インス大妃-あらすじ-10話-11話-12話-感想付きネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-インス大妃-あらすじ-10話-11話-12話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

インス大妃

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ついに動いたスヤン大君。幼い王・端宗では国が安定せず王が何も分からないことをいい事にキム・ジョンソが国をいいように操っていました。
そもそも、王族でないキム・ジョンソが政治の中心にいるという事が国をあんていさせないと考えたスヤン大君は、自分に忠実に従ってくれる臣下を集めその時を待つのでした。

スポンサーリンク

【インス大妃】ネタバレあり

10話

ジョンソ(ハム・ウンジョン)は、なかなか距離が近づかない姑・ユン氏夫人(キム・ミスク)との関係に頭を抱えていました。
あの手この手で近づこうとするものの、どうしても上手く出来ずに思いついた秘策が一緒に寝るでした。
その甲斐あってユン氏夫人と普段できないような話をしたジョンは少し距離を縮めたのでした。
字が読めずに帳簿が分からないユン氏夫人はその事を気にしていました。自分で勉強し字が読めるジョンは、一緒に字を覚えましょうよと姑に寄り添います。
なんかいい雰囲気だったね2人

ハン・ミョンフェ(ソン・ビョンホ)は、スヤン大君の策士として人集めと称して妓生目当てで宴会を開いて騒いでいたのをスヤン大君に咎められてしまいます。
しかし、それは表向きの顔でキム・ジョンを討つその時に向けて着々と準備を進めていました。
ジョンがスヤン大君の側にいて何も言わなくても動ける賢い嫁を演じているのがちょっと気になります

スヤン大君の家を見張っているキム・ジョンソ側の目を欺くために演技をするハン・ミョンフェ。
すごい心理作戦だね。

しかし、スヤン大君を警戒しているキム・ジョンソはスヤン大君を討つ為にどうしても名分が必要だと考えていました。

一方、女官見習いのソンイは何故か最高尚宮から特別扱いを受け王の部屋などを見学させてくれるのでした。
どうしてかな?何か嫌いと光るものがあるのかもしれない

スポンサーリンク

11話

どうしていいか分からなくなってしまった幼い王・端宗(チェ・サンウ)は、スヤン大君の元を訪れます。
スヤン大君(キム・ヨンホ)を信じたいけれど、周りの大人達は怖い人だから信用してはならないといいます。今まで一番心を寄せていたスヤン大君とその息子トウォン君(ペク・ソンヒョン)をすべて信用できないのが辛くてたまらなかったのでした。
端宗も苦しそう。王位を継いだのだからみんなで端宗を盛り立ててあげればいいのに

スポンサーリンク

トウォン君とスヤン大君の心を見て端宗は信じることに決めます。

王がいる大殿に移動したソンイ(チン・ジヒ)は、育ててくれたチェ尚宮の事などすっかり忘れて日々好奇心を満たして楽しく過ごしていました。
しかし、ソンイを宮殿に連れてきたチェ尚宮はソンイと離れてしまった事が悲しくて泣いて暮らしていたのでした。
それを見かねたソンイの友達が伝えると「いつでも会えるわ」と素っ気ない態度を示します。
それなのに、チェ尚宮が姿を見せるとポロリと涙をこぼし「会いたかった」としれっと言うのです。
ソンイやばいよね。まだ7歳なのに裏表があるすぎて怖い~。王の側室になる事を目標にしてるから、自分を育ててくれた尚宮もただのステップアップの道具なんだ

スポンサーリンク

12話

スヤン大君に命を預けキム・ジョンソを討つ計画は着々と進んでいました。
そして渡された計画書には、暗殺する予定の名前が書かれていました。
その中には、スヤン大君の弟であるアンピョン大君の名前もありましたが兄妹を手にかけられないと拒むスヤン大君。その次のページにはスヤンの策士ミョンフェの親友の名前すら書かれていました。
10人ぐらい名前が書かれていたけど、そんなにしないと安心できないという事ででも嫌だな。でも、そうしないと自分の身が危ないということなんだよね

スヤン大君の娘ユンジュ(イ・セソン)の結婚式当日はおごそかに式が進みます。その日、ジョンは吐き気をもよおし体調がすぐれません。
結局、ユンジュの結婚式の日にキム・ジョンソを討つ計画はなく一安心したキム・ジョンソでした。
そうみせて・・・じゃないの?

婚礼式典の途中で具合が悪くなったジョンは、妊娠が分かります。トウォン君は大喜びで母に伝えに行きます。
父にも伝えようと嬉しそうに走るトウォン君に聞こえてきたのは、キム・ジョンソを討つ日を決める父の力強い声でした。
トウォン君は、父の計画には反対だったもんね。でも端宗は暗殺されないんじゃないかな

内密に進められていたキム・ジョンソを討つ計画はいつしか都中の噂となっていました。
ジョンの姉婿は、自分が側室の子供だから仲間に入れてもらえないと義父に直談判しますが義父はいい顔をしませんでした。
都ではスヤン大君が反旗を翻しても勝ち目はないという算段でもしそうなったとしたらジョンもトウォン君の命も絶たれてしまうのでした。

スポンサーリンク

インス大妃 10話から12話 まとめ

若干12歳の王に変わって国政を牛耳っているキム・ジョンソを討って王になると誓ったスヤン大君でしたが、暗殺計画の中に兄妹の名前があると断固拒否している場面では権力が欲しいのではなくて、本当に王を助ける為に国を守る為にキム・ジョンソを暗殺するのかなと思いました。
スヤン大君はみんなに恐れられていますが、優しくて強い気持ちを持った紳士のように見えました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください