チャンオクチョン-あらすじ-25話-26話-27話-感想付きで最終回まで!

韓国ドラマ-チャンオクチョン-あらすじ-25話-26話-27話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
オクチョンは見事に男の子を出産しました。
一時は王様との関係に隔たりが出来ましたが、懐妊したことでまた少しずつオクチョンへの気持ちも和らいできましたね。亡き大妃との約束、子供が生まれたら王妃に引き渡す事・・・さぁ~どうなるのでしょう?!

【チャンオクチョン】ネタバレあり

第25話「世継ぎ誕生」

粛宗は王子と初ご対面。
息子を胸に抱き、元子(王の世継ぎ)と問いかける。
扉の外にはお祝いを言おうと王妃が。粛宗の「元子」との呼びかけに耐えられず、王妃は出直す事に。

朝廷でも王子誕生のお祝いを申し上げる大臣達。
ミン氏(仁顕王妃父)はイ・イクスを罷免し罪を問うたことに不服を申し立てるが、粛宗もピシャリと言い返す。
「今後自分の権威を脅かす者は誰であろうと許さない」とミン氏を睨みながら言う粛宗。
そして、「生まれた子供は元子とする」と公表する。
西人派は側室の子であるから駄目だと猛反対。
粛宗はどうも体調が悪そうであるが・・・?

粛宗は侍医を呼び診察を受ける。父親と同じ血を引く為、肝臓に病魔が潜んでいるご様子。

粛宗は、ユン(禧嬪の息子)に王位を継がせる為には正当性が必要だと東平君に話す。
それは、禧嬪に正一品より高い身分を与える事だと。
それってつまり、中宮殿を住まいにする王妃の座よね(*_*)

粛宗は、西人派が実権を握る政局から変えてやろう!(換局という)と東平君に話す。

禧嬪を訪れる粛宗。
元子ユンを世子(王位を継ぐ息子)にすると約束する。

そして朝廷でユンを世子にすると宣言している最中、病に倒れてしまう粛宗。

禧嬪もユンを連れ王の寝殿に向かうが、王妃が拒む。
そして王妃は、「ユンの母親は自分である」と言う。以前亡き大妃と交わした約束を持ち出す王妃。

一方、チスは再び西人派のミン氏(仁顕王妃父)を援助すると申し出る。
禧嬪が追放される事を心待ちにしている様子・・・。

第26話「換局」

ミン・ユジュン(仁顕王妃父)とキム・マンギ(亡き仁敬王妃父)は王妃の元を訪れ今後について提案する。
話し合いの結果、王妃は睡簾聴政(皇帝が幼い場合代わって政治を行う事)をさせるで話を進めるが、ミン氏(仁顕王妃父)は東平君を王位に付けることを提案する。

王妃は、ユンを禧嬪から取り上げてしまう。禧嬪は尼寺へと追放される。
わが子を取り上げられ寺送りなんて・・・ひどいよね~(T_T)
尼寺へ向かう途中誘拐される禧嬪。
誘拐したのはチスだった。
チスは禧嬪に「一緒に行こう」と誘うが、「戻る場所も大切な人もいる」と断る禧嬪。

ミン氏(仁顕王妃父)からの提案を受けた東平君、彼らと共犯となり自ら王位に就く事を引き受ける。
ミン氏と取引し、元子ユンと禧嬪の命は保証する事、世子決定に反対する連判状を集める事を約束させる東平君。
東平君様がまさかの裏切り?!おまけにミン氏は約束したのに禧嬪とユンの命を奪おうとしている?

ミン氏は粛宗の命をも狙う。このまま目覚めぬようにと・・・。
王の寝所に忍び寄るは、王の命を狙うもの…果たして王の命は?!

翌朝、朝廷に姿を現したのは何と粛宗だった!!
そう!全ては粛宗の芝居だった。

東平君に絶大なる信頼をおく粛宗。
幼いユンを守る為、西人派を一掃する為の一芝居を打つことに。
病に倒れ危篤だという芝居に始まり、東平君がミン氏と結託する事、全て計算されたお芝居だったのね!東平君様、見事なお芝居でした(^▽^)/

さて、元気な姿で現れた粛宗を目にしたミン氏他西人派の重臣達はいかに・・・?!

第27話「最高の服」

朝廷では、西人派の大臣達に反逆の証拠だと連判状を叩きつける粛宗。
遂に換局(政権の交代)を行う。従わなければ謀反者となる事から、ミン・ユジュン(仁顕王妃父)も仕方なくこれに従う。

禧嬪も宮中戻って来る。
王妃の元へ向かい、ユンを取り戻す。
ユンを胸に抱き粛宗の元へ。
「臣下に見くびられない、完璧な王の座を譲り渡す」とユンに約束する粛宗。

朝廷では新人事が発表される。
全て南人派の大臣達に総入れ替わり。そう、これがまさしく換局。
チョ・サソク(大王大妃の甥)はミン・ユジュン(仁顕王妃父)の首を申し入れる。
粛宗は、仁顕王妃の廃妃を強く望むと。
ユンの為には、母禧嬪の身分を上げる事だと話していた粛宗。遂にチャン王妃誕生となるのかしら?!

南人派の大臣の中にも王妃の廃妃を反対する者も。
王妃は民の信頼が厚い、名分なく廃妃にしてはいけないと。

禧嬪は次第に権力を誇示する。
南人派の大臣達の前に世子ユンの顔見せをする。
「次に会った時は王妃様と呼ばれる事を願っている」と、若干脅迫気味?!に申される禧嬪。

ミン・ユジュン(仁顕王妃父)は学者達を従えて許しを請うための座り込み真っ最中。
廃妃の名分が無い!と言うミン氏に対し、嫉妬の罪を叩きつける粛宗。
名分がはっきりしたら自らの首を差し出すと約束していたミン・ユジュン、力なくうなだれる。

仁顕王妃は廃妃となり、庶民に降格、禧嬪チャン氏は王妃に昇格するとの王命が下る。
淑媛から禧嬪、禧嬪から遂には王妃にまで!素晴らしき栄華です!

粛宗から、王妃しか着られない大礼服をプレゼントされるチャン王妃。
オクチョンにとって、身分を洗い流す事の出来る最高の服ね~

一方、仁顕王妃は、かつて禧嬪を乗せた白い輿に乗り宮中を後にすることとなるが・・・。
大妃の生前から行き来のある占い師がやって来て言う。
仁顕王妃の死に場所は必ずこの宮中であると・・・。

第25話から第27話の感想

賤民出身という身分にいつも悩まされてきたオクチョンですが、ここまで来ました!
女官となり宮中へ上がってから、あれよあれよと側室に。
淑媛から禧嬪へ上り詰めたと思いきや!遂には王妃の座に!
わが子ユンは世子を約束され、思いのままの世界になって来ました。
仁顕王妃は、ちょっとお気の毒でもありますが・・・とは言え、一度は宮中からオクチョンを追い出したものね、お互い様か~。
食うか食われるかの宮中、恐ろしや~(≧∇≦)
東平君様のご出演は非常に少のうございますが、いつ何時も王様の見方であり、オクチョンを密かに案じる素敵な殿方ですね!
そろそろチェ氏(雑用係の女官)もお出ましの様子・・・これは見逃せませんね!








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。