オクニョ 運命の女-あらすじ-49話-50話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-オクニョ 運命の女-あらすじ-49話-50話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

オクニョ~運命の女(ひと)~.jpg





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
残すところあと三回となりました。
もう「負けるな、オクニョ!」と連呼するしかない展開です。

水も太陽も土もない獄中に咲いた花、
けれども、強く美しいオクニョ~今こそ咲き誇れ!

【オクニョ 運命の女】(ネタバレあり)

第49話

「おまえを生かしてはおけぬ」鬼気迫るムンジョン大妃。
しかし、一歩も引かないオクニョがいた。
かっこいいーオクニョ(*^_^*)

一方、オクニョを人質にとられ、困っているミョンジョン王、ソノ、テウォン。
もちろん、ウォニョンたちを放免することはできないので、必死の「オクニョ捜索」が始まった。

しかし、ナンジョンの自白を得られず、オクニョもみつからないまま時が過ぎる。

そして、テウォンはついにオクニョが王女であることをミョンジョンに知らせる。
驚くミョンジョン。
その後、ミョンジョンは、オクニョを助けるため大妃に屈するのだった。
ミョンジョンの気持ちは??

放免されたナンジョンは、オクニョが王女と知り、王も意のままにならなくなったとみるや、謀反を企てる。

ナンジョンたちは次の王に徳興君(トックングン)の長男、河原君(ハウォングン)を立てることにし、自分たちの娘シネとの結婚を急ぐ。
さすがナンジョン、助けてもらった大妃の思惑も無視なのね(^_^;)

釈放されたオクニョは、王女としてミョンジョンと対面する。
自分が至らぬせいでオクニョに苦労をかけたと謝るミョンジョン。
ミョンジョンは優しいなあー(*^_^*)

縁談を聞いたシネは、いまだ未練のあるジホンの元を訪ねる。
ただ一途な気持ちでジホンを訪ねたシネだが、ジホンはシネの縁談からナンジョンたちの企みを見抜く。
シネは母親に似て悪女かと思っていたけど、最後まで純情だったのね(*^_^*)

ジホンと共にミョンジョン王に謁見する徳興君の三男、河城君(ハソングン)。
ミョンジョンは聡明な河城君を気に入っている。
史実では、河城君が次代の王となります

オクニョが王女ということを育ての父母チョンドクとユグムも知ることになる。
平伏するチョンドクたちに、今までどおりというオクニョだった。

全てが良い方に向かうかと思われたが、ミンジョンが再び倒れてしまう。
前回ほど深刻ではないようだが…
なんということ(>_<)

この機を逃さず動き始めた大妃はウォニョンの屋敷を訪ねる。
大妃は敵対する大尹(テユン)派の殺生簿(サルセンボ)を携えていた。
出ました!時代劇おなじみの殺生簿~怖いですねー(^_^;)

大妃の命令に、ためらうウォニョンと、はやるナンジョン。
ウォニョンは殺生簿にテウォンの名があったので、ためらっていたのだ。
もちろんナンジョンはそんなことは気にしない…

ウォニョンを差し置き、ナンジョンはテウォンとオクニョの殺害を手下のチョルギに命じる。

一方、ウォニョンは密かにテウォンに会い、逃げるように言う。
ユン夫妻は仲が良いのか悪いのか(^_^;)

大妃の兵はイ・ジョンミョンを始め、次々と大尹派を襲う。

オクニョもチョルギの襲撃を受ける。
テウォンと共に逃げるオクニョ…

その頃、やっとミョンジョンが目覚める。
ミョンジョンは、ジョンミョンの死と、大尹派の重鎮が捕えられたという報告を受ける。
そこへウォニョンが現れ「大尹派の謀反」を告げるのだった。

再び、大妃と対するミョンジョン。
悪企み中の大妃の瞳がキラキラしているー(^_^;)

腹心を守れず、自分の無力を呪うミョンジョン。
ミョンジョンは、譲位を宣言する…
―続くー

第50話

ミョンジョン王の譲位の意志を聞き、さすがのムンジョン大妃も動揺のあまり倒れてしまう。
ミョンジョンのために悪事をかさねた大妃ですものねー(^_^;)
史実では大妃が先に亡くなるようですが…

兵を動員して大尹派の一掃を図るウォニョンに対し、追手から逃れ身を隠しているオクニョとテウォン。

ジホンが捕らわれ、テウォンとオクニョが追われる中、商団や妓楼の仲間たちが助けようとするが…
ここにきて大ピンチ(>_<)

その頃、大妃が危篤となる。
駆け付けたミョンジョンの脳裏に母との過去が蘇る…
そして、大妃は最期に何を語るのか?
(T_T)(T_T)(T_T)

大妃の死により、各所に激震が走る。

しかし、ミョンジョンまで床に就いている好機を見逃すナンジョンではなかった。
邪魔者を一掃し、婿を次の王に据えようと、計画を進める。
いやー、不屈の女ナンジョン、ここまでくるとあっぱれ?

事態を知ったオクニョも動き出す。
商団を使って兵を集めるオクニョ。
大妃の死を知ったオクニョは、とまどいながらも、ナンジョンと同じく今を好機ととらえる。
そして、オクニョは密かにミョンジョンと書状を交わす。

仲間たちを一同に集め「王女オクニョ」が立ち上がる時が来たのだ。

一方、ミョンジョンは宮中で王命を出し、ジホンたちを救出し、逆賊を逮捕するのだった。

私兵を連れたオクニョとテウォンがウォニョンの屋敷へ…
―続く―

第49、50話 感想

次回は最終回なのに、ここで終わり?
最後に怒涛の解決?
皆のその後も見たいのですが、どんな最終回になるのでしょう?
と、疑問符ばかりになってしまいました。
疑問といえば大妃の突然の死も、そうでした。
あんなにすごい女傑も息子の言葉にショックを受けるとはかなく散ってしまうものでしょうか?方法は間違っていたけれど息子を命がけで愛していたので、ショックが大きかったのでしょうか?
大妃の死にショックが大きかったのはミョンジョンやウォニョンという男たちで、ナンジョンとオクニョは「好機」とすぐに行動するところが、なんとも強い女たちと感心してしまいました。
長い長い女の戦いに次回、いよいよ終止符が…







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。