シンデレラと4人の騎士-あらすじ-9話-10話-視聴率3.5%のドラマをネタバレありで!

韓国ドラマ-シンデレラと4人の騎士-あらすじ-9話-10話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

シンデレラと4人の騎士.jpg
大学に行くためにアルバイトに明け暮れ、義母と姉のもとでシンデレラのような生活を送るハウォン。そんなハウォンにハヌルグループの会長がやんちゃな孫たちを更生させてほしいと提案する。
やんちゃな3人の孫にはチョン・イル、アン・ジェヒョン、CNBLUEのイ・ジョンシン。高身長にイケメンの男性たちと暮らし始めるヒロインにはパク・ソダム。女性なら誰しも憧れるまさにシンデレラストーリーが始まりました。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
旅行先で酔っぱらったジウンとハウォンはとうとうキスをしてしまいました。まさか翌日起きたら記憶がないとか…? ソウもヒョンミンにキスをしました。こちらはしらふです。ソウもハウォンに惹かれ始めているようです。クールなユンソンもハウォンの前では笑顔になります。素敵な4人の騎士に囲まれているハウォンは誰と結ばれるのでしょう。

【シンデレラと4人の騎士】(ネタバレあり)

【9話】

ハウォンは目を覚ました。
昨日のことは夢だったと安心する。
しかし、隣の部屋で寝ていたジウンの服がワインで汚れているのを見て、夢ではないことを知った。
喜ぶハウォン。
嬉しいの?
キスを思い出し、あわてたハウォンは洗面所で転んでしまった。
病院に運ばれるハウォン。
軽い脳しんとうだったが、転んだ時に脚をひねって靭帯を痛めてしまった。
ハウォンが病院からそのままソウルに帰ると聞いたみんなも別荘から帰る事にした。
ソウルに向かう車の中で、ユンソンは昨夜何かあったのかと聞くが、自分も覚えていないと答えるハウォン。
ヘジはヒョンミンに昨夜の話をしようと言うが、今まで通りの付き合いでいこうと言うヒョンミン。
松葉杖をついて帰ってきたハウォン。
転びそうになるハウォンを支えようとするジウン。
自分が支えてやると言うヒョンミン。
ソウも手伝おうとするが、ハウォンは松葉杖をユンソンに持たせ、片足で飛びながら部屋に戻った。
みんなに支えられて羨ましい
会長の体調は悪化している。
医師から肝臓移植しかないと言われる。
ドナーが現れるのを気長に待つと言う会長。
歩けないハウォンのためにヒョンミンは着替えを、ソウは食事をするのを手伝ってあげる。
ヒョンミンはまともな服がないとハウォンの洋服を買いに出かけた。
ソウは食事を運び、ハウォンに食べさせてあげる。
顔も洗っていないというハウォン。
ソウは置いてあったナプキンを塗らし、これで拭けと渡す。
これは、ありえない
ハウォンとジウンは別荘での出来事はお互いに覚えていないと言う。
ソウとハウォンのツーショットの写真をパパラッチに撮られてしまった。
ハウォンをスキャンダルから守る為に、自分の女装姿の写真をパパラッチに渡すソウ。
ジウンは自分の携帯の中にハウォンと撮ったツーショットの写真を見つけた。
ソウがハウォンの世話をしているのを見ているジウン。
ハウォンからもらったバナナ牛乳を見つめ、キスをした日のことを思い出すジウン。
ハウォンにメールを送るが、その時ハウォンはヒョンミンからの差し入れのチキンなどを楽しそうに食べていた。
ハウォンはヒョンミンに、ヘジは本気でヒョンミンのことを想っていると言う。
ヘジの目を見ればわかるし、ときどきヘジを見つめるヒョンミンの目も同じように見えると言うハウォン。
それは間違いだと言うヒョンミン。
また、バナナ牛乳を見つめているジウン。
飲まないの?
ハウォンのお見舞いにやってきたヘジ。
ハウォンは髪を洗ってくると席を外す。
今、洗う?
ヘジはヒョンミンの部屋に入る。
子どもの時に兄と3人で撮った写真が飾ってあるのを見つけた。
そこに入ってきたヒョンミン。
ヒョンミンにあの日のことはなかった事にはできないと言うヘジ。
しかし、ヒョンミンはお前との関係は変わらないと言う。
シャンプーしていて滑ったハウォン。
その叫び声を聞いてかけつけたジウン。
浴槽にはまってしまったハウォンを抱きかかえて起こしてあげるジウン。
シャンプーで泡だらけになったハウォンの髪を流してあげる。
ヒョンミンの部屋から泣きながら出てきたヘジ。
シャンプーが終わり浴室から出て来たジウンは泣いているヘジに声をかける。
2人の姿を見つけたヒョンミンも外にでてきた。
ジウンはヒョンミンの胸ぐらを掴み、ヘジを泣かせるなと言う。
ヘジはヒョンミンのためにもう泣きたくないと言い、ジウンに向かって自分を受け入れて欲しいと言う。
それを見ていたハウォン。

【10話】

ヘジはジウンに答えは今度でいいと言いヘジは帰った。
ヘジの告白を聞いていたハウォン。
ジウンに洗面所に置き忘れていった時計を渡す。
ヘジと付き合うのかと聞くハウォン。
ジウンが答える前に、お休みと言い部屋に戻る。
初めてヘジに会ったときを思い出すジウン。
その時も泣いていたヘジ。
その姿が亡くなった母の姿とだぶる。
ヘジに対しては愛情ではないでしょう
ジウンがヘジの告白になかなか返事をしないので、それは自分のせいかもしれないとにやけるハウォン。
ネットの掲示板に書き込んで相談すると、たくさんの書き込みが返ってきた。
その中で好きな人なら何をしても怒らないという書き込みを実践してみることにした。
歩いているジウンに突然雑誌を投げつける。
ジュースを持っているジウンにぶつかりジュースをこぼす。
そして、ジウンの倉庫の中をめちゃくちゃにする。
ハウォンの部屋に、お前の仕業だろうと怒鳴り込んできたジウン。
たいくつならおとなしくしていると言うジウンに、何も差し入れしてくれないではないかと言うハウォン。
お前は子どもかとあきれるジウン。
この作戦は失敗!
ヘジはジウンに今日会おうとメールをする。
ヒョンミンはヘジに会いにきた。
自分の変わりにジウンを利用するのかと聞く。
ずっとそばにいてくれたのはヒョンミンではなくジウンだと気づいたと言うヘジ。
そこにジウンがやってきてヘジを連れて行く。
ジウンはヘジに、あの告白は本気かと聞く。
ヘジは本当だと答える。
ヒョンミンはジウンが大切にしているおもちゃのスポーツカーを踏みつぶす。
それを見ていたハウォンはジウンにあたるのはおかしいと言う。
ハウォンはソウに男の人はみんなヘジのようにかわいい女性が好きなのかと聞く。
ソウはハウォンの方がいいと言う。
本心でしょう
ソウは記者からもらった文字が浮き出るカップスーサーにコーヒーを入れる。
ハウォンが来たのであわてて隠す。
ハウォンは置いてあった新曲のCDを見つけた。
それをハウォンにプレゼントするソウ。
どうせならライブで聞かせて欲しいと頼むハウォン。
ハウォンの前で告白というタイトルの歌を歌うソウ。
やはり自分が先に新曲を聞いたらファンに申し訳ないと言って出て行くハウォン。
ソウの気持ちに気づいた?
ハウォンに差し入れのケーキを渡すジウン。
ソウのカップにお茶を入れてもらったケーキを食べるハウォン。
ソウは新曲のサブタイトル「ハウォンへ」の文字を消した。
ハウォンは病院の付き添いをジウンに頼む。
断るジウン。
その頃、ユンソンは会長夫人の送り迎えをしていた。
夫人はユンソンに見合いをさせるために、わざと送り迎えをさせていた。
見合いの席にユンソンを連れて行く夫人。
見合いだと知り、出て行くユンソン。
夫人はユンソンに良家の女性と結婚するのが母としての願いだと言う。
ユンソンは母と12年ぶりに再会したのだった。
会長の再婚相手だと紹介されたとき、それが母だと知った。
自分の母は死んだ、一度も結婚したことがないと会長に言っているならこれからもそうして欲しいと言うユンソン。
結局ハウォンを病院に連れてきたジウン。
医師はもう治っているから歩けると言う。
治ったなら帰りは自分で帰れと言うジウン。
冷たいジウンに怒ったハウォンは1人で帰る事にしたが、ジウンの車の中にカバンを置き忘れていた。
ドライブしようとハウォンを車に乗せるジウン。
友達とビリヤードで遊んでいるヒョンミンにヘジから電話がかかってきた。
電話にでないヒョンミン。
そのとき、ヘジは家の差し押さえにあっていた。
ドライブを楽しんでいるハウォンとジウン。
ヘジから電話がかかってきたジウン。
ヘジのところに行くならバスで帰るから降ろして欲しいと言うハウォン。
車から降りるハウォンにごめんと謝るジウン。
一緒に連れて行けばいいのに…
バスの中で涙を流すハウォン。
ヘジの家にやってきたジウン。
ヘジは家が競売にかけられ、パパは検察で取り調べ中だと言う。
ジウンの胸で泣くヘジ。
ヘジの家が不渡りになったことを聞いたヒョンミンはヘジに電話をするがでない。
そのときジウンがヘジを連れて家に帰ってきた。

9~10話感想

せっかくいい雰囲気のハウォンとジウンなのにヘジが邪魔をして~。ヒョンミンがダメだからジウンに行くなんてずうずうしいでしょう。しかし、ハウォンの言う通り、男の人ってヘジのようなかわいい雰囲気の女性に惹かれますよね。韓国ドラマでよくいる悪役ほどヘジの性格は悪いわけではないと思うのですが、なぜか好きになれないのは、ねたみでしょうか。かわいく生まれたかった…。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。