イサン-あらすじ-58話-59話-60話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-イサン-あらすじ-58話-59話-60話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

イサン

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
いよいよ元嬪の想像妊娠が中殿にバレましたね!
グギョンはサンにバレるのはなんとしてでも避けたくて大殿に行きますが、手を打ちに行った先には中殿がいてグギョンは動揺を隠せません( ゚Д゚)
一体どうなってしまうのでしょうか(>_<)

【イサン】ネタバレあり

58話

中殿はサンにグギョンのことを訪ねていた所でした。
中殿は気を利かせて先に帰ります。
いつになく冷めた目線の中殿…(>_<)

グギョンはサンに中殿に何を聞かれていたかを聞きます。
中殿にサンはグギョンをどれほど信じているかを聞かれ、グギョンの心は自分の心も同じと答えていました。
グギョンは一族の為とはいえ、大罪を犯しましたね…

ソンヨンは帰り道にテスに会います。
後ろに物影がありました…
ソンヨンは中殿との話をテスに話します。
信じたくないし信じられないよね…

グギョンは中殿に会いに行きました。
中殿はグギョンと元嬪に怒っていますが、サンの為に自分はサンに何も言いませんでした。
グギョンは中殿に元嬪のことは許してほしいと頼みますが、中殿は元嬪には王室の女性の資格はもうないと言います。
そして自分から罪をサンに言い、罪を償うように促します。
罪を償うんだ!

グギョンは御医と一緒に義禁府に行こうとしていましたが、御医は自ら舌を噛んで死んでしまいました。
あーあ…

元嬪は恵嬪宮の部屋の前で席藁待罪をしようとしていました。
座り込みで許しを請うんですって!
元嬪は恵嬪宮に死産の原因は中殿からの薬ではなく、他の薬のせいだったと言いました。
恵嬪宮、パニック!
益母草を飲み続けていたと聞いて恵嬪宮は更に気が動転します。
外で座り込みを続ける元嬪。
グギョンは関係なかったと白をきらせようとします。
もう遅い気が…

重臣達はサンにグギョンを尋問して元嬪を廃位させるべきだと訴えました。
そこにソクチュが元嬪は階位を下げて謹慎で十分だと異を唱え、皆驚きます。
びっくり~(笑)

サンはグギョンに問い詰めます。
元嬪のことをグギョンは知っていたと言いました。
元嬪を庇う為にサンに嘘をついたと認めます。
複雑ですな…

恵嬪宮は中殿に会わせる顏がないと言い、謝ります。
気まずそうです。
元嬪は中殿に慈悲を請いました。
中殿は慈悲を請うなら真実を言うように言います。
まだ嘘ついているもんねー…
グギョンの罪まで被るのなら、元嬪は廃位されると中殿は言って去ります。
自業自得なのに…

中殿はソンヨンを呼んでお礼を言います。
キム尚官はソンヨンに対する態度が優しくなりました。
恩人だからね!

雨の中元嬪は座り込みを続けていました。
サンが来て元嬪を部屋に連れていかせます。
優しいですな!
中殿はサンに呼ばれます。
そこにはグギョンもいました。
サンは元嬪とグギョンを許すと言い、中殿にも自分に免じて二人を許してほしいと言います。
複雑…

元嬪は高熱を出して寝込んでしまいました。
何日座り込んだんだろう…

サンはお忍びで外に出て民の暮らしを見に行こうとします。
グギョンはミン・ジュシクが逃走したこともあり、日を改めるように言いますがサンは気を付けると言って止めようとはしませんでした。
王は大変だなあ…

グギョンはサンを心配して視察の順番や道を決めて護衛を配置しました。
命の危険から守る為です。

ソンヨンは夜道で家に帰る途中、酔っ払いに絡まれます。
そこに見知らぬ男が現れ、ソンヨンを助けます。
良い人(^^)/

視察に行く為にサンは出発しようとしましたが、テス達にグギョンの計らいを聞いてサンは怒って予定とは違う場所に行ってしまいます。
酒屋で白塔派の人達と楽しそうに話をしています(^^)/
サンは彼らについて調べるようにナム尚洗に言いました。
重臣殺しで処刑された奴隷の母をテスが訪ねて影から話を聞くサン。
不当な取り立てなどもなく、平和に暮らしているようで安心します。

夜道でサンを狙い、何者かが発砲しました。
テスは追いますが、刺客は逃げてしまいました。
サンが無事で良かった!

グギョンはサンに呼ばれ、自分を意図通りに動かそうとするなと言われました。
サンの為だったのにね…

そんな中、元嬪が意識不明となってしまい…

59話

サンは元嬪の様態を確認に行こうとしますが、急ぎの仕事がありすぐには行けませんでした。
逆賊の疑いをかけられた老論派の重臣達は次々に連行されます。
そしてグギョンはテスに捕らえた重臣の家を徹底的に捜索するように言いました。
確かに怪しいけれども…

元嬪が意識不明となったことを聞き、グギョンは慌てます。
サンが来てグギョンにすぐに元嬪の部屋に行くように言いますが、グギョンも会議に出てから行くと言いました。
うーん…

中殿は元嬪の見舞いに行こうとしますが、恵嬪宮が止めます。
行かないことが中殿の務めですって!

刺客の使った銃の一部を見つけたグギョンは、通訳官が清から密輸入したものではないかと睨みます。
証拠を掴まないと!

本屋にいたソンヨンは、昨夜自分を助けてくれた男の人を見つけます。
ソンヨンを見ていました。
男の人はソンヨンに画集を渡します。
この人、実はソンヨンの弟のソンウクでした!

重臣の家からは事件に使われた銃は出てきませんでした。
グギョンは大妃に呼ばれてソクチュと一緒に大妃を訪ねます。
大妃が事件のことを調べ、グギョンに情報を渡します。
都で王政を否定する者達が徒党を組んでいるらしい!

元嬪の様態がかなり悪く、グギョンは元嬪の部屋に行きます。
そして元嬪は息を引き取りました。
グギョンは自分を責めて、悲しみに明け暮れます…

元嬪の葬儀が終わりました。
サンはグギョンを心配して、休暇を取るように命令します。
優しさですな(>_<)

グギョンは元嬪が無念の死を遂げたと思っています。
中殿が淑昌宮の前を通ると、部屋の荷物が運び出されていました。
そしてグギョンが来て、中殿に嫌味を言います。
元嬪の肩を持ちすぎですよ…
キム尚官はサンに言うべきだと言いますが、中殿はグギョンの悲しみを酌もうとします。
優しすぎる…(/_;)

グギョンは中殿への恨みが増して酒を飲み続けます。
話し合いなんてろくにできない時代ですね…

サンは執務室にこもりっぱなしで朝になっていました。
ジャンボが職務に復帰しました。
サンは奎章閣の検書官達に弓矢を習わせます。
心身を鍛えるんですって!

サンはテスにグギョンの近況を調べさせます。
飲んでばかりですって…
そんな中、グギョンは宿衛所に戻ります。
宿衛所軍官と禁軍を招集して、逆賊が会合を行う場に向かいます。
決めつけていいのかな…

ソンウク(ソンヨンの弟)は会合に向かう途中で兵が会合の方向へ向かうのを見て、仲間に知らせます。
兵が来てどんどん捕らえられます。
ソンウクは逃げる途中で弓矢を打たれ、怪我をしました。
痛そう…
ソンヨンは帰宅途中に怪我をしたソンウクを見つけます。

60話

ソンウクは自分に構わないでほしいと言いましたが、ソンヨンは女将に助けを求めて医者を呼びました。
縁ですね(^^)

サンは捕らえた一味が抵抗せずに捕まったこと宿衛官から聞いて気になっていました。
でもグギョンは銃と武器が発見されたことをサンに伝えます。
難しいですね…

グギョンは宿衛官を叱り、罷免します。
テスとソッキは納得がいかず、グギョンに反発しました。
なんだかグギョンは変わってしまいました…

ジャンボはグギョンに別室に呼ばれて金を渡されます。
賄賂にもとれるような…
秘密に動かないといけない重要な仕事を任されます。
良いように使われないといいけど…

ソンウクを診た医者は捕盗庁に届けを出そうとしますが、ソンヨンは嘘をついて医者を帰して自宅で看病します。
優しい(>_<)

恵嬪宮は中殿に次の側室を選ぶ話をしました。
中殿は驚きますが、恵嬪宮は世継の誕生を急ぎたいようです。
またグギョンは気に入らないだろうな…

グギョンは大妃にお礼を言いに行きます。
前よりも親しくなっています…

グギョンはサンに頼み事をします。
元嬪が王子の誕生を心から望んでいたことから、ウノン君の息子のタムを元嬪の養子にしたいと言いました。
新たな陰謀の匂いがします…

大妃はグギョンを老論派に引きずり込もうとしていました。
グギョンが大きな力を持つことは避けられず、利用する方がいいと考えたからです。
大丈夫かな…(>_<)

パク・チェガが清の使節団の書状官に任命されます。
サンは西洋や清の必要な物や技術を幅広く取り入れたいと考えていました。
使節団に選ばれた一人がサンに西洋の宗教を研究する者を弾圧しながら西洋から学べというのはなぜかと問いました。
サンは質問の意味がよくわからないようです…
サンはグギョンが捕らえた者が天主教徒だと知ります。

サンはテスとソッキにグギョンを調べてほしいと頼みます。
捕らえた天主教徒は銃があるのに使わなかったことや無抵抗で捕まったことがサンは引っかかっているようです。

ジャンボは酒屋でグギョンの悪口を言った男を連行します。
やりすぎじゃないかな…

ソンウクが目を覚まし、出ていこうとします。
ソンヨンは禁軍が検問しているから町に出ない方がいいと言って止めました。
そしてソンウクから家族の話を聞きます。
ソンヨンが姉とは言いませんでした(>_<)
仲間が自分を待っているからと出ていこうとしますが、ソンヨンは代わりに行くことにします。
パク・ウォネに会い、ソンウクが怪我をして動けないことを伝えました。
そしてソンウクが自分の弟だと知らされます。
ソンヨンは急いで家に戻ります。
ソンヨン泣いています(/_;)

ソンヨンが家の前に着きます。
そこにグギョンが兵を連れてきました。
うわわわ(*_*;)

サンは天主教徒が自分の財産をはたいて民に食べ物を与えているのを知ります。
すごいですよね!

そしてサンはソンヨンが義禁府に捕らえられたことを知り…。

58~60話の感想

グギョンは元嬪が亡くなってからどんどん壊れていきますね…。
中殿を見る目はなんとも恐ろしいです(>_<) 恵嬪宮に言われてしなかったことを中殿は責められても言い訳することなく言葉を受けて、とても心が痛みました(/_;) そしてソンウクが出てきましたね! ソンヨンとソンウクは再会することはできるのでしょうか(>_<)