インス大妃-あらすじ-49話-50話-51話-感想付きネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-インス大妃-あらすじ-49話-50話-51話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

インス大妃

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
王妃を廃位させるために戦う事を決めたインス大妃、そう簡単ではないけれど1人王を嫉妬にまみれた王妃から守る為に正論を言い続ける大妃、でも王は王妃の味方につきます。
廃位にはせずに降格させて「嬪」に戻し、そして王妃が犯した罪は不問にするという決定をくだしました。
宮殿内で追いやられて行くインス大妃、どうやって正しい道に戻すのでしょうか。

【インス大妃】ネタバレあり

インス大妃 49話

ソンイは大妃に勝つ為に書を読む、そいて王の情を受け取るそれしかないと尚宮に助言されます。その頃、インス大妃は宮殿にハン・ミョンフェを呼んでいました。
大妃はハン・ミョンフェに科田を返納してくれないかと問います。国が高官に貸与する科田が高官を退いた後にも返納しないという慣例があり、国が土地をどんどん失っていくという悪循環を断ち切る為にハン・ミョンフェにお願いしたのです。
ハン・ミョンフェは、いい人だよね。世祖と共に時代を築いてきた人だもんね

私腹を肥やしていた大王大妃の親族は科田を返納したくなく王に抗議します。科田を返納してしまったら誰が国の為に働くのかと声を荒げます。その次の瞬間大王大妃は倒れてしまいます。
それを知ったソンイは、大王大妃が倒れてしまったら自分はいったいどうなるのかといてもたってもいられなく大王大妃の元に駆けつけます。
一体どこまで自分中心なのかな

体調を崩してしまった大王大妃と共に離宮へ住まいを移したインス大妃は、すべての権利を王妃に委ねるとソンイに伝えます。
謙虚な姿勢を見せるソンイでしたが、嬉しさを隠し切れない様子でした。
パク尚宮は、王妃に任せるのは危険だと助言をしますがインス大妃は聞く耳を持ちません。大王大妃様のお世話をしないと、と言うのでした。しているよね

インス大妃 50話

インス大妃が宮殿から出ていったのに、それでもチョン貴人が流産しない事には気持ちが落ち着きません。しかし毒薬を使用しては自分が疑われてしまうので流産させるお茶を飲ませて流産をさせたのでした。
王は、チョン貴人が薬で流産したわけではないと知り詳しく調べ王妃が出したお茶が流産を誘導したという事を突き止めます。
せっかく王が歩み寄ったのだからそれに満足をしていればいいのに

変わってしまったソンイ、自分が幼い頃ずっとそばにいてくれたソンイが変わってしまった。一体どうしてなのか。王は自分で流産の元となったお茶について問いただします。
王妃の態度を見て怒りがおさまらない成宗は「お前には愛想が尽きた、二度と会うことはない。廃位にしないのは王子が可哀そうだからだ」と声を荒げていいます。
ソンイも負けておらずいっそ死を与えてくださいと泣き崩れます。
それも駆け引きだよね?

チョン貴人の疑惑の中ソンイの懐妊が分かります。すでに王の心はソンイから離れていたけれど懐妊によりソンイの立場が戻ります。
お腹に子供がいる事で強気になっていたソンイでしたが、流産してしまいます。
ソンイはあざとい所はあったけれど、元々は賢い良い娘だったのに

インス大妃 51話

嫉妬に狂ったソンイは、王がいる側室の部屋に乗り込んでしまいます。出ていけと揉み合いになった王の顔をひっかいてしまい傷をつけてしまいます。
嫉妬さえ我慢出来ればここまで遠ざけられることはなかったのにと思うけれど、成宗だけが頼りだったからやっぱり執着しちゃうよね

王を傷つけたら死罪、それほどの事をしてしまったソンイ。王はソンイに愛情はないけれど王子の為を思いそこまでは出来ないとハン・ミョンフェに相談をします。
死罪以外の道は王が自ら廃位を言い渡し宮殿から追放するしかないと言われてしまいます。
もうこれで宮殿から追い出されるのは間違いないよね

インス大妃が知ったらどうなるのかと考えると恐怖でおののくソンイは、自らの足でインス大妃に傷を負わせてしまった事を報告します。しかし報告したのは自分に有利に聞こえるような報告でした。
そして、インス大妃からもらった書をきちんと呼んでいると媚びを売るのでした。
怪我の具合を心配したインス大妃が王の元へ確認に来るとソンイが嘘をついていた事が分かり「死罪にするべきだ」と強い口調でいい部屋を出ていきます。
この怒りはおさまらないよね。王様は絶対だよね

インス大妃 49話から51話 まとめ

ついにソンイが自ら窮地に陥ってしまいましたね。成宗はそれでもかばっているのに反省するばかりか1人でも戦うと大王大妃に宣言してしまうほど自分を見失っているのがかわいそうでもありました。
そのまま落ち着いて嫉妬せずにいればずっと王の寵愛を受けて穏やかな生活が送れたのに、どうして王に執着してしまったんだろう。