イニョプの道-あらすじ-10話-11話-12話-感想付きネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-イニョプの道-あらすじ-10話-11話-12話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

イニョプの道

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
イニョプが両班だった頃の許嫁が、親友だったユノクと結婚する事になり許嫁ウンギの為を思い身を引いたイニョプ。
そんなイニョプをユノクは嫉妬から辛い思いをさせます。
そして、ついにウンギとの密通を疑い、ホ家からイニョプを追い出そうとするのでした。
新しい行き先では、下女ではなくただ男児を産むだけが指名の下女として売られてしまいます。
しかし、間一髪のところで脱出を図り姿を消すのでした。
それを追うウンギとムミョンは、イニョプを助ける事が出来るのでしょうか。

【イニョプの道】ネタバレあり

10話

やっと屋敷から抜け出したイニョプでしたが、外に出た所で何者かに連れ去られてしまいます。
ウンギが追うと、ヘサンの手下のチボクが輿を運んでいました。
また、別の輿を追うムミョンどちらにイニョプが乗っているのか。
しかし、どちらの輿にもイニョプは乗っていませんでした。
連れ去られたイニョプは、拷問をうけていました。遺言をだせと。
マンウォル党なのか、父親を逆賊にしむけた組織なのかとイニョプは叫びます。
ホ家での拷問には声を上げてなかったのに、ここでは声を上げて痛がっていたから相当痛いんだね。

拷問を受けているイニョプの前に現れたのはムミョンでした。
え?だって連れ去られた時慌てて探してたのに!!

ムミョン(オ・ジホ)は、イニョプ(チャン・ユミ)の拘束縄を解き連れて行きます。
マンウォル党だったムミョンですが、イニョプを助けたのでした。
許さない、絶対にお前を許さないイニョプはムミョンを責めます。
ここは助けてもらわないと生き延びられないし、ムミョンはイニョプの味方だよね・・

マンウォル党の組織に属しているムミョンは、どうしてもイニョプを殺す事が出来なかったと言います。自分でもどうしてなのか分からないと。
それは、恋、恋してるからじゃないのかな♪

そこにマンウォル党の首領が来ます。その人は・・・

ウンジの父戸曹判書キム・チグォン(キム・ガプス)でした。
え?え?だって、イニョプの父が無実だと知っている唯一の人だったのに。これって裏ではクク・ユを裏切ってたってことなんだ。

ムミョンはどうしてマンウォル党になったのかというと、高麗に忠誠を誓ったばかりに殺されたムニョンの母の恨みで党に付属していたのでした。
赤子のムミョンを助けたのは、戸曹判書のキム・チグォンで、もしイニョプと一緒にいたいのなら、朝鮮王の首を取れと命じるのでした。
ちょっと、待って。ホ家の下女頭と下男頭はマンウォル党でウンギの父と対立しているのに潜り込んでるって事になるよね。

イニョプは、妓生のカヒア(イ・チェヨン)の元に匿われていました。

朝鮮王が、妓楼を訪ねてきた時イニョプは我慢できずに姿を現してしまいます。
そして、父の遺書を朝鮮王太宗(テジュン)に差し出します。

11話

マンウォル党の一味が、兵曹判書の家にいるとイニョプ(チャン・ユミ)は太宗王に伝えます。
それが誰なのか、それを問われても名前を隠すイニョプ。
父は、逆賊じゃない逆賊を探そうとしていただけなのに濡れ衣を着せられたのだと訴えます。
ウンギは、自分の父がマンウォル党なのだと知りショックを隠し切れません。父親に問うとそのすべてを話すと言いある場所に連れて行かれます。
そこで、ウンギの一族が高麗の王族の生き残りだと聞かされます。
それは、秘密にしてないと生きていけないと思う。朝鮮と対立して負けた高麗だから

兵曹判書は、朝鮮王に負けた時一族500人を皆殺しにされていました。
それを恨み、朝鮮王を倒すべくムミョン達と一緒にいたのでした。
これってすごい事だけど、ウンギは知ってしまってどうするのだろう。いきなり争いに入るのかな。それもちょっと怖い

ユンソ(イ・イギョン)の妻・カン氏夫人(イエル)は、使用人にはめられているとも知らずにギャンブルに夢中です。
ついに夫の財産にまで手を出す始末。
これって、バレた時に使用人が悪いってなるんだよね。ま、本当に使用人がはめてるんだけどね

ユノク(イ・シア)は、イニョプを連れ戻したウンギ(キム・ドンウク)が許せません。
以前よりも辛く当たるのでした。
イニョプは、ウンギは助けてくれないし頼りたくない家の父親か私かと選ぶ事を強要するのが嫌だとイニョプはウンギに言います。

兵曹判書は、下女頭のヘサンに「マンウォル党の一味が家にいる」という情報を聞きます。
兵曹判書さま~、その相談しているヘサンがその一味です。

しかし、兵曹判書には他の思惑がありました。ムミョンが王の子ではないかと考えていたのです。そして、ヘサンはその事を知っているそう思っていました。

そんな中オギが陣痛を起こしいよいよ出産を迎えます。
オギを始末するように言われていたプンイは、始末する機会を狙って様子を伺っていました。
お産の準備をする為にその場を離れたイニョプ達、戻るとオギは息をしていませんでした。
プンイ、ひどいひどすぎるよ。そんな人じゃなかったはずなのに

12話

ユノクの母・ユン氏夫人(チョン・ミソン)は、オギを殺害したプンイを下男頭にする為にヘサンとムミョン(オ・ジホ)を降格させます。
奴婢は、主人を訴えられないそう国法で定められているといいます。
奴婢はどこまでも人として扱われることがない。そう痛感して嘆く下女たち。
ウンギはイニョプにきつく当たっていました。
ムニョンに好意を寄せているそうイニョプに言われてから下女として扱う決意をい気持ちを隠していました。

でも、イニョプは分かってしました。
優しいウンギが無理して自分にきつくあたっているのだと。
オギを殺害したプンイは、頭となり威張り散らしていました。
ヘサンとムミョンは何やら企みを持ち、イニョプを完璧に騙す為自分がお取りになると言うムミョン。
そしてイニョプに、王に無実を訴えるといいと言います。命を救うためと。
まだ分からない・・ムミョンはマンウォル党なのは確実だけど王の子っぽいしイニョンの事も大事にしてそう。

オギの死が他殺だと確信したイニョプ、サウォル、タンジは、世論を動かし犯人捜しをします。
タンジは、上昇志向が強いけど人情に厚い所もあって憎めないキャラなのが可愛いです

ユン氏夫人は、プンイに自首をするように命じます。
事態が収拾したら必ず救うからと言うのです。
でも、ユン氏夫人は夫に見放され牢に入るか爵位を取り上げ高級官夫人じゃなくなると言い渡されます。
プンイが連れて行かれるその日、イニョプは主人を告発した罪で一緒に連れて行かれてします。

第10話~第12話まとめ

徐々に明らかになるマンウォル党とムミョンの過去。
それにしても、ムミョンの心は何を考えているのか分かりません。
イニョプを好いてるようにも思えるし、ここという時に助け出すムミョンから目が離せません。
イニョプの気持ちも、ウンギなのかムミョンなのか。
ムミョンのクールな感じがたまらなくかっこいい、そう思ってしまいます。
ドラマを観ていて思うのが、朝鮮時代は意外とご主人様と下女の間柄が近くて賭博に誘ったり、部屋に忍び込めたりと自由に動けたみたいです。

好きな歴史物のドラマのアンケートをしています!良かったら協力お願いします!!
アンケートはこちらから


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください