インス大妃-あらすじ-40話-41話-42話-感想付きネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-インス大妃-あらすじ-40話-41話-42話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

インス大妃

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
やっとの思いで側室の座を手に入れたソンイ。
でもこれはまだ夢への一歩を踏み出したにすぎません。ソンイの夢は王妃になり国を手中に入れる事。そこに立ちはだかる粋嬪はそんなソンイが疎ましくて仕方がありません。
粋嬪を嫌う姑の大王大妃、ソンイを嫌う粋嬪、そんな2人よりも上に立ちたいソンイの女3人の戦いが始まったのでした。

【インス大妃】ネタバレあり

インス大妃 40話

ついに側室になったソンイは、次は王妃の座を狙って邪魔なコンヘ王妃を黒魔術で殺そうとします。
黒魔術ってどうなんだろう、異次元の世界すぎて怖い

成宗がちょっとでも王妃の話をしようものなら「心移りされたのですね、でもいいのですいつかは捨てられても仕方ないから」としおらしく言い「お母さまに睨まれたくないからお帰り下さい」と巧みに王の心を操ります。
男の人は気づかないよね、押して引いてそして心をつかむ常套手段だね

重病のはずの王妃の体調が回復して宮殿に来ます。しっかりと呪いを賭けたのかと尚宮を問い詰めるソンイ、部屋の外でそれを盗み聞きしていたのはパク尚宮の手下でした。
「あなたの命なんていつでも奪えるのよ」そう脅して呪いの人形を宮殿の地下に埋めるように言い、パク尚宮の手下を逆に取り込むのでした。
ソンイ、命を奪うのはたやすいとか言い出してもう誰も止められない

君主とは夢を見せる者です、夢を見られ宇なら太平な国になるでしょう。ウィギョン世子が王だったら聖司は苦手でもきっと殺伐とした世ではなかったはずですと。
内観や徐幹が権を持ち、臣下達が争い王妃たちも争うそんな欲にまみれた世界ではなかったはず。息子の成宗には欲にまみれない聖君になって欲しいと語ります。
すごい志だったんだ。自分が大妃になりたいだけなのかと思っていたけれど心の底ではこのような考えがあったんだね

ソンイの入れ知恵でウィギョン世子を「宗」に、インス王妃を「大妃」にすると臣下達を説得し大王大妃が制するのも聞かずに決定させます。
え?どうしてソンイは粋嬪が憎いはずではなかったのかな。あ、そうか次の王妃の座を狙ってるからここで取り入りたかったのかな

そして、成宗は睿宗の養子ではなくトウォン君の息子として王となり粋嬪はインス大妃となったのでした。

王妃が危篤となり、このまま宮殿で息を引き取る訳にはいかないとハン・ミョンフェが私邸に連れて帰ります。
このシーンは涙が止まりませんでした。世祖を支えたハン・ミョンフェが指示からてを引き、清く凛とした王妃様がこの世からいなくなる悲しすぎます

41話

そして月日が経ち、成宗(ペク・ソンヒョン)は20歳になろうとしていました。
恐怖で動く王政と違い、成宗が作り上げて来ていたのは明るく信頼がある王政でした。
お帰り!トウォン君じゃなくてペク・ソンヒョンさん。同じ人が演じているんだねトウォン君時代の悲しい事が思い出されるけど、明るく朗らかに笑う役も素敵です

成宗が大きくなった今でもお大王大妃は聴政から退くことをせずに牛耳っていました。王はインス大妃とは仲睦まじく過ごしていました。
月日が経ち、王の寵愛を独り占めしていたソンイはやっと懐妊の兆しが見えて来ていました。
ほかにいる側室にはきっと行かせないようにしているんだよね。相変わらずだね

王妃を抱いて宮殿を去った日を忘れられませんと成宗はハン・ミョンフェを左議政になって欲しいと呼び寄せます。ミョンフェの妻は王妃の件もあり猛反対をしますが、王が孤立無援で頑張っていると知ったハン・ミョンフェは王の助けになりたいと思うようになっていました。
大王大妃の聴政をやめさせようとインス大妃が立ち上がります。すると何故か素直い聴政を辞めると言い出すのです。
こわいこわい素直に聞くのは怖いわ

王と手を取り合って仲良く政務を行ってという大王大妃は、インス大妃の自尊心をためしたのです。引き受ければ王を操るという事、引き受けないとこのまま大王大妃が操るままになると考えるのです。
そういう策だったんだね

インス大妃 42話

成宗の子を宿したソンイは喜びを隠し切れません。跡継ぎが出来たと大喜びの大王大妃は産室庁まで設けるという異例の浮かれっぷりでした。
かつて側室の出産の為に産室庁を設けた事例がないという事でもちろんインス大妃はいい顔をしません。
これはびっくり。側室を正室として扱うということなのかな

ずっと大王大妃からの扱いに耐えに耐えてきたインス大妃は、現在の王朝が大王大妃の身内だらけだと、だから今はただ待って身内を退けるまでは絶えて欲しいと訴えます。
ハン・ミョンフェは辛い立場だよね

大王大妃は、ソンイを正室に決定します。もちろんインス大妃は面白くありません。
ソンイはインス大妃から本を渡されて侮辱を受けます。字が読めないのです。
その悔しさが大王大妃との結託を強くしていくのでした。
大王大妃に直接王妃にしてくださいと言い出してる

ソンイに息子を取られた、私には行くところがない宮殿は広いのに行く所がない寂しそうにつぶやくインス大妃の顔が切なそうでした。
母親の寂しさがにじみ出てるよね

懐妊し、王のお世話が出来なくなったソンイは嫉妬に狂っていました。王が他の側室の所に行くのが許せないのです。
その王はインス大妃の元を訪ねていました。昔からお茶を入れるのが得意だったインス大妃を飲み心を落ち着かせていました。

インス大妃 40話から42話 まとめ

ソンイが頭角を現し王妃の座まであと一歩という所まで登り詰めたのに、王を独占しようとする嫉妬心の強さにぞっとしました。
ソンイを演じているチョン・ヘビンごと嫌いになりそうなぐらいの感じの悪さが出ていて演技が上手なのだという事なのですが、ソンイを見ているとイライラがとまらなくなってしまいます(笑)でも王様を愛する気持ちは本物で上昇志向よりも勝っているのかもしれません。成長した成宗が若き日のトウォン君を演じたペク・ソンヒョンさんでちょっと嬉しかったです。