キャリアを引く女-あらすじ-7話-8話-ネタバレありでご紹介!

韓国ドラマ-キャリアを引く女-あらすじ-7話-8話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

キャリアを引く女


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
無事一つ大きな裁判が終わたゴールデンツリー。でも水面下では家出少女事件がくすぶってる予感。ボッコを襲ったのは誰?気になる第7話です。

【キャリアを引く女】(ネタバレあり)

第7話

「俺にはストーカーがいる。君も危険かも」とグムジュに言うボッコ。「俺たちに嫉妬して怒ってるから」と言うボッコに「なんで私達?何もないじゃない」とグムジュ。
心配で事務所に戻ってきたマ弁護士。グムジュを送ろうとしているボッコと会う。「もうマ弁護士に彼女のことを任せない」と宣戦布告とも取れる宣言をするボッコ。
グムジュを家に送り届けたボッコ。それを車から見ている男。

また出てきたよ~。怖い~。

K.factでは家出少女事件について調べていた。キーになっていたトミー・キムという人物がソ・ジアという人物だとわかる。このソ・ジアはボッコが検察をやめるきっかけになった証人。そして行方がわからなくなっていた。
ボッコを襲った女が殺そうとしたのはミナだった。そして殺害を指示したのはジアだった。
ボッコはジアのSNSにメッセージを送る。ジアに届くが、そのメッセージも男が監視していた。

この男、ホント何者?頭のキレるボッコでも、何かハメられそうな予感がして怖い

マ弁護士はボッコに「僕はグムジュさんが好きです。だからこれから個人的に会わないでください」と告げに来る。

オソンの婿キム・チャンヒがドンスを訪ねてくる。美食会と家出少女事件のつながりを示唆する写真が送られてきた、と言い写真を見せ事実かどうか聞く婿。「関係があったとしてもし記事になるようなことをしたらあなたに何をするかわからない」と脅迫するドンス。
一方、オソンの娘が殺人容疑で逮捕される。ヘジュは話を聞き「情状酌量の余地がある」と言うがドンスは「あなたは誰も殺していない。あなたの旦那キム・チャンヒがやった」と言い出す。
そして逮捕されてしまった婿キム・チャンヒ。そして「嫉妬心から自分がやった」と証言する。

ドンスが間違いなく悪役だとわかりましたー!オソンが無罪にさえなれば他はどうでもいいと。今回は美食会のことを聞かれてから明らかにキム・チャンヒに対して態度が変わったからそれも関係してる気がするけど。

調べていると、キム・チャンヒは女装癖があり、死んだ男性はキム・チャンヒと親しい相手だということがわかる。カミングアウトしない為にも罪をかぶったということらしい。
マ弁護士は情報を探しにグムジュを誘い一緒に向かう。

守秘義務に誓って、秘密は守るけど、キム・チャンヒの無実をどうにか証明しようと奮起したグムジュ。マ弁護士もだんだん気持ち出してきて、グムジュ、この先どうなっちゃうの~。

第8話

前回、ボッコに呼び出され「オソンは弁護士の沼だ。抜け出すのは大変だから早いうちにやめた方がいい。」とアドバイスされた。ドンスに「オソンは無罪。他は有罪」と言われ、一人飲むヘジュ。酔ったヘジュはボッコを呼び出す。酔ったヘジュはボッコに迫るが、「助けて欲しければ酔いを冷まして来て」と言われてしまう。
何も話そうとしないキム・チャンヒ。情報を探しにバーを訪れたマ弁護士とグムジュ。そこは男性だらけのバー。マ弁護士が男に迫られるとグムジュはキスのふりをして助ける。そして本当にキスをするマ弁護士。

マ弁護士。やっちゃったなぁ。これで仕事しにくくなったらどうすんの?と思いながらも、マ弁護士ファンにはたまらないシーンだったかな?私はボッコ派ですが(笑)ヘジュのボッコに対する色目使いに腹がたつ。でもそれにつられないボッコ。さすが!!

マ弁護士は改めてグムジュに告白をする。グムジュは「正直戸惑ってる。一緒に働く弁護士として好きよ」と伝える。

マ弁護士達は結局キム・チャンヒと話もできずに裁判を迎える。裁判が終わり、グムジュと面会するキム・チャンヒ。グムジュの説得で性的マイノリティーをカミングアウトする気になったキム・チャンヒ。

無事勝ったマ弁護士とグムジュ。キム・チャンヒは「私のかわりに解決してほしい事件がある」と言って帰っていく。
キム・チャンヒはボッコに美食会の情報を送り、「解決してほしい」と委ねる。

カミングアウトはすごい勇気のいることだと思ったけど、これを好機の目で見られない様な言い方で収めた弁護士さんに拍手。

ミナはボッコに「帰りにどこかに寄った。その動画を携帯で撮った」と言う。それは有名な俳優ユ・テオと、女の人が写っているものらしい。つまりミナを追っているのはユ・テオの相手の女性かと。

ミナが狙われたのはこの携帯がきっかけなのかな。やっと一つヒモが解けた気がする。でも闇はもっと深そう。またその場所がおそらくオソンの別荘という・・・。だからドンスも絡むのか。

ボッコはミナをグムジュに会わせることにする。家に招きグムジュと対面するミナ。グムジュはミナが生きていたことに驚き、ボッコが今まで面倒を見ていたと知ってボッコに抱きつき感謝を伝える。

この事件がきっかけでグムジュは牢屋に入ったしね。いろんな想いがあると思う。ただミナが生きていることを知ってる人は少ないし、これでグムジュが何かに巻き込まれなきゃいいけど、

第7話―第8話の感想

ミナは美食会に呼ばれた帰りに有名人ユ・テオと女性の関係を携帯で撮って、その後襲われたことが判明。それが家出少女事件ということ。やっと少しずつ事件がつながり出しました。
闇はまだまだ深そうだけど。オソンがどんだけいろんな事件に絡んでるのか・・・。まだまだありそうな予感。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください