チャンオクチョン-あらすじ-31話-32話-感想付きで最終回まで!

韓国ドラマ-チャンオクチョン-あらすじ-31話-32話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
側室チェ淑媛が誕生しました。オクチョンは日々不安な毎日を過ごしているようですね。
粛宗もオクチョンに対して複雑な心境を抱えているようです( ∀)
東平君の告白、男気感じますね~。
いよいよ終盤に近づいています。さぁ本日のオクチョンはいかに ω・・・

【チャンオクチョン】ネタバレあり

第31話「民心」

東平君の告白に耳を傾けていた粛宗、酒を注ぎ東平君に勧める。
東平君に、「恵民署民の治療と薬の調合役所を任せる、私を手伝ってほしい」と粛宗。
やっと以前の様な深い信頼を抱いているお顔に戻られましたね王様(^▽^)/

粛宗の元へ、話があるとやって来たチャン王妃。
「私は多くの失敗をしてきたけれど、ユンの為にも王様の期待に応えるよう努力して行くので私の手を離さずにいてくれますね」と粛宗に言う。
粛宗は手を差し伸べて、「この手を離しては生きていけない。王妃が先に離さない限り自分から離すことはない」と強く握りしめて言う粛宗。

街中に限らず、宮中でさえも流行りに流行っているというその本は、キム・マンギ故仁敬王妃父の弟が書いたという。
「謝氏南征記」と言い、廃妃仁顕王妃を善人に、チャン禧嬪を悪人とした内容。

西人派のキム・マンギは、チスと密談。
本を利用し民心を味方につけ、チャン王妃兄の不始末で王妃を引きずり下ろそうではないかと策略する。

東平君は任された恵民署で熱心に働いている。
東平君を手助けするため女官を貸してほしいと粛宗に頼まれ、自らも手伝いに出向かうチャン王妃。
西人派の支配下にある恵民署。民をお金で買収し廃妃を敬うよう仕向けていた。
チャン王妃がやって来た途端、民はチャン王妃を非難する。そこに粛宗がやって来てチャン王妃を救い出す。

一方宮中では、チェ淑媛が禁書となった「謝氏南征記」をわざと粛宗の目に入れるよう計らう。
小説を読んだ粛宗、悪女として書かれたチャン王妃を気遣う優しさを見せる。

夜、粛宗は酒を飲もうと東平君を誘う。
恵民署での出来事がショックだったご様子。
「自分が愛する民が、チャン王妃を受け入れてくれないのが辛い」と言う。

獄中のチャン・ヒョンチャン王妃叔父は粛宗に面会を望む。
自分が助かるためにチャン王妃と生まれたユンを巻き添えにしようとするチャン・ヒョン。
粛宗は取引し、チャン・ヒョンの望みである国舅になる事を聞き入れる・・・。

第32話「廃妃」

王の任命により国舅の座を手に入れたチャン・ヒョン。
娘ホンジュの恨みを晴らそうと、ミン・ユジュン廃妃仁顕王妃父の元に出向くチャン・ヒョン。
ミン・ユジュンの命を奪おうと手下のグァンソンを呼び部屋を後にするチャン・ヒョンだが・・・。
ちょっとネタバレグァンソンはチスにお金で買われていたようです。ミン・ユジュンの命は奪わず、
代わりに娘ホンジュの墓場でチャン・ヒョンがグァンソンに殺されます

西人派はチェ淑媛を使い、チャン・ヒジェチャン王妃兄を陥れる。
淑媛が懐妊したとおもわせて、食事に毒を盛るように仕向けるのだった。
これってまさにオクチョンがイニョンを追い出す時と同じ方法ね(≧∇≦)

尋問を受ける女官達。
そのうちの一人が、チャン・ヒジェに頼まれて甘酒を運んだと自白する。
捕らえられるチャン・ヒジェ。

民心を揺るがす小説に始まり、毒殺疑惑の事件まで、全ての裏には西人派が絡んでいた。
廃妃の復位を目指し、ミン・ユジュン廃妃仁顕王妃父は西人派の復権を目指す。

キム・マンギ故仁敬王妃父はチャン王妃廃妃と廃妃仁顕王妃の復位を粛宗に求める。
宮中の外でも儒学者達が座り込む。

チャン王妃が粛宗の元にやって来る。
「王様が私の手を離す時が来た」と言い、「王妃になる為、自ら毒を飲んだ」と自白する。
離れていく民心に悩まされる粛宗の姿を見て、自分から名分を作り王様を助けようとするオクチョン。何とも健気なオクチョンです

獄中を訪れチャン・ヒジェチャン王妃兄と面会する粛宗。
チェ淑媛が懐妊したと聞いたとチャン・ヒジェは言う。
ここで粛宗は、チェ淑媛がチスの回し者だと気付く。
粛宗は、チスがチャン王妃とは旧知の中で、以前欲しがった殿閣は就善堂ではないかと見抜く。
チスはオクチョンをずっと思い続けていたように思われますが・・・裏腹に何故そこまで追い詰めるのか・・・可愛さあまって憎さ倍

就善堂の庭で月の光を浴びる二人、粛宗とチャン王妃。
禧嬪の頃が一番幸せだったと話す二人。
「思い出に浸るだけで幸せだ」と言うチャン王妃に対し、粛宗は「共にいたい」と抱きしめる。

粛宗はここでまた、南人派から西人派へ換局を断行する。
そして西人派の決定権を持つミン・ユジュン廃妃仁顕王妃父を呼び出しこう告げる。
「廃妃仁顕王妃を復位させる、ユンはミン氏の子にする、チャン王妃を廃妃にはせず禧嬪に降格する」と・・・。
もちろんミン氏はチャン王妃の廃妃を迫ります。しかし西人派の仕組んだチェ淑媛の毒薬事件を持ち出されたら従うしかないわよね。

第31話から第32話の感想

権力を手に入れてからのオクチョンは、ずっと嫌な人間になっていましたが、心入れ替えやり直そうと努力している矢先のヒジェオクチョン兄の逮捕。実に無念です。
民心第一に考える王様を想い、自分から離れようと決意するオクチョン、せつなすぎました( ∀)
粛宗も、いろいろ悩んできたけれどやっぱりオクチョンを大切に思ってくれている事がとっても良く伝わる回でした(^▽^)/
禧嬪に降格するオクチョン、幸せを取り戻せるのでしょうか・・・。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。