿勢を崩しません。
行け行け~♪

テスは行啓について行き、酒を飲みまくっていました。
そこで税金泥棒と二人の青年に喧嘩を吹っ掛けられ、コテンパンにやられます。
ソ・ジャンボがかたき討ちをしに行きますが手強く、歯が立ちません。

サンは次の日の朝、サンはテス達を見てびっくりします。
テス強いらしいよ!
サンとグギョンはテスを負かせた者が気になり、呼び出します。

31~33話の感想

中殿に命を狙われていたことも王が敵を庇ったこともサンにはかなりのダメージでしたね…
サンが可哀想でした(/_;)
そしてソンヨンが清に画員の修行に行きましたね((+_+))
これは本当にひどい。
サンの為を思って文句を言わずに恵嬪に従うソンヨンがまた切ないですね(/_;)
そしてまた大きな変化が!
王様は忘れっぽくなったのかしら…
中殿を訪ねて次の日は怒って…不思議ですよね((+_+))

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください