オクニョ 運命の女-あらすじ-17話-18話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-オクニョ 運命の女-あらすじ-17話-18話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

オクニョ~運命の女(ひと)~.jpg





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回、オクニョたちは稀代の悪女ナンジョンに初勝利しました。
今回も新しい作戦があるようで、楽しみです。
そして、ジホンもついに真実を受け止める時がきたよう。
オクニョの出生の秘密を知る女官からのコンタクトがあり、ミョンジョン王もオクニョに大接近と、盛りだくさんな展開になります。

【オクニョ 運命の女】(ネタバレあり)

第17話

オクニョはジホンにパク・テスのことを話す。
テスが謀反の罪を着せられたこと、ウォニョンが仇であることを伝えたのだが、ジホンは信じようとせず、渡そうとした遺品も受け取ってもらえなかった。

この時、ジホンとオクニョが一緒にいるのを偶然見かけたウォニョンの娘シネは、昔、オクニョと会ったことを思い出し、奇妙な縁に胸騒ぎを覚えるのだった。
さすがナンジョンの娘シネ、オクニョとのただならぬ縁を感じとります(^_^;)

テウォンはウォニョンの助けで自分が放免されたことを知り、怒っていた。
ウォニョンにテウォン救出を頼んだジェミョン大行首(テヘンス)に詰め寄るのだが、親子の縁は切れないと、逆に諭されてしまう。
テウォンはウォニョンを味方にできるでしょうか?

その夜、オクニョがテスの遺品を開いてみると、中身は手紙と地図だった。
地図にはジホンに役立つ物のありかが、手紙にはテスが孫を思う気持ちがあふれていた。また、オクニョのことを無二の友と記してあり、涙があふれるオクニョだった。
テス様―(T_T)

妓楼、楚々楼。
ジホンはウォニョンと酒を酌み交わしていた。
その席で、ジホンがテスのことを尋ねると、ウォニョンは因縁の仲だったテスに謀反の罪を着せ、片付けたと高笑いする。
それを聞いたジホンは何を思うのか?
さすがにジホンの顔色が変わったけど、どうなるのでしょう?

一方、妓楼に居合わせたテウォンは、ジホンとウォニョンが仲良く?飲んでいる姿に複雑な気持ちだった。

典獄署。
オクニョは、デシク署長にある提案をする。
それは囚人を外で働かせて収入を得て、典獄署の運営資金にすること。
もちろんデシクの小遣いにもなるため、許可をとることができたのだった。

オクニョは、いつものようにジハム師匠の知恵を借り、製塩所で囚人を働かせようと考える。
さあ、新しいミッション開始ですね(*^_^*)

早速、テウォンに相談するオクニョ。
塩の商売も独占しているナンジョンに、入札で勝たなければならないとわかる。

その頃、ナンジョンの商団では金鉱開拓で騙されたこと、その裏にはテウォンがいたことにやっと気づく。
しかし、部下たちはこのことをナンジョンには知らせずにいた。

宮中では、ミョンジョン王がムンジョン大妃と会っていた。
ミョンジョン王はウォニョンとナンジョンの横暴ぶりを訴える上奏(意見)を受け、二人を厳しく罰するべきだと考えていたが、大妃に止められてしまうのだった。
母に頭が上がらないミョンジョン(^_^;)

いよいよ典獄署の囚人たちがジェミョンの商団の製塩所で塩作りを始めた。
このまま順調にいけば平市署(ピョンシソ 市場を監督する官庁)の入札に参加できる。
オクニョたちの計画は大きく前進した。

なぜかオクニョに関心を寄せるミョンジョン王は、オクニョに会おうとするが、彼が身分を偽っていたことを知ったオクニョは断る。
ミョンジョン王は、しかたなく今度は王の密使だと名乗り、証拠の札を見せ、オクニョに会うことができるようになった。
王様が居酒屋へ!初めて尽しですね~面白い(*^_^*)

ジホンが典獄署にオクニョを訪ねてきた。
先日は拒否したテスの遺品を受け取りにきたのだ。
ジホンはどうするのでしょう?

ジェミョンの商団の塩作りの噂を聞いたナンジョンは、ただ黙っているはずもなく、ウォニョンに入札の口添えを頼むのだった。

典獄署を出所したチョンドンに、「指輪の女官」からオクニョへの手紙が託される。
ついに新展開でしょうか?

テウォンから呼び出され、喜んで妓楼へ行くウォニョン。
テウォンの用件は…
―続くー

第18話

テウォンの用件もまた、入札が公正に行われるように口添えして欲しいという事だった。
ウォニョンはどう動くのか?
ウォニョンはテウォンに夢中だけど、怖い嫁に逆らえるのでしょうか?

一方、オクニョは「指輪の女官」からの手紙に書かれていた待ち合わせ場所に向かい、
ついに女官に会うことができた。
オクニョが、知っている全てのことを話すと…
女官は、東宮殿にカビという女官がいたが、その女官はある日、こつ然と姿を消したと。
また、当時、東宮殿にいた女官たちが命を狙われた理由は、知らぬほうがいいと言い、去って行ったのだ。
オクニョの出生の秘密が気になります!いつ、わかるのでしょうかねー

パク・テスの遺書を読み、思い悩んでいたジホンは、養父にユン・シネとの縁談を断りたいと申し出るのだが、猛反対されてしまう。
その後、ナンジョンに呼び出され、またも不正を頼まれたジホンは、きっぱりと断るのだった。
ジホン様、かっこいい(*^_^*)

ウォニョンは平市署(ピョンシソ)の長官に会い、塩の入札を公正に行うように命じる。
テウォンに味方したのねー(*^_^*)

入札の情報を聞いたナンジョンは、ウォニョンがテウォンに肩入れしたことを知り、激怒するのだった。

オクニョは、再びミョンジョン王に呼び出され、塩作りの経緯を話すことになる。
それを聞いたミョンジョンは、自ら平市署に行き、入札の監視を行う事にしたのだった。
素早い対応の王様、素敵です(*^_^*)

王の監視が入り、塩の入札の不正ができなくなったナンジョンは、他の商団の入札額を探るしかなくなった。

塩の入札の日。
首尾よくテウォンの商団の入札額を探り出したナンジョンだったが、破格の安値に驚く。
しかし、テウォンを憎むナンジョンは大損を承知で最安値をつける。

入札に勝ち、塩を収めることになったナンジョンの商団だったが、ここでテウォンたちに嵌められたことに気付く。
テウォンたちはミョンジョンの口利きで塩を軍に納めることになっていた。
そこでナンジョンに、わざと安値の情報を流したというわけだ。

喜びに沸くオクニョたち
怒りに震えるナンジョン…
―続くー

第17、18話 感想

やりました!オクニョたちは今回もナンジョンに勝利!!
前回は欲のあまり、今回はテウォンを憎むあまりに、墓穴を掘ったナンジョンには笑ってしまいました。
今回はミョンジョン王の助けも大きかったですね。
爽やかなミョンジョン王、素敵です~ちょっと気が弱くて、母親に頭が上がらないとこもあるけれど、これから頼もしくなっていく予感がします。
悩めるジホンも気になるし、ミョンジョンに嫉妬するテウォンも可愛い(*^_^*) 
オクニョの出生の秘密が少しだけわかったのですが、やはりオクニョはあの方の子供なのかな?ということは?
ああ、また気になることが増えてしまいました。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。