スベクヒャン-あらすじ-25話-26話-27話-挿入歌も大人気!あらすじ感想ネタバレあり!

韓国ドラマ-スベクヒャン-あらすじ-25話-26話-27話の感想をネタバレありでお届け!
挿入歌などもご紹介します。

スベクヒャン.jpg
百済(ペクチェ)を立て直した帝王・第25代武寧王(ムリョン/ぶねい)の
娘(スベクヒャン)の座を巡り運命が入れ替わってしまう異父姉妹
異父妹は、そこまでして・何故スベクヒャンの座が欲しかったのか?
本物のスベクヒャンの人生・それぞれの愛憎の行方は?
帝王の娘スベクヒャンの波瀾万丈な人生を舞台にした長編時代劇ドラマ


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ソルランは、ソルヒを捜し出すためにピムン(諜報団)になる決心するのでした。
ミョンノン太子は、ソルランを見極めるために厳しい試練を与えます。
果たしてソルランは、その試練を無事に乗り切ることが出きるのでしょうか?
帝王の娘スベクヒャン(ネタバレあり)
25話
ソルランは、雉を米に交換するために盗賊の住み家に向かいます。
それを聞いたトルデとマングは、腹を立てますが
ミョンノン太子は、生きて戻って来なければピムン(諜報団)では使えないとキッパリ言い放つのでした。
村についたソルランは、盗賊に捕らえられてしまいます。
焼き畑をする村ではありませんね
盗賊たちが、捕らえていた男を牢から出して頭にりんごを乗せ
剣を投げ殺してしまったところを見たソルランと母娘は、恐怖を感じるのでした。
ミョンノン太子と一緒にいるピムン(諜報団)が本当にソルランをピムン(諜報団)にするのか尋ねると
ちょうど女のピムン(諜報団)が欲しかったのでそうしてやるつもりだと
ミョンノンは、ソルランの何かを見ぬいたのかしら
ソンランは、一緒に捕まっている母娘にソルヒのことを聞いてみますが
自分たちが来た時に数人の娘が金持ちの家の使用人や年寄り童女(トンニョ)として
売られて行ったことを聞くのでした。
童女(トンニョ)とはどうゆうものかを聞いたソルランは、驚くのでした。
そこに、盗賊の頭が帰って来て母娘の母を連れて行こうとしますが
母娘の母が、ソルランを進めてソルランを連れて行くことに・・・
連れて行かれる前に頭の情報を母に聞くとは、ソルランやりますね
頭は、ソルランに何度も酒を注がせるのですが
隙を見て頭が大事にしているという剣を手に取り褒め称えたりおだてたりして気分をよくさせて
剣を斬って見せてくれるようにある柱を指定します。
すると、頭が柱に剣を振り落とした瞬間に小屋が潰れてしまい手下たちは、慌てて頭を救出に
その隙を見て米を手に逃げようとしますがソルランは牢で一緒だった母娘も逃してあげるのでした。
ソルランの性格では、置いて行くことなんか出来ないしお金まであげているね..
王宮では、ソルヒは、まだ認めてもらえてはおらず臣下たちはいろいろと詮索をしています。
王妃に散歩に誘われたソルヒは、王宮ではじめてチンム公と顔を合わせるのですが
どこか見覚えがあるように感じます。
山中で会っていますから
武寧王(ムリョン)は、なかなかソルヒと会おうとはしません。
ソルヒの女中は、血は呼び合うといいますが・・呼び合わないと思うけど
約束の焚き火の火が消えようとしているところにソルランが帰って来て
ミョンノン太子の前に米を投げて渡し
お腹が空いて死にそうだと言ってみんなを驚かせるのでした。
26話
ソルヒが、ひとりで訳のわからに事を口にしているので戸惑う侍女
ミョンノン太子は、乾いた枝がなくなってしまいソルランには、無理だったのだろうと思って
その場を立ち去ろうとしようとしているところに
米を持って怒って帰って来たソルラン
食事をしていいるソルランに妹は盗賊の住み家にいたのか本来の女の姿を説いてみせるミョンノン太子
鳥のももにかぶりつき米を飛ばしながら怒って話すソルランに男5人は、後ずさりするのでした。
ピムン(諜報団)の一員だと豪語するソルランをミョンノン太子は、認めます。
お互いに喜んでいるけど、考えていることは、きっと別よね
ピムン(諜報団)は、ソルランが容赦のない訓練に耐えられるかを心配して
ミョンノン太子に尋ねますが、妹を捜すという希望に満ちているので耐えぬくから懸けても言い
と自信を持って答えるのでした。
ソルランは、百済(ペクチェ)に向かう前にお世話になった飯屋の女将に別れを言いに寄り
最後の食事をするのですがミョンノン太子は、ソルランから進められた汁飯を気に入ってしまい
この味が食べたいと飯屋の女将も百済(ペクチェ)に連れて行く提案をカンボクにさせるのでした。
こうして、ソルラン、飯屋の女将、トルデ、マングの一行はミョンノン太子とともに
百済(ペクチェ)の王宮へと向かうのでした。
ソルランは、ソルヒを思い出し道中涙を流します。
涙もろいのね
そんな、ソルランを見て妹思いだとミョンノン太子とカンボクは感心をするのでした。
ソルヒは、衛士佐平様(ウィチャピョン)は、自分を疑っていると思い込み
訪ねて来たチンム公に武寧王(ムリョン)に会えるように助けを求めるのでした。
ソルヒは、道中を楽しみますが町でかわいい靴を見た途端にソルヒを思い出して
また、泣き出します。
すべてがソルヒを思い出してしまうのね
ヨン達率(タルソル)は、チンム公がソルヒ(スベクヒャン)を手助けしたことに腹を立てるのでした。
その頃、ミョンノン太子一行は王宮に到着して・・・
ソルヒは、チンム公の計らいで武寧王(ムリョン)に偶然を装いチェファがよく歌っていた歌を
聞かせるのでした。
その姿をチェファと重ねてしまい涙を流しソルヒに近づく武寧王(ムリョン)
ソルヒとチンム公の策略は、成功ですね
27話
武寧王(ムリョン)が月を眺めているとチェファが歌っていた歌が聞こえてきて
チェファが会いに来てくれたと勘違いして近づこうとしますがソルヒ(スベクヒャン)だと分かると
我に返ってその場を逃げるように立ち去ります。
その光景を見ていたチンム公は、すばらしいと褒めますが怒りをぶつけるソルヒ
以前にも会ったことがあるというチンム公に会ったことはないとしらを切るソルヒにチンム公は
勘違いだと謝るのでした。
腹の探り合いをしているのかな
ミョンノン太子は、カンボクにソルランが厳しい試練を耐えぬけるようにトルデとマングを王宮に残して
一緒に訓練ができるように取り計らうように指示します。
ミョンノン太子は、チェファを襲った犯人は、伽耶(カヤ)ではなく百済(ペクチェ)の
武寧王(ムリョン)の近くにいるのではないかとの推測を話して聞かせるのでした。
ヨン達率(タルソル)は、チンム公がソルヒ(スベクヒャン)と手を組んで何をするかが気にかかります。
ミョンノン太子は、ソルヒ(スベクヒャン)を王女の称号を授けることを進言するのでした。
ソルヒ(スベクヒャン)が荷物をまとめて王宮を立ち去ろうとしている部屋ににチンム公が現れ
それからすぐにスベクヒャンを王様が呼んでいると内官が・・・
武寧王(ムリョン)は、スベクヒャンを側に来させて今まで遠ざけていた理由を話し
ただ一人の娘スベクヒャンを王女として受け入れ万国に知らせるように命を下し抱きしめるのでした。
本格的に姉になり変わってしまった瞬間ですね
ソルランとトルデとマングは、ピムン(諜報団)の訓練場・気味の悪いところに案内されて説明を受けます。
ソルランたちが、食事処と案内されたところは、戦い抜いて勝ち残った者のみが食事が与えられる場所
ソルヒ(スベクヒャン)は、武寧王(ムリョン)より殿閣を与えられるのでした。
ソルランは、食事にありつける旗を奪い合い、ボコボコに殴られます。
ここから、本物のスベクヒャンの方が苦労をしていくことが始まるんですね
25話-27話までの感想
妹・ソルヒを捜すために
ピムン(諜報団)になることしたソルランですが、すべてのことが大変そうですね
武寧王(ムリョン)に認められたことで姉の人生になりすましてしまったソルヒ(スベクヒャン)
姉妹は、それぞれの道を歩むことに
これからどんなことが待ち受けているのでしょうか?
次回をお楽しみ(^_^)