タッチ-あらすじ-3話-4話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-タッチ-あらすじ-3話-4話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

タッチ

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

アイドルの夢破れたスヨンですが、まさかのジョンヒョクの会社に入りましたね。
ドジンと久しぶりに再開して、この先わだかまりは溶けていくのか心配です。さらに!新たなジョンヒョクの会社も追い出されてしまうのか、、!?

スポンサーリンク

    【タッチ】(ネタバレあり)

    スポンサーリンク

    3話

    ドジンの皮膚鎮静を行い、一旦帰宅して休んでくれと帰す。
    ジョンヒョクはスヨンに詰め寄る。
    「君はアウトだと言ったはずだ。すみませんなんて言葉は収集可能な時だけ意味がある言葉なんだよ。君のせいでVIPのスケジュールに穴を開けてしまったんだぞ」
    ジョンヒョクさん、ひどすぎじゃない?って一見思うけど、むちゃくちゃ正論なんですよね、、

    チャビューティーを追い出されたスヨン。
    自宅に帰り、化粧水やら何やらをかき集め、ドジンの家に行く。
    ドジンのマネージャーから門前払いされるが、座り込み、帰る様子のないスヨンを家にあげる。

    スヨンはドジンの集中皮膚管理に入る。
    毒素を排出させる為、たくさん走らせて汗をかかせる。その後卵の黄身や小麦粉、クコの実パウダーなどで作った特製パックで鎮静させた。
    生活から得たっぽいかんじのスヨンの美容法すごいですね!ドジンよりもドジンの皮膚を理解してる感じがするのも、2人の長い間柄なんでしょうか

    ドジンがここ1年睡眠薬がないと眠れなくなっていたことを知ったスヨン。
    「私のせいじゃ、、ないよね?ドジンもしんどかったんだね」
    「お前だけしんどいと思ってたのかよ?」

    ドジンと歌を歌ったりリラックスして、ドジンのベッドサイドで眠ってしまったスヨン。
    ドジンの様子が気になり、家に来たジョンヒョク。スヨンの施した施術の残骸を見て、これだけやっていれば十分だと、帰る。
    スヨン自身責任を感じ、出来る限りのことをしたと知ったジョンヒョク氏、、優しそうな表情。安心したのかな

    スタジオではオ代表がモデルにメイクを施す。順調に進み上機嫌だったが、ジョンヒョクがドジンをモデルに使うと聞いて急に不機嫌になる。

    翌朝ドジンの皮膚は落ち着きを取り戻し、撮影する事に。
    ジョンヒョクの素晴らしいメイクの仕上がりに周りのスタッフもうっとりする。
    無事に3スタイル撮り終えたドジンに皮膚のデイリーケアをうるさく言うスヨン。

    帰りのジョンヒョクを呼び止めるスヨン。
    「すみませんと言う言葉は収集が可能な時だけ意味があるって仰ってたので、実行してみました。不足もありましたが、申し訳ありませんでした。もう一度機会をください」その言葉にスヨンを許したジョンヒョク。苦労してドジンの介抱したスヨンに「お疲れ様」と声をかける。

    XXのジョンヒョクとオ代表2人同時のインタビューをする。XXソウル編集長からジョンヒョクに「ご自身のブランド化粧品の発売はどうなっていますでしょう?」肌に健康で安全な化粧品をと考えるので、時間がかかりますねと答えた。

    インタビューが終わり、ジョンヒョクと理事は田舎の工場へ。
    研究室にいた1人の研究員に頼んでいた化粧品の臨床結果を見て、生産しようと言う。
    長期間ジョンヒョクのわがままを聞きながらもチャビューティーブランドの化粧品を作ったみたいですね!努力の結晶なんですね

    焼肉屋で打ち上げをするジョンヒョクと理事と研究員。昔、化粧品開発事業に失敗し、途方に暮れていた研究員をジョンヒョクが買ったのだ。「チャ代表!君のおかげでまた生まれ変われた!!乾杯!」

    家で親友ジョンヒョンの顔にメイクするスヨン。撮影でジョンヒョクがドジンにしたメイクを思い出し、同じ技法でやってみるがジョンヒョンに嫌がられる。
    ジョンヒョン目の周り真っ黒にされて笑笑

    理事がジョンヒョクの机に退職願を叩きつける。「あぁもう狂いそうだよ!」
    誰のかと聞くと、キム主席の入ったばかりの奴だと言う。
    ジョンヒョクはキム主席の部屋にすごい剣幕で入り「あなたの元で3ヶ月ともたずに辞めていく奴。なぜそうなるのか分析をしなければいけないですね!」
    「チャ代表!あの子がどんなひどい事をしたのか知ってるわけ?」床に落としたブラシを洗浄もせずそのままテーブルに並べた。するとキム主席が注意をするが、その注意が度を超えている。
    しかし、訳を聞いたジョンヒョクも「落としたブラシを知らんぷりした?そいつ狂ってるなぁ」と同調する。
    周りが引くほど厳しいボーダーをもつチャビューティーの技術者TOP2人。

    スヨンは夜遅く1人でメイクルームに残り作業をしているとドジンから着信が入る。
    「オレ今タイにいるんだけど、明日帰るよ!お前に言われた通り水もたくさん飲んだし、お前がくれたビタミンも飲んだぞ!日焼け止めも2時間に一回塗り直した。偉いだろ?偉いから、歌ってくれよ。」
    寝るのに歌を聞かせろと駄々をこねるドジンに、歌うスヨン。
    偶然歌声が聞こえ、聞き入ってしまったジョンヒョク。「歌手になりたいだけあるな」と1人呟く。

    スヨンと電話するドジン、嬉しそうで可愛いです!

    理事が酔いつぶれている連絡を受け、向かおうとするジョンヒョクに私も一緒に手伝いますと、スヨンも行く事に。
    ジョンヒョクの自宅に運ぶが履き続ける理事の吐物をスヨンが被ってしまう。
    そこへピンポンと誰かがやってきた。
    シャワーをし、頭にタオルを巻いたスヨンにちょっと出てくれと言う。

    たまたま居合わせただけなのに、真摯に手伝うスヨン、いい子ですね!
    しかし頭にタオルまで巻いて、男の人の家の玄関を開ける、、嫌な予感しますね笑

    ドアを開けると、そこにいたのは女優ペクジユンだった。慌ててジョンヒョクも出てくる。
    「久しぶりね。だれ?私がいない間、こうやって遊んでたの?」
    するとスヨンの肩を抱き「帰ってくれないか?ご覧の通り忙しくて」
    固まるジユン。

    何何何ですかこの展開!(ちょっと想像してたくせに)でもスヨンからしたら、かなり巻き込まれてちゃってますよね〜どうなるのか!

    スポンサーリンク

    4話

    「もうこんな風に現れるな」ドアを閉めるジョンヒョク。

    男と歩いてきたジユンにばったり会う。
    男から誰かと聞かれ、ジユンは「私のメイクさん」と言う。男は財閥のボンボンだ。
    「財閥へ嫁ぐペクジユン」の記事を見て頭を抱えるジョンヒョク。
    回想シーンですね。ジョンヒョクさん昔こんな風に捨てられてしまってたんですね、、

    そこへ髪を乾かし出てきたスヨン。「どうしてペクジユンさんがいらっしゃってたんですか?わたしのせいで変な誤解をされていたような気がするんですけど」
    いいから!と遮り、スヨンを送ると言うジョンヒョク。

    車の中で先程はごめんと言うジョンヒョク。スヨンは「お二人はどんな仲なのか聞いてもいいですか?」
    「付き合ってた仲。あの女が結婚前に」

    ジユンは自宅へ帰るが、そこには他の女とイチャつく旦那がいた。
    「なんだよ、バレたか〜」と酔った口調で笑う旦那。ジユンは真剣に「もうやめて」と言う。あなたとの離婚なんか怖くない。一緒こうして生きるよりマシ。
    後ろ髪掴まれ、旦那に脅される。
    ひっどい旦那だし、こりゃジユンも昔の男に逃げ出したくなりますね

    ドジンは予約もしていないのにチャビューティーにメイクを受けに立ち寄る。
    基礎スキンケアをスヨンにしてもらう。
    「お前、彼氏いた事ないだろ?」「あたりまえじゃん。練習生は恋愛禁止だったでしょ」「オレはどう?お前にとってどう思う?」「ん〜ウソつきかな」
    スヨンの手がほんの少しドジンの唇にかする。固まり、息まで止めるドジン。
    もうドジンは完全にスヨンが好きですね

    スヨン、別のお客の施術をするが「そんなに強くしたらシワができるじゃん!!ちょっとあんたが座ってみなさい」と、客に暴力を受けるスヨン。
    そこへジョンヒョクが来る。「お帰り下さい。うちのスタッフをそんな風に扱う方の施術は致しません」と客にキチンと謝らせた。
    ジョンヒョクさんカッコいい代表の在り方です!

    バーにてジョンヒョク、理事、キム主席。
    キム主席にチャビューティー化粧品発売予定を知らせ、協力を求める。
    理事は投資を受けようという。だがジョンヒョクは企業ローンを組もうという。

    ドジンは夢でスヨンを見て飛び起きる。携帯の写真フォルダを見返し「なんで、なんで可愛く見えるんだ」と独り言をいう。
    自分の気持ちに気づき始めましたね

    チャビューティーにXX雑誌からメールが届く。オ代表にも届き、同じタイミングでメールを開く手が震える。
    開けると、ジョンヒョクのメイクしたドジンが表紙のXXだった。

    その夜チャビューティーの打ち上げ。焼肉屋でスタッフの肉を焼いてあげるジョンヒョク。
    ジョンヒョクさんおめでとう!これで韓国イチのメイクアップアーティストですね

    オ代表は夜の店でホステスがキャッチした情報を聞きにいく。
    ジユンの夫がホステスを横に置き、酔っ払いながら「化粧品開発をメイクアップアーティストとやるつもりだが誰とやるか悩んでいる」と言ったという。
    しかし、ジユンの夫はジョンヒョクとミーティングすることを決める。それを知ったジユンは焦る。
    自分からジユンを奪った男が現れたらジョンヒョクさん、、

    チャビューティーにKpopアーティストの大量予約が入った。ジョンヒョクのチームだけでも35人メイクアップをする予定だ。予定にはスヨンがデビュー出来なかったアイドルグループ、ミラクルガールズも入っていた。

    テラスで外を眺め気持ちを落ち着かせるスヨン。それをみたジョンヒョクは、スヨンが歌手の夢が終わった日に海で「終わった!」と叫んでいたのを思い出す。
    え?ジョンヒョクさんスヨンの地元まで来てたのー???

    スヨンが夜遅くまで仕事をしているのを知ったドジンはこっそり会いにいく。
    ジョンヒョクチームみんなで退勤しようとしたところ、ドジンが現れスヨンを連れて行く。
    スヨンを無理やり車に乗せようとしたドジンにジョンヒョクが怒鳴った。
    「おい!カンドジン!!」

    え〜何何!!嫌がるスヨンを見てジョンヒョクさんブチ切れのご様子なんですが、もしかして、、スヨンに情が芽生えてきたのでしょうか

    スポンサーリンク

    3〜4話の感想

    ジョンヒョクさんのメイクの腕前は世界に通用するようですね!
    また、今回はジョンヒョクの過去の恋愛トラウマが垣間見れましたね。元恋人のジユンも、結婚生活は上手くいってないようですし、2人の今後も気になりますが、何より気になるのはスヨン、ドジン、ジョンヒョクの謎の構図。笑 まさか?ですよね?笑

    スポンサーリンク


クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください