キルミーヒールミー-あらすじ-19話-キャスト情報ネタバレありで!

韓国ドラマ-キルミーヒールミー-あらすじ-19話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

キルミーヒールミー.jpg
チソンが演じる7つの別人格に注目!韓国話題作ドラマ
多重人格に悩む主人公と、それを支える精神科医とのラブストーリー
笑いあり涙ありのおすすめドラマです!





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回、リジンはドヒョンの母が雇った男達によって、
誘拐されてしまいましたよね?
目の前でその光景を見たリオンはすぐさま、
追いかけますが…
リオンから連絡を受けたドヒョンも、
すぐさまリジンを探しに行きます!
なんとかドヒョンは、リジンを助けることに成功しますね。
リジンは助けてくれたドヒョンのためにも、
幼少期の記憶を取り戻そうと決意するのですが…
それでは、第19話からお伝えしていきますね〜
【キルミーヒールミー】(ネタバレあり)
第19話
スニョンは夢の中に出てきたソヨンが悲しい顔をしており、その姿が脳裏から離れずすぐさまお参りに行きます。
21年前に…
突然スニョンは帰国したはずのソヨンから電話が来て、
「3日以内に必ず迎えに行く!今は説明している時間はないから、私の娘をあの家からどうにか連れ出して!」
と言われ言われるままスニョンは、戸惑いながらもまだ小さいのリジンを本家から連れ出しソヨンを待ちました。
ですがソヨンが帰らぬ人となり、リオンの双子の妹として今日まで愛情を注ぎ育ててきたのでした。
やっぱりリオンとリジンは兄妹ではなかったのですね?
そしたらより一層、ドヒョンとリジンの関係性が気になってしまいます。

その頃チェヨンはドヒョンの事がどうしても気になります。
そのため婚約者であるギジュンに対し、「手に入れたい人ができたの!」
よいきなり告げ、婚約を破棄したのです。
ですがプライドが高いギジュンは、そのチェヨンが欲しがる相手がドヒョンだと知り、より一層彼のプライドはボロボロになります。
リオンはようやく冷静さを取り戻します。
そんな中偶然にも彼は、両親の会話からスンジンの名を聞きました。
そのことがきっかけにリオンは、妹に関係しているのではないかと思い
調べ始めた事にします。
彼は両親に対し、リジンが全ての記憶が蘇る前に自分が調べあげることを告げ、
「その内容によって、真実を伏せるべきか話すべきか判断しよう!」と打ち明けるのでした。
実はリジンは本当の親じゃないことを知っていながら、21年間知らないふりをしてきました。
ようやく今が過去の傷と向き合う時だと実感する彼女は、愛情を注いでくれた母に感謝の気持ちと、親子ではないことを知っているとカミングアウトします。
リジンの「私は母さんの心臓から生まれた。」という言葉が全てを物語っていますよね。
彼女自身もこの21年間真相を分かっていながらも言えない葛藤と、戦ってきたのでしょうね。

一方ドヒョンは、リジン誘拐の首謀者が母だと気づきます。
そんな母に大使ドヒョンは…
「罪を償うつもりで一緒にアメリカで暮らそう。
もしもそれを拒否するなら、僕の病気について公にします!」
と言い脅すのです。
思えばドヒョンの父ジュンピョは6年間家出状態でした。
彼は幼いドヒョンの手を引き数年ぶりに帰宅するもののそこには…
いないはずのソヨンが!
そしてソヨンがいきなり、「あなたの娘よ!」と隣にいた女の子を突き出します。
これがリジンでした。そしてジュンピョから見れば、リジンの存在は望まない子供。
またさらには、存在自体が邪魔くさかったのだと思います。

そして父ジュンピョはリジンを地下室に隔離します。
愛息子ドヒョンとリジンの接触をものすごく拒んでいたからです。
ですが知らぬ間に2人が、コソコソと会っていることを知ります。
それが原因で父はリジンの事を虐待し続けたのでした。
ドヒョンは一部始終をリオンに話します。
その時にドヒョンはリオンに対し、「資料を渡すから、もう一度執筆を開始しませんか?」と伝え、リオンのペンネームである「オメガ」の名を使い世間にスンジンの実態を公表しようと考えていたのです。
そしてドヒョンはリジンと別れることを決意します。
そんな彼はリオンに対し、「最後に一日だけ猶予が欲しい!」と説得するのです。
そして彼はリジンを誘い、彼女を笑顔にするための旅行に出かけるのですが…
第19話の感想
ようやく21年前の出来事の真相が分かりましたね。
リジンはやっぱり、リオンとは兄妹ではありませんでした。
ということは…
ドヒョンとリジンが本当の兄妹だったのです。
リジンは幼い頃母に連れられ、ドヒョンの父に会いますが、
拒絶されます。
むしろ、罪のないリジンに対し父ジュンピョは虐待をするのです。
きっとこの光景がドヒョンの脳裏から離れず、彼は自分を責め続けたのでしょう。
リジンを助けてあげることができなかったことが、今までずっと消えていた
空白の1年間に起きた出来事であり、このことがきっかけで…
ドヒョンは愛するリジンとの別れを決断します。
もちろんリオンにも、全ては話していませんが事情を話して
お別れ旅行に行くことにしますね。
ドヒョン自身は何も悪くないのに、リジンに対する自責の念で
このような決断をせざる負えないことが、本当に悲しいですよね。
リジンも本当の母でないこと知りましたが…
未だドヒョンとの本当の関係性を知りません。
彼女がこの真相を知るのも、もう時間の問題ですよね。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。