カネの花-あらすじ-9話-10話-キャスト情報ネタバレありで!

韓国ドラマ-カネの花-あらすじ-9話-10話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

お金の花





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
プチョンはマルランの子供では無いことがわかりました。
一体プチョンの父親は誰なのでしょうか?
そして、プチョンはソウォンとの関係は続いている様子。
ソウォンの子供はプチョンの事を「パパ」と呼んでかなり慕っています。
2人の関係にうっすら気づき始めたピルジュですが、これからどう動いて行くのでしょうか?そして、ピルジュの野望に対する行動も少しづつ動きはじめている様子です。
それでは9話から見ていきましょう!

【カネの花】(ネタバレあり)

9話

韓国に帰国するプチョンとモヒョン。
まだ妊娠していないモヒョンに対して、自分が指定いた日に結婚式を挙げないから子供が出来ないんだと言うグックァン。
その言葉に対し、韓国に戻ったから気楽な気持ちで子供を持てるように努力しますと言うモヒョン。

その間もソウォンと連絡を取るピルジュ。
息子に対しても父親としてかわいがっていた。

オ運転手の元に一通の手紙が届く。
そこには「お前の罪を見つける」と書いてあった。
その手紙を破くオ運転手。
これはヨングが送ったみたいね。

韓国に戻って、居心地が余り良くないモヒョンに、はちみつのお茶を出す家政婦。
これは、ピルジュがモヒョンにと言って渡してくれたんだと伝える。
はちみつのお茶を飲みながら、雨の日の事を思い出し微笑むモヒョン。

その頃、ナ・ギチョルはチョンアタワーの建設許可を出す契約書をグックァンに届ける。
しまし、ソンマンはそんなギチョルをどんな手を使っても引きずり降ろそうとしていた。

久しぶりに外を歩きたいと言うモヒョン。
しかし、具合が悪くなりその姿を見つけたピルジュによって病院に連れて行かれる。
病院に行くと、妊娠4週目である事がわかる。
早くプチョンに連絡をと言うピルジュに対して、後で顔を見て話したいと言うモヒョン。

その頃、プチョンはソウォンの家に。
息子のハジョンをチャン氏にしたらNYに行くんだな?と言うと、そうだと言うソウォン。
まだ籍に入れいないのね。

モヒョンを実家に送り届けるピルジュ。
モヒョンは母親と久しぶりの再会に涙を流す。
この親子関係が一番まともだわ…

ナギチョルは、秘密資金の受け渡しをヤン補佐館に任せる。
いつものようにヨングが餅の配達のトラックにお金を積み、それをヤン補佐官に渡す。
しかし、その後付けてきたソンマンの手下がヤン補佐官に暴行を加え、お金が入ったトラックを盗んでしまう。

その後、ソンマンに食事に誘われるピルジュ。
そこで、餅は私が全部食べた。天下のピルジュが配達事故を起こしてもいいのか?
と警告される。

盗まれた金は自分の隠し資金でどうにか解決しようとするピルジュ。
しかし、その金はプチョンとの会長の座争いの為に残しておいたお金だった。
資金はグックァンかマルランに言ってどうにか工面してもらったらどうだ?というヨングに対し、それは後に信用してもらえなくなるからしないと答える。
もしかして、マルランへの復讐をここで終わりにしろという天からの声ではないか?というヨング。
しかしプチョンは、この復讐が終わるのは俺が死ぬか、マルランから血の涙が出るかだと言う。

その後、ベッドに資金を詰めて、ヤン補佐官への受け渡しが成功する。

モヒョンにプチョンに隠し子が居ることを伝えるピルジュ。
マルランは、子供は世話をして、母親がプチョンに近づけないようにと言う。

一方、ソウォンはモヒョンに連絡を入れて家に子供を連れて遊びに来る。
モヒョンは体調を崩しソウォンに病院に連れて行ってもらう。

グックァンはプチョンとヨチョンを競わせて、勝った方にチョンアバイオの副社長の位置を与えると言う。
副社長になったら凄いことだ!俺を助けないといけないぞとピルジュに言うプチョン。

モヒョンが倒れた事を聞き、病院に駆けつけるプチョンとピルジュ。
病室に行くと、そこにはソウォンも一緒にいた。
そして、マルランもその病室に訪れて…

10話

病室でソウォンに会うマルラン。
そこに、息子のハジョンが現れて、プチョンの元に行こうとする。
それをいち早く気付いて止めるピルジュ。
ピルジュはハジョンを抱いて部屋を出る。

ハジョンに危険が及ぶのではないかと急いでソウォンも病室を出る。
それを追って、マルランはソウォンに話をしに行く。
ソウォンがプチョンの不倫相手だと知っているマルランはソウォンを脅す。
そして、ピルジュと一緒にいるハジョンに駆け寄るソウォン。
そんなソウォンに、「一日だけ時間をあげます。」と言うピルジュ。

プチョンはソウォンの家に行き、自分の息子ハジョンいに会いに行く。
プチョンに自分と一緒に居てほしいとお願いするソウォン。
しかし、そのまま帰ってしまう。
その後、ソウォンの家を訪れてソウォンのクビを締めるピルジュ。
ピルジュを振り払い、部屋に逃げるとその後に別の暗殺者ソウォンを襲おうとする。
しかし、ピルジュの手によって暗殺者は始末される。
争ったあとだけを見て、マルランが自分を殺すために人を送った事を察するソウォン。

一方、ピルジュの弟ギョンチョンの石碑の前で涙を流し、自分のが犯した罪に心を痛めるオ運転手。
オ運転手を追って来たピルジュとヨングは、その石碑を掘り返すと弟の靴などが現れる。
それを見て、涙が止まらないピルジュとヨング。
「俺の弟が寒いだろ」と言って自分のコートをその遺品にかけるピルジュ。
そして、オ運転手が弟を殺した犯人だと核心するピルジュ。
その石碑に「自分の犯した罪がお前を追いかけている」とメモを残す。

別の日、そのメモを見てウンチョンが生きているのでは?と疑うオ運転手。

ソウォンがモヒョンの家を訪ねる。
そして、自分とプチョンとハジョン(プチョンの息子)が一緒に寝ている姿の写メを見せる。

「私の方が先にプチョンさんに出会ったの。だから、義理のお母様からこの子のと私の命を助けて!お姉さんは良い人でしょ?」
と言うソウォン。
2人の関係に気付いたモヒョンはショックで倒れてしまう。
ソウォンは子供を守るためにそうしたみたい

家に着いたピルジュは、モヒョンの元にソウォンが来たことを知ると、急いでモヒョンの所に行き倒れているモヒョンを病院に運ぶ。

モヒョンは、ショックで流産してしまう。
モヒョンの元に現れたプチョンの携帯電話を取り、ソウォンに電話をするモヒョン。
決心が着いたから、ソウォンをここに呼んだと言うモヒョン。

ソウォンが来ると、自分の結論はハジョンを引き取りピルジュと一緒に育てると言うモヒョン。モヒョンの結論に驚く2人。
法律上の手続きをしてほしいとプチョンにお願いするモヒョン。

その後、「こんな決断ができる嫁だとは思わなかった。」と言ってモヒョンに感謝するマルラン。
プチョンに対しても、あなたを愛したことは後悔していない。
あなたもこの間大変だったでしょう?と無表情で言うモヒョン。
そんなモヒョンに、なぜ自分をなじらないんだといって泣きながらモヒョンを抱きしめる。

その後、プチョンに黙って家を出るモヒョン。
モヒョンの言った場所は昔プチョンの住んでいた家であった。
そこには、父親のチェサの為に訪れていたプチョンの姿があり…

感想

修羅場です。
どろどろです。
モヒョンがプチョンとソウォンの中を知ってしまいました。
流産もしてしまい、辛い中なのに不倫相手の子供を育てるという勇敢な決断をします。すごすぎる!
しかし、このドラマを見て思うのは、ストーリは面白いし、男性陣の演技は最高(ヨチョンを除いて)なのに、モヒョン役のパク・セヨンに魅力があまりないのが本当に残念で仕方がないです。
きっと、この女性主人公がもっと魅力があったらもっと視聴率が上がったのではないでしょうか。
24話までにどんな演技を見せてくれるのか、期待と不安半々です。
さて、次の回でピルジュの招待をモヒョンが知ってしまいそうです!
それでは11話でお会いしましょう!








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。