チャンオクチョン-あらすじ-10話-11話-12話-感想付きで最終回まで!

韓国ドラマ-チャンオクチョン-あらすじ-10話-11話-12話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
いよいよ女官オクチョンが誕生します。幼少時、火事になった倉庫に閉じ込められたオクチョン。閉じ込めたのはジャギョンだが、以降ジャギョンは姿をくらましていたの。それが、宮中へ上がったオクチョンの前に現れたジャギョン‼彼女もまさかの針房にいたのよね~。相変わらずの意地悪ジャギョンに泣かされるオクチョン。粛宗とはどんな出会い方をするのかしら?ドキドキしますね~(^。^)

【チャンオクチョン】ネタバレあり

第10話「入宮の理由」

王宮の尋問所、拷問を受けながら尋問されるチャン・ヒョン(オクチョン叔父)。
そこに粛宗がやってくる。自ら尋問する粛宗。
ホ・ジョクの還暦祝いの宴で、粛宗に剣舞の最中に命を狙われることを密かに知らせたのは自分であるとチャン・ヒョンは言う。
「私は南人でも西人でもない、信じるのは富だけ、宴で粛宗を見て、富の花を咲かせるのは福善君ではなく粛宗だと確信した故乗り換えた」と言うチャン・ヒョン。
粛宗はこの問いかけに興味を示し、チャン・ヒョン(オクチョン叔父)の命だけは助ける。
朝廷では集まった役人達から、ミン・ユジュン(イニョン父)を呼び戻して欲しいと頭を下げられる粛宗。結果、ミン・ユジュンを復職させる粛宗。
朝廷に出仕し、久し振りに粛宗と向かい合うミン・ユジュン(イニョン父)。
「朝鮮の真の主人は両班であることを痛感させる」と思いながら粛宗を見上げるミン氏。
一方、「そなたの全てを吸い上げる、そして用無しになったら捨てる」と思うは粛宗。
そうよ、だからミン氏を復職させたのよね~。
民衆の前、斬首刑が行われる。
ホ・ギョン(ホ・ジョク息子)、ホ・ジョク(南人派重鎮)、福善君(粛宗の叔父にあたる王族)と次々に斬首が行われる。
解放されたチャン・ヒョン(オクチョン叔父)はサソク(大王大妃の甥)のもとに。
オクチョンは、かつてより粛宗と旧知の仲、オクチョンは相手が王だとは知らないが、互いに恋心を抱いている様子だとサソクに伝える。
チャン・ヒョンはサソクに賄賂を渡し、大王大妃を動かしてくれと頼む。
王宮の大王大妃を訪ねるサソク。
チャン・ヒョン(オクチョン叔父)に聞いた話をすると・・・大王大妃も「新たな生きがいが出来た」と話に乗ることに。
針房ではオクチョンの前に山積みにされた衣服。
仲間の女官に相変わらず意地悪をされているオクチョン。
その中に、以前オクチョンがスンに仕立てた洋服を見つける、もしかして彼は王様⁈
そこに、大王大妃の使いの尚宮がやってくる。連れ出されるオクチョン。何処へ⁈ オクチョンには、明らかに夜伽⁈の準備がなされているような・・・。
一方、大王大妃からお茶に誘われる粛宗。語らう二人のもとに、茶を持ったオクチョンが現れる。
大王大妃は二人を残し去っていく。
粛宗は、今までの数々の偶然は誰の策だ?とオクチョンを疑う。
オクチョンの手を取り、無理やり迫る粛宗だが、頑なに拒むオクチョン。
「針房以外の場所で私の目に付くな、二度と姿を見せるでない」と言い放ち出ていく粛宗。
自分自身以外誰も信じられない宮中にいる粛宗、オクチョンまでも疑うなんて(◞‸◟)
仁敬王妃は恵民署(民の治療と薬を調合する所)へボランティアに。
そこにはイニョンも。
そこへ痘瘡(伝染病)の患者が運ばれてくる。
仁敬王妃は宮中で女官になったオクチョンと再会する。妃選びの際にはオクチョンに世話になったこともあり、時々話相手になって欲しいと言う。
仁敬王妃とわかれたオクチョン、そこに東平君がやってくる。オクチョンを見かけ追いかけるが見失う。
仁敬王妃を訪ねたイニョンと友人。友人は仁敬王妃に「王様が相手にしてくれないのでは?」と噂話をしかける。それを目にした粛宗が仁敬王妃の手を取り助け舟を出す。政略結婚ではあるが王妃の自尊心を守る為と優しさを見せる粛宗。
粛宗の温かさが伝わってくる場面です^ ^なんだかいい感じになってきた二人^ ^
一方、二人の仲を見せつけられたイニョンは、側室として入内する決心を父ミン氏に話す。
ある晩、粛宗が久しぶりに仁敬王妃の中宮殿へ来ることに。
オクチョンを呼び準備する仁敬王妃だが、最中熱で倒れる。王妃の体調はいかに・・・。

第11話「王妃崩御」

倒れた仁敬王妃には、どうやら痘瘡の疑いが‼
恵民署へボランティアに行った時に痘瘡の患者が運ばれてきた、もしかして・・・。
「痘瘡のことは口外するな」と大妃。
そこにやってきた粛宗に、「王妃は体調が優れないから」と会わせないようにする大妃。
すぐに離宮の準備をするよう促す。
針房では、王妃に冬用の肌着を持っていくよう指示される女官。
しかし、痘瘡がうつることを恐れ誰も行きたがらない。そこでオクチョンは自ら手を挙げる。
中宮殿にやってきたオクチョン。
肌着を取り替えるよう指示される女官達だが、誰一人取り替えようとしない。
オクチョンが肌着を着替えさせる。
仁敬王妃は他の女官達を退出させ、オクチョンに「王様に会いたい、私の最後は必ずあの方の胸で・・・」と懇願する。
オクチョンは慌てて粛宗の元に。
「仁敬王妃が必死に王様をお探しです、王妃は痘瘡を患い危篤である」と伝えるオクチョン。
粛宗の胸で看取られたいと切に願われていると話すオクチョンに、先に参れと中宮殿へ向かおうとする粛宗。
大妃は必死に止めるが、「王妃は私の糟糠の妻、私は行きます」と中宮殿へ急ぎ向かう粛宗。
カッコイイ粛宗‼もっと早く仁敬王妃を労ってあげてほしかったなぁ~。
中宮殿の仁敬王妃、粛宗の姿を見て笑顔を浮かべる。
「これで安らかに眠れそうです、王様に恋して幸せでした」と仁敬王妃。
王妃を胸に抱き「そなたの最後をここで見届ける」と粛宗。仁敬王妃は王の胸の中で息を引き取る。
仁敬王妃亡き後、朝廷と大妃から王妃の座を空けてはいけないと催促の日々。
粛宗の態度が煮え切らず、もどかしい大妃。
イニョンを呼び、「建国記念の宴に礼服を着て参加すれば次の王妃だと理解するだろう、王様も受け入れるのではないか」と妙案を思いつく。
針房にやってくる大妃とイニョン。
オクチョンが採寸を任される。
王宮では弓を射る粛宗と東平君(粛宗のいとこ叔父)。
的前に現れる福善君の亡霊!が粛宗には見えた⁈ そういえばつい先日も朝廷で同じことが!(◎_◎;)
粛宗は王族の福善君を斬首刑にしたことが、ずっと心に引っかかっているのね。
イニョンの礼服を作る為に試行錯誤するオクチョン。風に当たりに外へ出る。
そこに福善君の亡霊にうなされ眠れない粛宗がやってくる。
すぐに立ち去ろうとするオクチョンの手を掴み、しばし一緒にいてほしいと頼む粛宗。
翌朝久しぶりに熟睡した眠りから目覚める粛宗。
オクチョンと語らい、癒されたのよね~。
針房で仕事をしているとオクチョンのもとに、王様の服を採寸するようにと言われる。
粛宗のもとにやってきたオクチョン。粛宗と目を合わせることもなく、服の採寸を始める。
かつてオクチョンに採寸された時のように、オクチョンにときめく粛宗だが・・・。

第12話「想いの行方」

採寸を終え、退出しようとするオクチョンを引き止める粛宗。
「この前茶を飲めなかったのが心残りだ、もう一度持ってきてくれぬか?」と粛宗が言う。
ちょっとよく言うよね~この前は自ら怒って出て行ったのはどこの誰よ‼と言いたいのは私だけ⁈
「お茶は至蜜(王や王妃の身の回りの世話係)で出すよう伝えておきます」とオクチョン。
いいぞ~‼言ってやれ~‼
どうしても引き止めたい粛宗、オクチョンに必要のない針仕事を言いつけ、全て直して行けと命令する。
オクチョンの針仕事を眺める粛宗は、幼少時代に会った女の子を思い出す。そう、それがオクチョンなのですが・・・。
針仕事を終え退出しようとするオクチョンに、またもや無理難題を命令する。
いったい何なのよ‼って言いたくなるわ( *`ώ)
チャン・ヒジェ(オクチョン兄)を訪れる東平君。
オクチョンの行方を訪ねる東平君に嘘をつくヒジェ。怒る東平君に、オクチョン母が女官になった事を話す。宮中で見たのは幻ではなかったと確信した東平君。
宮中に戻りオクチョンを探す東平君。
そこに粛宗の採寸を終え、山積みの針仕事を抱えて戻るオクチョンがやってくる。
東平君とオクチョンの二人に、いぶかしげな視線を送るはイニョン。
夜、オクチョンは粛宗にやり直しと言われた針仕事をしながら粛宗を想う。
大王大妃に呼ばれ粛宗に茶を出した時、何故頑なに拒んだのか。
それは粛宗に想いを寄せているからこそ、一晩で散る凌霄花にはなりたくない、だから王様を受け入れられないのだと粛宗に語りかけるかのごとく針を動かすオクチョン。
翌朝、オクチョンを待ちわびる粛宗の前に現れたのは別の女官。
そこで粛宗が針房へ向かう、オクチョンに会う為に。
そんなに気になるなら意地悪しないでよね~。
粛宗の元に連れてこられたオクチョン。
粛宗は言う、「イ・スンを訪ねてきたのなら頻繁に会うべきであろう」と。
「その為に宮中にやってきたが、内禁衛将様はおられず天のような存在の王様だけでした」とオクチョン。
針房では、イニョンの為の礼服が作られている。ジャギョンはオクチョンのデザインノートを盗み見る。
選考の日、ジャギョンとオクチョン二人の礼服が候補に。しかし最終的にオクチョンの礼服が選ばれる。勝因は白檀の香りを含ませた事だった。
ジャギョンは自分の礼服が選ばれなかったことで、オクチョンにまたもや嫌がらせをする。中宮殿でイニョンが試着するはずの礼服を慣習だと嘘を言い、オクチョンに試着させる。
呼ばれていた粛宗がいち早くオクチョンの礼服姿を目にするが、そこに大妃とイニョンがやってくる。
怒り心頭な大妃は粛宗を下がらせるや否や、オクチョンに平手打ち‼ オクチョンは罰として洗濯場へと移されることに。
そんなオクチョンに、イニョンが追い打ちかけるように嫌味を言うのよね、憎らしい( *`ώ)
洗濯場では針房の女官に嫌がらせを受けるオクチョン。
雨が降る中、山積みの洗濯をするオクチョンのもとに駆け寄る粛宗。
突き放すオクチョンに、思いの丈を打ち明ける粛宗。「天が崩れてやろう」とオクチョンに口づけをする・・・それを遠目に見つめる東平君・・・。
王宮の外でチャン・ヒョン(オクチョン叔父)と密談をする粛宗は、西人派の勢力をそぎ落とす為、いかにしようかと話し合う・・・。

第10話~第12話の感想

病弱であった心優しい仁敬王妃はとうとうお亡くなりに。
初めは冷たく接していた粛宗も、次第に仁敬王妃の気持ちに寄り添いかけたかと思いきや、突然の病に伏す仁敬王妃、もう少しこの世を堪能していただきかたかった(◞‸◟)。
女官となったオクチョンの裏では叔父の野心や陰謀が渦巻いています。
オクチョンと粛宗をどうにかして結びつけたいオクチョン叔父、ただものではないです。
粛宗も、オクチョンのことが気になって仕方ないのに、わざと意地悪してみたりともどかしかったけれど、とうとう抑えきれずオクチョンに想いをぶつけるのよね!こうなったら止まらない粛宗の想い(^。^)
ただ、ただ、東平君が気の毒です。ちょっとチャラ男の見かけですが、中身はかなり真面目な青年のようですね~。オクチョンを慕う東平君にもご加護あれ~!果たして三人はこれからどうなるの⁈








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。