チャンオクチョン-あらすじ-33話-34話-感想付きで最終回まで!

韓国ドラマ-チャンオクチョン-あらすじ-33話-34話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
権力と野望に目がくらんだ欲深きチャン・ヒョンオクチョン叔父、国舅の座を手に入れた瞬間、命を失いました。己の欲の為に手を汚してきたチャン・ヒョンですから仕方ない、実に恐ろしや。人間、度が過ぎる程の欲深さは・・・罪ですね(≧∇≦)チャン王妃も禧嬪に降格のようですが、幸せは戻るのでしょうか・・・。

【チャンオクチョン】ネタバレあり

第33話「祈祷」

廃妃にしてくれと自ら申し出たチャン王妃でしたが、粛宗はチャン王妃の手を離すことが出来なかった。
中宮殿から元の住まい就善堂へ、王妃から禧嬪へと降格となる。
一方、廃妃仁顕王妃は復位となり、王妃に返り咲く。

宮殿へやって来た仁顕王妃、チャン禧嬪と向かい合う。
「私は王様の寵愛を守るために退きます」とチャン禧嬪。

就善堂にやって来たチャン禧嬪。
階段を一歩踏み出そうとしたその時、粛宗がやって来て手を握る。
「就善堂は私たち二人の館、一緒に入ろう」と粛宗。
以前の様に優しい王様(^▽^)/

朝廷の粛宗の元に、ミン・ユジュン仁顕王妃父が亡くなったと報告が入る。

世子ユンと遊ぶ仁顕王妃。
遠くからわが子を愛おしそうに眺めるはチャン禧嬪。
その姿を見た仁顕王妃は、尚宮に「世子ユンを禧嬪のところへ連れていけ」と言う。
以前とは打って変わりお優しい仁顕王妃。この様子を目にした王様からも感謝されています

粛宗と散策中に倒れる仁顕王妃。

時を同じくして世子ユンも病に倒れる。
天然痘の様である。

チャン禧嬪の母は、祈祷師とともに宮中へやって来る。
祈祷師は世子に疫病神がついていると言う。
宮中で祈祷はダメなのよね禧嬪様大丈夫

就善堂では祭壇が組まれ、祈祷が始まる。
この様子を陰から覗き見るチェ淑媛。
嫌な予感がします

世子ユンは快方に向かう。
ユンとは裏腹に仁顕王妃は危篤に陥ったご様子・・・。

第34話「淑媛の策略」

宮中では密かに、仁顕王妃亡き後は誰が新王妃に・・・と噂されている。
チャン禧嬪の元に駆けつけてきたチョ・サソク大王大妃の甥。
王妃に返り咲けるよう禧嬪の後押しをするが、「世子さえ無事なら何も望まない」と言う禧嬪。

一方チェ淑媛は、キム・マンギ故仁敬王妃父を後ろ盾に王妃の座を狙っている。
チャン禧嬪が王妃に返り咲くことを阻止する秘策があると話すチェ淑媛。

粛宗の元に、「王妃が危篤、急ぎ中宮殿へ」と連絡が来る。

仁顕王妃は危篤の中、チャン禧嬪を呼び「王様を最後まで守ってくれ」と頼む。
禧嬪は「来生男に生まれ変われるなら、手を取りあって同じ道を歩みましょう」と手を取り合う二人。
あんなに敵対していたイニョンとオクチョン、宮中という場所で出会わなければもっと違ったかもしれませんね

粛宗は危篤の仁顕王妃の手を握る。
初めて手を握られた王妃、「こんなに温かかったなんて」と言う。
「王様に愛されたかった、やり直せるのであれば王様とは添い遂げない、余りにも寂しくて辛すぎるから。でも後悔はしていない」と仁顕王妃・・・安らかに息を引き取った。
一人の女性として愛されたかったイニョン王妃、最後まで凛としたお姿は立派でした

チェ淑媛は就善堂の祭壇からわら人形を持ち出す。
王妃の座を自分のものにしようと必死の淑媛。

朝廷の場にやって来て「チャン禧嬪が仁顕王妃を呪い殺した」と告発する。
証拠の品として、就善堂から持ち出したわら人形を粛宗に見せる。

そのころ就善堂では急ぎ祭壇を片づけている・・・がそこに「王様のお成り」。
「王妃を呪ったのか」と聞く粛宗。
「世子の痘そうを治すため、同じ病で亡くなった仁敬王妃に祈れば世子が治ると聞いたから」と禧嬪。
粛宗は禧嬪を謹慎処分とし、女官を捕らえ尋問する。

就善堂を訪れた粛宗。本当に仁顕王妃を呪ってないかチャン禧嬪に確認する。
「ユンに誓って呪ってはいない」と答える禧嬪に、「ならば疑いを晴らしユンの母の座も取り戻してやろう」と言う粛宗。

祭壇からは仁顕王妃の飾りが出てくる。
チェ淑媛が王妃の部屋からこっそり持ち出したやつと声を大にして言いたい(# ゚Д゚)

朝廷では動かぬ証拠も出た以上、「チャン禧嬪を死刑に」との声が。

拷問を受け続ける女官の一人が耐えきれず、嘘の証言をする。
「仁顕王妃を呪った」と。
チャン禧嬪は粛宗の元に。
「ユンを立派な王にしてください」と。
「それだけが生きる理由になるだろう」と答える粛宗。
「これ以上迷惑をかけられない、私に自害を命じてください」と頼むチャン禧嬪だった・・・。

第33話から第34話の感想

心を入れ替え禧嬪として過ごしていたオクチョン。
イニョン王妃の「王様に愛されたかった」と言う言葉には胸が痛みました。
同じ宮中で、オクチョンのように寵愛を一身に受けている女性を目の当たりにし、日々暮らさなければならない環境は地獄のように辛かったはず。ちょっと憎たらしいイニョン様でしたが、最後は同情してしまいました( ∀)
いや何といっても憎っくきナンバーワンはチェ淑媛でしょうスンヨン氏のあの勝気な笑みがまたムカっとします(-_-メ)
呪った・・・嫉妬・・・禁止の祈祷をしたから・・・死刑だなんて(≧∇≦)
オクチョンが手に入れた権力や愛の代償なのでしょうか・・・いよいよ最終回きっと涙が止まらないでしょう・・・。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。