インス大妃-あらすじ-37話-38話-39話-感想付きネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-インス大妃-あらすじ-37話-38話-39話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

インス大妃

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
徐々にこじれていく大王大妃と粋嬪の行方は一体どうやって落ち着くのでしょうか。
王となった粋嬪の息子成宗は母と離れて宮殿で暮らすのが不安でたまりません。
そんな中クィソン君を王にしてはどうかというたくらみまで浮上しますます混乱の王政となるのでした。

【インス大妃】ネタバレあり

インス大妃37話

大王大妃と粋嬪は、和解こそしていないけれど一緒に摂政をする事になり粋嬪は「インス王妃」と名を変え宮殿に入りました。
本編とはあまり関係ないけれど大王大妃のお兄さんは、いい人だなと思います。クスッと笑う事も少ないこのドラマでちょっとほっこりする存在です

ソンイは着実に王妃への階段を上がっていました。
コンヘ王妃(成宗の正室)は、伏せる時間が増えていました。心配したコンヘ王妃の実母が毎日訪ねてきていました。
ソンイの存在を知り、正室の座を確固たるものにする為にも王妃をしっかりさせたかったのでした。
ソンイはきっと側室になるよね、大王大妃を味方につけたから怖いものなしだね

昌徳院で暮らすインス王妃は、大殿から遠い所にありありました。
成宗は訪ねたくても大王大妃がいい顔をしない為なかなか訪ねていけません。
やっとの思いでインス王妃を訪ねる成宗は母が恋しくてたまりませんでした。
高官たちの話し合いではインス王妃が不憫でならないとハン・ミョンフェが力説します。昌徳院に追いやられ息子にも会えない日々をすごさせていていいのかと。
成宗は14歳という設定だけど、見た目も中身も幼い感じがするな

インス大妃 38話

いよいよ本格化する側室選びにソンイはその座をお金で買おうとします。
ある朝、大王大妃に挨拶に来たインス王妃が「どうかお許しください」と涙ながらに頭を下げて許しを請います。
大妃の座など狙っていません。ウィギョン世子が追尊されずに「宗」になれなかったから分別を見失ったのですと言います。
成宗の挨拶を受けられないのが辛いのかと、それなら王妃のままで挨拶が受けられるようにしてあげると大王大妃がインス王妃に言うのでした。
大妃になる夢を捨てて王妃に甘んじるって事はないよね、インス王妃はそのさきをみていると思う

側室を選ぶためなのか病弱なコンヘ王妃を実家に戻されてしまいます。
とても素敵な王妃様なのに宮殿に渦巻く策略に翻弄されて辛いよね

大王大妃はインス王妃を呼び出して側室にソンイはどうかと打診します。しかしインス王妃は大した家の娘じゃないと良い顔をしません。部屋を出るとわざと聞こえるように「自分もたいした家の娘じゃないのに」と批判されてしまいます。
その足で成宗の元に向かったインス王妃は、政務は大王大妃に任せても心までは奪われてはなりませんと強い言葉で叱咤します。
怖いよ、蛇に睨まれたカエルにしか王様が見えない

39話

インス王妃が宮殿に入ってから成宗の足がソンイから遠のいていました。
母親の威厳が怖く行きづらくなってしまったのでした。そこでソンイはこっそりと王を連れ出し王の気を引き毎日訪ねて来るように約束を取り付けます。
しかし、ソンイにつかえている女官より具合が悪いと言って王に取りいったり2人で会っている所を尚宮に報告します。
この尚宮も腹黒いからこれをネタに自分ものし上がろうとするのかな

大王大妃は権力を粋嬪に渡したくないから王と引き離すのだとハン・ミョンフェは読みます。粋嬪は王が自分から離れて行くのが嫌だからそうしているのではないのかと考えは分かっているからと自信たっぷりに言うのでした。

側室になる為にニセの家系図を手に入れたソンイはそれを使用して大臣のシン・スクチェが親戚という強みを手に入れました。その強みを元に母親がシン・スクチェの元に行き側室に推薦をして欲しいと泣き落としをします。
本当にすごいね。ソンイは自分の事だけしか考えてないから粋嬪よりもやり手かも

そうして周りを固められてソンイを側室にする事を渋々粋嬪は承知しました。
大王大妃と粋嬪の水面下の争いはどんどんこじれていました。
粋嬪が意見をすればそれを大王大妃が否定する、大王大妃についたソンイは粋嬪の睨みなどものともせずに堂々と振舞います。
お妃になれた、新しい自分の部屋に入り喜びの涙を流すのでした。
自分の力でもぎとった妃の座、それは嬉しいよね

インス大妃 37話から39話 まとめ

女の争いが本当にすごい。粋嬪とソンイは頭も切れるから用意周到に自分の道へと進んで行くのがすごいです。粋嬪はそんなソンイが疎ましく思っているのを隠さずに表に出ていて大王大妃はそんな粋嬪を見ているのが爽快でたまらないからソンイの肩を持つというすごい図式が出来ています。
でも、ソンイが側室だけでなく王妃になるのを狙っているあたりまだまだすごい戦いが見られそうです。