ステキな片思い-あらすじ-7話-8話-感想付きネタバレありで詳しく!

韓国ドラマ-ステキな片思い-あらすじ-7話-8話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
イリョンに出会ってから様子がおかしいセフンです。
どうも調子が狂ってしまうようで・・・それもこれも恋ですね(^▽^)/
セフンとイリョンの絶妙な掛け合いが今日も楽しみです!

【ステキな片思い】ネタバレあり

第7話「突然の別れ」

セフンはずっと会議中だと言う。
イリョンは気になって仕方ない。
そこで差し入れを持ってセフンの所へ。

突然やって来たイリョンに大慌てのセフン。
イリョンはセフンの態度に苛立ち、差し入れを手渡しさっさと部屋を後にする。
しばらく会っていなかったセフンの冷たい態度にちょっぴり不満のイリョンです
イリョンもセフンに恋してますね(^▽^)/

長い長い会議とは・・・。
ホ室長による”計算も駆け引きもしない恋愛テクニック”の講義だった。

花束を持ち、いつも以上にびしっと決めたセフンは朝からイリョンを迎えにやって来る。
ホ室長の言う通り、恋愛テクニックとやらをイリョンの前で実践してはみるもののなぜかうまく行かず・・・。
そうなんです!
山奥育ちのイリョンには、レディーファーストだって通用しません、無敵のイリョン!

そんなこんなで食事中、イリョンは山へ帰ると言う。
室長の恋愛テクニックの講座を何時間もかけて受けた甲斐なく、撃沈するセフン。
肩を落とし店を後にする。
なんだかとっても可愛そうなセフンですが( ;∀;)

山まで送ったと言うセフンは、帰って来てからがっくり落ち込んでいた。
どんな女性もセフンの虜になるはずが?!イリョンだけは全く興味を示さない。
セフンのプライドもズタズタだった( ;∀;)

セフンはそこにいるはずのないイリョンの幻を見る程に恋していたようだ。
些細なきっかけで感情が爆発する・・・セフンは仕事もそっちのけでイリョンのいる山へと向かった。

真っ赤な高級車をぶっ飛ばし、感情の赴くままに!!

ところが!
イリョンは山奥の家にいなかった。
部屋の荷物も片付いていた。
一体どこへ?!

イリョンが急に山へ戻った事情とは。
一人ぼっちのイリョンが、叔母の家に引き取られる事になったと言う事情だった。

セフンはムン院長を訪ねて治療??中。
「オーガニックは雷が怖いんだ。側にいてやらないと・・・どこにいるかもわからない」とため息交じりに相談するセフンの傍らでは、ゲームに夢中のムン院長。

「去る者は追わず、モテるんだから」と言うムン院長。
天下のセフンが片想いか!と思うと笑いがこみあげてくるムン院長です

ムン院長の病院を出たセフンが歩くその後ろを、イリョンが歩いていく・・・。
すぐそばにいるのに気付かないなんて(≧∇≦)

第8話「本当の気持ち」

ソウルの叔母さんの所へやって来たイリョン。
セフンはイリョンの居場所もわからずどん底ですが、案外近くにいるようですね(^▽^)/

セフンは初めての片想いに悩まされているようで・・・。
今まで見た事ない姿を社員たちに見せるセフンだった。

ホ室長もたまったものではない。
夜遅くまで長い長い愚痴に付き合わされ、挙句の果てには「イリョンを捜しているのか!」と怒鳴られる始末。

ムン院長はイリョンの叔母さんの食堂で食事中、セフンに呼び戻される。
イリョンはセフンの名前を聞き思い出します、社長を!

イリョンは海苔巻きを切りながらセフンを想っていた。
通りを歩く男性の姿がセフンに見えて追いかけていくイリョン。

人違いだった・・・が振り返ると目の前にセフンが!

久しぶりに会った二人は、静かな公園で話をする。
イリョンが契約しないのは、祖父との約束だと言う。

イリョンの母はミス春香(チュニャン)だった。
イリョンが幼いときに夢を追うために出て行き、イリョンの父は気落ちしたまま亡くなったと言う。
ゆえに、顔を売る商売だけはだめだと言った祖父。

セフンは話を聞き、「お前が芸能界を望まないなら、俺も尊重する」と言う。
「やりたいことをすればいい。ダメなら俺の所へ戻ってこい」と格好いい事を言うセフン。
晴れ晴れした気持ちでイリョンと並んで座っているセフンです
セフンの気持ちも落ち着きましたね(^▽^)/

意気揚々とセフンはホ室長に自慢する。
イリョンに会ったことを!
そこに早速イリョンから電話が。
「叔母さんがいないから家に来て」と呼ばれたと言うセフンは、ホ室長と二人大喜びする。

花束にスーツで決めたセフンは、にやけながらイリョンのおばさんの家にやって来た。
イリョンは9品の手料理を用意する。

イリョンの手料理でお腹いっぱいになったセフン。
イリョンに伝えたかったことをはっきりと伝えるのだった。
「俺はお前が好きだ・・・」と片思いだとわかっていると言いながらも告白していたその時に電話のベルが鳴る。

イリョンが出るとそれはチャン社長からだった!!
もちろん、嫉妬の炎がメラメラと燃えるセフンです(≧∇≦)

第7話から第8話の感想

セフンの人生初の片想いがイリョンでした。
スタイル抜群、お金持ちで容姿端麗の自信家セフン。
彼が思うようにいかない唯一の相手がイリョンです。
契約にこだわっていたセフン、実は契約なんてどうでもよくて、本当はイリョンが好きだから追いかけていたんですよね(^▽^)/
長い間、素直になれなかったセフンに振り回されて大変だったのはホ室長とムン院長、お気の毒です。
ところがイリョンとセフン、ばったりソウルの街中で再開します!!
大喜びのセフンは今度こそ自分の気持ちをイリョンに伝えました。
片思いだと思っているセフンですが、イリョンもまんざらではない様子(^▽^)/
なんだかいい感じ・・・と思いきや、チャン社長からの電話が!!
邪魔者が入ってきました(≧∇≦)
イリョンとセフンの恋もまだまだ成就はなさそうですね( ;∀;)
イケメンセフンのちょっとぼけた行動が、何とも笑えるほっこり癒しのドラマです!








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。