オレンジマーマレード-あらすじ-5話-6話-キャスト情報ありで最終回まで!

韓国ドラマ-オレンジマーマレード-あらすじ-5話-6話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト-相関図など、最終回までの感想を全話配信します。

オレンジマーマレード.jpg
有名なSNS漫画モチーフのドラマ。種族や時代を超えた人間とヴァンパイアの切ないラブストーリーです。日本でも人気のCNBLUEのイジョンヒョンとAOAのソリョン。若手実力派俳優ヨジングが共演。朝鮮王朝時代の話と現在の話と未来の話。どの話も人間とヴァンパイアの切ない話です。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回はジェミンが願いの叶う灯台に行きマリと再会。そしてマリにヴァンパイアなのかと問い詰めて二人で海に落ちてしまいます。その後助けられましたがマリはジェミンの事を覚えていません。マリはジェミンの事を思い出す事ができるのでしょうか?二人の運命は?この先どうなるか気になりますね。話は昔に戻ります。朝鮮王朝時代の話です。昔の二人と現在の二人。どう関わり合っているのでしょうか?続きをみてみましょう。

【オレンジマーマレード】(ネタバレあり)

5話

時代は過去にさかのぼります。朝鮮王朝時代。吸血鬼達はいつでも血を自由に飲む事ができるようにするため反乱を企んでいました。吸血族はその頃静かに両班村で人間と共存していました。両班の息子ジェミンは病弱で血を見るとすぐに気絶してしまいます。ジェミンは学問は得意でした。ジェミンの友人で同じく成均館に通い同室のシフ。シフは夜な夜な寮を抜け出す自由人。対照的な二人でしたがすごく仲良しでした。

現在ではシフとはあまり仲良くない設定だったのに昔設定は親友なんです。
ある日帰ってこないシフを探しに秘密の隠れ場所に向かいます。ジェミンは探している間にきれいな笛の音色を聞いてうっとりします。笛を吹いていたのはマリという少女。

ジェミンは昔も今もマリが好きですね。しかもジェミンの方から一目ぼれ。
ジェミンはマリに一目ぼれします。ジェミンは毒蛇に足を噛まれてしまいます。ジェミンの足から毒を抜くマリ。その際にジェミンの血に誘惑されそうになりますがなんとか誘惑に打ち勝ちます。マリのおかげで命拾いしたジェミンはいつもの学生生活に戻ります。

すべてはマリのおかげです。
ある日昼食に出た肉のせいで学生のほとんどが食中毒を起こしてしまいます。材料の肉を卸していたマリの父が捕らわれます。マリは人間の状態を保つための薬を父親に届けに行きます。そんな時男らに襲われそうになるマリ。そんなマリを見かけたシフ。シフは助けようとしましたがその間にマリが一人で男達をやっつけてしまいます。その姿に惚れたシフ。

そんな場面で人を普通好きになるかは疑問です。
一方父親から早く結婚するように言われるジェミン。結婚は絶対したくないと反発するジェミン。そんなジェミンはある日シフと二人で心惹かれる女性について話していました。

6話

シフに好きな女性について話すジェミン。シフにそれはどこの女性だと聞かれても答えに困るジェミン。

好きな人の事も言えないなら好きになるな。
マリも同じ頃ジェミンに思いを寄せていました。ジェミンはマリを忘れようとします。そんな中吸血鬼と吸血族の争いはより激しくなっていました。ジェミンとの縁談が進みうれしそうなアラ。実は前からジェミンの事が好きでした。アラはエステサロンに行きます。

エステのような場所です。
そこは吸血鬼がやっているお店。そのお店で恋の媚薬の話を聞くアラ。

自力でどうにかしようとは思わないのでしょうか?
その媚薬がどうしても欲しいアラ。その媚薬を渡すには条件があるといわれます。その条件とはマリを懲らしめる事。アラはその条件をのみます。ある日使いとしてアラの家に向かうマリ。お礼だといわれて部屋に向かい入れられます。さらにきれいな髪留めもプレゼントされます。するとアラの母親が表れて身分が低いくせに家に入り髪留めを盗むとは何事。納屋に連れて行きなさいと言います。

アラもアラなら親も親ですね。最低です。どんなに身分が高くても。
シフが止めますが止められる状態ではない。そこにジェミンが現れます。豚にも劣る身分です。獣が人間のマネにしても人間になれるわけではない。早く外に出すのです。と言います。その言葉にマリは深く傷つくのでした。そんなマリを心配して追いかけるシフ。前に見かけた時に男を一人で倒した事を話してマリに挑戦状を申し込みます。そのあとマリの父が無実の罪になったのは自分のせい。これからはその償いをすると
言い立ち去ります。ジェミンは自分の言葉で傷ついたマリに謝りに行きます。そして再び二人の絆は強まります。そんな二人の様子をジェミンの乳母に気づかれてしまいます。乳母はある日マリの両親にこれ以上ジェミンと深い仲にならないで欲しいと忠告しに行きます。マリはその話を聞いてしまいます。アラとの縁談を拒否するジェミン。その事を父から激しく怒られます。マリはアラから呼び出されます。

5-6話感想

時代は昔の設定。現在の時と登場人物は変わりありません。ジェミンは過去でもマリに夢中。でもマリを好きな事を周りには秘密。シフにも言えません。言えないなら好きになると思うのですが。身分違いなのでしょうがありません。アラは身分が高いが昔も性格が悪い。しかも恋の媚薬に惹かれる最低な女の子です。マリとジェミンはうまくいくのでしょうか?ジェミンの乳母も反対しています。果たしてどうなるのでしょうか?








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。