イサン-あらすじ-61話-62話-63話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-イサン-あらすじ-61話-62話-63話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

イサン

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
グギョンは妹を亡くしてなんだか変わってしまいました…。
でもサンはグギョンを信じていますね(>_<) グギョンの中殿を憎む気持ちがどんどん強くなっていって心配です((+_+)) ソンヨンは死んだと思っていた弟に会えたのにまた会えなくなってしまって可哀想でしたね((+_+)) 無実が証明されることを祈ります(/_;)

【イサン】ネタバレあり

61話

グギョンはソンヨンから話を聞きますが、ソンヨンは弟を庇って何も話そうとせず自分を処罰してほしいと言いました。
ソンヨンはテスにだけソンウクが弟だということを話し、助けてほしいとお願いしました。
複雑ですな(>_<)

禁軍がソンウクを探しに来る前に、テスはソンウクと逃げます。
間に合った~!

サンはソンヨンのことをグギョンに聞きます。
驚きを隠せませんね(>_<)

テスはソンウクがソンヨンの弟であることを確かめ、服を交換してソンウクを遠くに逃がそうとしました。
怪我がひどそうだけど大丈夫かな…
そしてテスは捕まりました。

グギョンはテスに怒ります。
そしてソンウクがソンヨンの弟だとグギョン達は知ります。
グギョン複雑そう…

サンはソンヨンに会いに行き、話を聞こうとしますがソンヨンは何も話そうとしません。
そしてソンヨンは牢に入れられました。
こんな日がくるなんて…

図画署ではソンヨンが逆賊をかくまったことを聞いて皆大騒ぎです。
ソンヨンがそんなことをするはずがないと皆で上奏を出そうとします。
信頼されていますね(^^)/

サンがグギョンを呼びました。
そしてサンは天主教徒の罪人の証拠の銃は清から入ってきたものであり、値段も高く身分の低い彼らが買えるわけがないと言い、サンは彼らの無実をグギョンに証明しました。
サンはグギョンに銃の出所を調べるように言います。
さすがサン!(>_<)

グギョンは義禁府からテスを宿衛所へ連れていき、ソンヨンを助けると言います。
いつものグギョンの顏だ!

テス達はサンから銃の出所を探すように言われていて、最近密輸入が増えていることを掴みます。
人参を売るのと引き換えに銃だって!( ゚Д゚)
ひと月前に清行きの船が江華付近で襲われていたことから、グギョンは盗まれた品の中に銃があったか、海賊と取引をした者がいないかを調べさせます。

大妃はグギョン達が銃の出所を探していることを聞き、驚きます。
大妃の仕業かと思っていました(笑)
大妃は他にも心当たりがあるようです。

テスとジャンボは銃の裏取引をしようとしますが、感づかれてしまい銃で撃たれそうになります。
グギョンとソッキが助けに来て、グギョン達は通訳官を捕らえに行きます。
でも自害してしまい、サンの命を狙う者が誰なのかを聞くことはできませんでした。
あと一歩の所で…(>_<)
サンは天主教徒達を釈放させます。

ソンヨンは家でソンウクと涙の再会をしました。
ソンウクは父親似のようです!
ソンウクはソンヨンに迷惑をかけたくなかった為、自分がソンヨンの弟だと言えなかったのでした。

サンはウノン君の長男を元嬪の養子にすることにしました。
ええええ!!!

老論派の重臣は天主教徒の釈放が気に入らないようです。
宗教の自由がないんですね(>_<)
サンは天主教徒が貧しい者達に財産をはたいて食事を与えている現場を重臣達に見せました。
重臣達は黙りました(^^)/

グギョンは中殿が新たな側室選びを始めたことを知って、驚きを隠せません。
グギョン怒っているね!
グギョンが中殿を訪ねます。
中殿はグギョンがウノン君の長男を養子にすることに反対でウノン君にも話をしたところでした。
そして失礼な態度が直らないグギョンについに中殿は怒ります。
グギョンと中殿はどんどん対立していきます…。

ソンヨンは仕事を休んでソンウクと華川に行くことにしました。
気を付けてね(^^)/

テスはサンと酒を飲みます。
そしてテスはサンにソンヨンを側室にしてほしいと頼みます。
サン、びっくり!
そして前回ソンヨンが側室にならなかったのは、恵嬪宮の言う通りにしたからだとサンは知りソンヨンを迎えに行きます。
おおー(^^)/

62話

サンはソンヨンに迎えに来たと言いました。
そしてサンは一人の男としてソンヨンを説得して宮殿に連れて行こうとします。
サン一人では宮殿に戻らないんですって(^^)/

ナム尚膳はソンウクにサンがソンヨンを迎えに来たことを教えます。
びっくりだろうね!

恵嬪宮は礼曹参議を呼び、側室選びの公示がされていないのはなぜか聞きます。
礼曹参議は中止されたと聞いていました。
恵嬪宮は驚きます(>_<)

恵嬪宮は大殿に行き、サンがいないことを知ります。
中殿はサンがいない理由を恵嬪宮に説明します。

ソンヨンはサンと一緒に宮殿へ行くか悩んでいました。
ソンウクはソンヨンにサンと都に戻るように勧めます。
ソンヨンとサンの仲を聞いたようですね!

サンはソンヨンが来るのをずっと待っています。
辺りは真っ暗です…

ソンヨンは悩んだ末にサンが待つ木の下へ急ぎました。
でもそこにサンの姿はなく、ソンヨンは慌てて探します。
サンが木の影から出てきてソンヨンが腕を怪我していることに驚きます。
そしてソンヨンはサンの傍にいることを約束し、サンはソンヨンを抱きしめます。
やっと二人が結ばれましたね(^^)/
サンはソンヨンを寝床に迎えることにします。
何か考えがあるようです…
そしてソンヨンが準備を終えてサンの寝床に来ました。
でもサンは読書堂に行き、ソンヨンに手を出しませんでした。
いい男だ!

次の日、サンは恵嬪宮に話をしに行きます。
恵嬪宮は卑しい身分のソンヨンは王室に災いをもたらすと言い、決して認めようとはしませんでした。
頑固だー((+_+))

恵嬪宮は中殿に怒りましたが、ソンヨンのことは好きにすればいいと言いました。
でも側室と認めはしないようで、他に側室をもう一人迎えることにします。
複雑ですね…

グギョンはナム尚膳とジェゴンにソンヨンを側室に迎えることは反対しないけれど、世継ぎが産まれた時に王権を固めることができずに逆効果になる恐れがあると指摘します。
はっきりしていますね~(>_<)

グギョンはウノン君の屋敷へ行き、元嬪の養子の話を進めます。
称号もワンプン君と決めて、ワンプン君は王世子になり自分が王の跡継ぎにすると言いました。
強引です…

サンは次の改革に取りかかろうとします。
専売商人でなくても商売ができるようにするようです。
頑張って~!

大妃は国の安泰の為に急いでワンプン君を王世子に据えるようにグギョンに進めます。
言葉巧みですね~((+_+))

ソンヨンは中殿の部屋に行きます。
中殿はソンヨンが着る大礼服を選んでいました。
そしてソンヨンに沢山の装飾品をプレゼントします。
ソンヨンと中殿は相性がとても良い感じです(^^)/

図画署で荷造りをしながら考え込むソンヨン。
色んな思いがあるのでしょう(*^-^*)
タク画史はソンヨンが側室になることが寂しいようです。

図画署の茶母達はソンヨンが側室になる為、夜酒屋の部屋で集まっていました。
ソンヨンが外に出た時にテスが置いていった手紙と贈り物を見つけ、必死にテスを探します。
テスの気持ちが詰まっていました(>_<)

いよいよソンヨンが側室になる日が来ました。
二人ともとっても幸せそうです(^^)/
恵嬪宮は式に出ず、ソンヨンのことをまだ認めていないようです。

夜、ソンヨンの部屋に来たサンは一生傍にいてほしいとソンヨンに頼みました。
ソンヨンは生涯サンの傍にいることを約束します。
幸せそう~(*´ω`*)

63話

サンは恵嬪宮がソンヨンを認めないことが気になっています。
ソンヨンはサンが心配しないように挨拶を受け入れてもらえるようになったと嘘をつきますが、恵嬪宮はソンヨンの挨拶をずっと拒んでいました。
それでもソンヨンは毎日挨拶をしに恵嬪宮の部屋を訪れます。
ハートが強いね!
恵嬪宮の部屋に挨拶に行き、恵嬪宮が出かけていた為部屋の前で待っても良いかを恵嬪宮お付きの尚宮に聞きますが断られます。
嫌な感じです…”(-“”-)”
恵嬪宮が帰ってきてソンヨンが挨拶をしようとしますが恵嬪宮は拒み、嫁とも思っていないと言い放ちます。
ひどいです…

サンは専売商人が違法商人の店を荒らしている所を目撃します。
テス達が止めに入ってゴロツキを打ちのめします。
かっこいい!
違法商人はサンに会ってびっくりします。
サンは今度こそ約束を果たすと言います。
専売商人は黙っていられずに、反発します。
大丈夫かな…

物価が上がった為、サンは宮殿の備蓄物資を新規商店に配給させます。
その様子を見に行ったサン。
怪しい気配を感じたテスとソッキは後を追いますが、見失います。
サンは常に命の危険がありますね…

恵嬪宮は新たな側室選びを始めました。
中殿は恵嬪宮にソンヨンを認めてほしいとお願いしますが、恵嬪宮は突き放します。
冷たいなー(._.)

ソンヨンは恵嬪宮の誕生日に使う糸を自ら染めていました。
そして今も恵嬪宮に挨拶を拒まれていることを聞いた中殿はソンヨンを気遣います。
ソンヨンは自分の力で解決しなければいけないと思って黙っていたようです。
出来た人間です(>_<)

中殿はキム尚宮にソンヨンに付く尚宮を探させます。
その噂を聞いたチョビは一芝居して出世しようとします。
嘘もいいとこー( ゚Д゚)

サンはグギョンに商売の自由化に同意して取引を再開すれば国役と貢納を免除すことを商人に伝えるように言います。
それでも取引の再会を拒めば組合の長を捕らえるように言いました。
何がなんでも!ですね…

恵嬪宮は自分の誕生日を祝う宴に参加しないと言い出しました。
中殿が説得し世間体の為に恵嬪宮は参加することにします。
でも行く途中でソンヨンに会って機嫌が悪くなり、ソンヨンが出席するのであれば自分は部屋に戻ると言い出します。
頑固だなー”(-“”-)”
一部始終を見ていたサンが説得しようとしますが、ソンヨンは恵嬪宮に謝り自分が部屋に戻ると言いました。
なんて切ないんだ…

宴の最中サンはソンヨンのことが気になっているようでした。
大妃の姿もある!
テスはソンヨンのことが気になり、宴を抜けてソンヨンに会いに行きます。
敬語を使うテスにソンヨンは寂しくなります。
こんな時ぐらい気持ちを汲んであげてよー(/_;)

サンは夜、ソンヨンに会いに行きます。
ソンヨンは久しぶりに絵を描いていました。
サンは宴のことを謝ろうとしますが、ソンヨンは何とも思っていないから忘れてほしいと言いました。
ソンヨンは本当に人がいいです(/_;)

サンは恵嬪宮に会いに行き、新な側室を迎える話に従うからソンヨンのことを認めてほしいと言いかけましたが、どこまでも恵嬪宮は拒みます。
やっぱり無理なのかな…(._.)

大妃はグギョンからの連絡を待っていました。
グギョンを上手く利用しようとうずうずしているようです。
グギョンはワンプン君の様子を見に行きます。
教育中で出来が良い姿を見て感心します。
また険しい顏で考え事もしています…

専売商人達はサンの改革を受け入れられず、策を練ります。
頑固だなあ…
そして専売商人の店が営業を再開しました。
市場の責任者であるキム・スンファがサンを訪ねます。
キム・スンファはサンに市場を巡察して専売商人に会って意見を聞いてほしいと言いました。
グギョンは危険だと行くのを止めますが、サンは専売商人の望む日に巡察を行うことにします。
何もなければいいけれど…

大妃に礼の計画を進めてほしいと伝えます。
何を企んでいるの(>_<)

テウの家にグギョンが兵を連れてきます。
家宅捜索が始まり、テウは怒ります。
そしてテウは捕らえられ、ミン・ジュシクからの書状が見つかってしまい…。

61~63話の感想

天主教徒の無罪が証明されて、ソンヨンが釈放されて良かったですね(/_;)
一時はどうなることかと思いました…。
そしてグギョンは王世子になることができる素材を手に入れてしまいましたね…。
野心丸出しで恐いです(>_<) いつもの明るい表情がどんどん少なくなっていくグギョン。 今なら引き返せるよー!と心の中で必死に思ってもなかなか伝わらないもので…って当たり前ですね(笑) グギョンはワンプン君を王世子にすることはできるのか、テウは無事なのか、色々気になって仕方がないです!!!