カノジョは噓を愛しすぎてる-韓国版-あらすじ-13話-14話-15話-ネタバレありで!

韓国ドラマ-カノジョは噓を愛しすぎてる-あらすじ-13話-14話-15話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

カノジョは噓を愛しすぎてる





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
チェ代表が自分よりもハンギョルの実力を認めていると知らされたチャンヨン・・今まで
のこともあり、姿を消してしまいましたね・・そのかわりに急遽、表舞台に立つことになったハンギョル。
この2人は今後、どうなってしまうのでしょうか・・またソリムはどう動くのでしょうか。
チェ代表はこの先のことまで、しっかりと考えているのか疑問ですが・・

それでは今回は13話からお伝えしていきますね♪

【カノジョは噓を愛しすぎてる】(ネタバレあり)

13話

チャンヨンの代わりに「K」の初舞台としてステージに上がるハンギョル。
演奏が始まると「お前だけでも俺を選んでくれないか?」とソリムを抱き寄せるチャンヨン・・ここを離れたいというチャンヨンに「行先は私が決める」と話すソリム。

自分の実家に連れてくるソリム。夕食をご馳走する祖母・・そこにいなくなったソリムを探していたハンギョルが訪ねてくる。
そこで「俺はCRUDEPLAYの曲をいつもお前が弾くベースを思いながら作っている。」と話すハンギョル・・すると「もう帰るよ」と去るチャンヨン・・それを追うハンギョル。
CRUDEPLAYのメンバー、ハンギョルに「CRUDEPLAYの活動を少し休みたい」と話すチャンヨン。
ハンギョルは少しずつチャンヨンの気持ちに寄り添うようになりましたね

ソリムに会いにチャンヨンが宿所にやってくる。チャンヨンの口から何もききたくないと祖母の家に連れて行ったことも、今もチャンヨンの気持ちを聞けないソリムの気持ちもわかっているチャンヨンは「お前のせいじゃない」と話し、去っていく。
翌日、チャンヨンの活動休止ニュースが流れ、ソリムへの誹謗中傷がやまない・・心配したハンギョルはスタッフに頼み、ソリムを呼び出す。
チャンヨンの活動休止が本当に自分のせいじゃないのかと悩むソリム・・
チャンヨン、多くは語らないけど、やることがイケメンですよね

この騒動の中、CRUDEPLAYが演奏を当て振りしているという記事が証拠動画とともに記事になってしまう。
その記事を否定するため、生演奏をすることになったCRUDEPLAY。
ソリムを呼び出すハンギョル。自分が曲を作り、メンバーを世に出すことが正解だと・・そのメンバー・・友達が自分たちで演奏したがっていたのも知らず・・と自分を責めるハンギョル。今、何をしてやれるのかわからないと泣くハンギョルを優しく抱きしめるソリム。

CRUDEPLAY生演奏披露記者会見前日。毎日、一生懸命に練習するメンバーたち・・しかしドラムのイノは不安そう・・その夜、うなされ起きるハンギョル・・そこに「イノが交通事故にあった」という電話が・・

14話

急いで病院に駆けつけるメンバーやハンギョル。命に別状はないが、腕を骨折しており、ドラムを叩ける状況ではない。
記者会見は中止にすることに。
問題続きのアーティストを管理出来ていないチェ代表。社長はSOLEミュージックアーティスト全員と面接することを決める。
MUSH&COメンバーと面接後、社長から携帯使用の許可も宿所生活からの解放を言い渡す・・どうやらソリム以外のメンバーを切るつもりの様子。
CRUDEPLAYにはイノが退院後、記者会見を開くこと、ユナにはいずれ、社長の事務所に移籍するよう、次々と決定していく社長。

イノの病室を訪れるハンギョル。「腕が治るまで弁明ライブをしろとは言われないだろ?」というイノにわざと事故を起こしたんじゃないかと疑う。

一方、ソリムとハンギョルの仲を怪しんでいるジヌ。ジヌはソリムに好意を抱いていたが、ハンギョルと付き合っていることを知り、またその事実を隠しているソリムが許せず、3人の雰囲気が悪くなっていた。
正直に話すソリムに「許してやるよ。お前の笑った顔が好きだから」と話すジヌ。そこにギュソンが現れ「俺も本当に好きなのに・・昔から」と本音をやっと話せたジヌ。
あ~ジヌの恋は叶いませんでしたね・・でも高校生らしくてこのシーン好きです

マネージャーからイノから睡眠薬を頼まれていたことを知ったハンギョルは病室を訪ねる。
「どうして睡眠薬を飲んで運転なんかしたんだ?」と話すハンギョル。しかし、「飲もうと思っていたが、お前が来たから、飲めなかった」「演奏するのが怖かった。自分のせいでみんなが駄目になるのがこわかった」となくイノ・・「俺が責任を取るから心配するな」と話すハンギョル。
そんなに思い詰めてたなんて・・

自分を責めるハンギョルはソリムを呼び出し、「俺さえいなければ・・」と泣き崩れる・・抱きしめるソリム・・

15話

「何があっても味方だから、自分がいなくなればなんて2度と言わないで」と慰めるソリム。

宿所生活最後の日、パーティーをしようと計画していたソリムたち。そこにそれぞれサプライズゲストを呼ぶ、ソリム・・そしてジヌたち。

役員会議でSOLEミュージックはなくなり、チェ代表が解任されることに。そこでチェ代表はハンギョルとチャンヨンを呼び出し、ハンギョルに「CRUDEPLAYのプロデューサーとして今後どういった方向性でいくのか考えろ」、チャンヨンには「MUSH&COのプロデューサーとしてやっていく決心がついたら来い」と話す。
チェ代表は本当に大切なことを思い出したようです

その帰り、パーティーに顔を出すサプライズゲスト1号のチャンヨン。そこに現れるサプライズゲスト2号のハンギョル。パーティーの帰り道、「お前の作る曲は人を幸せにする」とハンギョルに言われ、MUSH&COメンバー全員を引き離さず、これからもプロデュースすることを決心する。

一方、ハンギョルはイノのお見舞いにきたCRUDEPLAYメンバーに「イノが退院したら当て振りをやめて、俺たちみんなが一緒にできる音楽をやっていこう」と話し、同意するメンバーたち。
青春って感じがしていいですね♪

イノ退院当日、社長に呼び出されるCRUDEPLAYのメンバーとハンギョル、そしてチェ代表。早速、記者会見をするという社長に「今後、当て振りはしない」「こんな不安なままで記者会見はできない」と話すハンギョル。強気なハンギョルにイノは自分のせいかと話す・・その話を偶然聞いていたチェ代表は、ハンギョルにイノの事故の件で知っていることはないかと聞き、事故の真相を知る。

なかなか記者会見に応じないCRUDEPLAYのメンバーとチェ代表にしびれを切らした社長は記者会見の日時を報道させるという強行突破にでる。記者会見をするしかないCRUDEPLAYとハンギョルはこれを機に当て振りを認め、一からやり直そうと話し合う。
やっとチャンヨンも本当の意味でCRUDEPLAYのメンバーになれた気がします

記者会見当日。会場に入場するメンバーたち、ハンギョル。社長、チェ代表、ソリムたちが見守る中、チャンヨン以外演奏していなかった事実を認め、今後の活動を自粛すると頭を下げる5人・・

カノジョは噓を愛しすぎてる 13話・14話・15話感想

今までハンギョルの代わりとしてしか存在していないと思っていたチャンヨン。実際はそうではなく他のメンバーやハンギョルの本当の思いを知り、だんだん心を開いてくるようになりましたね!嫉妬心やライバル心を燃やしていた表情とは違い、柔らかい表情がこれまた素敵です♪

そしてついに、CRUDEPLAYが演奏していなかった事実を認める会見をしましたね!どうなってしまうのか気になりますが、あの5人ならきっと一緒にまた再起してくれるんじゃないかと期待しています♪








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。