イサン-あらすじ-67話-68話-69話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-イサン-あらすじ-67話-68話-69話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

イサン

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
いよいよグギョンの罪が明るみに出てしまいましたね(>_<) サンは深い悲しみに襲われ、耐えきれなくてグギョンに弁明させようとしますが事実は変えることはできません…。 中殿もソンヨンもそんなサンが心配そうです。 グギョンの処分はどうなってしまうのでしょうか(+_+)

【イサン】ネタバレあり

67話

テウは処分の結果を見て驚き、サンに抗議しようとします。
サンは自らグギョンの処分を発表しました。
流刑でした!

グギョンが死刑を免れて重臣や宿衛官はびっくりします。
重臣達はサンに抗議します。
必死です(>_<)
サンは計画を実行直前に止めたことを考慮しての処分でした。

サンはグギョンの処分を下す前にテスからグギョンが計画の中止を命じたことを聞いていました。
そして中殿にグギョンの命だけは助けたいと相談したようです。
中殿は快く承諾したのでしょうか…

サンはグギョンが事実を言わなかったのはなぜか聞きます。
グギョンは何を言おうとサンを欺いたことも中殿の命を狙ったことも変わらない為、計画を中止したことをサンに言いませんでした。
サンは一生許せないだろうと言いました。
そりゃあそうだよね(+_+)

サンは大妃の部屋の前に行きました。
サンは大妃に怒りをぶつけます。
そして自分の力になりたいのなら門の前でグギョンの死刑を望む重臣達を黙らせるように言いました。
そうだそうだ!
サンは最期の警告として先代の王の遺言を預かっていることをちらつかせます。
どんな内容なのか…

グギョンがまもなく移送されます。
ジャンボはずっといじけています。
ソッキはそんなジャンボを説得しますが、ジャンボはどこかに行ってしまいました。
テスとソッキは兵を連れてグギョンの警備をします。
グギョン嬉しそう!

タロと女将はグギョンの移送を見に行きますが、以前グギョンと知り合いだと豪語したことから女将たちは大丈夫なのかと聞かれます。
(笑)
グギョンに向かって石を投げる人達をジャンボが泣きながら止めます。
苦しいですよね…

サンは一カ月の間新たな側室である和嬪を訪ねておらず、恵嬪宮はサンに和嬪を訪ねるように言いに来ました。
どんな人なんだろう?

チョビはソンヨンに頼まれて借りた本を、和嬪付きの尚宮に譲るように言われます。
ソンヨンは正五品で和嬪は正一品だそうです…
ソンヨンはチョビのことを謝りました。
そして和嬪はソンヨンに取り合いになった書物の前に読むべき書物を教えます。
そこに恵嬪宮が来て和嬪と楽しそうに話をします。
差別がひどい”(-“”-)”

グギョンが宮殿からいなくなってから宿衛大将の席が空いたままで禁軍別将が代行して仕事をしていましたが、ジェゴンはそろそろ後任を決めてはどうかとサンに提案します。
サンは気が乗らなさそう…

夜、サンはソンヨンの部屋に行きます。
あれ、和嬪は?
サンは宿衛大将の後任をジェゴンに催促されたけど気が乗らないようでソンヨンに心の内を話します。
ソンヨンは、罪は許すことができなくてもグギョンを許すことはできるとサンに言葉をかけました。
ありがたいですね(>_<)

テスはグギョンに会いにきました。
グギョン嬉しそう!
グギョンは食事を御馳走しますが、そのおかずを見てテスは泣きそうになります。
グギョンは随分やつれていて、テスは心配します。
テスが帰る時に泣きそうになりながらグギョンはお礼を言い、もう二度と来てはいけないと言いました。
罪を犯す前にこんなグギョンでいてほしかった…

テスはグギョンから預かったものをサンに渡します。
そこにはサンに宛てた手紙と共に軍営の改革案が入っていました。

宿衛所がなくなると聞いてジャンボ達は大騒ぎです。
テスから新たな特別軍営が作られることを聞き、ジャンボは機嫌を直します。
良かったね(*^-^*)

サンは高利貸しが高額な利子をつけて返せない者を清に売っていると聞き驚きます。
残酷です…
サンはテス達を連れて街に出ます。
そこである男に出会います。
塀の上にいました(笑)

サンは成均館の儒生が匿名で出した答案を見て感心します。
人身売買の根絶を訴えている答案を信じてサン達は建徳洞に行きました。
そして三人に倉庫を調べるように言ってサンは見張りをすることにします。
サン、ワクワクしてない?(笑)
そして塀の上にいた男に再会して、敵が侵入者に気づいて探しに来てしまいます。
倉庫に閉じ込められたサンと男は小麦粉を使って爆発を起こし、無事に倉庫から脱出することができ…。

68話

男がサンを見てサンの正体を見破りました。
でもサンが王だと信じることはせず、自分は領議政だと言い出します。
ふざけすぎ~(。-`ω-)
テス達は必死でサンを探します。
サンが戻ってきてテス達はホッとします。
サン、笑顔です(*^-^*)

清の船が一月後に来ます。
偽の貿易船で入国した清の商人に捕まえた者達を売り渡しているそうです。
サンは清の商人も一緒に捕らえれば売られた民の行方が分かると言い、取引まで待つことにします。

サンは倉庫での出来事をジェゴンとナム尚膳に話します。
楽しそう(^^)/

サンはナム尚膳にグギョンのことを話します。
サンはグギョンのことが心配のようです…

グギョンは過酷な地でどんどん体調が悪くなっていきます。
体が辛そうですね…
グギョンは見張りの兵にテスが来た時に渡してほしいものを託し、謝罪とお礼を伝えるようにお願いします。
どうしたのでしょうか…

サンはグギョン直接会って伝えたいことがあると言い、テスにグギョンを都の近くまでつれてきてほしいと頼みました。
いいの?!
テスは余罪を追及する為としてグギョンを都に連れてこられるように手配します。
でもグギョンは部屋にはおらず、家の外で倒れていました。
知らせを聞いたサンはジェゴンが止めに入るも、構わずグギョンに会いに行きます。
大事な人なんだよね…

グギョンは医者に診てもらうも危ない状態でした。
サンは必死にグギョンに話しかけます。
グギョンは涙ぐみながら目を開きました。
サンはグギョンに必死に話しかけます。
そしてグギョンはサンに心の内を話して息を引き取りました。
最期に会えて良かった…

グギョンが亡くなった知らせを受けて、中殿は肩を落とします。
タロも泣き崩れて自分のしたことを悔やみます。
サンはグギョンの葬儀を行うことにしました。
サンはもっと早くグギョンに会いに行かなかった自分を責めます。
自分を責めないで!

図画署の画員を何人か宮殿に移すことになりました。
改編だそうです!

ソンヨンは中殿に呼ばれて親蚕礼の打ち合わせに参加することになりました。
恵嬪宮はソンヨンを参加させることに反対します。
下の者達の問いに宮中の女性が答えて徳と知恵を示す場らしい…
そして和嬪が、ソンヨンが問われた時には和嬪が答えることを提案します。
そしてソンヨンが質問された時に恵嬪宮は和嬪に答えさせますが、次の質問の時に答えることができずにいました。
ソンヨンは和嬪が答えられなかったことに詳しく答えて中殿と下の者達は感心します。
やったね!

サンは塀の上にいた男が成均館の期待の星だと知ります。
そしてまた塀を越えようとしていた所に声をかけ、楽に出られる場所を教えます。
男はチョン・ヤギョンと名乗りました。
やっと名前がわかった!

ヤギョンは困っている人の話を聞き、無償で力になっているようでした。
訴訟の代理をしているようです( ^)o(^ )
ヤギョンの書いた嘆願書を見せてもらうサン。
字を見てサンは驚きました。
あの匿名の答案用紙です!

サンはジェゴンにヤギョンの答案を見せました。
ジェゴンは一目でずば抜けた才能を感じて科挙に落ちたのはなぜかと疑問を持ちます。
サンは次の大科では自分が人材を選別することにしました。
ヤギョンに期待していますね!

試験でヤギョンはまたもや早く答案を出して、宮殿を後にします。
合格者の答案を見てサンは合格発表を遅らせると言い出し、他の答案も全て見ます。
テスはヤギョンに合格発表を見てくるように促します。
ヤギョンは良く笑う楽しい男ですね♪

主席で合格したヤギョンはいよいよ王様の姿のサンに会い…。

69話

ヤギョンの反応を楽しむサン。
楽しいだろうな~( ^)o(^ )

合格を祝う宴に参加するヤギョン。
サンが王だとわかってヤギョンは今までの行いを後悔します。
パク・チェガ達がヤギョンに話しかけ、サンからヤギョンの話を聞いていると意地悪を言い出します。
楽しんでいますね(。-`ω-)

大殿に来たヤギョンは酒を飲みます。
酒は苦手なようです。
ヤギョンとサンは議論をずっとしています。
サンは楽しいだろうね~( ^)o(^ )
夜が明けヤギョンにここにある本はなんでも持って行って良いと言い、ヤギョンの学識を国と民の為に使うように約束させたサン。
ヤギョンに期待していますね(^^)/

人身売買の現場を押さえる為に動き出す宿衛官と禁軍。
頑張れー!
売られる民を助け、清の商人も無事に捕らえました。
ジャンボはかなりイライラしていますね…
ジェゴンは投獄した清の商人の処分をどうするかサンに聞きます。
もうすぐ清の使節団が来るんですって!
今回のことを清が問題にしてこないか心配していました。

ヤギョンは色々な提案を朝廷に提出したようで重臣は騒いでいました。
テウはヤギョンに会い、注意します。
出しゃばるなって!
ヤギョンは若い官吏が骨組みを構想して知恵と徳がある重臣が肉付けをすることが朝廷を一層発展すると思って書案を出したのでした。
そしてテウに書案を呼んでもらったことが嬉しくてお礼を言い、テウが書いた文集を貸してほしいと願いしました。
若さっていいね!(笑)

大妃はサンがいった言葉が気になってしょうがないようです。
先代の王の遺言です。

ソンヨンは最近食事が喉を通らないことから医女に診てもらい、尺脈が出ていると言われました。
まだ懐妊なのか、風邪なのかわからないようです(>_<)
ソンヨンは不安そうです。

パク別提が清の人と一緒に歩いていました。
ソンヨンの師匠でした!
使節団の長としてきている方もソンヨンの知り合いだそうです。
ソンヨン嬉しそう!

清の大使が清の罪人の釈放を求めてきましたが、サンは断固として引き渡す気はありません。
朝鮮でちゃんと調べて罪を償わせるべきという考えです…
清の大使は機嫌が悪くなってしまいます。

サンはヤギョンを呼び、前例を調べましたが重罪人の例がありませんでした。
困りましたね…
奎章閣の検書官達と対策を考えるように言います。

清の使節団は捕盗庁に兵士を連れてきて、清の商人の引き渡しを要求しました。
大変なことになりましたね…
それを聞いたソンヨンが大使に会いに行く許可を恵嬪宮にもらいに行きます。
でも帰ってきたソンヨン表情は暗いです…

重臣は戦争になることを恐れてサンに清の商人を引き渡すべきだと言います。
でもテウは違いました。
武力で罪人の引き渡しをすることは許される行為ではないからです。
さすが考えることが違う!

ヤギョンは顕宗大王の時に似た事件があったことをサンに報告します。
その時は清の皇帝が勅書を送ってきており、罪人は恩赦となりました。
今回も使節団に皇帝の勅書を要求して時間を稼ぎ、その間に余罪の追及祖することをヤギョンが提案しました。
おおおー!
拒まれたら、大国であることを理由に横暴を働いたと強く出るべきだとヤギョンは助言します。

大使がサンの元に来て、話をします。
皇帝の勅書を用意すれば彼らを釈放すると大使に伝えるサン。
大使はこの場で自分が書くと言い出します。
失礼だな(>_<)

67~69話の感想

サンの右腕で大きな存在だったグギョンが宮殿を去り、この世までも去ってしまいましたね…。
信頼していた者の裏切りにサンの心には大きな穴が開いたでしょうね(/_;)
でもそんな時に聡明なヤギョンに出会ってサンは楽しそうです(*^-^*)
そんな中、清との問題が…。
無事に問題解決はできるのでしょうか…(>_<)