インス大妃-あらすじ-13話-14話-15話-感想付きネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-インス大妃-あらすじ-13話-14話-15話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

インス大妃

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ついに決まった結構の日。
お腹に子供が宿ったジョンは、スヤン大君が勝利できなければお腹の子と共に命を絶たれてしまうかもしれないという究極の立場にいました。
しかし、ジョンはお腹の子が無事に生まれれば自分の夢がかなう王妃になれるそう考えるのでした。

【インス大妃】ネタバレあり

インス大妃13話

ついに決まった暗殺の日。スヤン大君の周辺がざわざわと動き出します。
妊娠が分かったジョン(ハム・ウンジョン)は、つわりで実家にいましたがその日を悟りスヤン大君がいる義実家に戻ります。
スヤン大君とトウォン君と盃を交わしこれが最後かもしれないというスヤン大君。
ジョンは私にも盃をと言いますが、「お前は生き残れ」と盃を交わす事が出来ませんでした。
運命の日だよね。ジョンは王妃になりたいのはもちろんだけれどきちんと義実家の事を考えていると思う

官服を来たスヤン大君は、武力では勝てないと考えキム・ジョンソと話し合いをする為に使用人を1人つけただけで向かいます。
トウォン君が一緒に行くという思いを振り切って。
これが策なのかな。でも1人で行って勝ち目があるように思えない

ジョンとユン氏夫人は、事が失敗した場合に自決をする準備をしていました。
短刀か毒、どちらかを選べと言われたジョンはお腹の中にいる子供を考えて自決が出来ないと話します。
一方、スヤン大君はキム・ジョンソの家につき、わざと帽子の羽根を落とし場の雰囲気をゆるませてキム・ジョンソを1人にさせたその時、王命という手紙を読ませキム・ジョンソを討ちます。
震えるスヤン大君、使用人が容赦なくキム・ジョンソを討ちます。
すごいね、1人で出向き油断させたそのすきにキム・ジョンソを討ち取るというこういう人が一番怖い。やっぱりスヤン大君は怖い人なんだ

インス大妃14話

左と右、キム・ジョンソを討った後に暗殺リストにあるないで宮殿を訪ねてきた重臣を分けていました。
ただならぬ雰囲気の中、王命をまだもらえぬスヤン大君はこのままでは逆賊として扱われてしまうそんな緊張感の中にいました。
討ったと思っていたキム・ジョンソは、重傷を負っていましたが生きていました。
スヤン大君、怖いよ。でもこの時代はこんな感じが普通だったのかな

恵嬪とオム内官が企てていた計画は、スヤン大君の行動が多すぎてとりあえずスヤン大君を受け入れるという策に出ます。
その頃王は、恐怖におびえ1人泣いていました。そこにトウォン君が王を訪ねます。
戦の装いをしているトウォン君は、いつもと違ってりりしく感じます

そして夜が明けます。王命はまだ取れずにスヤン大君はすべてを諦めます。
ジョンの元へも知らせが届きます。「約束を守れずすまなかった」と。すべてを悟ったジョンは穏やかな顔をします。
自決をしなければと考えているジョンの元に義母が来て言います。自決はまだ早い、スヤン大君の死を確認してからだと。
しかし「あなたは生きなさい」お腹の子と共に、そう義母は言います。
ユン氏夫人、頼れる素敵な義母だよね。このシーンはみていて涙がこぼれます

その頃、重傷を負って瀕死のキム・ジョンソは宮殿のすぐそばまで次男と来ていました。
そのキム・ジョンソを見つけたスヤン大君側は必死に追います。
しかし、追っ手を振り切れず次男ともども殺されてしまいます。
このシーン、静かな所で見ていたからなんか鬼気迫っていてすごく怖かったです。画面を直視できなかった・・

インス大妃15話

キム・ジョンソを逃してしまい王命もらえずに自決を考えていたスヤン大君は、キム・ジョンソを討ったと知り状況が一変します。
幼い王を殺すのか生かすのか、スヤン大君の家臣たちは揺れていました。
キム・ジョンソを討ったという知らせを聞いたスヤン大君はその屍を確かめに行き「強い君主になる」と誓いを立てます。

そして、王の前に姿を現したスヤン大君は謀反を企てた者をすべて処断したと報告をします。自分を頼ってください王を手助けしますと言いますが、王はスヤン大君に怯えてしまいます。
どんなに笑顔を見せられてもたくさんの人を殺してきた叔父は怖いよね

王は、スヤン大君に領議政になってはどうかと話を持ち掛けます。最初は王族が高官になるという事を受け入れがたかったスヤン大君ですが、それも悪くないのかもしれないと最終的には受け入れます。
家では、祝宴をあげる準備が進んでいました。
ジョンは良かったよね。王妃になる夢に一歩近づいたかな

スヤン大君の家臣たちは不満を抱いている者もいなました。スヤン大君が王になる為に命を懸けて戦ったのにと。しかしスヤン大君の策士であるハン・ミョンフェは笑いを浮かべ今はそのその時ではないと場を濁します。

弟のアンピョン大君を討たなかった事をスヤン大君は責められます。キム・ジョンソの残党が押し寄せてくると。
その話を聞いて、スヤン大君は自分が逆賊だと言うのかと悲しい笑いを浮かべるのでした。

インス大妃 13話・14話・15話

ついに行政を牛耳っていたキム・ジョンソを討ってスヤン大君が前に出てきましたね。
キム・ジョンソを討ったシーンなどは生々しくて直視できませんでしたが、鬼気迫るシーンの連続でこのドラマの重要シーンの1つなのだと感じました。
後のインス大妃になるジョンは、可愛らしい顔の下に見せる強い気持ちが気になります。
トウォン君を助けたいという一心でと表向きは言っていますが、それが100%なの?と感じてしまったりもします。宮殿をうずまく環境はどれが本心なのか見極められないのでハラハラしてしまいます。