スベクヒャン-あらすじ-16話-17話-18話-挿入歌も大人気!あらすじ感想ネタバレあり!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

王様がチェファに書いた手紙には、満月の夜に会いたいと書いてありましたが、チェファは王様を一目見て、家に戻りました。
家に戻ると、チンム公の部下がチェファの家を取り囲みました。
クチョンは、チェファを守ろうと戦いましたが、チェファは両目を刀で切られてしまいます。そんなチェファを見て呆然と立ち尽くしているクチョンも刺され、応戦したコマク、ヨング、その母親達も無惨に刺されてしまいました。ソルヒとソルランはただ泣くことしかできませんでした。

では、今回は16話から紹介していきますのでお付き合いください♪

スポンサーリンク

【スベクヒャン】(ネタバレあり)

帝王の娘スベクヒャン 16話

ソルランとソルヒは捕らえられようとしていました。
クチョンはソルヒを助け、ソルランを助けられませんでした。

助けなかったのか?実の娘を助けたかったのかな。

クチョンは、ソルヒを抱き締めて守りましたが、そのまま何度も刺され、とどめをさされました。
ソルランは、家族を助けに来ましたが、クチョンはもう亡くなっていました。
ソルランは、チェファとソルヒを連れて家から逃げました。

王様はチェファを日が昇るまでずっと待っていました。
ミョンノンはそんな王様を見て、ネスクから事情を聞き出し、チェファを連れてくると言いました。

もう少し早ければ。

そして、チンム公も自らチェファを探しに行きました。
そんなチンム公を見て、ヨン達率は部下に盗賊の仕業に見せかけ家を燃やすように言いました。

コマク、ヨング、その母親達、クチョンまでも一緒に燃やされようとしていました。
その時わずかにクチョンの指がうごきました。

生きていて、この後逃げる?そんなことがあってくれたらいいのに

ソルランは麓に医者を探しに行くと言い、ソルヒに母を守るように言いました。ソルヒは、洞窟でコウモリに襲われ、その場を離れました。ソルヒはソルランを追いかけて名を呼びました。
ソルヒはチンム公に見つかり、ソルランはミョンノンに見つかりました。

スポンサーリンク

帝王の娘スベクヒャン 17話

ソルランは道に迷ったので道を教えて欲しいとミョンノンに言われ、気の違った人のふりをしました。そしてその場から逃れて、医者を訪ねました。ソルランは何でもしますと泣いて頼み、飲めば止血できる薬を手に入れました。

一方ソルヒは、靴に血がついていたことからチンム公の部下に跡を追われていました。ソルヒは危ない崖に追い込まれたふりをして、部下を崖から突き落としました。

生きるためだけれど、人を殺してしまったことでこの子はおかしくなってしまったのかもしれない。

チンム公はミョンノンに気づかれないようにチェファを探すのを諦めた。
ミョンノンは、チェファ達の家が燃やされたことに気がついた。
チェファは父がいつまでも王様を想い続ける自分を叱り、もう王様が見えないように目を奪ったのだと考えた。

王様は、ネスクからチェファの気持ちを聞いた。ネスクはチェファが父親の仇である王様には会わないといったことを話した。
王様はこうなる運命だったと言ってチェファを諦めた。王様は自分の考えが浅はかだったと言って泣いた。

スポンサーリンク

チェファは、ソルヒをソルランと間違えて話し始めた。クチョンはソルランの父ではないこと、父親は百済の武寧王なのだと話した。
そして、ソルランの本当の名前はスベクヒャンだと話した。そして王様に会って全てを話し、助けを乞いなさいと言った。

チェファは話した後、顔を触り、ソルヒだと気がついた。
チェファはソルヒにソルランを呼んできてと話した。

大変だわ。ソルラン早く来て。

スポンサーリンク

帝王の娘スベクヒャン 18話

チェファは息堪えようとしていた。
チェファはソルヒがソルランの地位を奪おうとしていると思っていた。

ソルヒはお母さんがおかしくなってしまったからお母さんを信じないでと話した。
ソルランはチェファに薬を飲ませたが、母は息堪えてしまう。
しかし、最後に母はお前はスベクヒャンなのよとソルランに伝えた。

チェファ、なんて無念なの

チェファは、ユンに初めて会った日の夢を見ながら亡くなった。

悲しすぎる

王様は毎年同じ日同じ時間にそなたを待つと伝えて欲しいと言った。
自分は待つ資格しかなく、待っていればいつかは会えるかもしれないと言った。

ミョンノンはネスクにチェファの家が燃えたことを話し、そのことは王様には秘密にすることになった。ネスクはその時、チェファの娘のこともミョンノンに話した。
ミョンノンはチェファと娘を探すように部下に言った。

全てが遅すぎる

ソルランは花で母を飾り、川に流してあげようと言った。一方ソルヒは、母のかんざしを探していた。
ソルランはヨングを好きだったと告白した。そして助けてくれようとして亡くなったことを謝った。そして父であるクチョンにも。

ソルランは、ソルヒに言った。
ソルヒが笑えば家族みんなが笑った。だから私はソルヒがこの世で一番好きなのだと。

ソルランはみんないなくなってしまったことを嘆いた。
ソルランはみんなの敵を討つことを決めた。

スポンサーリンク

帝王の娘スベクヒャン 16~18話感想

今回は、涙が止まらない回でした。とにかく悲しくて辛いことばかり起こって。
そして、ソルヒがずっと泣いてるな。ソルヒ役のソウさんの演技が素晴らしくて、より感情移入してしまい、胸が苦しくなりました。
本当にみんな死んでしまったのでしょうか?家が焼け落ちる前にクチョンの指が動いていたし、みんなを助けたとかはないのでしょうか?少しの希望が欲しいです。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください