インス大妃-あらすじ-43話-44話-45話-感想付きネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-インス大妃-あらすじ-43話-44話-45話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

インス大妃

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
王の心を射止め、王の子供をお腹に宿し怖いものなしのソンイですが大王大妃を巻き込んで王妃への道を狙っています。
インス王妃はどうしても気に入らないのですが、王がソンイを愛している為渋々認めざるを得ない立場になっていきました。
ソンイが産む子は、王子なのか姫なのか。それによって大きく世継問題が女性の立ち位置が変わりそうです。

【インス大妃】ネタバレあり

インス大妃 43話

ついに王妃となったソンイは、しおらしく王に挨拶をします。宮殿は世子の話で盛り上がっています。王子が生まれると決まったわけではないのにと他の側室たちは嫉妬をあらわにします。
インス大妃は憎まれ役を引き受けるので王は善政だけを行ってくださいと言われてしまいます。自分で国を治めたいと考える王にとってはそれが呪縛にも感じるのでした。
少しずつ母子の亀裂が出て来てるかな

王妃の挨拶を1人で受けると言い待ち続けているインス太妃をまたせて先に大王大妃の元に行ったソンイは、その後お腹が痛いと言いインス大妃への挨拶に行かなくていいように仕向けます。帰り際にわざと振り返って他の側室たちに笑ってみせたのです。
インス大妃への宣戦布告でした。
インス大妃に伝えろという意味だったみたい。すごいね

自分の元に来ないソンイに自ら訪ね書を教えます。無学とはいえ自分の嫁になったのだからきちんと教育をしないといけないと考えていたのでした。
字が読めないソンイに変わり書を読むインス大妃、今にも寝てしまいそうなソンイをよそに読み続けます。
その晩、王は女官を側に置き一夜を過ごします。それをしたソンイは早朝から王の元に訪れます。部屋では王はインス大妃が記した書を呼んでいました。
一夜を過ごした女官はソンイに睨まれちゃうね

インス大妃 44話

ソンイが暮らす中宮殿が家事になります。放火でした。
王妃を狙ったのか。
その火事騒動を逆手にとってソンイは王と一緒に大殿で暮らす事を勝ち取ります。
しかも、大王大妃がインス大妃と睿宗の正室を連れて昌徳院で暮らすと言い出します。
反論も出来ず怒りに震えるインス大妃でした。
相当怒ってたよねインス大妃は。ソンイと大王大妃がタッグを組んだらからね

大王大妃が一線を退くと成宗は人事を刷新しました。インス大妃と関係が深い物を退け新進の物を役職につけたのでした。
ハン・ミョンフェは、もう宮殿に近づかない。自分が必要なのは世の中かが間違った方向い向かった時のなのだと吹っ切れた顔で言います。
ハン・ミョンフェは、世祖と共に時代を築き世の平安を願った1人でもありました

ソンイはついに陣痛が始まりました。王妃ともあろう人が大きな声で叫び苦しみます。
本当に苦しいとは思うけれど、高貴な方はそんあに声をあげないのかな

そして、ソンイは男の子を産んだのでした。
すごいな、ソンイは強運の持ち主すぎる

王子を産んだ日、成宗から承恩を受けた女官がソンイに追い詰められて自決していました。
王子の名前はヨンサン君と名付けられました。

母を遠ざける成宗、母が大切なのは分かっている母の愛ほど深い愛を自分は知らない。だけど1年だけ待って欲しい、その1年で母を大殿に呼べるまでに政治を整えると涙ながらに王は話すのでした。
インス大妃はきっと王の気持ちは分かっているよね

インス大妃 45話

昌徳院に下がった三人の大妃に、ソンイはまたしても揺さぶりを賭けます。功臣を退け新進の臣下を集めている王は大妃の力が及ばないように功臣を遠ざけているのに、まだ口出しをするから大王大妃様が宮殿に戻って王を助けてあげてくださいと言います。
大王大妃の力を借りてインス大妃を遠ざけたいからだよね

大王大妃の後にインス大妃へあいさつに行く予定だったのに、ソンイは急な腹痛だと言って挨拶をせずに宮殿に戻ってしまいます。インス大妃への嫌がらせです。
その足で王の元へ行き、王が自分に対して冷たいからインス大妃がソンイの挨拶を断るのだと嘘の報告をします。
うわッ!根も葉もない嘘を涙目で話すソンイって人としてどうなのよ

宮殿では、ハン・ミョンフェを追い詰めようと大臣達がハンが受け取ったという賄賂を提示しますが功臣をそんな風に捕らえる事はできないと成宗は取り入りません。

若い学者たちをお酒を飲み、功臣達を軽く扱う成宗の無礼な態度を許せずインス大妃は夜中に王の元へ乗り込みます。
しかし、疲れて寝てしまっている顔を見たらただただ涙が溢れて止まらない大妃なのでした。
母の心、王をちゃんとした王に育てたいという一心なのかな

寝ている成宗の顔に、トウォン君の面影を重ねてしまうインス大妃。
切ないね、切ないよね。私も涙が止まりません。トウォン君は本当に素晴らしい素敵な人でしたよね。成宗は生まれて間もない歩けない頃に寡婦になってしまって辛く苦しい道を歩いてきた強くでも寂しい気持ちを持った女性なんだよね

王の側室の1人チョン夫人が懐妊したと知りソンイは怒り狂います。しかし対面があるので怒りをあらわにする事も出来ずにいました。
チョン夫人に毒を盛ったりしないよね。いや、しそうだよね。怖いな

インス大妃 43話から45話 まとめ

ソンイのあざとさが際立ってきてどうしてもインス大妃の味方をしてしまいます。
インス大妃は、確かに大妃になりたいという強い夢を持っていたけれどきちんと信念を持って1つの道を歩いてきたのだということがこの回で分かります。
成宗の寝顔をみてトウォン君を思い出すシーンでは、インス大妃と気持ちがリンクして自分も涙が止まりませんでした。
今のひどい扱いから早く抜け出して国を素敵に変えてもらいたいと思うのでした。