ケリョン仙女伝-あらすじ-11話-12話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-ケリョン仙女伝-あらすじ-11話-12話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ケリョン仙女伝

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回までのおさらいになりますが、前回ではイヒョンとオクナムは記憶の全てを思い出すことができるようにと、一緒に鶏龍山へ行くことになりましたよね。そして二人が鶏龍山へ行くことを知ったグム。
グムはオクナムをイヒョンと二人きりにさせたくなくて、自分も鶏龍山へと向かうとどうにか二人を見つけ合流しました。
合流したとともに山へと向かいましたが、3人は携帯の充電が切れた上に道に迷ってしまうことに。そして岩から落ち怪我をしたイヒョン。イヒョンとオクナムを残し車へ戻ったグム。戻ると同時に二人がキスをしている現場を目撃してしまいましたね。さて今日はどんなおの語りが描かれるのでしょうか?

【ケリョン仙女伝】ネタバレあり

11話

車で携帯を充電し、荷物をもって戻ってきたグム。
グムはオクナムとイヒョンが、キスをしている現場を目撃してしまうことになります。
ショック受けちゃったかなぁ。グム大丈夫?

グムは二人がキスしていたのを見てショックを受けます。
二人に気づかれないように、その場を離れようとします。

しかしオクナムは、グムの存在に気づいてしまいます。
グムと視線と視線が合ってしまうオクナム。

3人の間に重い空気が流れます。

沈黙が続く中、誰も言葉を交わすことなくソウルへと戻ることに。
かなり気まずい空気が流れていますね( ;´Д`)

自宅へ戻ったオクナムたち。
イヒョンは昨日の鹿との会話を思い出します。
何度考えても自分の前世が何だったのかが思い出せず悩むイヒョン。

そしてオクナムもまたイヒョンこそが、木こりの生まれ変わりだと信じていました。
そしてオクナムは、イヒョンとのデートを喜んで楽しみます。
気まずい空気が流れたのはどこへ?グムがかわいそうだなぁと思っちゃう

一方のグム。
グムはどう考えてもやっぱり、自分が好きなのはオクナムで・・・。
もし何度生まれ変わることがあっても、仙女のオクナムを好きになることを自分の中で確信します。

そのためオクナムに、自分の気持ちを告白しようと決めるグム。
グムはオクナムがいるであろう、コーヒートラックへと行くことにしましたが・・・。

12話

オクナムへの恋心を告白することを決心したグム。
オクナムがいるはずのコーヒートラックへ意を決っして向かいます。
ドキドキしているよね。グム頑張れ(^ ^)

その頃・・・。
イヒョンはグムがオクナムのいる、コーヒートラックへ行ったことを知ると、急いで自分も後を追いかけます。
気持ちを伝えさせてあげてよ

オクナムの元へとやってきたグムは、オクナムへ気持ちを伝えようとしたものの、そこにイヒョンがやってきてしまいます。

グムはオクナムに気持ちを伝えるか迷います・・・。

するとグムよりも先に、オクナムの方が告白をし始めます。
ですがそれは・・・・グムの心を傷つけるものになってしまいます。

鶏龍山から出てきて初めて触れる都会で、何もわからない自分に優しかったグムに心が揺れたけれど、699年もの間待ち続けた夫の生まれ変わりを探しに来た。
それに自分の残っている時間が少ないと告げるオクナム。
グムが気持ちを伝えることを決めたのに

オクナムの言葉を聞いたグム。
グムはオクナムに思いを伝えることはしませんでした。

失恋をしてしまった形になったグム。
イヒョンは・・・・グムを慰めます。
何だか嘘っぽく見えてしまうのは私だけ?

一緒に酒を飲んで酔っ払う2人。

酔っ払いながらもグムは、鹿の姿をしている赤い服を着た女を見かけます。

その後もグムは元気になるどころか、熱を出し寝込んでしまうことに。

寝込んでいるグムはある夢を見ます。
それは鹿。夢の中のグムは木こりの格好をしています。

そして仙女服を身にまとった鹿に対し、洋服を返して欲しいと話すグム。
その途端、仙女服を身にまとっていた鹿が、木こりの格好をしていたグムを崖に追い詰めてしまいます。

鹿に絶壁に追い詰められてしまったグムは・・・・?

感想

ドラマの展開がなかなか先へと進まず、どちらがいなくなってしまった木こりなのかも謎のままでしたが、ドラマの最終場面ではグムが木こりの姿をしているのが描かれましたね。そうなると、やはり木こりはグムだと感じるのですがまだはっきりとしません。ドラマ自体は面白いのですが、どちらがオクナムの探している木こりなのかいつまでたってはっきりせず、展開がかなり遅いと感じます。寝込んでしまったグムも心配。何か大きな暗い過去を抱えるイヒョンも気になります。ドラマもそろそろ終盤。果たしてハッピーエンドを迎えることはあるのでしょうか??