スイッチ-あらすじ-9話-10話-感想付きネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-スイッチ-あらすじ-9話-10話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

スイッチ

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回はハラハラしたまま、ドラマが続くになってしまいました。
ドチャンのせいで、本物のペク検事が懲戒処分を受けてしまうことになりそうに・・・。そのことに爆発した本物のペク検事。
クム・テウンに会いに行くと、手と手を取り合う形に・・・。ピンチに陥ったドチャン。いったいどうなってしまうのでしょうか?ドチャンは無事にこのピンチを免れる、いや乗り越えることができるのでしょうか??

【スイッチ】ネタバレあり

9話

本物のペク検事はテウンの元を尋ねると、詐欺師であるドチャンが偽物の検事だったことを話します。
そのことによって、二人は不敵な笑みを浮かべると手と手を取り合ったのでした。

そしてドチャンを始末する代わりとして、自分の収賄容疑疑惑を晴らすことを。

テウンはドチャン。ペク検事がなぜ自分に接近してきたのか?
自分に近づいてきた理由が、父親であるマチョンの死に関係していることを知ったのです。
ドチャンと関係??

ここでようやく、自分が騙されたことに気づいたテウン。
ドチャンを、始末するため計画を立てるのでした。
始末ってやっぱりこの世から消すってことですよね

家に帰る途中のハラ。
とぼとぼと一人歩くハラは、急に誰かに手を引っ張られます。
壁に押し付けられたハラ。
ドチャンでした・・・。

「どうしたの?」

ドチャンの口から出た、言葉はハラを驚かせるには十分でした。

「ペク検事は、裏切った。俺たちを裏切った。
クム・テウンに・・・・俺たちを売り飛ばした・・・」

信じられないハラ。
それはそうでよね

ドチャンの話は、さらにハラを驚かせます。
クム・テウンに自分たちを売ったペク検事。
そしてそのクム・テウンの手下である人間がドチャンを捕まえに来た。
自分が尊敬してきたペク検事がこんなことをしてまで何を手にしたいのかハラには理解ができませんでした・・。

「彼は誰が見ても優秀で完璧な検事だった。なのにそれを俺が台無しにした。
なんだってするだろう」

それでもハラは、信じられずにいました。
でもこれが、現実です

それからドチャンの話を聞いたハラ。
自分が先輩のペク検事に、ドチャンのことをペラペラと話し過ぎてしまったと後悔しているハラ。

それを察したかのように、ドチャンはハラにスマホを渡します。
持っていろと話すドチャン。

マスクをして帽子を深くかぶった、ドチャンはあっという間に闇の中に消えて行きましたが・・・・。

10話

閑静な静まり返った住宅街にやってきたドチャンたち。
一軒の民家を監視しています。
手をスリスリしているドチャンとっても可愛い(≧∇≦)

ソラは前検事総長に自宅に取材に行きます。
夫人がピアノを弾けば、その横につき楽譜をめくってあげる前検事総長。
そして料理まで一緒に作り、お互いに食べさせあいっこをする夫婦。
すごくわざとらしいというか行き過ぎです

ですが夫人が、とった行動で物議をかもす羽目に。
休憩が全くないのかと苛立った夫人は記者に聞いてしまい・・・
挙げ句の果てに寝室に閉じこもってしまったのです。

こんな大勢の記者の前で、仮面をかぶり生活して生きていくより
ただ人間として、普通の暮らしがしたいだけの妻。
ですが、理解など示さないドヨンはハラを立てるのでした。
勝手やわぁ。こんな夫ならポイする( *`ω´)

しかしリビンングでは、記者たちが騒動になっていました。
一斉送信されてきた記事を見た記者たちが騒いでいたのです。

「候補者であった検事長は、骨董品を密輸していた。
A候補者は、中国の文化財であった骨董品を密輸入した」

記者たちは、A候補が今ここにいる前検事長のことだと騒ぎます。
色めきだつ記者と、顔が恐怖に引きつる前検事長。

記者とドヨンの攻防戦の中、突然どこからか煙が上がります。
煙に驚いたドヨンは、条件反射で密輸入した骨董を抱えて逃げ出そうとします。

階段を降りて追いかけてきた記者の群れに見つかってしまうドヨン。
そりゃ見つかるって

煙が完全に消えあらわになった骨董。
それを見た記者らは大スクープだとシャッターを切りまくります。

それをモニター越しに見ていたドチャンら。
詐欺集団はこの大成功に喜びを爆発させ、ドチャンはすぐに電話でハラに報告をしたのでした。

ハラは連行したドヨンを取り調べます。
厳しく追及するハラ。
ハラはドヨンを6年前に起きたポン・マンギュ殺人の容疑者だと話します。
ハラの話を聞いたドヨンは、なんのことだかわからず驚愕します。
本当に驚いていますね

真っ暗な倉庫の中。
倉庫の中は驚くほど、静まり返っていました。

そこにいるのはドチャン。
ドチャンが待つ場所に現れたのは・・・・ペク・ジュンスだった!

感想

ドチャンどうなることかと思って、見ているのがしんどかったのですがやはりドチャンですね。なんであんなにかっこいいの!
なんて一人、ニヤニヤしながら見ちゃいました。詐欺師のドチャンにかっこいいと思う一方で、本物のペク検事にはガッカリですよね。
ですがガッカリしたのもつかの間、ペク検事もやっぱりかっこいい!!
みんなをテウンに売り飛ばしたとばかり思っていたペク検事。でも事実は違いましたね!これには、完全に騙されました。
2人が協力し合い、自分までを騙していると知ったハラの驚いた顔もかわいかったな。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください