インス大妃-あらすじ-52話-53話-54話-感想付きネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-インス大妃-あらすじ-52話-53話-54話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

インス大妃

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
廃妃となったソンイ。高官達も廃位にするかしないかで意見が二つに分かれたけれどインス大妃が絶対に許さないという姿勢を貫き成宗が折れます。
死罪よりは追放を選んだのです。ただ1人残される王子の事を心配して。
王は、一度追放してしばらく時が経った時に呼び戻すからと伝えるのでした。

【インス大妃】ネタバレあり

インス大妃 52話

実家に幽閉されたソンイは庶民となり母親とのみ同居を許され、それ以外に人との接触を固く禁じられていました。
王子に会いたい、自分の唯一の希望なのと泣き暮らす日々。
余談ですが、ソンイ役のチョン・ヘビンさんは泣きの演技と怒りの演技が上手です。涙はポロポロと綺麗に泣く事ができるのが素晴らしい

宮廷では、若い学者たちが大妃がすべてを手中に入れてもいいのか操られてもいいのかとソンイの復位を嘆願し始めます。
民もまたソンイの復位を求めて宮殿の前やソンイの実家前に集まっていました。
インス大妃は、新しい王妃にユン淑儀を勧めていました。
王は、まだソンイの事をかばいまだ早いのではないかと言います。
ソンイの事をよくご存じでってインス大妃に言われちゃったね。こっそり調べていたのが速攻ばれてる。

自決させる、そうインス大妃決意します。このままソンイが生きていたらいつか王子と会って復位を申し出るに違いないから小さいうちに引き離した方がいいと。
しかも、自分が言い出さなくても誰かが言い出すはずだと自信ありげに言います。

廃妃となったソンイは、貧しい暮らしをしていました。インス大妃のお使いで現在どのような暮らしをしているのか偵察にきた尚宮たちも驚くほどでした。

インス大妃 53話

女官でもいい、使用人でもいいそれでもいいから王様のそばにいたい恋しいのですと日々泣いて暮らしているソンイ。宮殿にいた頃のの傲慢な性格はそぎ落とされ日々反省し徳を積む生活を送っていました。
すっかり弱々しいソンイだね。宮殿にいる時と違いすぎる

ソンイの様子を見に行った尚宮は、帰宅の途中で側室に呼び止められて「笑顔で溢れて、倉庫は食料で満たされ肉を焼くニオイが漂っていた」と離せ側室達いに言われて現実とはかけ離れた様子をインス大妃に話させました。
この嘘って、ソンイをかなり追い込む事になるよね。

その報告を聞いたインス大妃は怒りに震えます。その場にいた王も無言になってしまいます。
そして進む王妃選び、インス大妃の心は決まっていました。ユン淑儀を王妃にすると。王子に愛情を注げるのは若く子供がいないユン淑儀しかいないと考えていました。
それはそうだけど、側室同士のいがみあいを考えると優しいユン淑儀は辛いだろうな

王子を世子にする、これしか方法はないの罪は全部私が背負うと涙を流して決意を固めるインス大妃、ウォルサン君夫人は王子の将来が心配だったけれどインス大妃の温かい心に触れて安心して涙を流すのでした。
インス大妃は、誤解されやすいけれどとても慈悲深い真っ直ぐな人なんだよね。でもソンイに対してだけは厳しすぎるかも。もう少し歩み寄れないものかな

インス大妃も葛藤していました。
頭では命を奪えと、心では助けろとそれぞれ違う言葉を叫ぶのです。一体どうしたら王子を守れるのでしょうか。亡き夫トウォン君の墓碑の前で泣き崩れ決めかねる心持ち1人苦しむのでした。
そんな中、ユン淑儀が新しい王妃として迎え入れられました。後に王子を産むユン淑儀はソンイとは違い名門両班の出身でした。成宗3人目の王妃です。

苦しむ大妃の元にハン・ミョンフェが訪れます。ソンイを自決させるか王子を助けるか。ハン・ミョンフェと話すとインス大妃の目から涙がこぼれ止まりません。
そうだよね、情が深い方だから苦しんでいるよね。

インス大妃 54話

側室達にはめられているとも知らず、新しい王妃からの贈り物だと思い込み王妃の服や付け髪をして綺麗に着飾ります。贈り物に心の底から感謝して。
しかし、それはソンイが宮殿に戻ってくると自分に被害が及ぶのではないかという側室と新しい王妃の父親が企てた事でした。
インス大妃がソンイの暮らしぶりを確認する時にみすぼらしくしていると同情をかって宮殿に戻そうとインス大妃が考えてはいけないと思ったからでした。
すごく反省して、貧しい時を過ごしていた時に届いた贈り物だから本当に嬉しかったよね。ソンイ。でも・・・

宮殿から来た使者にソンイは「王のそばにいられないならいっそ殺してください」と気持ちのままに動いてしまいます。
それを聞いたインス大妃は、もう許せないと自決させるように王に求めます。
しかし王はそれを認めず平行線をたどっていたのですが、ついにインス大妃が決定的な事を言います。
廃妃ソンイを死罪にしないならば、王子から世継の資格を奪えばいいそうすれば何も騒ぐことはなかったと言います。
すると、成宗は涙で顔を濡らしながら「廃妃に自決を命じる」と心を決めるのでした。
王にとってもインス大妃にとっても王子の事を考えるととても辛い決断でした。
王がかわいそう。本当に苦しそうでソンイの事守りたいと思ってるのに

チョンヒョン王妃(成宗の正室)は、ソンイと王の間に生まれた王子が世継で自分がもし息子を産んでも世継にとは決して考えないようにと釘を刺されます。
もちろん、チョンヒョン王妃は穏やかな性格なので実の子供として育てると誓います。

廃妃の自決が決まった八ヶ月後、一時代を築いた大王大妃が息を引き取ります。
そして、廃妃の自決の日が来てしまいます。
成宗は、どうしてこうなったのかソンイを守る事は出来なかったのかと涙が止まりません。
苦しい成宗が見ていられない

インス大妃 52話から54話まとめ

ソンイはついに来るところまで来てしまったという感じでした。
しっかりと反省をしてインス大妃からもらった書を読んで大人しくくらしているかと思っていたら、王が新しい王妃をもらいその王妃が王子の世話をすると知った途端に我慢が出来ず「いっそ殺してくれ」って叫ぶなんて。どうしてもうちょっと我慢しなかったんだろう。王子の事を思うなら、王の事を愛しているなら我慢して長い物にまかれるのだって時には必要なんじゃないのかな。と思うけれどインス大妃ももう少しソンイの事を見てあげて欲しかったな。やっぱり王子が可哀そうと思ってしまいます。